« April 2005 | メイン | June 2005 »

May 31, 2005

悲しき終末

元貴乃花が55歳で亡くなったらしい。
怪しい弟と無責任風兄とが別々に会見したり。
黄金期は、皇室のごとき扱いだったが、
その分、部屋の落ち込み具合は激しかった。
挙句の親方の死は、物悲しい最期だ。
どこで歯車が狂ったのか。
マイペースの逆鉾、寺尾を擁した井筒部屋くらいの方が、
身の丈に合った幸せ感があるのかもしれない。

それにしても、元貴花田のパーマ頭は怪しい。

晩飯、野菜炒めと納豆。

投稿者 しど : 03:09 AM | コメント (3) | トラックバック

憂歌団になじむ

住職が来る11時に向け、9時半には目覚ましで起きたものの、
10時過ぎてもウトウトしつつ、ようやく起きて玄関に水を撒いたりしてたら、
予定より30分以上早く、副住職到来。
1件キャンセルが出たのと、葬儀が入ったので早く来たとか。

すっかり狼狽して、拝んでる最中にお茶とご飯を供えたり。
昨日のうちに掃除を済ませてたのだけが救いか。

早くなった経緯で、住職葬式秘話なんて。
住職とはいえ、年齢は私より若そうなアニオタ系の人で、本人曰く、
「私も、戻りたくて戻った訳でもなくて」な住職稼業の五年は、まだまだ慣れない。
特に慣れないのは、子供の亡くなった家の葬儀だそうで、
両親の仕草を見ているといたたまれなくなるのだとか。
あとは、見知りした人、うちのおかんなんてのは、
住職稼業を始めてすぐの訪問先でよく話してたので、
写真を見ると、いろいろ思い出すんですよ、なんて。
いろんな職業で、プロに成るプロセスがあるようだ。

午後、墓参り。

帰宅後、アマゾンから配送。
櫻井よし子著「権力の道化」
「ファッションデザインテクニック―デザイン画の描き方」
「シナリオの基礎技術」 の書物と、
CD「嫌んなった」by憂歌団。

憂歌団はライブを見たことはあるが、カセットしか持って無かった。
マイナーアーティストはレンタルの店に入らないので買わざるを得ず、
人気系は借りるという10代の音楽生活を送ってたので、
実は、良いのに限ってカセットテープの録音だったりする(笑)。
てな訳で、今回初めて憂歌団を買ったのだが、
古いアーティストの場合、情報を持ってないと、
アマゾンとか販売系サイトだと、オリジナルアルバムなのか、
ベストなのかよくわからなくて、今回のも、届いたジャケを見て、
ようやくベスト盤だと知る(´・ω・`)。

憂歌団はブルースバンドで、この歳のこんな状況になると、
フォークを聞く程夢は無く、パンクを聞く程怒りも無く、
ダラダラ不平不満のみを思うと、ブルース加減が心地良いようにも思う。
和風だと演歌みたいな、リズムのなじみ方。
演歌も、もちっと、リアルで生活密着な歌が増えると楽しいのに、
なぜか、人生を終えた人たちのフィクションとしてのロマンしか歌わないからなー。
三上寛くらいのベタベタ感が演歌に欲しいトコか。

ダラダラ経過な一日だったので、晩飯抜きで酒。

投稿者 しど : 02:25 AM | コメント (0) | トラックバック

May 29, 2005

臭い

ゴミ捨てをしないタイプの母なので、収納ばかりが増えていた。
生鮮食品も同様で、一人暮らしなのに、室内の大型冷蔵庫とは別に、
兄貴の学生時代の冷蔵庫を裏口脇に稼動させている。

母が死んで1年以上経って、少しは掃除もしようかと中を開けると、
昨年の停電で傷んだのか、判別不能な物ばかり。
電源オフで一日過ごし、扉を開けてみると、猛烈な悪臭。
蟹か魚かが腐ってるようだ。
ふぎゃ~~。
ゴム手袋をして、冷凍庫に溜まった異様な液体をスポンジに吸わせて、
器に絞りだし、何となく肥料になるかと、
出てきた魚と一緒に、植木に撒いてみる。
家全体が悪臭に包まれる・・・失敗か・・・。

投稿者 しど : 02:53 AM | コメント (2) | トラックバック

May 28, 2005

どーしたもんだろうねー

ホームセンターに板を買いに行く。
家にあるはしご、昔からあるのだけど、手作りである。
親父が作ったのか、作ったのを貰ったのか、実は買ったのか、
そこらはわからぬまま、手作り風のはしご、
私が使うようになって、度々、外に放置したままにしておいたせいか、
段を止めている釘が錆びて折れ、段自体の板も割れた。
木製なので、同じくらいの大きさの板を買って釘で打ちつけるつもり。

ついでに、手作り倉庫のトタン屋根が錆び錆びなので、
錆びたまま上塗りするペンキを以前みかけたのを確認すると、
1700円くらいでちょい高い。
板を見るついでにプラ製のトタンを見たら、案外安い。
どっちのがお得なのかな、などと考える。

その後、百貨店に買い物に行ったものの、お目当てのものが一切無く、
その割に時間を潰してたせいで、駐車料金300円。
日々、せこい生活をしてるので、どうにも、300円が気になる。

車中は、憂歌団の古いアルバムをカセットで聞く。
車自体はそんなに古くないのに、カセットのオートリバースが壊れてて、
片面が終わるといちいち抜いて、ひっくり返すのだ。
気に食わない曲だから飛ばそうと、早送りしても、思うトコでは止まらず、
いろんな意味で「アナログ感覚」を思い出す。
昔は、アナログの方が普通だったのに、何時の間にやら、
デジタル感覚の方が蔓延して、人間関係もどこかでデジタル的な
割り切り方を求めてしまってるようにも思う。

そんなことはさておき、とりあえず、
♪嫌んなったぁ~もぉ~駄目さぁ~
♪だけどくさるのは止めとこぉ~
♪日の目を見るかもぉこの俺だぁってぇ~

晩飯、さんま。以前に凍らせた大根おろし、使えた。

投稿者 しど : 01:51 AM | コメント (0) | トラックバック

May 26, 2005

セクシー小学生?

夕方散歩していると、妙に色っぽい小学生が遠くから歩いてくるのが見えた。
茶髪のロンゲを両側に結わえ、ミニスカ、ブーツ。
最近の小学生は凄いな・・・

と思っていたら、すぐ後ろから小さい本物の小学生の男の子が現れた。
どうやら、一緒に帰宅する子供のランドセルを背負ってあげてた小柄なママだった。

スレ違う際、思わず自分の勘違いに苦笑してしまう。

帰宅後、作業に追われる。

投稿者 しど : 02:16 AM | コメント (0) | トラックバック

May 25, 2005

生き残る雑草は運次第だろ

ぼんやりしてる間に夕方。
庭の雑草や伸びすぎたバラを切ったり。

雑草を抜いたりしてると、巨人・上原の雑草魂というのを思い出すが、
実際の雑草処理では、踏まれて強くなるよりも、
抜かれて捨てられる雑草の方が現実的だと思う。
むしろ、生き残った雑草の生命力と運の強さを褒め称えるべきであって、
雑草にあこがれるのは、温室に育った者の特権なのだ。
ホントの雑草は、生き残るだけで精一杯だし、
成功した雑草の陰には、幾多の抜かれ捨てられた雑草が居たことか。

