メイン | November 2004 »

October 31, 2004

慌てる乞食は・・・

いよいよ、締め切り日。
フジもテレ朝も今日の消印有効だ。
フジのは古いのだからもうできてるし、
テレ朝のも午前中にはどうにか書き終えた。
あとは、テレ朝の方を推敲して印刷して出せばいー、楽勝。
となると、相変わらずギリギリまで余裕ぶっこくんだけど、
毎度のごとく大失敗・・・(´・ω・`)

昼から随分眠くて、頭もスッキリしないもんだから、横になってて、
夜21時くらいから作業を始めた。
まあ、原稿の印刷は23時には終わりそうだし、30分には家を出れそうだなー、
なんて思ってたのだが・・・

原稿自体は、WinマシンのOsエディターってのを使って印刷するんだけど、
原稿の表紙だけは、タイトルと住所や名前など、ちょっと複雑なことをするので、
Mac側のIllustratorを使って印刷するようにしてた。
が、何でかわからんが、印刷しようとすると、PDF書き出ししか出来ない・・・
あれー・・・
再起動したり何かするんだけど、やっぱ駄目だし、
もう、時間が分単位でヤバイ状態に・・・
うん?イラレがやばいんなら、PDFで書き出して、
アクロバットで読み込んで印刷すればいーんじゃん♪
と思いきや、やっぱ駄目・・・なんで、アクロバットで印刷しようとして、
また、PDFになっちゃうんだよ・・・ぎゃー、もう30分切ったぞー・・・

よし、こーなれば、サーバー経由でWinマシンにPDFファイルを送って、
Winで印刷すればいーんじゃん?
というか、もうそれしか手は無いし、失敗も許されない時間・・・
目の前を「時間ギリギリアウト!」の文字が行き交う・・・

えーい、もー出せばいーんだよ!・・・封筒の宛名も殴り書きだ・・・(´・ω・`)
それをしながら、Winで読み込んだPDFを印刷・・・・
あれ?横なのに、縦で印刷しちょる・・・どこで設定変えるんだ・・・
あ、みつかった、おし、今度こそ・・・あ、横で出てきた・・・
出てきたけど・・・・上が切れてるじゃん・・・・
名称の「第○回」が切れてる・・・
でも、必要事項の俺のデータは全部出てるし・・・
応募できないよりは、いーだろ・・・
全部で三部印刷し、穴を開けてそれぞれの原稿の一番上に入れる。

グジャグジャな宛名書きの封筒に、印刷を終えた原稿を投げ込み、
ダッシュで家を出る。
時間は23時45分・・・

あせって車を飛ばすのだが、こーいう時に限って、前の車がトロイ・・・
深夜に法定速度で走るなよ、ボケー!と車間距離を異様に詰めて煽りつつ、
23時55分に郵便局到着。
ダッシュで受け付けに行き、呼び出しボタン・・・なかなか出ないですよ。

さて、一応、31日の消印なのを確認し、
ボールペンを借りて封筒の裏にタイトルを記入。
もう、焼け石に水だな・・・・

何とか、出したけど、たぶん駄目だなこりゃ・・・
あーあ、どーしてこう、毎度毎度同じことを繰り返すんだ・・・

投稿者 しど : 12:17 AM | コメント (0)

October 28, 2004

兄貴は狂ったのか・・・?

ここ何日か、保険関係の手続きで兄貴から異様に連絡があるのがうざい。
メール、携帯、電話と、出なければ出ないで怒濤の如くかけてくる。
正直、勧誘の電話が最近多いから、私はあんまり電話に出ないのだ。

用事自体は、親父の口座から引き落としになってた兄貴名義の保険が、
支払い不能になってるから、とりあえず私が払うことになった。
それが、当初は一ヶ月分だったのが、二ヶ月分になった。
あと、他の書類用に印鑑証明三通、戸籍抄本、親父の除籍謄本を一通ずつ、
兄貴からの書類に記入して送り返す、これだけの用事なのだ。
一度、メールを読めばわかるっちゅうの・・・。

で、どうにか支払いは終えたので、その旨、メールをしておいたら、
夜、電話がかかってきた。
出て行けモードになるのも困るので、早く切りたくてイライラしていると、
「坊さんは何ていってた?」などと聞いてくるが、何のことだかよくわからん。
「何って、週末に来るけど、何の事を?」と何度か問い返すと、
「三回忌をどうするかって・・・」と言ってきた。
ええ、三回忌って・・・再来年のことじゃないの?
「まだ月命日に来てるんだよ!そんな先のことは知るか!」
と、電話も切った。
頭がおかしくなってるのだろうか・・・何を考えてるのかさっぱりわからん。

晩飯、ミートソースのレトルトを買って、スパゲティ。

投稿者 しど : 08:59 AM | コメント (0)

October 27, 2004

イラクで人質

また、イラクで人質だ。
今度は、バックパッカーらしく、イマイチ同情しづらい。
でもまあ、2ちゃんねるの「死ね死ね」な反応ばかりなのも怖い。
例えて、増水した中州に取り残されたアホ家族に見立てて、
自己責任を問う書き込みもあって、まあ、いわれてみればそうかと思う。
しかし、逆に、あのアホ家族に対してすら、消防のレスキュー隊は
必死の救援活動を行ったのである。
人質を貶める論調を積極的に行う産経新聞や一部記者達も、
中州に取り残された人間達に「死ね」と平気でいえるのか、
もう一度考えてみるといい。

