« August 2005 | メイン | October 2005 »

September 30, 2005

家事も時間かかるね

葬儀が入ったとかで、いつもより1時間早く住職来訪。
それなりに掃除は済ませていたので、どーにか失礼の無い程度。

先月に来たときに、夏が厳しかった分、
今年の秋は老人が倒れるかも、なんて話をしてたが、
ホントにその通りになってるらしい。
近頃も、残暑が厳しいが、寺関係の間では昼夜の温度差「4℃」が危ないらしい。
「死度」ってことでもなく、年寄りには調整不可の境なんだとか。

午後、ようやく銀行の件を済ます。
銀行でさらに書類を書いた後、定期預金の利子計算があるからと、
一旦帰宅し、16時過ぎに連絡があり、再び行ってようやく終わり。
面倒だったな。

昨日に引き続き、裏庭の伐採をした後、墓参り。
霊園の壁に、条例で野焼きができなくなったので、
使用後の柴は持ち帰るようにとの貼紙があった。
ゴミ置きがまだあったので、そこに捨ててきてしまったが、
昔は自然にやってきたことが、いろいろ面倒なことになっている時代である。
野焼き禁止は、地球温暖化かダイオキシンか、
「垣根の垣根の曲がり角 焚き火だ焚き火だ落ち葉炊き♪」
もダメになっちゃう世の中、世知辛いって思う。
常識は時代で変わっちゃうってことだね。
ゴミはもう少し様子見。

それにしても、ずっとぼんやりしながら何やってたんだろう、と、
ここ1年ばかしのことを思うが、こうして家の雑事をこなしてるだけでも、
案外、時間を取られるもんだと再確認。
これで、多少の仕事が入れば、要領の悪い私ならこなせないもんね。

さて、本日は、週末だし、あとは掃除でもして、飲んだくれるか、
などと思いつつ、のんびりと帰宅してメールチェックをすると、
作業依頼が・・・うー・・・

晩飯、鶏肉ショウガ炒め。

投稿者 しど : 03:48 AM | コメント (0) | トラックバック

September 29, 2005

国勢調査

早朝7時20分に、国勢調査の担当者が書類を持ってきた。
こんな朝早く勘弁してくれよ、と寝ぼけ眼で半キレ状態。

書類を回収に来ますが何時にしますか?といわれ、
郵送かなんかで出すんじゃないのか?と怪訝に思いつつも、
「じゃあ、今日の5時にでも」と答える。

昨夜遅かったので、今日は昼くらまで寝るつもりだったのに、
すっかり時間が狂う。
とはいえ、これくらいのが良いんだろうと、すでに強い日差しを浴びる。

たまには、庭の整理でもするかと、裏の笹を伐採。
あれだけ短くしてたのに、もうすっかり伸びてる。
植物に対してはあんまり容赦しなくても大丈夫そうだ。
電動チェーンソーをようやく使う機会を得たが、やっぱ楽ちん。
音は多少うるさいけど、あっと言う間に切れるもんね。
と、足で踏んだ枝を切ってて、勢い余って靴を削る。
「調子に乗るからだ!」と戒め、靴を安全靴に履き替える。

で、疲れて横になってたら・・・国勢調査の書類を書くのを忘れてました。
取りに来たが、30分後に来て貰うことにした。

国勢調査のデータはここらで閲覧できるらしい。
http://www.stat.go.jp/
データを編纂して販売もしてるので、一杯、天下り組織が(笑)

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 04:13 AM | コメント (0) | トラックバック

September 27, 2005

走りすぎて死ぬかと思った

午前中に友人宅を出て、代々木の事務所へ。
作業を二つ済ませて15時過ぎ。
神保町の古書店街へ。

日曜に来た時、折込広告のサンプル集が新品で5分の1の価格なのを見つけ、
仕事用に持ってたら便利かなー、なんて思ったものの、
(能力が無ければ資料で補うしかない。最後は、資料を買う金の有無が勝負)
あまりにも大きくて重いので、帰る前に買おうと決めてたのだ。

さて、目当ての本も買い、とっとと行こうと思うのだが、つい写真集の古書店へ。
軒先のダンボールを何気なく漁ると手塚理美のお宝本が傷モノながら1500円。
ひゃー、と思いつつ、さらに漁って、この際だからと適当に抜いたら6冊。
重い。

さて、そろそろ行かないと、飛行機の時間に間に合わないと思いつつ、
近所の地下鉄神保町駅へ。
路線図を見ると、浜松町へは乗り換えが多くて面倒そうなので、
急がば回れで地上に出て水道橋からJRで行くことにした。
(ここで、お茶の水駅か神田駅に向かっていれば、まだ……)

早足でヘトヘトになって水道橋へ到着すると、何だかやばい時間。
乗り換え時も早足で急ぐのだが、何しろ、ノートパソコンや大型本を
大量に抱えてるので重くて仕方ない(自宅で荷物の重さを量ると13kg(笑))。

ようやく浜松町駅に着き、自動チェックイン機にカードを入れるが、取り扱い不可。
慌てて窓口に行くが、「ここでは出発50分前しか受け付けません」といわれる。
見ればもう40分前だ。
「間に合いますか?」と聞いてみると、「さあ、行ってみないと」とあっけない。

あせってモノレールに乗るも、到着予定時刻は、出発15分前なのでどうにもあせる。
カウンターに電話しようと電話番号を探るがみつからず、
iモードにチェックインページをみつけ、とりあえず、チェックインしておく。

飛行場に到着すると、急いで自動チェックイン機へ。
当然ながら取り扱い不可。
近くの全日空担当者に聞くと「もう無理ですよ」とそっけない。
「どーしても帰らないといけないんです」と泣きつくと、
「とりあえず2階のカウンターへ行ってみてください」といわれる。

エスカレーターを駆け上がってカウンターに行き、
ANAの会員カードとクレジットカードを出し、
「どーにか17時20分発の飛行機に乗せてください!」と泣きつくと、
男性職員が、「一応見てきます」と奥に入り、
「大丈夫ですよ」と走って戻ってきた。
グランドホステスが半分怒りの形相で、
「走れますか?」と聞くので「頑張ります」と応える。
すると、彼女は全速力で走り出す。

思った以上に距離が長く、待ってくれーと思うが、振り向いてもくれない。
なんたって大量の書籍を抱えて羽田までずっと早足で来てるので、
すでに体力の限界なのである。

そろそろペースダウンしないかな?と思うのだが、
ホステスとの距離は開く一方。
肩からずり落ちた荷物を持ち変えるのに、ヨロヨロと思わず立ち止まった私。
太ももと膝がゲラゲラ笑ってます。
私も内心、苦し過ぎてやや笑い気味です。

