« March 2005 | メイン | May 2005 »

April 30, 2005

欲の塊、アキハバラ

昼過ぎて、友達が家を出るので付き合う。
赤羽のスポーツクラブの手続きをしていた。
月1万以上の会費なのに、大丈夫だろうか。
「お姉ちゃんとの出会いもあるだろうし、大変ならすぐ止めるから大丈夫だよ」
と、友達は、あくまでポジティブだ。

別れた後、私は暇に飽かして秋葉原へ。
中古のルーターくらい見ようかと思ってたのだが、
駅にたどり着くと、駅構内を始め、周辺が随分と変わっていて驚く。
真新しいビルの真横で、ちん○をこっちに向けた
ホームレスのおっさんが立小便する姿の風景が、
何か、都市とスラムの同居という感じでいきなり面食らう。

秋葉原はここ何年かで随分と姿を変えている。
10年前くらいまでは、単なる電気店街だったが、
5年前くらいには電脳化とオタク化が始まり、
今は、その「欲」をさまざまに吸収する施設ができていて、
イマイチだった食欲を満たす安い飯屋も増えていた。
それにしても、周囲にどんどん広がる繁華街の様子に、
「アキハバラ」が巨大化しているような感覚がして、めまいが。

また、歌舞伎町的な欲ならば、酒&女のキャバクラが、
コーヒー&メイドなコスプレ喫茶になってるトコが、
アキハバラ的欲の解消方法なのだろうか。
ガラス張りで外から中が見える店の前を通ったのだが、
衣装がかかった暖色の壁に囲まれ可愛いメイドが給仕している中、
普段着の兄ちゃん達がただただ無口にカウンターに向かってる姿が、
どことなく、ソフトフォーカスに包まれていて、店全体が妄想世界のようだった。

天やで、野菜天丼。

投稿者 しど : 09:11 AM | コメント (0) | トラックバック

April 29, 2005

水族館に行った

今日で新潟を引き上げるので、どっか行きたいとこないかな、と、
佐渡と水族館を思いつき、佐渡は面倒なので、水族館へ。
http://www.marinepia.or.jp/
1500円で入場。
水槽類も面白いが、野外もなかなか充実。
アシカ、アザラシ、トドが間近に見れる。
水槽の中もガラス越しに見れるので、
狭い水槽の中、必死に泳ぐトドの姿にしばし目を奪われる。
逆さに泳いでくる巨大トド、なんとなく、顔がトトロそっくりだった。
(写真じゃ見にくいかな)
050429.jpg

その他、ビーバーやカワウソ、ラッコも可愛い。
イルカショーも見て満足。
いまどきのショーは、わざと水しぶきを客に浴びせて、
「ツカミ」とするようで、随分と盛り上がっていた。

その後、新幹線で大宮まで行き、西川口の友達宅へ。

投稿者 しど : 08:54 AM | コメント (2) | トラックバック

April 28, 2005

へーいへーいへい おうびゅてぃほーでー

資料用に借りていたデジタルデータ、
先方からは「あげる」といわれてたし、
コピーも簡単なデジタル式だから、
勝手に捨てればいーじゃん?とも思ってたのだが、
ボスにいわれて先方に返却希望電話。
予想に反し、承諾され、伺うことにした。

まー、ちょぼちょぼっと仕事の話なんてのもあって、
営業職を兼ねるのならば、どんな理由でも先方と会う機会を作る、
ってのが、ビジネスチャンスなんだろうな、などと思う。

夜、軽く打ち上げ。
二軒で解散。
一人ホテルに向かうが、なんとなくお姉ちゃんの居る店へ一人ふらっと(笑)。
音程の外れた「ビューティフルサンデー」がいたく受けて、ご機嫌なまま就寝。

投稿者 しど : 08:49 AM | コメント (0) | トラックバック

April 27, 2005

ようやく終わった、平成16年度

本日、冊子の納品。
改めて出来上がったモノを手にするものの、
私自身は受けた指示を伝えるばかりで実際のデザインなどはしておらず、
私の成果のようにも思えないのが、やや不満か(笑)。