新潟で土砂に埋もれた車の親子、子供一人だけ助かったようだ。
何はともあれ、良いことであるし、亡くなったお母さんのご冥福は祈りたい。
ただ、民放番組のこのネタの取り上げ方がどうも、
お涙頂戴の相変わらずで、知恵が無い連中だなー、なんて思う。

晩飯、松屋で豚丼セット。

投稿者 しど : 08:34 AM | コメント (2)

October 26, 2004

はかどりません

そろそろシナリオの締め切りが迫ってきているのだが、
全く作業がはかどらない。
仕方ないので、酒の力を借りようとするのだが、
かえって酔っぱらうばかりで、酒の消費だけが進む。
困ったもんだ。

昨日から、タバコを吸いたくて仕方ない。
禁煙3週間目だからのようだ。我慢我慢。

晩飯、自宅にて餃子と豆腐。

投稿者 しど : 08:44 AM | コメント (0)

October 25, 2004

蜘蛛の糸の愛国者

保守派の曾野綾子が、台風で避難した人に対して小言を書いていた。

----------------------------------------------
 学校その他に避難した人たちは、ラベルのついた新しい毛布を支給されていた。一晩のことに何でそんなに甘やかさねばならないか私はわからない。避難したら新聞紙を床に敷いて、何枚も重ね着をして眠って当たり前だ。それがいやなら、早めに毛布や蒲団(ふとん)を背負って避難するだけの個人の才覚の訓練が要る。
 お弁当なども行政は配る必要はない。天気予報を聞くことができるシステムがあるのだから、自分で歩けない老人や障害者は別として、避難する時、食料は自分で持って来るのが世界の当然だ。台風は教育のチャンスでもあるのに、それを少しも利用していない。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004596/20045961.html
----------------------------------------------
日本財団とは元日本船舶振興会で、
元会長の笹川さんが高見山とともに「一日一善!」なんてCMしてた所。
そんな所の会長さんで、いろいろ恵まれた立場の曾野さんが、
天災による避難にも「自己責任」を主張している。
ちなみに、ご主人の教育課程審議会前会長・三浦朱門は、
「できん者はできんままで結構。戦後五十年、落ちこぼれの底辺を上げることばかり注いできた労力を、できる者を限りなく伸ばすことに振り向ける」
(斎藤貴男著・「機会不平等」より引用)
なんて、勉強ができない子供には奉仕活動をさせるべしな
教育要領をまとめた人だ。

さて、利用者が増えるに従い年齢層が低くなる2ちゃんねるでも、
似たような弱者切り捨て論みたいな人が増えてきてて、
どうしてそういう傾向なのかイマイチ理解できなかったんだけど、
曾野の文章を読んで、改めて、日本は豊かになったんだな、と思い当たった。

そして、香山リカ+福田和也の「『愛国』問答」の序文に、
センスの良い「クールな保守化」を遂げた「勝ち組」について、
「自分たちと同類の(と判断した)人間には気持ち悪いほどやさしい彼らなのに、話がひとたび自分たちとは異種の(と判断した)人やできごとの話になると、『あんな犯罪者たちは一生、オリの中にいてもらいたいですよ』とか『ホームレスが町をうろうろするのは汚いですよね』などと手のひらを返したような冷淡な態度を見せる」
なんて書いてたのも思い出した。
(改めてこの本を眺めると、負け組が求めるナショナリズムなんてのもある)

つまり、例のイラク人質騒動で露見した「自己責任論」は、
豊かになった社会の中でいよいよ社会的弱者が少数になったので、
「弱者を切り捨てても文句をいわれないだろう」という認識が、
豊かな立場の人達の間にコンセンサスとして成り立った為に、
出てきた結果だったのだろうと思うのだ。
おそらく、「貧乏人は麦を食え」も、今だと非難は浴びないだろう。
ただし、豊かな人は増えたけれど、
これ以上豊かになれないこともわかったから、
欲望を覆い隠す余裕が無くなり「身も蓋もない下品さ」を
露呈してしまうんだろうな、とも思う。

右肩上がりの社会情勢の中では皆が豊かになる夢を持てたが、
今はもう、これ以上豊かになるには誰かが犠牲にならなければならなくて、
それを受け止める人も居れば、「やだよ」という人も居る。
「やだよ」なんて人が「成金」と蔑称を与えられた貧しい時代から、
今は、見渡せば国民の半分くらいは成金並に豊かな時代だし、
「非成金」の方が下手をすると蔑称になってしまうくらいだから、
「困った人は、自分で何とかしなさい」というのも平気なのだろう。

しかし、切り捨てれば豊かを維持できるかといわれれば、
世の中そんなに甘くはなくて、今、豊かな人達だけになった場合、
その人達の仕事は成立しなくなることの方が多いのだ。
(日本財団を支持母体にする「競艇」は、ギャンブル漫画家蛭子能収からすら、最低人間のギャンブルといわれている)
仕事だけに留まらず、社会サービスや治安の低下にも繋がる。
それこそ、国力の低下なのであるが、私が危惧するのは、
曾野綾子のような、本当に豊かでエリートな人達から、
社会に対する包容力が欠けてしまっていて、
しかも、それが国力の低下を招くことに気づかない愚鈍さにある。
そして、面白いのは、こんな人達が、愛国者を名乗りがちなこと。

個人的には、もう少し土着的な人を愛国者だと思っていたのだが、
昨今の事象を眺めていると、短絡的で利己的な愛国気取りの者が多いようで、
尚更、この国は衰退に向かってるんだなー、なんて思ったりしている。
だって、言ってる事が、「蜘蛛の糸」のカンダタなんだもん。