再び立ち上がり、ヨタヨタと彼女の後を追う。
遠くでようやく立ち止まり振り向く彼女。
そこだな、そこまで行けばゴールなんだな……。

ゴールはまだ先で、ここはまだ荷物検査だ。
やや緩めなチェックを抜けて、ようやく搭乗口。
「今度からは遅れないで下さいね」と怒られる。
「すいませんすいません」とやや誇張気味に謝る。

そこからさらに、通路を抜けて階段を下り、ようやくバスへ。
私以外にもう一人遅れてるおっさんが居たが、そっちは余裕シャクシャク。
こっちはシャクに触るが、ま、乗れたから良いとしよう。
恥を忍んで肩で息をする。

乗っちゃえばこっちのもんだ。
それにしても、私、飛行機で財布を落としたこともあるし、
今回ほどじゃない程度には、ホステスと飛行場を走ったことも数回ある。
よくよく考えると、私のダメさ加減は、こんなとこにすら十分現れてるもんだ。

時刻通り、90分後には宇部着。
古書店を二店回って帰宅したら、すでに22時。
とりあえず、写真集のサイトだけ更新して爆睡。

晩飯、吉野家で牛鉄鍋定食。
吉野家も定食やり始めてたのね、知らなかった。

投稿者 しど : 01:03 AM | コメント (2) | トラックバック

September 26, 2005

留学時代の友と

友達がHDDレコーダーを買うというので、一緒に秋葉原へ。
巨大なヨドバシカメラに入り、品揃えの良さに驚く。
電気製品はまだしも、撮影器具なんかは下関じゃほとんど見ないし。
ミニ物撮セットを見比べつつ、自分で作れないかと思案する。

友達はすでに買う商品を決めて価格コムでの比較検討も終わり、
他の店で買う予定にしてたのだが、こっちのが安いのを知り、即刻購入。

買い物を終えると、メイド喫茶でも見に行くかと街へ繰り出す。
私が以前みつけた場所は本日休みで他を探すことにしたが全くみつからず。
探すうち、何だか二人ともすっかり行く気になってしまい、
歩き疲れても「メイド喫茶で休むんだ!」と我慢する。

で、結局、みつからず、蕎麦屋で一休みして帰宅の途に着く。
今後、一人だと店に入る勇気は無いから、残念。

帰宅すると友達はジムへ。
私は友達宅で、一人仕事。
実は本日、仕事が入ってたので書類を取りに事務所に行くようにいわれてたのを、
夕方、面倒だから断ったのだ。
そしたら、先方もちょっとムカツキモードで「急ぎじゃないけど溜まってるからさ」、
なんていわれて、すっかり緊張してたのだ。

メインのは明日行くことにして、簡単なのは今日中に片付けることにしたのだった。
メールチェックして作業内容を確認すると、左程むずかしいモノでもなく、
早速終えて送信、そして確認連絡。
やっぱ、少しでも作業したせいか、先方の機嫌も直ってた感じ。

その後、埼玉・南越谷で飲み。
泊めて貰ってる友達も含め、留学時代のアパートの仲間。
合流した二人が同居人で、昨夜からの宿主は隣人。
一緒に飲んでると、全く、昔のように和んだ雰囲気。
同じつきあいでも、同じ屋根の下で過ごすと親密度が違うもんだ。

帰宅して、宿主と郵政民営化で喧嘩気味になる(笑)。
でも、友達の話を聞いてると、案外、上手く行ったりもするかもなー、なんて。
深夜、1時には耐え切れず就寝。
体力が無いぞと、ジムで2時間走るらしい友達からからかわれる。
そんなに動いたら、今のワシなら死んでしまうわい。

投稿者 しど : 12:41 AM | コメント (2) | トラックバック

September 24, 2005

無駄に過ごす

ぐったり疲れて、昼過ぎにアパートを出る。
知り合いと別れた後、駅前のブックオフに。
さすが東京だとブックオフもでかい。
写真集の品揃えも莫大。
家が近所なら随分買ってしまいそうだったが、
とりあえず、お得感の強いのを二冊購入。

その足で、今晩泊まる予定の新宿にあるカプセルホテルへ。
毎度、無駄の無い作りだと関心しながら、
うなぎの寝床の中でウトウト。
050924.jpg

気づくとすっかり夜。
無駄に過ごした気もするが、明日以降もあるから、今日は休息日とする。
夜、街を歩いてると昨夜の家主から連絡。
そーいや、何も無ければ飲むという話にしてたんだった。
勿体ないが、やっぱ体力疲労には勝てずお断り。

晩飯、回転寿司。

投稿者 しど : 12:12 AM | コメント (2) | トラックバック

September 23, 2005

上京

朝9時半に家を出て、宇部空港を目指す。
多少迷ったものの、予定より随分早く着く。
ところが、駐車場が全く空いてない。

今回の上京は、単なる遊び目的ながら、
新幹線よりも飛行機で行くほうが値段が安く、
さらには、空港の駐車料金が無料だと知ったのが決断理由。
他の交通手段はどうしても、在来線や最寄り駅からの徒歩が面倒だったので、
こりゃええわいと、渡りに船だったのに、やっぱり甘かったのか。

警備員に聞くと、本日は空の日というイベントがあるとのこと。
警備員のアドバイスに従い、道路脇に一旦止めてチェックインを済ませ、
再び、駐車スペースを探すものの、減る気配も無い。
諦めかけた頃、近くで車が出るようだったので、運転手に確認してそこへ駐車。
ホッとしたものの、どうやら、到着機の客が大勢居たようで、
あちこちでスペースができていた。

羽田に到着後、浜松町で知り合いと落ち合う。
こちら、自民党議員の選挙手伝いをしてた人で、
どことなく、「勝ち組オーラ」を出している。
コンチクショー!(笑)

夕方、高円寺到着。
早いようだったので、ブラブラ散策した後、改めて駅前へ。
大学時代の先輩達と待ち合わせ、学生時代行きつけの店へ。
二軒目では、早くも眠くてゴロゴロと寝る私。

その後、メインの人は夫婦でホテルへ戻り、
我々は、先輩のアパートへ移動。
朝まで、異様な盛り上がりで飲み明かす。
050923.jpgなぜか裸になりたがる38歳な人達