などと雑草に思いを巡らせ同情もするが、
何で植物にまで気を使わねばならんのだ?と意識変換を図った後、
近親憎悪でむしろ積極的に雑草を引き抜きゴミ袋へ入れる。

散歩がてらアニマックスの公募シナリオ構成を考える。
「冒険」のテーマからまず思いついたのは、
登校用の反重力バイクを改造して月へ遊びに行く高校生二人が、
借金の形で売られるという同行した女の子の事情を知り、
女の子を救うために、賞金目当てで月のバイクレースに出場する、
みたいな展開とともに、オチまで思いついたのだが、
題材例はドラゴンボールとワンピース、
テーマも「冒険」じゃなくて、「冒険アクション」だと思い出す。

何か違う、どこか違うんじゃないか?
と、あれこれベンチに座って悩んでいると、
宇宙で遭難した子供達という設定を思いつく。
子供向けならこっちだけど、ありがちな設定だわな・・・
同様のアニメに「銀河漂流バイファム」なんてのもあったし。
とはいえ、子供向けアニメ自体をよく知らないし、どーしたもんだか。

晩飯、薩摩揚げカツを大根おろしで食す。
テレビの節約主婦特集で、大根おろしを製氷皿で凍らせておく、
というのを見たので真似て、残りの大根を全ておろす。
しかし、大根をおろすのも、随分面倒だ。
簡単に「大根おろしがないと嫌やけーねー」
などとおかんにいってた自分を思い出す。

投稿者 しど : 05:43 AM | コメント (0) | トラックバック

May 24, 2005

映画「ロボコン」

日曜日の続きのペンキ塗りを終えたところで、ペンキ缶の注意書きにショック。
「トタン、トタン屋根への使用には適さない」とあった。
このペンキを買うには、何件かのホームセンターを回って説明や値段を検討したのに、
こんな使えないペンキを買ってしまい、作業を終えてからそれに気づくとは・・・。

思いつく原因としては、最後の店で、別候補の商品を見た後、
そこから戻って購入したペンキを手にしたので、
決めたペンキの隣にあった、同じメーカーの別ブランド商品を間違えて掴んだように思う。
脳内変換の勘違いで「あ、これだったよな、決めた!」ってな早合点。

2ちゃんねるのDIY板で聞いて、トタンに施した亜鉛メッキと合わない場合、
剥離して盛り上がってくるので、その時は、剥いで塗り直す、という結論に至る。
ペンキもいろいろ種類があるんだな。
いちおう、鉄には塗って良いってあったんだけどさ。
水性フレッシュワイド http://www.nippehome.co.jp/prod/prod1_1.html#d

夕方、散歩。
神社のおみくじは大吉。

桃桜 花とりどりに咲き出でて
風長閑(のどか)なる
庭の面(おも)哉(かな)

向上心溢れていた頃は小吉ばっかりだったのに、
厭世気分で一杯の最近は大吉が出るもんだ。
「今が大事だから頑張れ!」から「元気だせよ!」って感じだろうか。

その足でビデオ屋に行く。
帰宅後、借りた「ロボコン」と、
一部で評価の高い「機動警察パトレイバー2 the Movie」を見る。

「ロボコン」は、NHKが主催しているロボットコンテストを舞台とした、
高専学生の青春モノだけど、なんでか、学校が、山口県の徳山高専。
言葉は標準語で、ロケ地以外は山口っぽくないけど、
下関を舞台にした映画「チルソクの夏」の監督の続編が、
同じく下関で撮影されたようだし、どうも、山口は映画製作の波が来てるようで、
もしかしたら、チャンスの波に乗らないといけないのか?などと思わなくもない。

「ロボコン」は、まとめすぎたご都合主義がイマイチだけど、
ロボコン自体の魅力は損なってないから、家族で見るには良い作品。
http://cinema.intercritique.com/comment.cgi?u=596&mid=9812

「パトレイバー」は、押井守節炸裂なオタク向けな感じだな。
抽象的で物語の核になるようなことを、延々とセリフだけで済ませちゃって、
細かで少ししかない戦闘描写は、やたらリアル描写というアンバランス。
私の壊れかけた頭脳では、見直さないと展開が理解できなかった・・・。
「踊る大走査線」がらみで、現場と上層部の軋轢題材として見るべし、
なんて意見もあるけど、そんなの、「金融列島呪縛」の金融だってそうだし、
「生きる」だってテーマは同じなのに・・・アニメでやれば「凄い」ってか?
http://cinema.intercritique.com/comment.cgi?u=596&mid=3224
とりあえず、押井守はもういいかな、とは思うけど、
こんな作品を作れるようになったきっかけ、
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」だけは見たいんだけど、
いつも行くトコには無いんだよな・・・

晩飯、昨日同様、ピーマン肉詰めとシチュー。
ハンバーグっぽく肉に刻んだ麩を入れてみたけど、差がわからず(笑)。

投稿者 しど : 05:15 AM | コメント (0) | トラックバック

May 23, 2005

健忘と妄想

深夜、請け負ってる作業を始める。
2時間くらいで終わるかと思いきや、6時間くらいかかり、
疲れてそのまま寝てしまう・・・悪い癖だ。

ケーブルテレビでやってた映画「マルコムX」を眺める。
シネスケの批評には、映画には描かれなかった原作のエピソードを、
「黒人対黒人という深いネタも原作にはあったけど・・・」などと書いたのだが、
改めてみてみると、きちんと、描写シーンがあった・・・。

最初に見たときは、記憶に残らない部分が一杯あるけれど、
なぜか、そんな部分を指摘して「あるべきなのに無かった!」と、
攻める文章を書いたのを思い出して鬱になることが多い。

「フォレストガンプ」に実際には出てくる黄色人種が出ないと書いてみたり、
逆に「甲殻機動隊」には「サクリファイス」からの長すぎるパクリシーンがあると、
ありもしないシーンを書いてみたり、自分の記憶があやふやなのである。

晩飯、ピーマンの肉詰めもどきを作る。
昨日のシチューと合わせてちょいと豪華な飯具合に、プチ幸福感。

投稿者 しど : 05:03 AM | コメント (0) | トラックバック

May 22, 2005

ペンキ塗り塗り

昨日夕方、ひさしのペンキ塗りをしたのだが、雨がぽつりと来て、途中でやめていた。
050522a.gif
落ち葉が堆積していたためか、変にめくれ上がってた塗料を剥ぎ取るのに一苦労した。
以前購入した金ブラシを使ってみたのだが、予想外に取れなかったし。

で、ちょっと買い物に出たついでに、100ショップで追加ツールを買ってしまう。
紙やすり、リムーバー、幅広ペンキ用ハケ。
050522b.gif
それにしても100円ショップは何でも売ってるもんだ。
ちゃんとした値段のを買うべきかもしれないが、試しに使ってみるには、
このくらいの大人向け駄菓子感覚で買えるのは良い。
まー、貧乏だしな、俺。

で、二度塗りできるかギリギリの夕方、作業を再開する。
さすがヘラは、剥げかかったペンキをガシガシと削りとってくれる。
幅広のハケも今までのよりは、作業が早くなって良い。
紙やすりは面倒だったのであんまり使わなかった・・・。

