« October 2005 | メイン | December 2005 »

November 28, 2005

後始末

お寺へ納金と、あとは母の時と同様、健康保険などの停止。

まずは年金。
社会保険センターで30分くらい待たされる。
月曜は人が多いらしい。
とりあえず止めるには止めたが、
11・12月分の入金を止めることは不可能なので、
振込み先の口座を閉めるようにいわれる。
閉めるのが楽か、入金された金を戻すのが楽か、どうしたもんか。
女性名義の口座を一つ持ってるのも良いかと。
ま、どーせ使い道もなく、使いこなしもできないんだろうけどさ。
つか、入金前に言ったんだから、止める術くらい持ってろよっての。

次、お寺。
叔父・叔母を迎えに行って寺へ。
葬儀関係諸々で39万円をお布施として渡す。
法事も簡略化するので、次は四十九日を12月28日に寺でやるのみ。
納骨を含めた代金は、10万円。
思ったよりは安いかな。
適切な価格というのもわからないけれど、
位牌の院号料50万円と比べれば、安いと思うだろう(笑)。

昼食、近所のリンガーハットで叔母にご馳走してもらう。
一段落ついた。

その足で、市役所へ、各種保険(国民健康、介護、老人医療)。
窓口三箇所が別々なのは面倒だが、担当者が次へ案内してくれたり、
それほど手間はかからず。
健保は死後に止めると見舞金が出るらしい。
母が死んだ日、兄貴が影でコソコソしてたのはこの見舞金狙いだったようだ。
たかが4万円なのに……

帰宅後、恩給を止めに東京へ電話。
午前中は、テープで「現在込み合ってるので午後3時以降に」とあったが、
3時過ぎても通じない。
け。

晩飯、残ってた大根を思い出し、サンマ。

投稿者 しど : 09:21 PM | コメント (0) | トラックバック

November 27, 2005

葬儀終わり

午前3時過ぎに起きる。
今月末締め切りの公募シナリオ、出す努力くらいしないといかんなー、
などと、ちょっと書いてみるが進まず。
ま、無理なら無理でもしゃーないか。
051127.jpg
8時過ぎ頃、葬儀社の担当が来たようでバタバタする気配。
今からおしゃべりに付き合わされるのは辛いので、無視して横になる。
9時前に起きて着替えていると、表で挨拶の声。
葬儀社の社長の弔問。
こーいうことをされると、多少の不都合は目をつぶるものかもな。
営業には、気遣い心遣いが必要だ。

すれ違いに担当もやってくる。
うーん、どーにもウザイ感じ。
この仕事30年という割りに、空気を読まない人だ。

10時半頃、叔父・叔母到着。
11時直前、老人ホームから3人到着。
11時、告別式が始まるも、挨拶などを省き、焼香者も少ないので、
早めに火葬場へ。

注文してた弁当などを食べて時間を潰し、1時間ちょいで終わり。
骨を骨壷へ。
股関節のところに、異様な鉄片がある。
そーいえば、3年前に骨折して手術したとかいってたな。

その後、遺骨を持って叔母達の菩提寺へ。
祭壇が設置されていて、そちらへ安置。
早速初七日の読経。
読経中、隣の台に置かれた百日までの法事日程の書かれた紙を見て、
母の時のことを思い出す。
そーいえば、結構大変だったんだよなー……大丈夫かいな。

読経、焼香も終わって、詳細相談。
49日まではここに安置し、法事も無しとなる。
料金を心配したが、納骨の費用も入れて10万。
葬儀分は39万で、内訳は戒名20万(院号だと+30万)、お布施(?)10万、
車代や食事代などの諸々4万、という説明だった。

叔母方は浄土宗で、私の家は浄土真宗だ。
浄土真宗は庶民の宗派とされているので現代的にシンプルだが、
武家などの浄土宗は格式を重んじる風習が残されているので、
その「格式」代として「院号」などがあり、葬儀にも魔除けの懐刀が準備されたり、
我が家の葬儀とはいろいろ差があった。
仏を穢れととる浄土宗の親戚一家が塩で清めてるのに対し、
真宗の私は住職から、「仏は穢れたものではないから清めなど必要無し」と聞くので、
そーいうのは鼻でせせら笑う。
ま、どっちがどっちってことも無いけど、
宗教的な軋轢とはこんな些細な事から生じるんだろう(笑)。