たまにはいーもんだ。

投稿者 しど : 07:36 PM | コメント (0) | トラックバック

10年ぶり

夜、昔の会社員時代の仲間三人と飲む。

10年ぶりなのでドキドキしたが、見た目はほとんど変わらない様子。
一人だけ、頭部がやや寂しげな感じになっていたくらいかな(笑)。

話してると、皆、社内では中堅なので、随分重要な仕事を任されてるようだ。
給料を聞くと、予想以上に良い額で驚く。
実は、私が辞めた年に、会社が大手の傘下に入った。
当初はそれほど変化も無いような話だったのに、
さすがに10年も経てば、大手側の雇用条件に近づいているのだろう。
今の待遇が期待されていれば、私も辞めなかったかもしれないなー。
何しろ、当時の想定の二倍以上だもんな(笑)。
昔は自宅から通ってた二人が、今はアパート暮らしなのもうなづける。
支払い時の端数分を年下の二人も含めた皆から奢って貰う。
ちょっと格好悪い。

今晩は友達の家に泊めてもらうので、埼玉の西川口へ。

晩飯、六本木ヒルズで揚げ物。

投稿者 しど : 12:28 AM | コメント (0) | トラックバック

September 22, 2005

墓参りへ

午前中、作業の合間に墓参り。
お彼岸で花が高い。
それにしても日差しが強く暑い、汗がしたたりおちる。
運動不足を痛感する。

墓は、直前に叔母達が来ていたようで、掃除の水がまだ乾いていない。
ついでに置いてた掃除用のバケツが無くなってる。
風に吹き飛ばされたかな?

夕方保険の外交員から電話。
置手紙や督促葉書なども来てたのを放置してたので、
とりあえず、お詫び言葉を並べていると、
「いえ、最終的にはお客様が損するだけですので」
とかいわれ、そりゃーそーだわな、とどーでも良くなる。

にしても、貧乏人ほど、小銭を粗末にするものだが、
私は、毎日の細かい銭はケチケチしてるのに、
この保険がらみだけで、月給分くらいはドブに捨ててる気がする。
ダメ人間の行動原理とはこんなもんだろう。

明日から家を空けるので、帰宅後も出来る範囲で作業を進めるのだが、
思うように進まず、結局、夜中までかかる。
写真集サイトの更新コンテンツを外からでもできるように書き溜めるつもりだったが、
本日中の分すら上げられない。
ま、いっか。

晩飯、冷凍中華丼の素。

投稿者 しど : 06:39 AM | コメント (0) | トラックバック

September 21, 2005

いい方法ないかいな

昨日の仕事は、さらに両方とも直し作業。
片方は、時給換算したら200円くらいだ(´・ω・`)

晩飯、豚キムチ。

投稿者 しど : 09:22 AM | コメント (0) | トラックバック

September 20, 2005

簡単な仕事のつもりが

暑いせいか、一日中ずっと眠気とダルさが抜けない。

午後、昼から地図、夜、サイト仕事。
地図は地図で手間取り、サイトはサイトで、枠で手間取る。
泣きたくなる。

とくにサイトは、与えられたフォーマットを読み解くのだけで凄く時間を費やす。
私レベルだと、手打ちから始めた素人感覚でHTMLを組んでいるのだが、
ちゃんとデザインから入ってる人は、サイトのデザインをまず作って、
それをソフトで切り分けてHTMLに書き出しているらしい。

アプリが吐き出す複雑怪奇なテーブル構造と微妙な画像の切り分けは、
HTMLから部分的に直そうとするとすぐに崩れる。。
どうにか苦労して見た目OKなモノを作ったとして、
できれば、複雑なテーブルをシンプルにしようと、
いくつかマスを削除した途端、さらにテーブルは崩れ、
使用してるサイト作成アプリも対応できずにフリーズ、マシン再起動。
これが延々続く。

スライスで切ったHTMLは面倒だし、
かといって、ガチガチにCSSで構成したものも、
後から手直しするには、ちょっと面倒だったりもする。
ま、むしろ、そーいうとこがプロ御用達煙幕といったところか。
技術力に劣る半玄人の私には時間と労力だけが補う手段なのである。

晩飯、モヤシと豚肉蒸し。

投稿者 しど : 09:20 AM | コメント (0) | トラックバック

September 19, 2005

水道工事

今日は、保険関係や掃除など家の雑事をするつもりだったのだが、
なんだかんだで全く進まず。

水道工事に連絡しようとも思ったが、祝日の上に雨。
何となく、工事日和じゃないしなー、などとグズグズ。

午後、グダーっとしてきたものの、一応、水道局に連絡してみた。
留守電だったので、状況と連絡先とを入れておいたが、休日対応なんだと思ってた。
で、ゴロゴロしてたら14時半頃、水道局から連絡。
「じゃあ、これから業者さんを派遣しますからねー」と切れる。
メーターまでなら水道局の管轄で無料だが、
メーターを越えた宅地内は利用者責任で有料になるらしい。
今回の私のは有料。

15時には業者さんが到着。
二人で来ているが、作業は年配の方で、もう一人の若い方は助手のような感じ。
二時間後の料金徴収は若い方の担当だったので、
作業をしたのは下請け職人さんかなー、なんて想像したり。
水漏れ部分のコンクリを剥いだ段階で、見積もり料金。
1万2、3千円だろうとのことで、想像してた10分の1で一安心。

悪い部分を見せてもらうと、T字型の接続器具が鉄製で、
頂点の部分が錆びて穴が開いていた。
作業の間、手持ち無沙汰なので、玄関の笹などを切って時間を潰す。

配管がやや複雑だったようで、多少手間取りつつ、2時間後に終了。
手間取った分、料金は2万2千円。
それでもまあ、安いような感じ。
変に心配して損した。
領収書を見ると、接続部単価450円が、20ヶ所もあり、
そこが9千円で、料金を押し上げてた様子。
うん?でも20ヶ所もくっつけたりするもんか?(苦笑)

工事が終わり、やや気疲れ。
と、ここ数週間、疲れてばっかりではあるが、ゴロッと寝て……。

結局、予定してた家事は全くしてない。
ま、工事がイレギュラーだったから仕方ないよな。

晩飯、レトルトハンバーグと豆腐。

投稿者 しど : 04:05 AM | コメント (0) | トラックバック

September 18, 2005

漏水

無気力に寝て過ごしたので、起きると、もう夜。
仕事を片付けつつ、何気なく勝手口に出てみると、水浸し。
え?雨なんか降ってないのに……あ!
そーいや、夕方、トイレに入った時、「シュー」という異音を聞いたな。
これだったのか。