晩飯、スーパーで買った、ブリトロ鮨。

投稿者 しど : 08:50 AM | コメント (0)

October 24, 2004

地震とはいえ

新潟の地震に関して、地上波はほぼ特番で埋め尽くされていた。

被害の拡大が危惧される状態なのはわかるが、
通常番組を潰した報道特番は、新しい情報も無いまま、ダラダラと続くだけ。
全国津々浦々を網羅しているNHKが、総合でニュースを、
教育では安否情報の通報分を放送しているので、
民放の特番など、意味を成してなかったのが現実ではないだろうか。

民放で報道するな、とは言わない。
テレ朝がやってたように、画面の両端に文字情報でも流したり、
何か新しい情報が入った段階でVTR挿入すれば良いのだ。

短い期間ながら、私も仕事で報道の映像編集をしていた。
阪神大震災の時、ヘリコプターで現地放送局へ東京から応援に向かい、
関西ローカル用とキー局への電送用に続々入ってくる映像を編集した。

実は現地では、交通網が遮断されているので、
普段のように取材素材の持ち帰りがスムーズにできず、
想像していた程、新しい映像が入ってくることはなかった。
本格的になったのは、現地に中継車を置いて、そこから直接キー局、
ローカル局に映像を送るようになってからだ。
また、現地のローカル放送では、編集した映像は実はあまり使わない。
CGでの地域の被害状況や被害者の名前などが、
アナウンサーの絵と交互に放送されるのがほとんどだからだ。
そもそも、被害者は停電などで映像を見る機会は無い。

結果的には、後のまとめとしての特番で使う為に、
映像を集めていることになる。
つまり、取材自体に意味はあったとしても、
速報性は求められていないのである。
それなのに、慌てて特番などを組んで状況もわからない現地に
取材陣を送る必要があるのだろうか?
むしろ、各局報道陣が溢れることでの現地の混乱、
各社が無駄に飛ばすヘリの雑音によってかき消える被害者の声、
その他、いろんな弊害こそ多いのではないかと思う。
車で向かう取材車が立ち往生して邪魔になることだって有り得る。

などといろいろ思うが、災害報道はその瞬間よりも、
気長な復旧状況の情報開示にこそ重要度が高い。
今回の地震被害のあった地域は7月に水害に会った地域でもあり、
その時も「水害は地味だから報道してくれなくて困る」という声があった。
本当に報道することに使命感を帯びているのなら、
放送局自体こそ緊急事態に対する「冷静さ」が必要であろう。

晩飯、深夜、ホカ弁にて、しょうが焼き弁当。
ちょいと肉が多すぎる気がした。

投稿者 しど : 07:58 PM | コメント (0)

October 23, 2004

それでも眞鍋は微妙なアンビバレンツ・・・

今更ながらインリンオブジョイトイ。

多少、B級の香漂うグラビアアイドル、インリン・オブ・ジョイトイ。
「エロテロリスト」とはなんやねん?とか、不思議な人であるが、
「ジョイトイ」部分がアート系ユニットを示すのだと知り一人トリビア気分。
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
「ジョイトイ」に属する「インリン」というのが名前が意味するトコのようだ。

「JOYTOYとは写真家ヒラオカノフスキー・クラタチェンコをプロデューサー&コンポーザーとし、Vo.にインリン、マニピュレーターに坂井壱郎(エレキハチマキ)が参加したユニットである。」http://www.jvcmusic.co.jp/joytoy/

さて、こちらが公式サイト。
http://www.mostsexy.net/
で、気になるのは、「エロテロリスト」ってのが、
単に「エロ+テロリスト」の足し算のままだなー、って感想。
平成らしい、ヒネリの無い足し算サブカル感だ。
つまりは、昭和文化親父からすると「面白く無い」のである。
個人的には昭和のエロテロリストは、武田久美子だ。
http://www.shashinshuu.com/photo0578.jpg
↑どうだ!この意図不明の破壊力なテロリストぶり!(自爆テロでもあった)

アダルトビデオが「裏文化」として一般化しつつエロを担当、
グラビアアイドルは一般アイドルの登龍門になったりで、
表面的な文化の中から、案外、エロは駆逐されてるのが平成文化だ。

昭和、とくに、映画がメインの文化の一部だった頃は、
落ち目でもない新人の女優が普通に裸を晒していたのである。
思いつくだけでも、関根恵子、秋吉久美子、田中美佐子などなど。
つまりは、エロ度の基準がそもそも高かった。

インリンにはむしろ、薄味な足し算平成文化を感じる。


さて、もう一本は、逆にシンプルな足し算の魅力。
自身のブログで晒した眞鍋かをりの眼鏡ッコ写真が、
好事家達に大評判だとか(笑)。
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/2004/07/tommy_february6.html
トミーフェブラリー風の写真に、知的アイドルぶりが上手く表現されたというか、
無理して鉄砲を抱えた「テロリスト」を演じるインリンよりも、
眼鏡一つで、童貞野郎の心を鷲掴みにしてしまった真鍋の方が、
攻撃力も凄まじく、個人的には好きだな。

さりげなく、攻撃的であれ!

それにしても、ネタに気づくのが遅いのは、オヤジセンスだろか、トホホ。

晩飯、昨日の煮物に餅を投入にして雑煮に。
冷凍した餅は、結構、冷凍焼けするぞ、油断するな!