とりあえず、先方に届けると、お互いに満面のニコニコ。
あの、ギスギスしたやりとりが懐かしい。

車を走らせると、すっかり暖かい。
そーいや、もう5月だもんな。
一冬をこっちで過ごしてしまった。
ふと思い出すと、母の死から始まって、思い出深い年度だったな。

夜、ボスにお願いして、プリンターを拝借。
応募シナリオをとっとと印刷。
明日は、出せるかな。

晩飯、会社の近所でとんかつ定食。

投稿者 しど : 11:20 PM | コメント (4) | トラックバック

April 26, 2005

事故は大変なことになってるようだ

列車事故、一晩経過しても、まだ救出作業が終わらないらしい。
街中での大惨事が全く信じられない。
新潟日報の1面コラムで、かつての大事故、信楽鉄道の被害者家族達の、
事故の教訓を生かす独立した調査委員会を設立する運動の話が、紹介されていた。
被害者達の奔走にも関わらず、結局、国交省の出先機関になってしまったそうだ。
その結果が、さらにひどい被害をもたらしてしまったならば、
その運動を阻止した人たちに、メディアはちゃんと言説を取って欲しい。
なぜ、きちんとした安全基準を強制させる機関の設立を拒否したのかと。

昼間は、延々と、災害時用地図のトレースなんてのをやっている。
避難時の避難施設を書き込んだりもするんだけど、
公民館や多目的ホールなど、いろんな施設があるもんだ。
実際に避難した時、学校の体育館に入るか、
畳のある公民館に入るかで、随分と快適さが違うだろうなー、
なんて思う。

さて、そろそろ脚本もやばめ。
ま、リライトだから、印刷さえできればいーんだよな。
ボスにお願いしよう。

晩飯、スーパーの寿司。

投稿者 しど : 11:27 PM | コメント (0) | トラックバック

April 25, 2005

アームジョー

仕事が終わる時間になると、晩飯の心配をする。
外食ばかりのこの数ヶ月間、腹はビア樽のように太り、
吹き出物も出て、体調不良でもある。
なので、少しは栄養のあるものを、なんてのも考慮するのである。

とはいえ、選択肢もそれほどなく、今日もすき屋。
カレーの割引券があったから、使うのだ。

ハンバーグカレーのサラダセットを食し、そこそこ満足でお会計。
割引カードを差し出すと、
「これ、昨日までですよ」
と、無常な声。

投稿者 しど : 11:38 PM | コメント (0) | トラックバック

April 18, 2005

げらっぱ

ゲラが一日早く上がって来た。
チェックすると・・・修正が4ヶ所。
先日、この段階での直しは大変だ、なんて話をしてたので、
どーしたもんかと思う。

それにしても、ちょっとした漢字のミスでも、
そのすぐ下の部分は以前気づいてるのに、
たった1行上だともう視界に入らないのが驚く。

フジテレビとライブドアとが和解したらしい。
結局、堀江がニッポン放送株をフジに売っ払いつつ、
フジからさらに資本注入も受けて、終わり。
ま、応援してたこっちは、既得権益者の打破だったのだが、
蓋を開けてみれば、権益者の懐に上手く潜り込んだだけで、
こっちとしては、一番面白くない結果に(笑)。

ま、理想に燃えてるだけじゃ、堀江みたいに金儲けはできんわなトホホ。

投稿者 しど : 11:05 PM | コメント (2) | トラックバック

April 17, 2005

あいつに幸あれ

昼過ぎにブラリと外へ。

CD屋に入って、高田渡があるかと探してみると、
初期の三枚ボックスセットがあったので、買ってみる。

夜半、東京の友達から電話。
ケシゴムスタンプの彼。
今週にも、東京を引き上げて実家に帰るらしく、
現在は、引越し作業の途中なんだとか。
大学時代から住んでる4畳半の彼の部屋、
いろんなものがたくさん溜まっていることだろう。
何かを諦めて帰郷する寂しさは、私も知っている。
一つ一つのいろんな思い出の断片に、いちいち、
処分するか持ち帰るかで悩んで作業がはかどらない。
彼はこれからどんな生き方をするんだろうか。

これからやってくるはずの「まっとうな生活」の中、
少し慣れてくれば、また新たな挑戦をすればいい。
その成果発表の場として、HPも出来てるんだし。
なんて伝えつつ、電話を切る。

東京の宿泊場所が一つ減ったな。
静岡に増えたと考えるべきか。
「下関に少し近づいたから、また遊びに行くよ」
と言ってたしな。

あいつに幸あれ、と願いつつ、
私にも幸あれ、とつぶやいてみる。

晩飯、すき家でにんにくカレーセット。

投稿者 しど : 11:26 PM | コメント (0) | トラックバック

豚骨爆弾

めんたいビートを凌駕した、
最強ビート爆弾、豚骨爆弾。

って勝手に福岡出身のバンド名&コピーを思いついた。

只今、バンドメンバー募集中。
ボーカル以外全部(笑)。

あと、妹分バンド、「鎖骨天女」のメンバーも。
事務所「骨骨ロック」より。

投稿者 しど : 02:46 AM | コメント (0) | トラックバック

April 16, 2005

高田渡氏死去

部屋でゴロゴロしてるとついつい昼間も夜もうたた寝をしてしまう。
「Do not disturb」の札をドアにかけてはいるものの、
午前中から昼過ぎまでは、外から掃除をしている物音がしていて、
なかなかゆっくり休む気分にもなれないが、
フロントに「部屋の掃除は結構ですので」と断りをいれると、
物音も少しは気にならなくなるのだ。