懐中電灯を持って、音のする方を探し、放置した冷蔵庫をどかすと、
配水管を埋めたコンクリの間から水が噴出してる様子が確認できた。
凍結した訳でもないのに、老朽化だろうか。
とりあえず、止水栓を閉めようとするが、これがまた硬くて最後まで閉まらない。
金槌2本を同時に前後で叩きながら、閉めるが、それでも、閉まりきらない。

修理するのに幾らかかるんだろうか、などと考えていると、すっかり鬱。
築40年以上の家だから、きっと、今後もあっちゃこっちゃ壊れるんだろう。
とりあえず、水のない生活。

とはいえ、必要なときは、漏れるのを覚悟した上で栓を開けるだけなので、
若干、気は楽だ。
一度、栓を開けて、炊事用の水を汲んでおく。

あ、明日休日だけど、工事の人、来るのかな……?
夜中になっても、29℃くらいの暑さで、イライラが増す。

晩飯、松屋で牛めし&サラダ

投稿者 しど : 06:35 AM | コメント (0) | トラックバック

September 17, 2005

爆笑オンエアバトル

爆笑オンエアバトルの観覧に行って来た。

場所は、山口県中央に位置する、県庁所在の山口市。
辺鄙な盆地に、メディア、官庁、大学が集中している街だ。
下関から車で二時間。
一瞬、高速道路を利用しようかと思ったが、料金2000円が勿体無くなる。
だって、電車に乗るのと変わらない値段だもん。
なんで労力使って運転してるのに、道路に2000円払うんじゃい?
民営化するんなら料金くらい下げて欲しい。

話はそれたが、二本録りで、一本目の昼の回は審査員。
観覧者より一足早く13時10分に集合して、説明を聞く。
周りは、ほとんど一人で、友達連れや親子はごくわずか。
抽選だからこんなもんか。
審査員の100人が足らなかったらしく、追加の女子高生が入ってきたり。

番組出身芸人が民放で売れるのは承知してるみたいで、
むしろ、番組は育てる側に徹しているんだとか。
そーいう訳で「迷った時は玉を入れてあげて頂戴」といわれ、
本番も、つい、一発目で入れてしまって番狂わせ。
(出演者は最後↓)

会場に入ると、テレビで見ていたよりも審査員席は随分狭い。
そりゃまー、普通の観覧席に溝を設置してるだけだもんな。
050917a.jpg 椅子から見た舞台。

050917b.jpg ボール(着色済みゴルフボール)を転がす溝。

050917c.jpg カバンからボールを出して転がすと得点になる。

この状態で、膝の上でジャッジペーパーに書き込まないといけないが、
狭くて書きづらい・・・。

いよいよ観客も入り、受信料に関するお詫びとともに前説開始。
そして本番。

一度NGを出しつつ、オープニングが終わると、早速、出し物。
これ、ホント、出る順番が大切だ。
正直、中だるみをしてしまう。
また、私だと、知名度の高いのはある程度傾向がわかるので、
ついつい辛めに判断してしまい、粗が多くても新鮮な若手に入れてしまう。

オンエアだと、正直邪魔にしか見えない芸人と女子アナとのやりとりだが、
実際に見てみると、ネタの時とは違った雰囲気の芸人と、
また、下手な女子アナとのギクシャクしたやりとりが、
なんともほのぼのしていて、良い息抜きになる。
オンエアでは、ギクシャクの部分しか使われないのだろう。
芸人によっては、ここの話がまた面白かったりする。

10組のネタ出しが終わり、恒例の計量。
放送ではBGMが入るが、収録では入らないのでかなりあっけない。
私が投球した5つのうち、オンエアが決まったは3組だった。
ま、妥当な面子。
オンエアされない芸人はここで退場し、残った者達でエンディングの収録。
収録が終わると、観客向けにプレゼントの抽選がある。
今回登場した芸人全員のサインが書かれたTシャツが2名にプレゼントされるのだ。

さて、16時半頃に収録が終わり、夜の部は18時15分開場なのでまだ時間がある。
どこかでコーヒーでも飲みながら本でも読もうと、
ドトールのような場所を探すがみつけられず、結局、ずっと歩き回って疲れる。

道中、自転車が壊れて右往左往してるお姉ちゃん達が居たので、修理してやる。
当然下心はあったのだが、修理をしながら雰囲気を窺ってると、
どうも中学生くらいの女の子達のようで何事も無く立ち去る。
ヒーローはカッコ良く無言で立ち去るもんだが、
彼らも単にシャイなだけなんじゃないかと思ったりする(笑)。

開場10分前に再び市民館に到着すると、長蛇の列。
審査員の時は、整理番号で呼ばれたので、観覧もそのパターンだと勘違いしていた。
受付を通ると、座席カードとNHK特製クリアファイルを貰う。

050917d.jpg 黄色いカードは審査員が貰う千円のクオカード。


本番。
先ほどよりも、当然リラックスしていて楽しめる。
観客も昼よりも随分多く、会場全体がややハイテンションになっている。
ちなみにオープニング、観客がコブシを上げて「オー!」と叫ぶ演出がされたのだが、
微妙に「にゃー!」と叫んでおいた。
変な「ナー!」のような怒声が聞こえたら私だ(ま、入ってないだろうけど)。

二回目の出演者は、一回目よりメジャーな芸人が少ないのでやや期待外れだったが、
面白さは逆にこっちのが面白いのだから、わからないものだ。
ま、審査員よりも緩い目で見てたので面白く感じたのかもしれないけど、
一回目よりも平均得点も高かったように思う。
私が面白いと思ったコンビも400点以上で落ちたり、
落ちた方も、面白いのばかりだった。

実は、一回目には増田岡田以来の満点をとったグループが居た。
それは、低調な流れの中で最後に出てきたので、
ついつい、「これで最後だし入れようかな」という勢いもあったと思うし、
大爆笑するというより、安心して笑える安定感だった。
きっと、オンエアで見れば、「何でこんなのが満点だったんだ?」ということにもなるだろう。

実際、二回目の方が面白く感じた人も居たけど、普通の点だったし、
逆に、一回目でオンエアの人も、二回目だときつかったかかもしれない。

21時過ぎに終わり。
帰路は、夜だし往路と違う市街地の方を選んだのだが、失敗。
鈍行トラックに行く手を阻まれ、昼間と変わらず2時間の運転。
「下関まで68km」とあったから、90分くらいで着くかと思ったのが甘かった。