一通り一度目を塗り終え、何気なくペンキ缶の説明を読むと、
二度塗りの場合は4時間以上あけるよう書いてあったので、
本日はここらで作業を止めることにする。

晩飯、カレーで楽したことを思い出し、作り貯めできる何かを作ろうかと迷い、
肉じゃがでも食うかと、それ用にジャガイモなどを買い込む。
が、カレー並みにたくさん切りすぎてしまい、
賞味期限切れのシチューのルーが二箱転がってるのを思い出し、作ってみることに。
シチューを作るのは初めてで、ルーが古かったのか、妙に甘い気がする。
(何しろ3年前と2年前の賞味期限切れだもの。家で食べたことが無いのに、
 何でおかんが買ってたのか、それも不思議だが、案外、食べたかったのに、
 私がカレーを主張するので作れなかったのだろうか・・・(´・ω・`))
野菜炒めと合わせて食したが、食べてみると案外美味いもんだ。

投稿者 しど : 04:38 AM | コメント (2) | トラックバック

May 21, 2005

ガラクタ人生

やっかいな作業を抱えてた一週間だったので、土日がうれしい。
部屋の掃除をするのに雑巾を縫おうかと思うが、手縫いだと時間かかる。
電動ミシンがあるのだが、動いてるのを見たのは20年以上前。
それでも動かないもんかと、引っ張り出して分解してみたが、やっぱり駄目だ。
動かないなら捨てればいいのに、裏の道具置きには焦げた鍋まで置いてあったり、
ホント、うちの母は捨てるという感覚が希薄な人だった。

ミシンがあった押入れの中も、荷物が詰め込んであるので、
いろいろ引っ張り出してみる。
扉を取り除いた親父の洋服ダンスの押入れにはめ込んであって、
下の方の引き出しを開けると、親父の古いカメラ用品や写真などが出てくる。
戦前生まれで外航汽船乗りだった親父は、
船業界の一番良い時を経験しているので、
独身時代は羽振りが良かったらしく、
田んぼだらけの実家に帰るのに、駅からハイヤーを使っていたと叔父から聞いた。
050521.jpg←右の写真はベレー帽をかぶってるw

ポーズを気取ってるこんな写真も、撮影したのはきっと、
今の私とそんなに変わらない年齢で、この何年後かには私も生まれるはずだが、
親父と比べても、随分、ダラダラとした人生を私は過ごしてしまったと悲しくなる。

と、たまには、親父も偲んでみる。

その後、庭木をばっさりと切りまくる。
椿は葉が鬱陶し過ぎるので、敵意を抱きながら切り刻み、
2メートルくらいの椿も、切って切って、最後には30センチくらいにしてしまった。
種が落ちたのか、なぜか何本も生えてるから、1本くらいいーもんね。

晩飯、木曜に買って冷蔵庫に入れておいた鶏肉ミンチを、
鶏そぼろでも作ろうかと開けてみると、異臭が・・・。
冷蔵庫じゃだめか・・・ちょっと多いが、全部調理することにする。
一応、確認のためにネットでレシピを調べたのだが、
隠し味のショウガがイー感じだった。
私は、チューブ入りのショウガだけど。

レシピを探してる途中、主婦の料理サイトを見ちゃって、
そのおいしそうな写真群を見て、思わず(´・ω・`)となる。
隣の芝は青いわな。

投稿者 しど : 03:29 AM | コメント (0) | トラックバック

May 20, 2005

車の経費

自動車税を最寄の銀行で支払う。
34500円。
自動車保険もそろそろ更新だし、来年は車検もある。
自動車を持つだけで随分負担があるもんだ。
税金と保険は仕方ないにしても車検がなー。
暇な間に一度くらい、ユーザー車検を通してみれば良かったな。
いっそ軽自動車にしても良いけど、新しく買う金もない(笑)。

放置してあったディーラーからの1月着の手紙を開封してみたら、
担当者が定年退職したとのお知らせだった。
いい感じの人だった。
そーいや、データベースを作りますよぉ、なんて軽く答えて期待させてたけど、
あれ、どーなったんだろうな。
ごめんなさい。

夜、近所のスーパーに買出しした際、米が多少古くなったようで、3割引の表示。
ちょっとうれしくなる。

晩飯、鯖ミリン干しと薩摩揚げフライを大根おろしで食す。

投稿者 しど : 03:11 AM | コメント (0) | トラックバック

May 19, 2005

生きた証としてのエロ

どーにか作業中の案件も一段落。
何時来るか不安だった次の仕事も、来るなら7月以降ということで、
少し気が抜ける。
6月はいろいろ片付け事に費やすとしよう。

とりあえず、机の周りでも片付けるかと、
兄貴の会社新人研修時の書類や私の学生時代の入学案内などを
棚から抜き出して捨てるように算段。
兄貴の荷物かと思いつつ下の方のダンボールを開けると、
昭和天皇崩御のときの新聞紙とともに親父の書類が出てくる。
若い頃からのパスポートや最後の就航で使ったらしい乗船許可書など、
いろんな書類にまじって、エロに関するメモが山ほど出てくる。
乗船中の閑な時間、日本に残したおかんを思いつつ、
あれやこれやエロ行為を妄想してたのか、
小説から抜き出したエロ言葉やエロテク、精力を保つ秘訣など。
シルクの女性向けパンツの広告切り抜きなどもあったりする。

生きてる者の荷物は思い出の欠片であるが、
死んだ者が残した荷物は、それ自体が「生きた証」である。
捨てるのはしのびないが、さりとて、こんなエロメモを残すのはどーしたもんかと、
悩んだ末に、とりあえず、ダンボールに戻しておいた。

晩飯、スーパーの半額鶏南蛮弁当。

投稿者 しど : 03:57 AM | コメント (0) | トラックバック

May 18, 2005

とりあえず歩く

昼間の雨も夜にはあがったので、24時前から散歩。
歩き始めると、どうにも、自己嫌悪ばかり募ってくる。
気分が後ろ向きということは、日常が不満ということなのだろう。
思い出すのは母のことばかりで悲しいし、
先のことを考えると、不安ばかりでどうにもならない。
まるで、定期試験前日の夜のような心境で、
どうして今日まで勉強しなかったのか、という後悔の念とともに、
明日以降に待ち受ける惨めな試験結果への不安。

そして今の私には、何時までたっても試験日は訪れず、
延々と準備不足な試験前日の不安感が続いているのである。

不安を紛らすたびに歩を早めるのだが、すぐにトロトロと悪い方に思いが働く。
アニメチャンネルが公募する30分シナリオの締め切りが6月初旬で、
冒険モノをテーマとするストーリーということで、あれこれキャラクターを想定するのだが、
やっぱり、2、3分経てば元の木阿弥で、うつむき加減のトボトボ歩き。

歩いて30分を過ぎて疲れてくると、どうにか嫌なことが頭から消えて、
前を向いて歩くことで頭が一杯になってくる。
精神が不安定なときは、とりあえず、肉体を使えば、
肉体の動きに精神がつられて来るように思う。

深夜25時閉店の書店があったので、なんとなく入ってみる。
以前欲しいと思ってた本があったので、買ってみた。
「SQLの絵本~データベースがみるみるわかる9つの扉」。
冷静に考えたら、データベースの勉強をして何になるんだろう、とは思うが、
変に悩んでるよりは、何かを詰め込む方が良いだろうと思う。