ポットで湯を沸かし、10個250円のドリップ式コーヒーを炒れ、
20個100円のポーションミルクも入れて、ノートパソに向かう。

フォーク歌手の高田渡氏が他界したことを知る。
http://www.asahi.com/obituaries/update/0416/001.html
有名な曲を知ってる程度だけど、
なぎら健壱の「日本フォーク私的大全」を読んだり、
NHKのフォーク特集で時に映る姿に、親近感を覚えちゃってたのか、
突然の訃報に、ついつい涙が。
一見の私でこうだから、コアなファンや知り合い達の悲しみは、
もっともっとな、愛され方をした人なんだろうと思う。

随分前から、年齢不詳のおじいちゃん然としてた彼も、まだ56歳。
エンケンやミチロウ、清志郎とも変わらない。
実際に孫も居るらしいけど(笑)。

こんなことを予知した者が居たのか、
昨年、ドキュメンタリー「タカダワタル式」が完成してたようだ。
http://www.altamira.jp/takadawataru/
彼の街、吉祥寺はバウスシアターにて、
4月30日~5月13日の間、レイトショーながら上映するらしい。
私も行ってみよう。

夕方、買出しに外へ。
すっかり暖かくなった気候に、桜も咲いてることだろうが、
一人で行く気もせず、どっちみち行く所も無く、
いつものように、ソフマップとゲーセンをウロウロするのみ。
もう、ずっとずっと、こうしてウロウロしてるだけのようにも思う。
昔、冗談でいってた、「理想は風来坊」ってのが、
いつの間にか、必然的に身についてきたように思う(笑)。
最近の軽口は、「良い老人ホームを知らないかい?」なのだが、
こっちまで本当になると、ちょっと悲しい。

晩飯、惣菜で買ったチキンカツをキャベツ千切りとともに、食パンに挟んで食す。
ホテル暮らしの野菜不足な食事に、少しでも野菜を食べなきゃと、ダイエーにて購入。

投稿者 しど : 11:47 PM | コメント (0) | トラックバック

April 15, 2005

たまたまが重なる

タイミングが悪いのが重なると不運に見舞われてしまう。
帰り、事務所を出て少し歩くと、駅方面への道路の信号が青。
思わず走り出すが、道路を右折して30メートルくらい先の信号へ向かうのに、
右折すぐに違法駐車。
駐車車両を越えて、道路側から行こうかと思ったが、
ちんたらとした軽四が走ってきたので、そっちも無理。
仕方なく、駐車車両と駐車場の壁際50センチくらいの隙間を走り抜けたのだが、
壁際の段差に思わずバランスが崩れ、何かにひっかかったのか、
肩口で「ぶち」と音がする。
何だろうと、戻って見てみると、壁部分に針金が撒きつけられていて、
その留め部分が開いて、引っかかりやすくなってる。
あれ、じゃー、服はどーなったのかな・・・改めてちゃんと見ると、
ユニクロのスウェットがすっかり裂けていた。
050415.jpg

たまたま、信号が青じゃなかったら、
たまたま、違法駐車が無かったら、
たまたま、ちんたら軽四が走って来なかったら、
たまたま、足元のバランスを崩さなければ・・・
てな結果。
大きな事故もこんな「たまたま」が重なって起こるもんだ。

でもまー、もう数センチよろけてたら大怪我をするトコだったし、
目にでも入ってたら・・・
と思うことにする。

ホテルに戻ってからは、つい、「幸福の黄色いハンカチ」を見てしまう。
途中で洗濯を始めたが、夢中になって乾燥機にかけるのを忘れるトコだった。
武田鉄矢をこんな大役で起用したことが最大の偉業だと思う。
もちろん、それに応えられる実力を持ってた武田の役者稼業は、
本職の歌手よりも、その後は開花しちゃったのだが。
(「刑事物語」の頃には天狗にもなってたみたいだけどさ)

晩飯、野菜肉炒め定食。

投稿者 しど : 12:56 AM | コメント (0) | トラックバック

April 14, 2005

仕事も一段落

午前中、印刷業者に原稿を入稿。
とりあえず、一段落終了。
あとは、19日にゲラチェックをして、27日に納品だ。
いらなくなった資料のコピーをシュレッダーにかけてると、
いろいろと無駄になった作業してたもんだなー、と懐かしい。

