« 後悔 | メイン | 禁煙四日目 »

October 06, 2004

映画「トゥームレイダー」

アンジョリーナたんを見てハァハァする作品と聞いてたんだけど、
下手に話を膨らませたせいか、ハァハァできませんでした。

ゲーム原作モノとしては『バイオハザード』も似たような作品だと思うが、
シンプルなパニック映画にした『バイオハザード』に比べ、
こちらは、続編制作を前提にしたのか、
人物背景を中途半端に盛り込んだせいで、娯楽性に欠けてしまう。

では、主役のアンジョリーナ・ジョリーはどうだったかというと、
作品同様、人物説明の為に魅力の描写が削られた印象があり、
どうにも中途半端。
どうせなら、『チャーリーズエンジェル』くらいにしてしまっても
良かったように思う。

ところで、先日、某番組でこのゲームの誕生秘話を見たのだが、
元々、ララ・クラフトというキャラの設定からゲームが生まれたようで、
ララには、「セクシーさ」が存分に与えられたらしい。
このことが、ゲームの成功を生み、映画化まで実現してしまったということだが、
折角、ララに付された「セクシー」なのだから、
映画の中では実写としての「セクシー」を追求すれば、
映画としての成功も勝ち得たかもしれない、と残念に思う。

天気、晴れ一時曇り。

投稿者 しど : October 6, 2004 05:40 AM

コメント

コメントしてください




保存しますか?