晩飯、カレー。
昨日炊いてた飯がちょっと臭ってたがやばいほど痛んでたのか、
外に出してたシャモジにカビが付着してたのか、
腹具合がどーにもおかしい・・・
単なる食いすぎのようにも思うが・・・

投稿者 しど : 03:40 AM | コメント (2) | トラックバック

May 17, 2005

オークション

再び、大量出品してる古本屋さんトコに10冊分の写真集に入札してみてた。
初値設定が99円だから送料を入れても500円くらいで、
いらんもんを落札しても、我慢の範疇だなー、なんて考えていたのだ。

とはいえ、一応、狙ってたのは、荻野目洋子のマイナーモノ。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/77033460
プレミア価格がついてるようなので、
1500円くらいまでなら入札してもいーかなー、
なんて思ってると、早々に予定価格を超えてた。
店によっては、8000円くらいの価値があるらしいから、
1610円の落札価格には、ちょっと嫉妬してしまうのだが、
だからといって、そんなに欲しい訳でもなく(笑)、
買取価格となればたいしたこともないんだろうなー、とあきらめる。

先週と同じ出品者をチェックしてたので、先週の価格との比較なんてのもできて、
同じ設楽りさ子の本でも価格は310円→710円と二倍以上。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n17390246
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e47279711
もっとも、上のは初版本じゃない可能性もあっての低価格か?

他にもマイナーな中江有里。中江有里だよ、誰が今時買う?
なんて路線を狙ってはいるんだけど、先週出てたのは、310円。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/77815559
が、こっちは、3200円。ひょえ~。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f34075026
上のは、高値のつきにくいワニブックスだからなのか、
それにしても、3200円も出して買うかい?

とか、やってるから大したモノも仕入れられないのだが、
普通にブックオフのワゴンセール狙いの方が安く買えるし、
新潟のブックオフでは秋吉久美子を始め、いくつか300円でお宝を掴んでるので、
ヤフオクでわざわざ高値で落札するのは、イマイチ面白くない。

とはいえ、今回も、早々に欲しいモノが高値になっていくのを尻目に、
おまけで入札してたのが残っててて、ちょっとヤキモキはしたのだが、
それも結局、高値更新されたりで、案外、みんな買うもんなのねー、なんて。

驚いたのは、つみきみほのこれ。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n17877630
おまけのつもりで310円で入札してて最終日まで残ってたんだけど、
最後、710円だって。
まだまだ動向は読めないもんだ。
という訳で、結局、一冊も落札しないまま。

などとやりつつ、家庭内手工業の一日。
晩飯、カレー、そろそろなくなりそうで名残惜しい。

投稿者 しど : 05:25 AM | コメント (0) | トラックバック

May 16, 2005

地上波で気楽に見たいのに

どーにも気分が晴れず、作業は午後から。
地味に時間がずれてきてるのかもしれない。

夕方、庭の枝を刈り始める。
しばらく見ない間にすっかりあちこち、緑が繁殖している。
植わってる植物を見極めつつ手入れができればいーが、
何が何だかわかんないので、目につくものをどんどん切っていく。
笹も伸びてるので切りそろえる。

そーいえば、笹は根が張るからと思って土手のは放置してたんだけど、
根が浅い上に他の植物を排除するので、実は役に立たないらしい。
よく考えると竹林の中に下草なんか無いもんね。
植物の世界の競争原理は相変わらず厳しいし、人間の都合とは関係ないようだ。

夜も飯を食って、ずっと作業を続ける。
長丁場の仕事ってのは、あんまり得意じゃないけれど、
しなきゃいけない作業をしてる限りは、別の面倒な事をしなくても済むような気がして、
これはこれで助かるのだ。
世のお父さん達の会社感覚もこれと似たようなもんじゃないだろうか。
当然、私よりも大変な事が多いだろうけど(笑)。

知り合いから頂いた、朝日ニュースターの番組、「ウワサの眞相」を見る。
司会が小西克哉なのもいーし、佐高信や田原総一郎、金子勝などが、
チクチクと岡留に嫌味を言ったりしつつも、終始、ニコヤカで、
どこか、仲間内で批判しあってるような居心地の良さを感じる。

この知り合いからは、愛川欽也のパックインジャーナルも頂くのだが、
どーして、こーいう番組を地上波でやってくれないのかなー、なんて思う。
出演者、スタッフのギャラも含めた諸々でも、
地上波の10分の1くらいの経費でやりくりしてるっぽいこーいう良心を、
地上波で見ることはない。

ビデオニュースドットコムでは、JRの事故についてのいろいろに合わせて、
御巣鷹山の日航機事故ついての裏事情として、結局、飛行機の欠陥だったのに、
ばれちゃやばいとボーイングが日航のメンテナンスミスをでっちあげたのではないかと、
ずっと追い続けているらしい神保はいうんだけど、
こーいうレベルすら、地上波ではやらないしなー、なんて、
見たいのに見る番組の無い受像機・テレビを消しては、寂しく思う。

晩飯、カレー。

投稿者 しど : 06:42 AM | コメント (0) | トラックバック

May 15, 2005

週末です

3月に仏前を頂いた人にお返しをしようかと思いつつ、
パソコンに残っていた住所録を開くと年賀状用だったらしく、
葬儀の際の住所は入っていないようだ。
やっぱり、消えたデータの復元ソフトを買うべきかなー。
でも、値段がピンキリだしなー・・・。

午後、行くトコを何箇所か想定しながら、車を出す。
天気が良いのでドライブ気分で窓を開け、
マーガレットズロースを大音量で聞いてると、気分が良くなる。

ブックオフにて古本購入。
橋本治著「ぼくたちの近代史」
ハードカバーのこの本、中身を確認しながら購入しんだけど、文庫本で持ってたような・・・
小室直樹著「大国・日本の崩壊~アメリカの陰謀とアホな日本人」
あれだけ電波扱いしてた小室だったけど、核心は的確だったと理解しつつある。全く節操の無い私だ。カッパノベルズ本なので読みやすいだろうし105円だから、ま、いっか。
写真集「森下千里 NATURAL」小学館
ヤンサンのグラビアページを編纂した別冊系の安いやつ。アマゾンでチェックしてみたら、随分と不評な上にプレミア度も無いようだった。残念。個人的には、ほどよいエロスを感じる。
写真集「佐藤江梨子 UFU」彩文館出版
マイナー出版社なので、プレミア付かと期待したんだけど、安値写真集。99年発行とあるが、何刷なのかが書いていないのは、プレミア無しのワニブックス系と同様だろうか。グラビアアイドルらしく水着は多いが、デビュー時なのか垢抜けない凡庸な雰囲気でイマイチ。

帰宅後、裏のドブさらいの仕上げ。
どうにか終わったものの、水が流れていかない・・・
家の敷地を出たトコも雑草や笹が伸び放題なので溝も泥が堆積してるのかも。
まー、しょーがない。
とりあえず、一段落したついでに、
裏庭の伸び放題になってる雑草や笹などを多少整理する。
ノコで切って、ナタで細かくしてゴミ袋へ。
こっちもキリがないが、スポーツジムにでも通うつもりで、
ちょこちょこ手をかけていこうかなー、なんて思う。
よじ登ったブロック塀から降りる際、腕に久々のスリ傷をこさえて終了。
050515.jpg
気づくと2時間半くらいやってたようだ。