という訳で、仕事も無くなり暇になった。
いつもなら帰るトコだが、月末じゃなければ用事も無し、
ゲラチェックの日もあるので、帰るよりも居た方が安い。
往復したら最低6万円かかるもんね。

ボスに頼んで仕事を貰う。
スキャンした地図に防災地域をトレースしていく作業を得る。
面倒だけど、これも仕事だ。

夜から、ちこっと飲みに。
ちょっと一杯のつもりが・・・

中韓の反日報道。
いっそ、ここまでひどくなってるんだったら、十分外交カードになるじゃん。
「オタクは、ここまで治安が悪いんですか・・・」
中国は北京オリンピックもあるし、あの治安の悪さは、
近代国家として恥であることを理解させるべきだ。
まー、中国とは密接な経済活動もあるから諸刃の刃だけど、怪我の巧妙、
使えるものは親でも使え、それが外交だ。
竹島と尖閣諸島と東シナ海のガス開発と、一気に片付けよう♪

投稿者 しど : 12:34 AM | コメント (0) | トラックバック

April 13, 2005

誕生日でした

午前中、チェック原稿を受け取り会社で作業。
といっても、私はプリントアウトされた原稿をチェックするだけなので、
忙しい訳ではないのだ(笑)。

昼過ぎ、会社でケーキを頂く。
私の誕生日なのだ。ははは。

メールも夜からいろいろ頂きました、ありがとうございます。
ただ、本人にしてみると微妙な年齢なので、
祝ってくれる気持ちは嬉しいのだが、誕生日自体は嬉しくないのである(笑)。

とかいいつつ、昨年の日記を見ると、
>誕生日なので、どっか行こうかなー、なんて思ったがとりあえず帰宅。
>腹が減ったので、インスタントラーメンを食べたら、ついうたた寝。
>結局何もしないまま、誕生日を終えることとなった。
>寂しい。
なんとも(´・ω・`) 。
やっぱり、祝いの声を前提に「嬉しくない」っていうのが嬉しいのかね(笑)。

明日に入稿することにはなったが、入稿用にいろいろと手間があるらしく、
結局、作業を終了したのは22時を過ぎていた。
ボスも待ってくれていて、とりあえず、三人でバーミヤンへ。
久しぶりの「ジャンク風フライドライス」を堪能。

投稿者 しど : 12:19 AM | コメント (0) | トラックバック

April 12, 2005

その場しのぎ

午前中、先方に原稿を取りに。
直しは一箇所だけだった。
それを直して、担当者に最後のチェック作業用に預ける。
こっちも、コピーして最終チェック。
今まで、先方が直したトコのみに注意していたが、
改めてチェックすると、直し箇所が一杯。
ありゃま。

隣の席では、一人で複数の業務を抱えてアップアップしてる若手君が、
別仕事の直しだらけの原稿にため息をついている。
私もクォークが使えれば、修正作業くらいは自分でをするんだけどなー、
なんて思いつつ、この会社では彼しかクォークを使う作業をしてないので、
彼の機嫌を損ねないように、何となく、私の作業日程は後ろにずらそうかと思う。

冷静になれば、何で一回りも若い彼に気を使わなければならないのかと、微妙な感覚。
まー、私も、育てる担当ではないし仕事が終わればそれまでだし、
という無責任な感覚だったりもするんだけど、
今に限らず、常にその場しのぎで行動してるような気がする。

晩飯、すき家でカレーセット。

投稿者 しど : 02:43 AM | コメント (0) | トラックバック

April 10, 2005

常任理事国であって常任理事国じゃない

知り合いから録画して貰っていた、愛川欽也のパックインジャーナルを昼間見る。
今話題の、国連常任理事国入りの話もしていて、初めて、その真相を知る。
テレビを見てる限りでは、せいぜい、中国と韓国が反対してる報道くらいしか見ないが、
実は、日本にとっても、反対した方が良いような「常任理事国」ポストらしい。
今回日本が貰えそうな「常任理事国ポスト」とは、
国連改革の一環によって、増やされたポストであり、
従来の理事国が持っていた議決への拒否権が無い「常任理事国ポスト」なのだ。

それに何の意味があるの?
一応、外務省は、ポストを得ることで、これまで出席できなかった会議に出席できるから、
今まで以上に情報が得られる、というメリットを上げてるらしいが、
番組のコメンテーターにいわせると、政治家達が重要なことは会議じゃなくて料亭で決めるように、
今までの常任理事国のメンバーが会議以外で個別な集まりを作るだけだろう、なんて。
拒否権が無い常任理事国なんて、権限の無い補欠レベルだもの。
そーすると、その程度のポストを得るのを非難して中国や韓国が騒ぐのも間抜けだけど、
そんな騒ぎばかりを報道して、実態がいかに無駄なポストなのかを報道しないマスコミも、
どーしたもんかと思う。