寺の駐車場で従姉妹が
「斎場を出る予定が14時だったから随分早かったね」
というので時計を確認すると、まだ14時前だ。
一通り終わってホッとする。

三人を家の近所で下ろし、帰路。
下ろすとき「家が散らかってて呼べないから」とか言い訳されたが、
もー、どーでもいーや。

帰宅したものの、何もする気がせず、酒でも飲むかと、もう一度買いに出る。
通夜の残りの巻き寿司を持ち帰ってたので、それをつついて腹を満たし、
ネットサーフしながら発泡酒を一本飲むものの、どうにも疲れた感じ。
母の残した事が、ようやく片付いた。
ま、明日からしばらくまた、書類など後始末で忙しいんだろうけどさ。
18時前に、床に就く。

投稿者 しど : 04:50 AM | コメント (0) | トラックバック

November 26, 2005

通夜

午前2時頃目覚める。
シナリオでも書かないとなー、などと思うも、朝生を見始めてダラダラ。
少子化問題で女性の多いパネリスト陣。
左右でのぶつかりはあるが、いつもの殺伐感もなくすんなり見ていられる。
基本的には、右派は復古的に女性を家庭に入れて、
家族の絆を高めるという方向性。
左派は、フランスなどの例をとり、婚外子を認めたりの現状対処法で、
制度の変化に解決策を求める。
個人的には、前者は、男女とも、
雇用、地域、教育、様々な環境を改善しなければ不可能なのに、
それを主張する与党や保守側の現在の社会政策は、
勝ち逃げ弱者切捨てだから、矛盾している。
その点では、左派の対処法のが現状では仕方無い策かと思う。

個人的には国がどうなろうと構わない気持ちも最近は強いが、
もう少し保守側は国が受ける少子化のデメリットを考える必要があるだろう。
「生まない者が悪い」と主張するだけの保守は、
森永卓郎の「オタクを代表とする男の弱者が結婚できな現状」に対して、
真面目に耳を傾けるべきだ。
「愛国」と叫べば国を愛するようになる訳じゃないように、
「産めよ育てよ」って叫んだって実現する訳じゃない。

まんじりとせぬまま、10時頃に葬儀社へ。
印鑑と大叔母の本籍などを伝え、心づけで3000円を渡す。

葬儀を行う場所に遺体を移動。
葬儀社と火葬場の間にある平屋の16畳の部屋へ安置。
051126a.jpg
一先ず作業終了、帰宅。

ぼんやりしてるとすぐに昼過ぎ。
棺に入れる荷物を漁りに老人ホームへ。
一人暮らしの長かった大叔母の押入れなどを探すと、
戦死した夫と病死した幼子の写真や、
051126b.jpg
銀座でOLをしていた当時の写真、
お茶の師範をしていたり旅行にでかけてる写真などなど、
いろいろ出てくる。

そして、ここに大叔母を連れて来て部屋を整えたのは、
母と私なので、その時の母の様子などもいろいろ思い出す。

一人の人間が生きた証の数々が部屋丸ごとゴミと化してしまう。
身寄りのない一人暮らしの終着駅は、もの悲しい。

一度帰宅して喪服に着替え、16時に葬儀社着。
飾りつけがされると料金の割りには随分と良い感じ。
051126c.jpg
式まで寝てようと思ってたのだが、担当者のおしゃべりが続く。
17時に叔父、叔母、従姉妹が到着。

18時、住職、やや遅れて到着し、通夜開始。
読経が終わる頃、老人ホームの事務員一人到着。
道に迷っていたらしい。

一通り終えて、頼んでいた仕出しを叔母らとつつく。
大叔母に関する言い分が、母から聞いた私と叔父叔母とで食い違う。
「自分達も下関に呼んだのに、大叔母が勝手に東京に戻った」と主張され、
真偽の程はもはや確認しようもないけれど、
苗字の異なる私に喪主をやらせる叔父叔母の発言だから、まあ、眉唾。

叔父叔母には女二人子供が居て、長女は嫁いで外へ、
今回来ているのは四十過ぎの次女。
次女はあちこちに散在する、途絶えた分家の墓の面倒も見る定めで、
今回の件でさらにもう一件増えることになる。
気の毒といえば気の毒だが、ま、両親が存命のうちに、
片付くとこは片付けておいたほうが良いだろう。

皆が帰って、奥の四畳半炬燵部屋にゴロリ。
テレビも無い静かな部屋に、睡魔様がいらっしゃる……

投稿者 しど : 04:26 AM | コメント (0) | トラックバック

November 25, 2005

大叔母往生す

昨夜、早く寝たせいで依頼メールを起床後に読み、作業。
株価は底だったのか、午後には回復基調のようで、
本当なら、株を買い足すべきだったのだが、
作業に忙しく、そんな余裕は無かった。
どはいえ、以前教えて貰ったJ-Coffeeという人の株サイトにあった、
一週間のうち、月火は上げ、木金は下げという平均値のままな一週間だった。
下手に動きの無い水曜が休みだからと思って火曜に買ったのが失敗だった。