投稿者 しど : 07:55 PM | コメント (0)

October 22, 2004

ウィルス来てます

ウィルスメールが・・・
昨日辺りから、ウィルスメール(I-Worm)が一杯来る。

メーラーはEdMaxで、HTMLメールはプレーンテキストに、
添付ファイルも実行しない設定なのだが、
内容を確認した瞬間に感染の知らせが出る。

ウィルス対策ソフトにフリーのAVGを使い、
ファイアーウォール機能が無いのがいけないのか。
感知と掃除はしてくれるが、感染は防げないようだ。
一度感染すると、スキャンと駆除に20分位かかるので、
それが面倒である。

メールアカウントはフリーのヤフーアドレスに届くのだが、
ブラウザでログインしてチェックしても、ウィルスメールは届いていない。
どういうことだろうか・・・。
もしかして、自機内で増殖してるのだろうか・・・
ってことは、駆除できてないってこと???
うーん、どーしたもんだろう。

晩飯、豚肉他、白菜などを煮た汁物をおかずに食す。

投稿者 しど : 07:44 PM | コメント (0)

October 21, 2004

鳥肌実を見てきた

041021.jpg

開場一時間前に売り出す前売りを購入。
前から5列目で、十分良い席だ。
開演19時まで、一旦、帰宅。

会場の客は150~200人くらいだろうか。
席の前から10列くらいまでがボチボチ埋まってる感じ。
開演時間5分を過ぎて幕が上がり、暗闇にノイズ混じりのアジテーションBGM。
照明が点くと、鳥肌がアサヒビールのケースの上に立ち、スタンドマイクを握る。
創価学会、中国、朝鮮など、2ちゃんねるレベルのちょっと危ないネタを中心に、
妙な動きと下ネタ、自虐オチをつけて笑いに持って行く。

まあ、昭和の大川興業(大川豊)や立川ブラザーズ(談春、志らく)辺りと
ネタレベルは変わらない。
むしろ、見た目や声質は、大川豊をヴァージョンアップした程度だろうか。
ビジュアル的には非常に面白いのだけど、ネタがついていってない感じ。
ただ、割と客には受けてたので、若い人には物珍しく面白いのかもしれない。
加えて、ファンクラブなのか仕込みなのか、
異様に盛り上がる一部の客が居たのがちょっと興ざめ。

85分くらいアジテーションネタを続けて、一度、暗転。
軍服に着替えた鳥肌は、国旗の前で君が代斉唱。
歌いながら刀を抜いて、いろいろ型をつけて終了。
90分きっかりのステージ。

晩飯、帰りにリンガーハットでチャンポンを食す。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 04:43 AM | コメント (0)

October 20, 2004

台風

兄貴んとこに出産祝いを贈るつもりで、昨夜よりネットショップを探すが、
決め手も無く、北九州の百貨店にシャーリーテンプルが入ってることを知り、
そこにでも行こうと思う。
しかし、朝になり、台風がひどくなってきたので止めることにする。


家に籠もってついついサイトを読み込む。
偶然辿り着いて、ついつい読み耽ってしまったサイト。
「おアソビ探偵団」
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/index.html

自分が子供の頃に親しんだオモチャを使って、
子供と一緒に遊ぼう、というのが基本路線のサイトらしい。
方向性は非常に真面目なのだが、コンテンツは脱力ギャグ満載。
ママキャラが出てくる時は、下ネタも・・・。
恐らく実子と思われる、写真で登場の兄妹は、
時に酷使されてますが本人達が楽しそうなのは、
みなぎる子供エナジーのなせる技なのだろうか。
作者らしいパパも、時に調子に乗って、学校のプールに入ってたり。
1エピソードが少し長いけど、飛ばし読みで読み進もう。

この辺りがお薦め。
ホッピング(民明書房の記述も引用される):
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi02/35hopping/index.html
兄(5歳)のチャレンジャーぶりが素敵。

駄菓子その弐:
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi02/36dagashi02/index.html
作者のツッコミのおかしさが満喫できる。
偶然、ホッピングの項と同様にヒデキが登場。


ところで、今回の台風、前回、停電になったことを思うと強くなかったかな。
コースの差で影響も変わるのかもしれない。

晩飯、松屋で買ってたレトルト牛丼。
そこそこ良い値段だったせいか、そこそこいける。
汁が少な目なのが残念だが、味は店と変わらない。
また、買ってこよう。

深夜、明日の鳥肌実のチケットをローソンに買いに行くも、
すでに取引終了。残念。

投稿者 しど : 02:31 AM | コメント (2)

October 19, 2004

相変わらず買えず

出産祝いでも買いに行こうと思ってたのだが、どうも最近、昼間に寝てしまう。
夕方に慌てて車を出す。

ついでに、昨夜、スカパー!を見てて、
The Back HornというバンドのCDが欲しくなったので探すことにする。
サイトにいくつか音源があって、エレカシっぽい感じだろうか。
そーいえば、個人的には、叫び系ボーカルは嫌いではないのだが、
日本で叫び系といえば、誰が早かったんだろう?
やっぱ、三上寛なのかな?

市内のデパート、シーモール・大丸内をウロウロするものの、
子供服売り場にはブランド物も無いので、買うのは諦める。
CD売り場でBack Hornを探すも、シングルしか置いてない。
駐車場無料化の為に、何か買おうと書店にも行くが、
お目当てのBlogテキストも無く、途方に暮れる。

そーいや、ゲームコーナーで無料券配ってたなー、と思い出し、
最上階のゲームコーナーレジにて券を貰う。

夕飯に、鳥南蛮定食を食し、
ダイエーにていろいろ買い出しして帰宅。

投稿者 しど : 02:42 AM | コメント (0)

October 18, 2004

不幸だから早死にするのか?