楽しみにしていたディスカバリーチャンネル「海底の戦艦大和」を
買って来た発泡酒を飲みつつ、2ちゃんねる実況板でカキコしつつ拝見。
以前、テレ朝が行った引き上げプロジェクトの映像と、
助かった元大和搭乗者のインタビューなどで構成されていた。
できた途端に時代遅れになっていた大和。
最強の装備を抱えながらも、宝の持ち腐れ。
しかも、使い方も間違って出番は特攻。
その名も日本を示す「大和」というのが、国の運命を象徴していたんだな。
せめてレイテの栗田ターンが無ければ、
マッカーサーを討ち取ってたかもしれないのに、残念。

晩飯、飲みつつ、つまみで済ませようとしたが、カップラーメン、
マルタイ「長崎ちゃんぽん」を食す。
賞味期限が2年前で、具材は変色してたので捨て、
ネギと乾燥ワカメを具として入れてみた。
今のトコ、腹痛などはなし。

投稿者 しど : 12:09 AM | コメント (0) | トラックバック

May 14, 2005

3%も積もればってとこか

日中、仕事をダラダラとやり続け、夕方、ドブさらい。
050514.jpg
さらった泥は、裏の元花壇なトコにドバドバと山盛り。
きちんと見るにつけ、溝自体よりも土手が今にも崩れそうでやばい。
おかんは、雨の時に土手からの水が溝に流れるように
溝蓋をしないと説明してたが、水以前に土がどんどん落ちてくるようだ。
積んである石の間もスカスカになってるし。
落ちる土で詰まるよりはいいかと、
庭隅に20年以上放置されていた瓦を持ってきて、
溝の上にかぶせたりしてみる。

ブログのヤフオクネタにコメントがあったので、
改めてヤフオクの写真集絡みに再び興味深々になりつつ、
あちこちに無造作に放置された我が家の写真集にも目がいく。
下関に戻ってから購入した物は、値上がり期待値のみなのが多く、
手にとっても、買った記憶すら無いものばかりである。
欲しくて買ったものすら、中を見た覚えが希薄で・・・
開き直って写真集の批評&アフィリエイトサイトを
作るはずだったんだよな、そーいや。
でも、アマゾンの紹介料が、ドンピシャで購入されても3%。
2000円の写真集でも、60円だって聞いて止めたんだよな。
ま、趣味サイトとして作りつつ、収入はおまけと考えないとできないよな。
と考えつつも、手間隙とのバランスが悪いし、
私のは古本系だから、アマゾンでの取り扱いが無い本ばっかだしなー・・・
とか思ってやらずにいたんだけど、どうするよ・・・

晩飯、カレー。
昼も食べつつ、カレーが減ってきたので、水を注入して増やした。

投稿者 しど : 01:22 AM | コメント (0) | トラックバック

May 13, 2005

給料いーよなテレビ局社員

今日は13日の金曜日。
ただそれだけ(笑)。

最近は目覚めが良いのだ。
パッと起きて、仏壇用のお茶を準備して拝んで、
とっとと仕事にとりかかる。
私としては、ここまで作りこまなくても良いようにも思うのだが、
そんな手間を惜しんでばかりだったのが今までだし、
時間をかけても出来が良ければいーんじゃない?
なんて思えるようにもなってきた今日この頃。

そんな気持ちを反映したのか、今週は、
ホントに地上波の番組がつまらなく感じる。
テレビ依存度が高い私だから、よっぽどじゃなければ見るんだけど、
よっぽどひどいので見るに耐えられずにチャンネルを変えるうち、
見る物も無く、ケーブルの方も、片手間に見るような番組は少ないので、
結局、テレビを消してしまう。

そーいえば、日テレの福澤アナがフリーになるらしいが、
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20050513038.html
徳光、福留に続き、ズームイン朝の司会は続々とフリーになるな。

平均年収1500万円のテレビ局社員に比べた場合、
芸能人のギャラはどうなのだろう。
売れれば、億単位になるが、売れない人たちは、どんなもんだろう。
一見売れてないような生島ヒロシレベルでも、約2000万みたいなので、
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7502/football/tax03.html
まートントンなのかな。
でも、上のサイトは2002年の推定年収だけど、
テレビ局員の平均に近い芸能人が

辺見えみり(タレント)1、515万 柳沢慎吾(タレント)1、518万 榊原郁恵(タレント)1、509万  高橋克典(俳優)1、476万 掛布雅之(野球評論家)1、475万 乙葉(タレント)1、466万  西城秀樹(歌手)1、440万 渡辺徹(俳優)1、444万 鈴木健二(元NHKアナウンサー)1、447万

この辺ってのは微妙だよな。

普通にテレビ見てれば、上のタレント達を見る方が視聴者としては嬉しいのに、
会社員のアナウンサーの方が稼いだりしてるなんて、不思議な業界だ。
あんなに頑張ってるのに「蝶野正洋(プロレスラー)1、196万」って、
20代局員くらいだもんな・・・さすが規制産業。
せめて、同程度の芸能人くらいの活躍はしてくれないと、割高な感じ。

晩飯、カレー。
久々に作ったものの、材料を合わせると1000円くらいで、
微妙に贅沢なような気もする。
さて、何日持つことだろう。

投稿者 しど : 01:49 AM | コメント (0) | トラックバック

May 12, 2005

欠けた生活

昨日同様、朝起きて、自宅にて仕事。
なかなかはかどらないながら、昼飯を食らい、
普通の労働時間を過ごす。
外部と接触が無いまま(先方と電話でやりとりするのみ)なのが、
欠けた側面として、際立つ。
「このまま、他人との接触が少ないまま数年過ごしたりできそうだ」
などと思い始めると、急に不安になる。

やっぱ就職した方が落ち着くのかもしれん。
と思いつつ、何となくディトレーダーというのにも興味がわくのだが、
ここなんて見るとこっちも甘いもんじゃないですな。
http://live19.2ch.net/test/read.cgi/stock/1114915369/l50
株で損した人達(びろにすと)が書き込むスレッドで、
投げやりなAAが笑いを誘う。
仲間に誘われると困りそうだ(笑)。

晩飯、ジャガイモを電子レンジでふかし、キュウリを合わせてサラダにしてみた。
茹でるのとは当然違うけれど、ふかし芋が簡単にできるもんだ。
その他、餃子。

投稿者 しど : 01:48 AM | コメント (0) | トラックバック

May 11, 2005

人をさらうなドブをさらえ

午前中から、仕事にとりかかる。
他人との共同作業は、自分が最初からやってれば、
もっと楽な構成にしてたのにな、なんてことばかり思う。
その分、自分だけだと、楽な方向にばかり走って、
無個性な出来になってしまいがちではある。

先日、100円ショップでA4のルーズリーフを購入したのだけれど、
一般的なサイズって、B5だったのね。
高校時代に使ってたフォルダに挟もうとした瞬間にやっと気づいた。
まあ、普通の文房具屋では売ってないしな、A4のルーズリーフ。
という訳で、捨てる訳にもいかず、
新たにA4用のフォルダとB5のルーズリーフも購入した。