さて、さらに暇に飽かして、ビデオニュースドットコムも見る。
今週のゲストは、何とあの、ミラーマン「植草一秀」。
やっぱね、顔見たら笑っちゃうんだけど、きちんと話を聞くと、気の毒な冤罪の道のりを知る。
判決が出て控訴もしないけど、無実を晴らそうと様々な立証を行ったのに、
最終的には、「(捕まえた)ベテラン警官の証言を信じる」なんて判決を受ければ、
まともな人なら「もーいーか」と諦めちゃうかもしれないなー、と思う。
ちなみに、前科の時も、「今罪を認めれば早く帰れるから」ということで、
安易に従っちゃったらしい。
そーいう落とし穴が、今回のようなときに影響を与えてしまうのが悲しいトコか。
にしても、この事件の際、なぜか、横浜から品川まで、三人が尾行していたことから、
反小泉でコメントしていた植草に制裁を加えたのでは?なんて憶測もあるらしい。
いや、くわばらくわばら。

それはそうと、日本の司法制度の問題点を探る、神保・宮台からは、
容赦ない質問が植草に浴びせられるのだが、家宅捜査で押収された物について、
神保「えと、セーラー服・・・セーラー服自体が出てきたのね?」
無言でうなづく植草。
神保「いや、そういうのはたいしたことじゃないので」
宮台「僕は結婚したので捨てました」
なんてやりとりが、教師に水着雑誌をみつかってしょぼくれてる優等生を、
裏ビデオも見てる不良達が慰めてるようで、爆笑。

実はたった一度、時間にして30分くらいだけど、10年前、
植草が衛星放送で米国から日本にコメントを生中継するスタジオに居たことがあって、
告げられた秒数にぴったりのコメントをぶっつけ本番できちんと話す植草を見て、
「頭がいい人ってのは何でもできちゃうんだなー」と、
編集ビデオの原稿に頭を悩ませてた凡才の私は、彼を羨んだものだ。
きっと挫折も無い人生をこれまで送って来たと思うが、
その優秀な頭脳を、不良側から使ってくれることを今後は期待しちゃう。
「よ!ミラーマン♪」

晩飯、すき家でまぐろたたき丼セット。

投稿者 しど : 02:03 AM | コメント (2) | トラックバック

April 09, 2005

ゴロゴロ読書

自宅に居るのと変わらない生活、と考えると、
予定の無いホテル生活も、ゴロゴロベッドの上で読書してれば良いだけなので、
それなりにすごせてしまう。
いーのか悪いのか、見たい映画も無いし、まーしゃー無いわいな。

読み終えてない本もだんだん溜まって来たし・・・

「木更津キャッツアイ」宮藤官九郎
 シナリオだし、イマイチ読む気がしない。9話分もあるしなー。

「魔羅の肖像」松沢呉一
Gスポットの「G」とは、発見したドイツのグレーフェンベルク先生の頭文字とか、エロ雑学本。
新幹線で読もうかと古本屋で買った。
ウンゲロ作家松沢には、学生時代に飲尿療法で騙された気になってるので、
イマイチ信用してなかったとこで、昨年のイラク人質事件の言説で見直していたところでみつけた。
結構面白いんだけど、500ページ弱の大作なので、まだ半分くらい。

「受験は要領 テクニック編」和田秀樹
これも、古本。以前読んだ和田の本が面白かったので、買ってみた。
受験勉強を「暗記」と割り切って、数学の問題集も答えを暗記しろ、みたいなの。
テストは結果に一喜一憂するのでなく、その日に答えを暗記しろ、とか。
時間の使い方とかも結構興味深いし、こーいうのを読むと、改めて勉強したくなる。

「かたやぶり受験術 初級シスアド21日完成」久保井大輔
てな訳で、受験テキストを買ってみた。
21日で試験のツボを抑える薄い参考書なので、一通り目を通すにはいーかなー、
と思って、ブックオフの100円で仕入れた本なのだが、
こんなに薄くても、頭に入らない・・・(笑)。
SQLのトコを読んでて、参考のために、ついついこんなページを読み始めて、http://www.techscore.com/tech/sql/index.html
結局、昼間は潰れてしまった(笑)。

それにしても、ゴロゴロベッドでメモとかとってると、
小学生時代も朝起きて布団の中に寝そべったままで宿題やってたなー、
と、思い出す。
こーいうスタイルの方があってるのかな。すぐ寝ちゃうけどさ(笑)。