昼間、隣の親子が植木掃除をしてるようだったが、
またまた、私が放置していたゴミ袋を出してくれたらしい。
袋の中に入れておいた軍手が、玄関に置いてあった。
ありがたいけど、御礼しなきゃならんので、面倒だ。

禁煙は、2ちゃんねるの禁煙スレに参加してるのだが、
テンプレ集を見て、肺癌で亡くなった人のサイトを読む。
年齢は私と同じ漫画家の人。
スレ:http://life5.2ch.net/test/read.cgi/cigaret/1098195142/
テンプレ:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/8580/te.html
漫画家:http://www.asahi-net.or.jp/~tt3s-cb/takerou/

白血病で死んだ女の子の日記もそうだけど、
http://www.geocities.jp/thefrontline_bluebird/
早死にする人って、どこかトラブルに巻きこまれやすいというか、
不幸続きな感じがする。
気の毒といえば気の毒だ。
その点では、私は早死にタイプでは無いのかもしれない(笑)。

晩飯、松屋で豚角煮丼とサラダ。
角煮丼はまずかった・・・失敗。

投稿者 しど : 02:56 AM | コメント (0)

October 17, 2004

飲み過ぎか

先月末に書いてたシナリオ、あれから全く手つかずだ。
で、飲んでばかりいる。
で、あちこちに失礼なメールなどを送ってしまい、
酔いが冷めてから後悔する。
ま、家に住んでるだけで、やってることはホームレスのオッサンに近い生活だ。

とりあえず、日記をブログ化してみることにした。
カスタマイズがよくわからんが、使いながらいじることにしよう。
じゃないと、一向に作業が進まない。

とりあえず、「古いログをどうするか?」は、
投稿時の日付を変えられるので、そこを任意の日付にすると、
指定した日付分で作成されることがわかった。
古いのを地道に入れていけば、DBが完成する。
時間があれば、四年分をボチボチ入れていこう。

目下、背景をオレンジ色に、文字を大きくしたいところだ。
本を購入すべきだろうが、まずは、ネットでの情報でできるとこまでやってみよう。
ここらが、老舗サイトらしい。
http://rebecca.ac/milano/mt/archives/cat_movabletype.html

晩飯、餃子を家で食す。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 12:00 AM | コメント (4)

October 16, 2004

私は冷たい人間なのだろうか

兄の子供が産まれたのだが、
私は、兄貴が家に来るか否かだけが気になる。
いや、まあ、子供の顔を見れば、可愛いとか思うのかもしれないが、
兄貴からのメールがキモイのだ・・・。

昨日の夜の一部
「もうじき知(私の名前)もおじさんです。今のところ父さんと母さんにお願いするだけです。」

今日
「2700グラムの女子。父さん母さんも見守ってくれたと思う。」

うーむ、親になるのは、自分の行為だからいーけど、
「叔父」は自分とは無関係だから、嫌だと思う人も居ると思うぞ?
本意がわからん。
で、天国の父さん母さん、ってか?子供ができたら急に親思いですか?
とか、いちゃもんをつけているのだ。
まー、いーんだけど・・・。
子供が誕生したからといって、全ての者が無条件に祝福するものだろうか?
親じゃないのでわからんが、兄&兄嫁の長男・長女カップルは、
そう思ってそうだから、困る。

夕方より、裏の植木のゴミ袋詰め。全然進まない・・・。
作業中、隣の兄ちゃんがジュースをくれる。
禁煙話になったので、「禁煙セラピー」をあげることにした。

晩飯、松屋で豚丼&サラダを食す。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 05:57 AM | コメント (0)

October 15, 2004

禁煙生活

煙草を止めてどうにか二週間弱。
変化といえば、とにかく、飲み食いが激しくなったことだろうか。
口寂しいので、とりあえず、何かを口にしていないと我慢できない。
ガムも大量消費しているので、金銭的にはあんまりお得じゃないかもしれない。

さて、煙草を吸っていると、一本当たり、約5分かかるとして、
私は、一日40本吸ってたから、一日200分、約3時間、
以前とは違う時間の使い方をしなければならない。
大抵は寝たりしてるのだが、起きてると、どうにも寂しくて仕方ない。
ちょいと仕事も溜まり、やる事も山積してるのだが、
気づくと酒を飲んでるので・・・

とりあえず、裏庭の植木の掃除で夕方費やす。
考えたくなければ、体を動かせばいーのだ。
にしても、一昨日の腕立てのせいで、体が痛い・・・。
すっかり体はじじーだ。

晩飯、カレー。ようやく食い終わる。

投稿者 しど : 04:38 AM | コメント (0)

October 14, 2004

映画「誰も知らない」

墓の彫り代を払う。
帰りにブックオフにて、ゆらゆら帝国「ミーのカー」、
宮内知美写真集、江國香織「ホリー・ガーデン」を購入。
ゆらゆらは、GSと80年代インディーズを合わせた感じ。
なかなか良いけど、ちょっと整い過ぎてる感じもする。
写真集は見た感じでプレミアが付きそうだったが、
家で確認すると、買値の12倍の値の売値サイト発見。
江國は、テレビで直木賞を獲ったとか見たので買ってみた。
変に性的でも無いし、読みやすいかなー。
私が書いてる女の子主人公のシナリオと作風が似てるので、
参考になりそうだ。