ところが、さらにフォルダの留め具とB5の穴とがキチキチなんだ。
基本機能にズレがあるなんて想定外だ(笑)。

夕方、どぶさらい。
あと3日くらいで一通り終わりそうだが、裏の土手、
積んである石があちこち崩れかけているのをみつける。
今年の台風は崩れるかな・・・崩れたら市が直してくれるらしいんだけど・・・
大雨になったらわざと崩してみようかな・・・
しかし、えてしてこういう場合、予想以上に崩れて大事になったり・・・
私自身が埋もれたりなんてのも・・・なるがままにまかせよう。
などと考えていたら、腰が痛くなってきた・・・。

晩飯、湯煎ハンバーグをグチャグチャにしつつ、ピーマンと炒めて食す。

投稿者 しど : 01:56 AM | コメント (2) | トラックバック

May 10, 2005

イラクにて日本人拘束

再び日本人が拘束されたらしい。
しかし、今回は、自ら殺人マシーンとして銃を取る傭兵稼業の方のよう。
無事を祈りつつも、今回のこそ、本来の「自己責任」に当てはまる方だと思うんだが、
なぜか、保守メディアは救出を願ってる。
なんだかねー。

ただ、随分と音信普通だったという説明とともに、世間にわびる弟さんが不憫。
最初の人質騒動以来、なぜか、
被害者家族が謝るのがスタンダードになってしまって、
これまた、なんだかねー、なんて思う。
お騒がせもなにも、アクシデントなんだから、仕方ないのに。
前の時、自作自演説で煽ってた産経新聞なんか、
ライブドア騒動の時にとっとと廃刊になれば、
これこそ自己責任で面白かったのだが、
なぜか、あの時は自己責任はどこへやら、
堀江叩きに終始してて見苦しかった。
所詮、自己責任論なんて言い出す連中は他人事なだけなんだろう。
いつか自分の身にふりかかるやもしれないから、常に最善策をとらねば、
なんて考えてるのは、考えても意味を成さない、
私みたいな役立たずばかりだろうな(笑)。

晩飯、チキンカツマヨネーズ和えの惣菜。

投稿者 しど : 02:06 AM | コメント (0) | トラックバック

May 09, 2005

オークションは気長に

なんとなく欲しい写真集があったので、ヤフオクで入札していた。
出品者は他にも多数の写真集を出品していて、
しかも、ほぼ同じ時間に終了するように設定しているので、
どうせ必要な入金手数料と送料なら、複数落札して一度に払う方がお得かな、
なんて思いながら、4点に入札。
が、一番欲しいのが一番高値になりつつ、
実はそれが一番最後の終了時間なので、
他のを落札した後で意地でも落とそうとすると、また、高値で掴む羽目になる。
ドキドキしながらついでに入札した商品の成り行きを待っていたら、
あっさりと、自分の設定値よりも高い値段の入札があったので、
安心してあきらめることにした。

(一応、この文章はオークション終了後に書いてるのだが)
結局、私の入札値+10円で、安いのは落札されていたが、
これで私がさらに高値を入れたら、どんどん競りあがったのかもしれない。
信憑性は定かではないが、グルの入札で値を吊り上げる出品者も居るらしく、
そんな怪しい落札記録を辿る「ポチ探偵社」なるソフトもあったりする。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2002/05/22/pochitanteisya.html
今回のも、実際のトコはどーかわかんないけど、
落札したことはないのに、やたら入札だけしてる人はみつかったり。
いずれにしても、よっぽど必要でなければ、
最初に設定した値段以上になったらとっととあきらめつつ、
同じ商品の出品を常にチェックして、
気長に何度も安値で入札するのが一番良いのかもしれない。
だって、たいがい私、高値まで競っちゃうもんね(笑)。

晩飯、昨夜の失敗野菜炒めを焼きそばにしつつ、それをおかずに飯を食らう。

投稿者 しど : 02:16 AM | コメント (2) | トラックバック

May 08, 2005

ひーひー

今朝のサンデープロジェクトで道路公団民営化を巡り、民営化を及第点とする猪瀬に対し、櫻井よしこが真っ向から反論していた。調べると、櫻井は猪瀬を「妥協作家」とし民営化を失敗と断じる「権力の道化」という本を書いてるらしい。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104253065/qid=1115555073/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-5600018-5921946

かつて、その異様な上品さをナンシー関に突かれていた櫻井を、私自身は、日本テレビという保守的な放送局の顔だったことから保守的な人だと思っていたのだけど、民営化反対に積極的なのは、単に、自民党守旧派だからなんだろうか?今度読んでみよう。

一方の猪瀬直樹、すっかりしどろもどろな感じだった。猪瀬の著作はいくつか読んでるけど、この人って、肝心なトコには触れない、櫻井のいう「妥協作家」っていうイメージは以前から持っていた。ニュースの考古学などのデータを扱う連載は非常に面白いんだけど、扱うデータが恣意的というか。三島由紀夫を扱った「ペルソナ」には、野坂昭如が「赫奕(かくやく)たる逆光」で扱った出自問題も橋本治「『三島由紀夫』とはなにものだったのか」での同性愛も、どちらも出てこない。出自はともかく、同性愛ネタは期待してたんだけど・・・。

猪瀬はいつの間にか、民営化ありきで話を進めてたが、民営化が決まった瞬間は、将来無料化が前提だったはずの高速道路が未来永劫有料化と決まった瞬間でもあったから、高速道路の国道化&無料化、公団解散なんてのを期待してた私は、すっかり脱力。国道を預かる国交省は、相変わらず、港湾、河川、道路とで縦割りな無駄使いをしつつ、国道の予算が余っているのか、道の駅や光ファイバーの埋設、高規格舗装道路の実施など、無駄に近いことに金を使っているのだから、高速道路の管理もまかせていーんじゃないのと思ったし、それでも、道路より港湾の方が予算が潤沢だと内部関係者はこぼしてるというから、なおさら。

金の力でいくらでも結論を変える「御用学者」という人種がいるが、猪瀬はいわゆる「御用作家」という身分だろうか。櫻井は、一応、ジャーナリストの側からのアプローチであるが、これはこれで御用ジャーナリストも山ほど居るから要注意ではあるけれど、この勝負はとりあえず、櫻井よしこの勝ちだと思う。

午後、スポーツジムにでも通うつもりで、裏の溝のどぶさらい。
放っておくと、溝自体埋まってしまいそうな勢いで
上の方からの土砂が流れ込んでて、きりがない。
子供の頃はこんなことは無かったのに、と、上の家の駐車場化など、
いろいろ原因を思い出しながら、ぶつぶつとどぶさらい。
今は裏庭の元花壇部分に捨ててるけど、ここもそのうち一杯になるはず。
一杯になった後の泥は、どこに捨てれば良いのだろう。
ゴミとして出しちゃう?泥だぞ?良い土だぜ。

夜、ダラダラとテレビを見るものの、全く見たいものがない。
「こんなの放送してて仕事になるんだからいーよな」
などと悪態をつくうちに、そんな仕事すら得られなかった
30代後半の自分に気づいてしまい、猛烈な鬱状態。
このボロ屋と朽ちるのも良いが、家の寿命の方が若干早そうで、
修理代は無いんだよなー、と、さらに鬱鬱鬱鬱。