夜は、延々、お笑い番組のハシゴ。

晩飯、すき家でネギトロ丼セット。

投稿者 しど : 02:03 AM | コメント (0) | トラックバック

April 08, 2005

映画「マトリックス リローデッド」

どーにか、先方に直した原稿を渡し、一段落。
来週、もう1クッション置いて、入稿だろう。
そーしたら、しばらく暇なんだけど、私は何をしてるんだろう・・・
帰るよりはホテルでブラブラしてた方が安上がりな期間だしなー。
何か仕事くれないかな。

DVDで「マトリックス リローデッド」を見る。
何でしょう、これ。
視覚的にはインパクトもあって面白いんだけど、
詰め込み過ぎてて、見所がわからん。
話も何かむずかしい。
「マトリックス」や「プログラム」とか、ちゃんと日本語か、
もしくは意味を知った上での英語の方が意味がわかるのかな?
つか、人類の運命を握る救世主が、色恋沙汰で悩むってのも、
微妙にハリウッドティストで駄目だな。
滅茶苦茶おいしいジャンクフードみたいな感じ。
あと、今回は、中継ぎ話ってことだけど、
似たような三話構成の、バックトゥザフューチャーやロードオブザリングは、
二話だけ見ても、きちんと見ごたえがあったんだけど、
マトリックスのこの終わり方はいかんやろ?
☆三つ。

晩飯、若手君とガストで、塩鯖&カキフライ定食。

投稿者 しど : 01:41 AM | コメント (0) | トラックバック

April 07, 2005

バイト君のキャリアアップは有り得るのか?

午前中、会社にハローワークから来た人が面接に来てた。
後から聞くと、経験者を募集してたのに新人が来たんだとか。
ハローワークが研修制度として未経験者を斡旋し始めたらしい。
失業率の高さと不景気が続いて随分経ったが、
その間、まともな経験者が増えていないのかもしれない。
私だって、最初の3年は会社勤めをして、
基本的なノウハウと「現場経験」を知った。
もしも、その経験が無ければ、今みたいにのんびりともしてられないだろう。
わずか3年でも、それくらいの自負心くらいは感じられるが、
就職できなかった者はどこで経験を積めばいいのだろう。

早めに帰るものの、テレビを見ながら眠気と戦ううちに、
あっという間に時間が過ぎてゆく。

晩飯、ラーメン屋で野菜炒め定食。

投稿者 しど : 10:19 PM | コメント (0) | トラックバック

April 06, 2005

産経のお粗末

ほとんど眠れないまま、朝5時15分のバスで空港へ。
飛行機の中でようやく寝付けたのだが、気分が悪くなって目覚める。
どうやら、乗り物酔いらしい。
生まれて初めての経験だ。

迎えに来てくれたボスからいろいろなネタも聞きつつ、過去に思いを馳せる。
会社に着き、経過を聞くと、仕事もそろそろ落ち着きそうだ。
逆にいえば、構成する段階は過ぎているので、私のする事が全く無い。
ついついまぶたが重くなる。

さて、話変わって扶桑社と産経のお粗末な事件。
「新しい歴史教科書をつくる会」が編纂し扶桑社の発行する教科書が、
検定を前にして、なぜか流布してしまう。
それを産経側は、反産経グループがリークしているとして紙上で注意を煽り、
また、正論論陣のクライン孝子がそれをネタに、スパイ天国ぶりを嘆く文章も寄せた。
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/kyoiku.html
しかし、その「流出元」が、実は扶桑社社員自身で、
他社では有り得ないばら撒きだったと判明。
http://www.asahi.com/life/update/0406/009.html

フジサンケイのお粗末さ。
イラク人質で、政府とともに「自己責任」を必死に煽ってたのに、
(さらには、ビデオに「イッテイッテ」の日本語を聞いたと、自作自演説すら主張)
ライブドアのM&Aでは、高裁判断も無視して他者非難を続けたり、
ほんとに、この企業群の馬鹿さ加減には辟易してるのだが、
彼らの昨今の唯一の良心であったはずの教科書関連すら、このお粗末さ。
どーせ、産経新聞と扶桑社は赤字らしいし、
ホントね、とっとと、潰れれば良いんだよね。

晩飯、すき家の豚丼セット。

投稿者 しど : 10:27 PM | コメント (3) | トラックバック

April 05, 2005

いろいろ面倒だねー

午後から、2時間くらいでできるだろうと、例のHP仕事。
ところが、更新願いメールを見ながら作業し始めると、
相変わらず要領の悪い書き方で意味がわからず、結局、4時間以上かかる。