映画「誰も知らない」を見る。
巣鴨置き去り事件で検索すると、この映画のモデルが出てくる。多少の脚色があるとはいえ、これは実際にあった事件なのである。このことが、いいようのない絶望感を抱かせる。

私は、個人的に「疑似家族」という設定が好きである。他人同士が疑似家族を演じることで、本来の家族が持つ役割を再確認する、という展開である。ところがこの作品では、前提となるべき家族が最初から崩壊しているという絶望的設定なのである。はたまた、学校が嫌だったり社会生活が伴わずに「ひきこもり」になる物語なら有り得るが、こちらは、学校に行かされずに育った12歳や、外に出ることを禁じられている子供達が存在しているのだ。非現実的な設定だが、現実にあった事件なのである。本来持つべき社会の基本を奪われている子供達を、どういう感情を持って眺めれば良いのか、非常に困惑しながら見ていた。

捨てられた植物の種がカップ麺の鉢の中で育つ。雑草はその生命力だけで育つが、人間はそういう訳にはいかない。子供達のわずかな成長と対比するように、着ているモノがだんだんボロボロになっていく。「あいつの家、生臭いんだよ」といわれる程に部屋の中もグチャグチャになっていく。オモチャのピアノやウサギのぬいぐるみ、熊の絵が付いた音の鳴るつっかけ、アポロチョコやカップ麺・・・、子供達の輝く目が見つめる「夢」は、無惨な現実の闇の中で悲しく笑っている。大人達が知らない、または見て見ぬふりをしている中で。

これがフィクションならば、「こんな望みの無い物語、ありえねーよ」と捨て去ることもできるのだが、単に私が知らなかっただけの話なので、途方もない絶望感に囚われた。巣鴨の事件は、1988年に発覚したそうだが、それ以降も、誰も知らないままに様々な悲劇が繰り返された結果の、最近の子供虐待事件の頻発だろうと思うと、尚更、やりようのない悲しみが私を襲う。

夕飯、北九州市で「餃子の王将」を発見。ヤングセットを注文。晴れ。

投稿者 しど : 04:42 AM | コメント (0) | トラックバック

October 13, 2004

だらだーら

また、生活時間がズレて来たので、ちょい戻す。

ダラダラしつつ、チラシ用まとめ仕事をどうにか終えて、送る。
イマイチ、まとまりが無いかもしれないが、どうも、最近、
最後の詰めができない感じが強い。
歳かな。

墓の名前彫りが終わったとのこと。
4万6千円なり。
一応、葬儀以後、盆も含めて、おかんの霊前にある金で払おうかと、
ようやく、仏前のお金を袋から出して計算する。
みんな一杯包んでたんだなー・・・お返し、1000円分だったのに・・・

南京関係の本宮ひろ志、休載が決まったらしい。
なんだか嫌な感じ。

晩飯、スーパーで買ったバッテラ鮨。晴れ。

投稿者 しど : 04:48 AM | コメント (0)

October 12, 2004

映画「明日に向かって撃て」

相変わらず、有名な作品を見てない。
「スティング」もまだだ(笑)。

という訳で、「明日に向かって撃て」。
ニューシネマ群に入るんだろうけど、随分と小じゃれた感じ。
「イージーライダー」が同じ年で、どことなく似た雰囲気もあるが、
カルトとなった「イージー~」と比べ、きちんと「娯楽」してるとこが、
この作品の面白さかな。
まあ、その分、「イージー~」の剥き出しの描写がカッコイーともいえるけど。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの二枚看板だが、
ふと考えると、ロバート・レッドフォードの代表作って何になるんだろう?
実は、あんまり出演作品は見てないなー、なんて、
なかなか渋いレッドフォードの演技を見ながら、思ったり。
☆三つ。

ここんとこ、出来は良いけど、「並」という評価をしてしまう。
しかし、「明日に向かって撃て」と近い年代、近いテーマで、
「イージーライダー」「俺たちに明日はない」に比べちゃうと、
やっぱ、感動度は落ちちゃうんだよなー。
関係無いが、邦題、「明日に~」も「俺たちに~」も、
原題は主役二人の名前なのに、邦題は「明日」で共通させてるな。
紛らわしい(笑)。

気紛れに腕立て伏せをしてみる。
5回だけであっぷあっぷ。
やばいので、膝を立てて四つんばいにしてやってみる。
それでもきつい・・・老化してるんだな・・・。
ほんの5年前まで、両手の幅を3通りに変えて、
15回ずつを3セットでやってたのに。

晩飯、まだまだカレー。 晴れ一時曇り 。

投稿者 しど : 04:53 AM | コメント (0)

October 11, 2004

成功の美酒を飲んでみたい

世の中は祭日のようだが、私は毎日が休みなので、
こういう楽しみは味わえない。残念。

昨夜、何度も放映を見逃した映画の放送日が今日だと、
知り合いが折角教えてくれてたのに、つい寝てしまう。
運良く、冒頭5分見逃しただけで済む。ふぅ。

Macのスティーブ・ジョブス、Winのビル・ゲイツをモデルにした、
映画「バトル・オブ・シリコンバレー」という作品。

ジョブスとゲイツに共通していたのは、ビジネス感覚だろう。
自分のテリトリーでビッグビジネスを仕掛ける。
その嗅覚に長けていた二人、というのがこの作品から沸き立つ。