晩飯、豚肉モヤシ蒸し。

出演者・一回目(OA10/1深夜):
鬼ヶ島、火災報知機、カナリア、三拍子、ザ・タッチ、
タイムマシン3号、トライアングル、ハレルヤ、バッドボーイズ、我が家。

二回目(OA10/8深夜):
磁石、のろし、年中無休、ピース、ロビンフッド、
ななめ45°、イワイガワ、ノンスタイル、田中上阪、弾丸ジャッキー。

投稿者 しど : 08:50 AM | コメント (0) | トラックバック

September 16, 2005

秋はある日突然に。

深夜、いつものTシャツ&短パンでは肌寒く、突如、上下スウェットを着込み、
居間にゴロゴロ用の毛布を持ってきた。
9月も中ごろで秋模様なんだな。

関東と地方、高級店と100円ショップの近頃は、
社会の階層が割りとはっきり出てきてるようにも思える。
勝ち組、負け組というのも、公務員や古い会社のような、
マイナス評価のふるい分けのみの生き残りゲームで、
一度落ちると、中々、上に戻れない。

すでに、士農工商みたいなことになってんのかと思う。
士(公務員)農(正社員)工(1次産業従事者)商(自営業)。
私なんかは、「百姓なんかやってらんねー」といって村を飛び出たものの、
身分が定まらず乞食になってるようなもんだが、
納税義務でキリキリさせられてる、世の正社員の人達と、
あれだけ批判されてるのに、高級官僚の身分の安定ぶりは、
江戸時代の身分制度の感覚なのかなー、なんて思う。
百姓一揆が実はほとんど起きなかったのも似てるし、
案外、身分が決まってた当時も、生活自体が不自由って程でもなく、
真綿で手足を縛られてるような動きづらさがあるくらいなんだろう。

自民党の小泉人気に対しては、映画「踊る大捜査線」が大ヒットしたようなもんだろう、
と自分に言い聞かせている。

豚生姜焼き。

投稿者 しど : 07:09 AM | コメント (0) | トラックバック

September 15, 2005

ヘンテコな生活

ヘンテコな生活時間を送っている。
それ自体が恥ずかしい。

メダカがまた死んでた。
今度はメスだ。
新しいのを買ってきた方がいーのかと悩む。

あれこれネットサーフするうち、田中眞紀子との揉め事で
イギリスでの隠居生活を強いられてた野上義二が、
去年、イギリス大使に格上げされていたことを知る。
キャリア官僚は、結構、安泰した身分だね(苦笑)。

実生活が充実しない者に限って机上の理想論を夢想するもんだが、
ここまで乖離してしまうと、どーしたもんだか、さっぱりわからない。

暇つぶしに2ちゃんねるを覗いてると、日教組がゆとり教育を行ったとか、
平気で出鱈目を書いてる人が居たので、参考文献をいろいろ示しつつ、
そうではないことを説明してみた。
デマに流される人々が、デマに気づく機会がどこにあるのだろう。
私自身もデマを信じたこともあり
(週刊金曜日が、坂本弁護士は革労協絡みで殺されたと報じたのを信じた)
現在の私の判断だって、決して正しくは無いのだろうと不安にはなる。

よくよく見ると、民主党のマニフェストには、
電波法の見直しと、独立行政機関「通信・放送委員会」の設立も提示してたらしい。
ある意味、議員と政党は、国民に対するサービス業者なんだから、
もう少し、「この政党はここまでやってくれるよ!」ってのを、
世論形成に最も影響力を持つ地上波がきちんと報じるべきだったんだと思う。

来週の週末を東京で過ごそうかと思うが、
飲み会以外に予定も無く、どこか行く所は無いかと迷う。
飲み会だけに上京するのもなー。

晩飯、スパゲティにレトルトソース。

投稿者 しど : 06:33 AM | コメント (0) | トラックバック

September 14, 2005

一昨年のこと

ぼんやりと、橋本治の
「ああでもなくこうでもなく4 戦争のある世界」を読んでる。
去年に出た本で、一昨年から去年にかけての時評。
忘れた過去を呼び覚ますような感覚。
民主党が自由党を引き入れたのが、
鳩山由紀夫の独断だったんだな、なんて思い出したり。
月刊広告批評への連載をまとめたものなので、
イラク戦争への足取りも、月ごとの行程が良くわかる。
案外、一昨年くらいでも、覚えてないもんだなー、なんて。

私の日記もいつか思い出すことがあるんだろうか。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 06:24 AM | コメント (0) | トラックバック

September 13, 2005

夏の余韻に

イマイチ作業がはかどらない。
やる木の種はどこかに落ちてないかね。

しばらく距離を保とうと思ってたものの、
オタクには至らない程度に政治好きなので、
ついつい、後味のほろ苦さ味わっている。

落ち着いて資料を探すと、わかりやすいリンク先をいくつかみつける。
もっと早くみつけてればなー、なんて。

早くも増税がらみのニュースが出てきて、2ちゃんねるを覗くと、
「こんな状況になったのは民主党が悪いからだ」
みたいなことを書いてる小泉支持者が一杯居て驚く。
子どもなのか、いわゆる「バイト」の暇つぶしなのか。
私の兄貴が高校受験に失敗した時、
「俺に黙って志望校のランクを下げてくれれば良かったんだ!」
と、母に向かって泣き叫んでいたのを思い出した。
何でも他人のせいにできる性格の人は羨ましい。

まー、そーはいっても、自分のことこそ省みる時だなー、
なんて思っているのだが、ついつい、
自民党チェックブログまで作ってしまっている私。
ああ、何やってんだ・・・

程よく蒸し暑さが続いているが、ふと暑さを忘れた頃に秋が来てることだろう。
もうすぐだろう。

晩飯、鶏煮。

投稿者 しど : 12:07 PM | コメント (0) | トラックバック

September 12, 2005

メジャー志向なら喜んでたろうに

一晩経つと少しは落ち着いたが、気分はすぐれない。

個人的には、「民営化」ってのは、教科書で見る、
明治時代の「払い下げ」みたいなイメージがある。
アイヌが自由に使っていた北海道の土地が、
政府のインチキによって三菱や三井などの財閥に安く売られたのが「払い下げ」。
本来ならば、みんなの共有資源だったものが、一民間人の物となる理不尽さ。
現在の民営化は、昔と違って、個人企業に売られる訳ではないが、
それでも、公的な物から私的な物になる理不尽が我慢ならず、
NTTの加入権7万2千円反古のような横暴がいろいろ行われるんだろうと、
何となく、悲しくなる。
そして、あれだけ儲かっているようでも、ユニバーサルサービスができなくなるといえば、
基金投入を要望しちゃうのである。