あわてて墓参りに行くが、まだ明るい。
随分と日が長くなってるもんだ。
カバンから両親の名前を書いた二枚の半紙を取り出し、
墓の前部を開けて、二つの骨壷にそれぞれ入れる。
誰の骨かわからなくなることを防ぐ為で、これも随分前から言われてたのだが、
先日、戒名を書いた時に墨を磨ったついでに書いておいた。
花入れに腐敗防止の薬剤を入れ、般若心経を読んで帰る。

帰宅してメールチェックをすると、こちらからのメール発信直前に
追加更新のメールが来てたようだ。
終わってた作業のほとんどに追加更新しなければならない・・・。
何でいつもこいつはこーなんだ。
今日作業したのだって、先日、
「返事がありませんが、パソコンが故障したんですか?」
とか、ふざけたメールを寄越したからなんだが、
こっちは、追加が多すぎるから、しばらく放置してたのに・・・。
ちゃんと、「これで追加はありませんね?」って確認すれば良かったのかな。

ま、萎えて泣きたくなる気持ちを抑えて無事終了。
今までの不払い分を満額払うまで、もう更新作業はしないよーん、
とのメールも出しておく(笑)。

晩飯、スパゲティナポリタンの缶があったので使ってみた。
タマネギ、ピーマン、豚細切れを炒めて、缶を開けて中身をかける。
中身は、ソースに若干のマッシュルームが入っているだけだった。
缶が二~三人前だったので、スパゲティも二人前茹でたのだが、大量で食いきれず。
味は懐かしい感じでおいしゅうございました。

投稿者 しど : 10:43 PM | コメント (0) | トラックバック

April 04, 2005

だらだら

だらーっと一日過ごす。

そーいえば、黒澤明文化振興財団ってとこが、
ショートフィルムの募集をしてたので、
留学中に撮った短いのを出してみようかと検索してみたのだが、
何か、募集作品はノンフィクションぽい物のようだ。
http://www.kurosawa-foundation.com/sfc/introduction.html
テーマは「人生」だって。
出そうと思ってたのは、「The Eighth」という作品で、
まー、ネタバレすると、8人目の女を殺す冴えない男の話なんだけど、
タイトルを「The Eighth Life」にしてそのまま出そうかなー、
とも思ったんだけど、何か違うような気もして・・・
タイトルつけなおす時間は無いなー。
時間があれば、出すかな。

会社に連絡。
今日戻るかと思われた原稿が相変わらず戻らず。
とりあえず、相談の結果、水曜日に行くことにする。

晩飯、イワシフライと野菜炒め。

投稿者 しど : 11:08 PM | コメント (0) | トラックバック

April 03, 2005

終の棲家はどこで?

テレビで、定年後の海外移住のネタをやってた。
オーストラリアやシンガポールなど、暖かいところに移住しましょう、って話。
中に、リタイア夫婦とその病弱な母が居て、
移住後、老婆は元気になり、病院に行かずに済むようになった、
なんて話もしてたんだけど、本当に大丈夫?と思いながら、
留学後早々に帰国した私は見ていた。

私の感覚では、日本文化と離れるのは辛いんじゃないかなー、と思う。
一歩家を出れば、日本語は通じない。
近所と挨拶するのも非日本語。
近所が日本人コミュニティならまだ軽減されるかもしれないが、
マスメディアが日本語じゃないのはどうだろう。
もちろん、金があれば、日本人向けのサービスはいくらでもあるんだろうけど、
あんまり僻地じゃ、せいぜい、衛星放送と短波ラジオの受信くらいだろうな。

外国だけじゃなくても、年をとってからの新しい環境ってのは、
寂しいだろうなー、なんてのは、外国に限らず、老人ホームにも思う。
それまで築いてきた「気の合う友達」関係を反故にして、
新しい人間関係を築かなければならないのだ。
終の棲家で、気の合う友達がいなかったらどーなる?

とか何となく考えたりね。

晩飯、惣菜で買ったイワシフライと野菜炒め。

投稿者 しど : 11:42 PM | コメント (0) | トラックバック

April 02, 2005

教え方の上手い人こそ教師たれ

朝からお祓い。
神棚を返す算段を叔母達がしきりにしてたので、その話があると思ってたが、
宮司からそんな話も無いまま、私も、そのまま通す。
「お兄さんは、東京へ行ったんだって?」
とだけ話す。