ヒッピー崩れのジョブスがアート志向の唯我独尊を目指し、
DOSで一儲けしたゲイツは、GUIに一発逆転の勝負をかける。

独りよがりなジョブスは後に追放されたものの、
再び戻ってからのMacの躍進ぶりは、
Macの思想がジョブス自身にあったことの証明かもしれない。

多くの者は美酒を味わう為に努力を重ねる。
美酒に満足して終わる者も居れば、さらなる美酒を求める者も居る。
一方で、最初から、美酒を求めない者も居る。
ゲイツやジョブスになりたいとも思わないけど、
やっぱ、一度くらいは美酒を味わってみたいなー、
なんて思わせる作品だった。
二人の行動を追うだけの物語なので映画としては面白くないが、
Mac&Winの歴史VTRと思えば十分楽しめた。

晩飯、カレーを作り食す。 雨一時曇り。

投稿者 しど : 04:55 AM | コメント (0)

October 10, 2004

中国問題

今週のビデオニュースドットコムは、中国ネタ。
ゲストが、中国人なので、中国側からの視点だろう。
サッカーの時の、日本バッシングからわかるのは、
反日思想というよりは、民衆をコントロールできなくなってる中国政府だとか。
昔ほど、統治能力は無いのかもしれない。
そして、その反日感情はどこから生まれたかについては、
やはり、中曽根の靖国参拝辺りから生まれたらしい。
中国には、日本の語感と異なる「説法」という言葉があって、
釈明を聞けば、後は忘れてやる、という「義」のようなもので、
戦後は、一応、その路線でやってたらしい。
ところが、戦犯合祀での靖国参拝と教科書問題に、反感を抱き始め、
徐々に外交問題に発展していったとか。

中曽根、小泉のアメリカベッタリ感は中国との距離を生じさせているのだろうか。
ふと、中国の立場に立つと、「あーあ、言っちゃった」ってな感じでもある。

丁度、本宮ひろ志の漫画が南京事件の描写を巡って、
右翼から圧力を受けてるらしい。
個人的には、アジア人同士、なんで仲良くしないんだろうな?なんて思う。
アメリカだけじゃなく、中国だって市場として重要となってるし。

もー一点、目の上のたんこぶ、中国による、日本海の地下資源開発。
あれも困ったもんだが、近代以前であれば、国境付近はラインではなく、
曖昧な地域としての共同利用が成り立ってたと中国側は説明する。
(曖昧にしつつ、どんどん広げていくのも中国の手らしいけど)
そーいうことなら、案外、共同で開発しちゃった方がいーのかもしれないなー、
なんて風にも思う。

長いけど、もー一つ中国ネタ。
偶然は重なって、実は、中国映画「鬼が来た!」のビデオも借りてるのだ(笑)。
「鬼」とは、当然、日本軍のことも指すが、
テーマとしては戦中の狂気のことのようだ。
正体不明の「鬼」の命令によって、様々なことが起こる。

物語性は薄いんだけど、実は、戦争って物語を作りやすいし、
その物語を利用して現実に政府が戦争を推進したりする。
今でいうなら、「イラク=悪の枢軸」を成敗する物語とか。
なので、敢えて「狂気をあぶり出す」為に、物語性を排除したのかなー、
なんて深く考えさせられるんだけど、やっぱ、狂気にはのめり込めずに、
ぽかーんとしてしまうので、☆3つ。
いや、ぜひとも見て貰いたい凄い作品なんだけど・・・。
詳細はこちらで
http://cinema.intercritique.com/comment.cgi?u=596&mid=9623

夜、うどんを食す。 雨。

投稿者 しど : 04:57 AM | コメント (0)

October 09, 2004

女性タレント学力テスト

夕方から、めちゃイケSP版。
女性タレントが学力テストを受けるネタで、
叶姉妹も出てる所に凄みを感じ、爆笑しながら見てしまう。

姉・恭子は、虫が好きらしく、理科で高得点を上げる。
カエルやトンボの描写がリアルに上手くて笑える。
「ヤラセ」まじりのキャラ作りにしても、上手いなーと、
ちょっと、叶姉妹が好きになる。
ラスト成績は、妹のがちょっと良かったんだけど(笑)。

結局、成績トップは、僅差で麻木久仁子をかわした光浦靖子がトップ。
最下位は、森三中をかわした若槻千夏。
英文の「upon」を「ウッポン」と訳して笑われていたが、
私も突然受けさせられたら、成績悪いだろうなー、と、ちょいマジになる。

ところで、一番笑えたのは、森三中のメンバーの順位。
一番頭良さそうな、眼鏡の黒沢が最下位。
見た目馬鹿そうな人よりも、普通な人のが馬鹿だったという結果で、
新婚・坊主の大島>節約生活でやや人気のデブ・村上>黒沢、だった。
つか、世の中の30代は、森三中なんかには興味無いのかもしれないと、
ふと寂しくなる。

天気:雨。

投稿者 しど : 05:34 AM | コメント (0)

October 08, 2004

メールも嬉しい

今日は、久しぶりな人達から電話やメールを頂く。
嬉しいものだ。
私からもしなきゃなー。

晩飯、スーパーで買ったサーモン鮨。
天気、曇り時々雨

投稿者 しど : 05:36 AM | コメント (0)

October 07, 2004

禁煙四日目

煙草を止めてから、猛烈に食べ物を食している。
あれば食う、あれば飲む。
無ければ買いに行く・・・である。
一応、禁煙初期ということで、非煙草以外の欲求には従ってるのだが、
そろそろ、直していかないと大変なことになりそうだ。
それにしても、まだ吸いたくなる・・・。
天気、曇り時々晴れ。