晩飯、野菜など炒めたものの、最後に、
ドバドバと出汁入り醤油をかけすぎ、辛くてひーひー。
何事も、上手くいかんもんだ。

投稿者 しど : 03:44 AM | コメント (0) | トラックバック

May 07, 2005

墓行った

日が長くなったもんだ。
ダラダラとしながら、夕方6時過ぎに墓に行ったのに、まだ明るい。
050507.jpg
ところで、墓というのは、
正面の線香置きや水入れがあるところを動かすと、
骨壷を置くスペースが見えるのだけど、
我が家の墓、おかんのを入れる為に石を動かした後、
とくに目地剤などで隙間を埋めずにいたのだが、
どうも水が中に染み入ってる感じがする。
何かで埋めた方がいーのだろうか。

その後、あっちゃこっちゃブラブラしてるうちに、帰宅すると21時過ぎてしまう。

晩飯、湯煎ハンバーグなど。

投稿者 しど : 03:27 AM | コメント (3) | トラックバック

May 06, 2005

雨です

朝から起きたものの、雨なので、予定も立たず、だらだら。
親戚のうちに土産を届けて、そのまま帰宅し、再び、だらだら。
気づいたらもう夜だ(笑)。

ネットの片手間に、テレビ放映の「Shall We ダンス?」を見る。
何度見ても楽しめるが、棒読み&説明的セリフや戯画的なカットも、
もちっと質が落ちれば、矢口史靖になっちゃうのかなー。
探偵との絡みを増やすか減らすかすれば、すっきりする気もする。

晩飯はオムレツにしようかと思うが、作ったことが無いので、
材料をグチャグチャにただ炒めた。
ま、こんなもんだ。

投稿者 しど : 03:46 AM | コメント (0) | トラックバック

May 05, 2005

ゴーゴーゴー!

JR西日本がらみで、ボーリングに行ってただのの不祥事が出て、
報道も一斉にそっちにむかってるのは、
「緊張感の無い連中だなー、だから事故が起きるんだよ」ってだけだし、
そんなことより、もっと重要な事があると思うんだけどなぁ。

何で安全管理するはずの国交省は、
今回のような安全装置無しの措置を放置してきたのか、
そんな取材をやってれば、記者会見を弾劾の場と勘違いしてる馬鹿記者も居なくなるだろうに。
事故調査委員会が、信楽鉄道被害者遺族の意向に背いてまで、
国交省内部の組織にされてしまったこととかさ、公表すりゃーいーじゃん。

とりあえず、ダラーっと目覚めつつ、仏壇と墓用の花を買いに外へ。
帰りに墓に行こうかと思ったが、面倒なので、一旦帰ることにする。

その後、ポツポツと雨が・・・墓はとりやめだ。

家で、古いノートパソコンにLinuxを入れようとデータを消したり、
パーティションをいじったり。
改めてチェックしてると、去年の確定申告データや、
葬式からの香典関係のデータが無いことに気づき、
何となく、お試し版のデータ復旧ソフトを試すと、壊れながらもみつかる。
復旧するにはソフトを購入しないといけないようだが、
もちっと早い段階でこーいうソフトを使っていれば、
もっといろいろ復旧できたかもしれないなー、としばし後悔。

相変わらず、よくわからないままLinuxのインストールができないので、
こっちの作業もあきらめる。

ま、こんな調子の一日。
2005年05月05日の、ゴーゴーゴー!な日だったのに、
ゴーゴーできませんでした(´・ω・`)。

晩飯、肉野菜炒め、納豆、豆腐、味噌汁。
大豆食品ばっかりな感じだ。

投稿者 しど : 03:40 AM | コメント (0) | トラックバック

May 04, 2005

東京を歩く2

漫画喫茶は6時間パックなので、早朝には店を出る。
行くところも無いので、とりあえず、井の頭公園に行ってみる。

小一時間もブラブラ時間を潰しながら、行きたい場所を考えあぐねるが、
とくに無いので、帰ることにする。
てな訳で、先日歩いた皇居の周りの、反対側半分を歩くことにした。

飯田橋でJRを降りて、武道館を目指す。
飯田橋も学生時代4年間を通じ、ほとんどブラブラしてなかったなーと、
改めて思いつつ、公立学校が一杯あることに驚いてると、靖国神社に到着、
目の前には武道館。
北の丸公園を抜けて皇居を目指す。
公園には、犬の散歩をする人が多いが、
この千代田区で犬を飼ってる人ってのは、
私のような人間とは違う環境の人なのかなー、なんて思わなくもない。
私の作品に出演した後輩もこの辺に住んでたはずだけど、
今思うと随分とお坊ちゃんだったのかもしれないな。

公園を抜けて皇居周りを歩きつつ、外堀を眺められる場所に来た。
050504a.jpg
首都高の橋脚はライトアップされてるようなので、夜景がきれいかもしれない。

050504b.jpg
東京FM、国立劇場、最高裁判所、社民党本部を抜けると、国会議事堂。
桜田門・警視庁も見え、周辺は官庁街、ビバ!首都機能だ。

さて、ようやく皇居正面の二重橋。
050504c.jpg
実は、今日は、皇居内の公園に入るつもりだったのだが、入り口がわからん。
そこからもさらに歩いて、ようやくみつかる。
東御苑というらしいが、そーいえば聞いたことがある。
中は、資料館もあるが、単なる公園。
東京の中心に公園があるってのは、NYのセントラルパークみたいなもんだろうか。
050504d.jpg
かなりふらふらだった前回から、さらに、ふらりくらくらな散策。
050504e.jpg
もう死にそうです(笑)。

その後、東京駅構内の、10分1000円理髪店なんてのを試しつつ、
(顔剃りとシャンプーが無いだけで、ごく普通のレベルでした)
新幹線に乗って下関に帰りました。

1ヶ月ぶりの我が家は、空き家の臭いがしてました。

晩飯、新下関駅前ラーメン屋で豚はらみ丼。

投稿者 しど : 02:42 AM | コメント (2) | トラックバック

May 03, 2005

映画「タカダワタル式」も見る

一緒に泊まってた友達と、荻窪のゆーとぴあ。
入浴料2000円ながら、ダラダラと湯に浸かった後、飯を食らい、
ゴロゴロと漫画本なんて飲んでると、妙な幸せ感。

友達と別れて私は新宿をブラブラ。

夜、再び彼と合流して、吉祥寺バウスシアターで映画「タカダワタル式」。
上映会場は300人くらいだろうか、ほぼ満席の賑わい。
65分だし、ドキュメンタリーとしては物足りないが、
高田渡の人柄を知るには貴重な映像。
本当に、人の良いじーさん、って感じ。
DVDが発売されるらしいので、そっちにはもっと一杯映像があることだろう。

友達は吉祥寺に住んでいたので、3輪自転車に乗る高田渡を何度か見たとか。
そんな彼も、大学生以来人生の半分を過ごした吉祥寺を去るってことで、
どことなくしんみり。
すっからかんになった部屋にお邪魔して、何枚か写真を撮る。
050503.jpg
私も、留学以来の東京滞在時には随分とお世話になった部屋だ。
東京で職を得られなかった地方出身者の宿命とはいえ、
部屋を見ていると自分の事のように悲しくなる。