【固定電話の赤字補てん、NTT東西が初の基金発動へ】(元ソース無き為2chソース)
 NTT東日本、西日本の固定電話網を維持するために、赤字を補てんする「ユニバーサル
サービス基金」が2006年度に、02年の創設以来、初めて発動される見通しとなった。
 現在は、固定電話部門全体の利益が赤字にならないと基金は発動できないが、総務省
が基準を見直し、一部の地域で発生した赤字も穴埋めできるようにするためだ。総務省は
20日、05年度の収支に基づく基金からの補てん額(06年度に支出)が110~170億円
になるとの見通しを明らかにした。
 固定電話の利用減少は今後も続く見込みで、補てん額は、06年度分が195~275億
円、07年度分が280~380億円に拡大すると試算している。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1121879850/1

そりゃ、関東に住んでれば、不便は無いかもしれないが、
地方が不便になれば、地方を離れて都市部に移動する人が増えるし、
そうすると、今以上に過密する訳で、長い目で見れば、
「情けは人の為ならず」なのだと、私は思っている。
もちろん、無尽蔵に情けをかけろという意味ではない。

いろんな分析を読むと、私みたいな政権移動や民営化阻止くらいの、
消極的な理由以外には、民主党が支持される理由が見えなかったようだ。
たしかに私自身も、「勝つ気あるのか?」と思ってたくらいだし。

逆に、小泉自民党の戦略の上手さ。

女性新人候補の多用(日本新党や社会党マドンナ旋風時のようだ)。
小泉の「民営化=改革」であり、
反対者は改革反対者だ!というシンプルなスローガン。
郵政反対者に刺客を送ることで、新自民vs旧自民という格好の報道ネタを与え、
野党の影がなお一層薄くなってしまった。
とか。

ただ、投票率は70%を越えない程度に低調だし、
実は、自民党と民主党との得票差はそれほどでもなく、
小選挙区制特有の死に票が大量に発生したともいう。

でもまー、東京など都市部での自民党人気を見ると、
地方の置いてけぼり加減がなお一層実感できるし、
勘違い民主主義の結末が多数決なら、これが現実的な結論だろうとも思う。
そりゃ、面倒な物は切り捨てたいもんね。

晩飯、鶏の生姜煮。

投稿者 しど : 03:55 AM | コメント (0) | トラックバック

September 11, 2005

やばいよやばいよ

昼間、シネスケ登録者とオフ。
一回り以上離れた男の子達だけど、映画自体、私より見てるし、
頭の回転も非常に良い。
いかに自分が馬鹿学生だったかを痛感する。

深夜帰宅。
テレビをつけると自民党圧勝の様子。
愕然としてテレビを切ってしまった。
岡田じゃ頼りないとはいえ、ここまで民主党に選挙力が無いとは思わなかった。
結局、右翼が何時までも「日教組」をお題目にするように、
民主党が地盤にしてると吹聴されてる労組だって、
影響力なんか無かったってことだわな。

しかし……ああ……、私、自民党に投票してないからね、とだけ明言しておこう。
自民党に投票した人と、投票に行って無い人は、今後何があっても責任とってね。
いやまー、得することがあれば、お互いに(笑)。

さて、自民党政権に対して現実的な対処となるとどうなるか。
外資による切り崩し、財政破綻、IMFのお世話・・・
最悪の事態にはならないとは思うけど、
リスクヘッジで、預金は外貨に分散しておいた方が良いかも。
あと、中国自体の国内事情と、米国ブッシュの残り少ない任期、
さらには、小泉のあの親米ぶりという三角関係によって、
(米国の第二次参戦の裏に中国ロビイストの暗躍があったように、
 今も、大国同士、米中が繋がってるのは、中国の日本海ガス田開発に
 米国企業が資本参加してるところからも明らかだろう)
東アジアで軽い混乱(反日、反中、反韓)が起きるだろうから、
貿易関係者は少し慎重になった方が良いのかも。
ま、慎重になりすぎると、その間に米国資本が取って代わるのは、
イラクと同じになっちゃうんだけど(笑)。

晩飯、外食で、瓦ソバ風定食。

投稿者 しど : 10:25 AM | コメント (0) | トラックバック

September 10, 2005

映画「リトルロマンス」

例の写真集サイト。
ライブドアの方はアクセスが伸びないどころか、
とうとう、一日0アクセスが二日も続いた。
止めることにする。
使用感も、画像をUPすると勝手にファイル名を変えられたり、
UPする際にALT名を入れないとUPしてくれないし、
おまけに投稿確認ページが表示されるので、連続でUPするのが面倒。
今の状況ではあきらかにFC2>>>LiveDoorという評価。

映画「リトルロマンス」
13歳カップルの淡い恋の成就。
幼いけど、IQが高く、ハイデッカーを読んでたりするカップルという設定。
大人びた態度をとるけど、成人映画を見てゲンナリしちゃうところは子ども。
監督が、「明日に向かって撃て!」「スティング」のジョージ・ロイ・ヒルなので、
この2作品の映像(どっちか)を作中に登場させたり、「ガープの世界」で見せたような、
シニカルな人生観なんてのも随所に挟んでて、恋愛以外にも見所が多い。
サブキャラも、キャラ立ちしててそれぞれに魅力的だし。
イチャモンをつければ、ダイアン・レインは可愛いんだけど、
相手役の男の子が時々、凄いおっさん臭い表情になるのがマイナスポイントかな。
「伝説とは何でもない者がとてつもない事をした話だ」
だから、伝説にすがるんじゃなくて、伝説を自分達で作れ、というのが良かったな。
監督のリアリスト感が象徴されてるようなシーンだ。

晩飯、コロッケとうどん。

投稿者 しど : 09:36 AM | コメント (0) | トラックバック

September 09, 2005

いよいよ選挙直前

「マイヤヒーマイヤホー」で「飲ま飲まいぇい」な「恋のマイヤヒ」の騒ぎが、
どんどん大きくなってるようだ。
簡単に説明すると、2ちゃんねるのキャラを使って作ったFlashアニメと
セットで売れたこの曲、販売元のavexも、アニメをDVD収録するなど、
積極的に宣伝に使った。
そして、ついに、アニメに出たキャラクターを「のまネコ」として商品化するに至り、
もともとキャラを自由に扱ってた2ちゃんねる利用者が反発し、
アニメを作った「わた」氏、キャラクターの著作販売を請け負う「ZEN」、
そして元締めのavexに対し、「キャラを勝手に商品化するな」と猛然と抗議した。

一方、火に油を注ぐが如く、avexは、「これはオリジナル」と言い張ってるようで、
さらに騒ぎが大きくなってる。
参照:誰がAAを殺したのか
http://blog.livedoor.jp/dubbybudda/archives/2005-09.html#20050907