投稿者 しど : 05:37 AM | コメント (0)

October 06, 2004

映画「トゥームレイダー」

アンジョリーナたんを見てハァハァする作品と聞いてたんだけど、
下手に話を膨らませたせいか、ハァハァできませんでした。

ゲーム原作モノとしては『バイオハザード』も似たような作品だと思うが、
シンプルなパニック映画にした『バイオハザード』に比べ、
こちらは、続編制作を前提にしたのか、
人物背景を中途半端に盛り込んだせいで、娯楽性に欠けてしまう。

では、主役のアンジョリーナ・ジョリーはどうだったかというと、
作品同様、人物説明の為に魅力の描写が削られた印象があり、
どうにも中途半端。
どうせなら、『チャーリーズエンジェル』くらいにしてしまっても
良かったように思う。

ところで、先日、某番組でこのゲームの誕生秘話を見たのだが、
元々、ララ・クラフトというキャラの設定からゲームが生まれたようで、
ララには、「セクシーさ」が存分に与えられたらしい。
このことが、ゲームの成功を生み、映画化まで実現してしまったということだが、
折角、ララに付された「セクシー」なのだから、
映画の中では実写としての「セクシー」を追求すれば、
映画としての成功も勝ち得たかもしれない、と残念に思う。

天気、晴れ一時曇り。

投稿者 しど : 05:40 AM | コメント (0)

October 05, 2004

後悔

朝から、裏の木の伐採済み部分を小さく切ってゴミ袋へ。
やってもやってもキリが無いのだが、
少しは片づいてきているので非常に楽しい。

それにしても、母が生きている時は、
何であんなに手伝うのを嫌がったんだろう、と思い返す。
母と一緒に作業をするのが嫌だったのか、
主導権を母が握っての作業が気にくわなかったのか。
どっちにしても、あの頃に、今と同じ作業をしていれば、
母も随分と喜んだだろうし、私も楽しかったかもしれないなー、
なんて、後悔しながら、一人で作業をしている。
なかなかむずかしいもんだ。

午後、ちょっとうたた寝をして、買い物へ。

夜、居間の炬燵に、炬燵布団をセットする。
もう寒いんだもん。

晩飯、スーパーで買った総菜、鳥南蛮をおかずに食す。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 05:41 AM | コメント (0)

October 04, 2004

映画「ドライブ」

煙草を吸わないせいか、常に手持ちぶさただ。
何かしなければ・・・と思いつつも、つい、酒を飲み始める。
あかんっちゅうの。

深夜、映画「ドライブ」。
サブ監督の毎度の下らないギャグ映画。
物語は途中で破断してるんだけど、それも許せちゃう面白さ。
パターンとしては、矢口史靖と似てるんだけど、
サブ監督の場合は、きちんとした役者を使って演技をさせているので、
カット毎の見応え度が大いに異なる。
なので、シーンで笑っていれば、ま、いっか、って許せちゃう。
随分、爆笑したので、☆四つ。

晩飯、松屋でチキンカレー&サラダ。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 05:43 AM | コメント (0)

October 03, 2004

サプライズしちゃう?

昼間、掃除をしていたら、煙草が三本出てきた。
勿体ないので吸ってしまいました。
禁煙マラソンカウンターも、一旦、リセット。

そーいや、小泉が内閣一新したんだっけ?
サプライズ人事とはいうものの、
以前、更迭人事で居なくなった人が何人か復活したようなのは、
たしかに、ちょっと驚いた。
「更迭ネタ」も、単なるスキャンダルなのか、
影で刺された結果なのかよくわかんなかったりするらしく、
今回、党幹事長になった武部元農水相、
農水相時代は、狂牛病を巡って頓珍漢なことを言ってた印象しかないが、
今となっては、2ちゃんあたりで、当時は、精肉を巡る部落利権に、
武部が立ち向かった結果、失脚させられたんだ、なんて。
首相補佐官に任命された、山拓もそんなんらしいが、
いずれにしても、その程度にサプライズしたかな。
一体、小泉政権ってあとどれくらい続くんだろう。
米国大統領みたいに、期限と選挙が明確ならいーんだけどな。

晩飯、麻婆豆腐丼。
天気、雨。

投稿者 しど : 05:45 AM | コメント (0)

October 02, 2004

お祓い

毎度のごとく、朝からお祓いなので、徹夜して掃除。
徹夜する程のことでもないのだが、グズグズ過ごす。

無事終わり、安心して一飲み。
久々に天気が良いので気分も良い。
夕方から、裏の木をちょっと整理する。

兄貴が帰るかと思うと、ストレスで鬱々となるが、
結局、帰ってこなかった。
深夜メールチェックをしたら、20時前に、
帰れない旨のメールが来てた。

晩飯、麻婆豆腐。味の素のだからイマイチ。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 05:46 AM | コメント (0)

October 01, 2004

禁煙1日目

やることは多いのだが、多いことを直視すると、
手に負えないことに気づくので、見ないことにしているようだ。
家の中で見ないようにしている場所がどんどん増えている気がする。
明日は兄貴が帰ってくるかもしれない。
凄く憂鬱である。
煙草を我慢しているせいか、非常に眠い。
眠さにまかせて寝ることにする。

買い物ついでに、夕方、「山小屋」で昭和ラーメン。
天気、晴れ。

投稿者 しど : 05:46 AM | コメント (0)