その後、一人、井の頭公園周辺、高田渡御用達のいせや、本店と支店の二軒を見た後、
吉祥寺の漫画喫茶(個室)で睡眠。
案外、眠れないもんだ(笑)。

晩飯、大戸屋で、大戸屋ランチ。

投稿者 しど : 02:04 AM | コメント (0) | トラックバック

May 02, 2005

東京を歩く1

ゴッホを見に、東京駅から送迎バスに乗って美術館に行こうと思ったものの、
定員オーバーのため次の次のバスしか乗れないし、その間約40分、
歩けば20分くらいなので歩いた方が早い、って乗り場言われ、歩いたんですよ、
国立近代美術館まで。
皇居周りをちゃんと歩くのも初めてだし、まいっか、と軽い気持ち。

でも、実際に歩くと30分くらいですよ。10分の差は大きいぞ。
ゴールデンウィークのせいか、美術館はメチャ混んでて、
入場切符買うのに10分、入場するのに30分並んだですよ。
この時点ですっかり疲れてしまった。

ゴッホの画家としての生涯はたった10年。27~37歳。
その間、全くといって評価されて来なかった彼。
当然、絵も、物まねばっかりで、しょーもない。
何を勘違いしたか、画家仲間との共同生活を夢見て家を借り、
(ひまわりの絵はこの頃)
唯一、一緒に住んだゴーギャンとは2ヶ月で喧嘩別れ。
この時に耳たぶを切って病院入り。
でも、病院の中の模写、狂ってふっきれたのか、
何かオリジナリティがあってイー感じ。
どことなく、「ムンク」みたいなトコもあるんだけど(笑)、
ああー、どーなってくんだろうなー、なんて期待しつつ最後の絵を見ながら、
解説レコーダーを聞いてると、「この1ヶ月後に拳銃で胸を撃ち・・・」だって。
悲しい顛末だなぁ、って。

併設してる、常設展の近代日本絵画がまた、予想外に面白かった。
戦前の日本、映画や写真の影響で、白黒セピアのイメージなんだけど、
絵画は鮮明な色使いとポップな構成。
そりゃ、パリに留学してた連中も一杯居るんだから、
その影響もふんだんにあったはず、だというのは、
こーいうのを見ないと思い至らない。
ゴッホを見なくてこっちだけなら安いのでお奨め。
(絵に関しての知識はほとんどないです、とりあえず)

美術館は北の丸公園で、武道館が近い。
靖国も近いし、法政の近くを抜けて市ヶ谷から電車に乗ろうと歩いてみた。
少々、疲れてはいたが、あくまで軽い気持ちで、れっつらごー、しんととしんとと。

まずは、公園内の科学技術館。閉館時間間際なのと、子供向け施設だと知り、
売店をうろついてそのまま外へ。すぐ脇を歩いて2、3分、そびえ立つ武道館。
本日は、生長の家が借り切ってるらしい。リッチだのー、しんととしんとと。
田安門から出て目前の靖国をみつめつつ、
そーいや、千鳥ヶ淵戦没者墓苑もあったなと、進路変更。
ここは、海外での戦没者(民間人含む)を納骨してたんだな。
国内の民間人被害者も入ってるのかと勘違いしてた。
献花した後、墓苑内の椅子に座り、自動解説機で226事件の話などを聞きつつ一休み。

さてもう一息と、靖国神社。
以前よりも金回りがよくなったのか、いくつか新しい施設が建っている。
それにしても、施設の売店で、軍艦のプラモデルや自衛隊グッズ、
さらには、「必●勝」日の丸鉢巻なんぞを売ってて閉口。
死者を弄んでるのはあんたらちゃうんかいな?天誅だど。しんととしんとと。

施設の脇道から外へ出ると、目の前は白百合女学園、ちょっと歩いて嘉悦女子。
その斜め前には、厳重な警備体制の朝鮮総連。
その前をキャピキャピと女子中高生達が歩いているのが対照的です。しんととしんとと。

逓信病院を左に曲がって、法政大学。
不気味な要塞然としてた昔のサークル棟・学生会館が取り壊され、現在工事中。
ちょいと学校内に入ると、工事現場周辺は警備中。
以前の学生会館、塗装がされていないむき出しのコンクリだったのは、
建設途中に学生が占拠したためだという、知る人ぞ知る話だけど、
学校側も多少はその事で警戒してるのかもしれない。
そーいえば、根城が消えてどこに行くのか中核達と思いきや、
関連サークルのゲバ文字立て看を発見。
どこに潜伏してるのやら、地下組織化しちゃってるのかもねぇ、しんととしんとと。

さて、外堀公園の道を市ヶ谷方面に進む。とくに何もない。
ぶらりぶらぶら(かなりふらふら)のんびり散策も終了。

その夜は、高円寺の焼き鳥屋・大将で19時より約束。
店は昔よりも混んでいるが、どうにかタイミング良く席が取れる。
050502.jpg
その後、徐々に人が増え、最終的には9人。
その後知り合いの家に飲み場を移したものの、
すっかり疲れて、一番に爆睡しちゃったらしい。
日本の富を飲みつくしながら変貌を遂げつつある東京のパワーに圧倒されつつ、
しんととしんとと夢の中。

投稿者 しど : 01:26 AM | コメント (1) | トラックバック

May 01, 2005

日垣隆著「世間のウソ」

友達は朝から出社に出たので、一人、部屋でゴソゴソ。
サンデーモーニングを見たりの、毎度の一人日曜パターン。
とりあえず、用事も無いのだが、家にじっとしてるのもアレなので、
東京駅周辺を散策することにする。

丸ビルでも入ろうかと思ったが、意味無く八重洲口から出てウロウロ。
しばらく歩くと貨幣博物館なるモノをみつけるが、夕方ですでに時間オーバー。
さらに周辺をブラブラしつつ、書店の丸善に入る。

最近はあんまり本屋に入らないのだけど、
やっぱりこれだけあると、いろいろ興味深く、あれやこれや立ち読み。
紀伊国屋までなると、多すぎてめまいがしちゃうけど、
これくらいなら随分と楽しい。

それにしても、下関だと、パソコン関連の本全体で棚一面くらいなのに、、
ここでは、「ACCESS」本だけで一面あるのね。

結局、電車で読みやすそうな、日垣隆著「世間のウソ」(新潮新書)を購入。
報道の出鱈目加減を揶揄する内容は、私の興味にぴったり。
イマイチ著者の立ち位置がわからないけど、

国家的詐欺!
これこそが現代日本を読み解く最大のキーワードです。
NHKしかり!
国鉄しかり!
道路公団しかり!
財政投融資に湯水のごとく浪費された郵貯と簡保しかり!
日本列島ぼろぼろ土建しかり!
年金どろぼーしかり!
電話加入しかり!
(以上、第十話「料金設定のウソ」より)

なんてのを読むと、溜飲が下がる。
あと、警察の「民事不介入」が明文化されたものではなく、
単なる警察の怠慢の表れに過ぎなかったことも明言してる。
読みやすいし、今後何冊か読みそうな感じ。

晩飯、フライパンにキャベツ、モヤシを敷き、その上に豚肉をのせ、
水を注入して蓋をし、蒸してみた。
昔、ゴンチチの人がNHKの料理番組で良く作るつまみとして紹介してたモノだが、
そのときは、キャベツを使わず、土鍋に蒸し器を使っていた。
どーなるかと思ったものの、ポン酢をつけて友達と食すと、なかなか美味い。
キャベツを追加して甘みが加わったのも、案外、良かったのか。

投稿者 しど : 09:18 AM | コメント (0) | トラックバック