その後、知り合いと遊ぶ。
誕生日プレゼントを前もって貰ったりで、何だかんだ楽しい。
やっぱり、持つべきものは友なんだろう。

深夜、番組「NANDA!?」の、アスリートから素人が教わるという企画で、
水泳の回転ターンと、サッカーのヘディングシュートを見る。
わずか30分の練習(という設定)なのに、皆、上達して成功する。
以前も、逆上がりのできない子供に森末慎二が教えると、
あっと言う間に出来るようになったのをNHKで見たこともあって、
教え方が上手ければ上達も可能なんだと改めて思う。
私の経験だと、中学の体育教師が柔道の専門で、
その時に教わったコツで私は今でも、基本投げ技くらいはすぐに出来るのだが、
高校の体育教師は教えるのが下手だったりで、その差が歴然だったりした。
また、勉強に関しても、中学の英語の塾で、
動詞の過去と過去分詞を徹底的に覚えさせられたりで、
一気に成績が上がったこともあった。

思い出すと、成長したのは中学時代だけで、
高校時代は全く進歩が無かったな(´・ω・`)

さて、そんな訳で、コネ採用が常識となってる公務員の教師達には、
もっと専門的に教える技術を学んで欲しいところ。

晩飯、焼きソバを自宅にて。
初めて、日清の茹で麺焼きソバセットを買ったのだが、
粉末ソースが濃くて、具を入れたのに随分と辛かった。

投稿者 しど : 12:31 AM | コメント (0) | トラックバック

April 01, 2005

タモリ倶楽部いつやんだよ

4月馬鹿で、ネット上もあちこちで冗談ネタ満載。

昼過ぎて、すっかり暖かくなった公園を散歩。
花見の名所化してるらしいことは聞いてたが、
グランドを駐車場化したり出店が出たり、提灯までセッティングしてある。
一度はここで花見をしてみたいなー。
そーいや、去年、叔母が、おかんとここに来るはずだったって言ってたな(´・ω・`) 。

暖かい日差しの中、桜はまだ咲いてないのだが、
すでに酒盛りをしたり子供達が遊んでるのを見ていると、なんだかいい気分。
ちょっと座ってのんびりするかな、と、階段に腰掛けて手を付いたら痛みが。
あれ?と思ってると、割れたガラスの破片が・・・
050401.jpg
思ったより深かったようだ。

夕方、原稿が戻って来そうだったので、会社に連絡すると、
先方から伸びるとの話で、来週もすぐには戻らないでしょう、との話。
ボスとも話して、来週に詳しい日取りを決めることにする。

タモリ倶楽部が23年目になったらしい。
私の記憶の最も古いタモリ倶楽部は、麻生澪が出演する番組中のミニドラマだ。
妙なエロ具合に、子供心を紅潮させたものだ。
この頃は、どんな企画ネタをしてたんだろう。

【長寿秘訣は「ぬるさ」…タモリ倶楽部23年に】
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_04/g2005040110.html

さて、基本的に部屋に居る間は、テレビをつけたままにしているのだけど、
その割に、見逃すと悲しくなるような番組もほとんどなくなってしまっている。
そして、数少ない「楽しみにしている番組」のタモリ倶楽部が、
どうも私が行き来する地域では冷遇されている。

福岡のKBCでは・・・金曜日以外にやってるらしいが、
何時やってるのか、今は定かでない(数ヶ月前は金曜深夜2時頃にやってたような)。
新潟のNT21も曜日がコロコロ変わり、現在は土曜の深夜にやってるようだが、
慣れない曜日に、つい見逃しがち。
どーにか山口のYABは、1週遅れながら探偵ナイトスクープの後、
12時15分から放送してたのに、
本日はなぜか「国分太一&美輪明宏のオーラの泉」なんてのをやってる。
来週はやるんだろうか・・・。

首都東京の一極集中を責めがちな私だけど、
実は、関東ローカルの深夜番組に好きなのが多い。
そーいうの、多チャンネル化して地方でもそのまま見れると良いのだけど、
きっとそーいうことにはならないのだろう。

それにしても、長寿番組となったタモリ倶楽部、
なぜに、地方ではきちんと放送してくれないのだろうか?
単純に、視聴率が取れないのだろうか?とても気になる。
在米時でも、違法レンタルビデオ屋にタモリ倶楽部はあったんだけどなー・・・。
放送してくれるだけマシなのかな。一度は見てみたいテレ朝「虎の門」。

さて、その後、朝生。
当事者が居ないし、田原も業界ゴロだから、あんまり期待しない。
シンスゴが、ジャーナリズム感覚の欠如を堀江への当てつけにしてたフジ側の、
産経新聞が全くこの騒動でジャーナリズムを発揮しなかったトコを突っ込んでたんだけど、
偶然か故意か、すぐに田原が話を逸らす。

投稿者 しど : 12:04 AM | コメント (3) | トラックバック