個人的にはとくに思い入れも無いんだけど、
avexってCCCDを導入して、積極的に著作権を主張してた会社なのが笑えるなと。
だいたい、他人をケチと言う奴に限ってケチだったりで(私だ)、
利用者を泥棒扱いするavex自体が泥棒のような行為をしてしまってる。
どこで収束するのか、もちっと見てみたい。

さて、収束といえば、選挙。
日曜に用事が出来たので、今日行ってきた。
与党が固定してると癒着が激しく、昨今の財務省と小泉自民党もひどい。
なので、もう「政権交代」による自浄作用を期待するのみで投票した。
いやまー、地元は、あべ晋三がほぼ当確なんだけどさ(笑)。

ところで、郵政民営化、ようやくあちこちで反対の声も上がって来てる。
笑ったのが、つくる会の西尾幹二が
「米国に資本を奪われる」つって反対し始めたこと。
何時の間に、親米から反米に変わったんだろう。
元自由党議員が民主党に居るから、援護射撃に出たのかな。

ついでに坂本龍一も反対してるらしい。
非常にわかりやすいデータ(PDF・9ページ)を引用してる。
【郵政「民営化」の本質】
http://blog.sitesakamoto.com/index.php?itemid=107
資料を作成した青木秀和氏のインタビュー音声もある。
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/topics/top.htm

まー、地方での民主党人気はイマイチだから、
地方で6:3:1で、自民、民主、公明、
都市部でも小泉人気で、5:4:1の自民、民主、公明くらいが、
妥当な予想だろうか。
さて、どうなることやら。

晩飯、野菜炒め。


投稿者 しど : 09:55 AM | コメント (0) | トラックバック

September 08, 2005

メダカの死

午前中、飲んだくれて駄文を書いて寝てしまった。
仕事してんのかよ?w

メダカがとうとう半分になってしまった。
2年前に8匹貰ってきて、ちょこちょこ減って、
卵は産むけど、そのままにしてたら食われたのか、
増えることも無いまま、少しずつ死んでいく。
死んでも浮いてこないで沈んだまま。
死体も食われちゃうのだろうか?
いつの間にか無くなっている。
人間の死体もこれくらい簡単に無くなると楽かも。

爆笑オンエアバトルの昼の部の葉書も届いた。
こっちは審査員入場券だった。
改めて見直すと夜のは「入場整理券」とある。
いずれにしろ、あのゴルフボール転がしを実体験できるようだ。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 09:50 AM | コメント (0) | トラックバック

September 07, 2005

ロックでなし

郵便受けに、毎度録画して貰ってる、
朝日ニュースターで放送中の「噂の真相」のビデオ。
どうもありがとうございます。

その他葉書は、NHKお笑いオンエアバトルの観覧葉書の返信。
昼と夜の部、両方送っておいたが、夜の部だけ戻ってきた。
審査員だと嬉しいんだけどなー。
葉書に、会場には駐車場が無いから車で来るなとあるが、
県庁所在地の市民会館でも駐車場無いのね。
でも、夜、下手すると最終逃しそうだからなー。
車を停められるところを探してみよう。

何か知らんが、平日なのに、昼間から優雅にゴロゴロしている。
どーしたもんかいね。
起きたら酒を煽り、まー、ちょっとはロックっぽい生き方なのか?
この歳になると、ロックっぽい→ロクデナシ、なんてのも少しは実感する。
ロックであってロックでなしとはいかに(笑)。

晩飯、焼肉弁当。

あ、昨日の清志郎の自転車、みつかったらしい。
良かったね。
ボクの自転車のぉ~後ろにぃ乗りなよぉ~♪

投稿者 しど : 05:56 AM | コメント (0) | トラックバック

September 06, 2005

台風行っちゃった

朝から風が強い。
二階に居ると家が揺れるので非常に怖い。
このまま強くなったら壊れるんじゃないかと恐ろしくなる。

しかし、以外に夕方になると静かになってきた。
台風の目?

清志郎が自転車を盗まれたらしい。
http://www.kiyoshiro.co.jp/wanted/index.html
ハンドメイドで160万円だそうだ。
ちなみに、盗まれた自転車の製作状況はこちら。
http://www.sbtm.jp/craft/index-imwn.htm
フレーム一本一本削って溶接してるようだ・・・こりゃ高くなるわいな。
みつかるといーな。

冷凍食品のミートソースがあったはずだから、
今晩はスパゲティを茹でて食べよう、と湯を沸かし冷凍庫を覗くと、
ミートソースは、麺付きの一食分だった。
これじゃーなー・・・と、まだ20時前なのでスーパーへ。

台風の日って早く閉まるのね、どこも閉まってた・・・。
結局、コンビニでレトルトミートソースを購入し帰宅。
再び湯を沸かして、いざスパゲティを投入・・・電話です・・・急ぎの作業です。
思ったよりも簡単な作業だったので、ようやく21時前にありつくことができた。
普通にご飯炊いた方が良かったかもしれんな(笑)。

台風はあっけなく日本海側に抜けたようだ。

投稿者 しど : 08:57 AM | コメント (0) | トラックバック

September 05, 2005

身を焦がす他人丼

AcrobatでのPDFの作り方が今一つわからないので、
あっちゃこっちゃ書店を回って本を探すが、良さそうなのもないのであきらめる。
ヘルプをちゃんと読めばわかるだろう。

帰宅後、ちょこまか、写真集サイトの編集。
FC2の方は、ヤフーとGooからの検索にひっかかるようで、
数人そっちからやってくるのだが、その割に一日20アクセスくらいから変化なし。
アマゾンへのリンククリックは、一日数人いるかいないかだ。
さらに、商品購入なんてまだ皆無。
ほんと、儲かるのは1割というのは本当かも。
趣味でやるならいーけど、それなら時間かけてもしゃーないしなー、とか。
金にならないのなら、一日300アクセスの「漢の手抜き料理データベース」の
更新をしてあげたいところだけど、こっちはさらに時間かかるしなー(笑)。

まー、ボチボチやるが、相変わらずアクセスがほとんどないライブドアの方は、
そろそろ止めた方が良いのかとも思うが、どうなんだろうか。

夜、NHK大河ドラマが、源平の壇ノ浦の合戦なので見てみた。
平家の存続がもう少し伸びていれば、下関の彦島に都が開かれただろうし、
もう少し、西日本の文化が栄えたかもしれない。
清盛の慈悲を仇で返した源兄弟も、義経は兄にやられ、
兄頼朝も源氏の名ではなく、北条にとって変わられる。
栄枯盛衰激しい時代である。

晩飯、他人丼。味噌汁焦がす。

投稿者 しど : 10:02 AM | コメント (0) | トラックバック

September 04, 2005

チャンス

野党批判で、「反対だけしてれば良いんだから楽だな」なんてのがあるが、
こーいうの、凄くシャクに触る。
そりゃ、反対しかできない立場なんだから仕方無いし、
反対されて反論できない立場なら、とっとと降りてくれれば、
反対しかできない人間にも、働くチャンスが得られそうなもんだが、
彼らは、当然ながら、そーしたチャンスを与えることなんか有り得ない。

でもまた、こんなことを書いてると、だんだんみじめにもなる。
政治に関わらず、映画やらなんやらいろんなことに対して、
結局は、評論家的な立場にしか居られず、
そして、チャンスも無さそうな自分の現状がみじめなのである。
政治家以外ならば、それぞれの第一線で活躍してる者達と同世代でもあるし、
普通の仕事にしてみても、人を指導する立場の年齢なのだが、
相変わらず、文句をいってるに過ぎない自分が情けないのである。

そんな私とは比べ物にならない、
頑張ろうにも機会が与えられない野党議員に、
与党としてのチャンスを与えてみたくなるのは、そうした私の気持ちの表れである。

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 09:26 AM | コメント (0) | トラックバック

September 03, 2005

昼寝

近頃、昼寝をするようになってしまった。
金も名誉も家族も無く、無駄使いできるのは時間だけなので、
非常に贅沢な36歳の時間の使い方である。
まー、早朝から午前中、夕方から夜にかけて作業してるほうが、
暑くないし変な電話も無いから集中しやすかったりもする。

選挙カーが付近を走り出した。
うるさいが、ビデオニュースドットコムによると、
こーした運動方法しか選挙法で許されてないんだとか。
もとは、戦後、共産党の人海戦術に対抗したGHQによる制限が、
現在のネット選挙運動すら制限するに及び、日本って随分な国だなと思う。

参照ネタ:ネット選挙運動解禁直前ならではの「笑い話」があります
http://www.miyadai.com/index.php?blogid=1&archive=2005-9-1
http://www.miyadai.com/index.php?blogid=1&archive=2005-9-3

9-3のには、小泉政権の解説も出てて非常に参考にはなるんだけど、
結局、宮台やメディアも含め、日本の論調は関東周辺だけで発生していて、
地方に居ると、メディアに登場する日本とは違っているどこかのようでもあり、
正直、投票行為に面白味が無い。

小泉自民も民主党も都市無党派層をターゲットにしているし、
自民党旧主流派や残りは、地方の既存組織を代表している。
結局、私みたいな地方無党派マイノリティって、全く無視された存在なのである。

私も東京に住んでいれば、すんなりと小泉支持に回ってたかもしれないな。
アメリカ支配に置かれたところで、そのために、
多少なりとも英語を話せるようにしてきてるんだし、
むしろ、現在の小泉支持者層よりも、得することにもなるかもしれないしなー。

とりあえず、ここに住んでる限りは、無党派じゃ駄目なんだろうな。
無党派だけじゃなくて、無職、無家族の三無主義者だから、
駄目なトコばっかりではあるけど(笑)。

晩飯、レトルトカレーとサラダ。
ホットガラムマサラなんてのを買ったのでつい試してみたくてカレー。
サラダはキャベツの千切りだけじゃ何なので、
フライドオニオンを買ってみた。
コクが出て美味い。

投稿者 しど : 08:49 AM | コメント (0) | トラックバック

September 02, 2005

ホムペ仕事

お祓いが来るので、早朝から掃除。
私の仕事の話から、ホームページの話になったのだが、
お宮で持つつもりなんだろうか。
一応、「お手伝いします」と言っておいたが、
こーいう場合、「ぜひ、私にやらせてください!」とか言うんだろうか?

面倒臭がりの私、現在のホムペ仕事がやっぱり面倒(笑)。
凄く細かいページ分けを先方がやっていて、
どういう目的でページ分けをしてるのかがこっちにはよくわからない。
以前は、原稿を作る担当も居たから私はオペレーターに徹して、
まー、それでもブツブツ文句をいいつつも楽な作業だったんだが、
今は、粗分けされた資料からこっちが少し再構成もしなきゃならない。

本当なら、一から作業するつもりで再構成して作業すればいーんだけど、
量が40ページくらいあるから、何となく億劫だし、
同じような内容を全く違う項目に先方が分けてたりするから、
やっぱり、一から作業するようなペースにもならない。
でまあ、頭を悩ます合間に、イヤイヤモードに襲われる。
何時になったら終わるんだろう。

晩飯、コロッケとキャベツ、豆腐。

投稿者 しど : 09:06 AM | コメント (0) | トラックバック

September 01, 2005

西村知美の努力

ようやく例のおかんの口座を閉じる作業のために銀行へ。
あれこれ追加で書類に書き込んだ挙句、
もう一度、兄貴のサインと二人の割り印を突いた書類が必要だといわれる。
こーいう事態に備えて盆に兄貴と一緒に来たのに、
まだこんなことになるのかよ、と、ふてくされつつ、銀行を後にする。

嫌々重い腰を上げて来たのに足止めをくらう徒労感。
基礎行動力が無い分、思うようにいかないこーいう日常のわずらわしさが、
ますます、「行動する=むくわれない」というマイナスイメージを経て、
出不精、つきあい不精になっていく。

私と同じくらいの普通の人ならば、
こーいうわずらわしさは奥さんにまかせちゃうのかな。
どっちがいーかはわかんないけど、どっちも楽じゃないわな(笑)。

帰宅してしょんぼり昼飯を食らってると、テレビに西村知美。
資格マニアらしく、一般的な普通自動車免許なども合わせて
15種類の資格を持ってるんだとか。
小型特殊免許で、ミニショベルカーを操縦する映像も流れてた。
結婚を機に、失業しても困らないようにするためだって。
こーした成功者でも、地味に努力を重ねていざという場合に備えているのに、
私みたいな不成功者が遊んでて楽になる訳なんてないよなー、なんて思う。

晩飯、モヤシ&豚肉。
以前、ゴンチチの人がつまみ用に紹介してたのを作業省略したもの。
本来は、土鍋を蒸し器にして、大量のモヤシの上に豚肉を置いて蒸し、
ポン酢で食すもの。
これ自体簡単だが、私のは土鍋じゃなく、フライパンにモヤシと豚肉を盛り、
蓋をして蒸すだけだからさらに簡単だ。
ポン酢で食すと、結構おいしい。

投稿者 しど : 09:35 AM | コメント (0) | トラックバック