昼、兄から大叔母の様子を尋ねる電話。
「このまま長患いするんじゃないの?とかいってたら死んだりして」
なんて話す。
16時過ぎて病院から「呼吸が浅くなっている」と連絡。
着せる寝巻きなどを持って病院に到着すると、すでに亡くなっていた。
遺体をきれいにする間、ロビーで待機。
予てから問い合わせていた葬儀社に連絡。

霊安所へ移動。
私、医師、看護士、葬儀屋と焼香し、
「もういいですか?」といわれる頃、どうにか叔父到着。

途中、叔母をピックアップして葬儀社へ移動。
6畳ほどの待合室に、遺体が安置される。
051125.jpg(写真は翌朝撮影したもの)


喪主は誰かと尋ねられ、結局私がやることになる。
仕方無いのかな。
そして、値段交渉。
基本の祭壇が安いので棺と骨壷は若干高めにしたが、
それでも28万との見積もり。
安くしようとすれば安くできるらしい。
マニュアル営業の大手よりは、地元の葬儀社の方が融通が利くんだろう。

遺体を残し、叔父・叔母を送って私も帰宅。
尋常じゃなく眠い。
飯をどうするか悩むが食っておいた方が良いだろうと飯を炊き食す。
食い終えて炬燵にて眠る。

晩飯、コロッケ、おでん。

投稿者 しど : 03:40 AM | コメント (0) | トラックバック

November 24, 2005

株価反転

すっかり生活時間が狂った生活ながら、早朝よりNIKKEI CBNCチャンネルで、
アメリカの市況など眺めていると、すっかり株屋気分(笑)。
アメリカもここのところ好況のようで本日も全般的に上げ相場。
こりゃ、日本も上がりそうだ。
とりあえず、めぼしをつけていたネット関連株に指値しておく。

市場が開いて、しばらく高騰が続き、指値を上げて設定し、しばらくして約定。
火曜日に買った株も早々に上がり、別件仕事の1ヶ月分の賃金の含み益。
泡銭とは良くいうが、まことにそんな印象。

ちょこちょこ相場を覗きつつ、作業。
終了メールのついでに誕生日の祝い言葉も添えて出したら、
今日は誕生日ではなかったらしい。
プレゼントも送ってたのに。
私ももう終わってる(´・ω・`)。

そんな気分で相場も急落、どうしたんだ一体。
ネットでは相場が天井になったんんじゃないかとの噂。

病院から電話。
入院する前に、検査のために大叔母が寄った病院で、
老人医療の負担割合が不明だからとの連絡だったのだがこっちも良くわからない。
とりあえず、料金を払いに行かなきゃならんので場所の確認をしたら、
思ってたトコと違う場所の、随分遠い病院だった。
母の生前も、大叔母が骨折して入院した病院が辺鄙なところで、
いちいち母を連れて行くのに文句をいってたことを思い出すと、
何で近場に行かないのか不思議で仕方が無い。

その後、大叔母が入院する病院からも連絡。
いよいよか、と思ったものの、脳外科の病室が空いたので移動するんだとか。
様態を尋ねると、とくに変化も無いらしい。
もしかしたら長患いしちゃうのか、なんて、そっちの不安も。
まあ、つきっきりで看病するわけでもないけど、
予定外の入院であっけなく死んだ母に比べると、なんとも生命力の強い人だと思う。
さすがは、明治生まれ。

相場はすっかり下げしまい、私が買った株も軒並み下落しマイナスに。
やっぱ、むずかしいよな、下がる理由がわからん。

相場を見終えて、大叔母の病院代を払いに外へ。
片道車で30分、随分と僻地にあるが、その分、豪華なたたずまい。
とはいえ、駐車場が有料だったのでややムカつく。
(患者は時間内無料のようで、私も病院代を払ったので受付で無料に)

帰宅後、早めに食事をして炬燵で眠りに付く。

晩飯、先日貰った大根を鍋に投入し、おでん風に。

投稿者 しど : 03:24 AM | コメント (0) | トラックバック

November 23, 2005

落ち着かない

相変わらず休日となると少しは気が楽だ。

とはいえ、何をすることもなくケーブルチャンネルをザップして、
広末出演の映画「秘密」と、PFF系の「バーバー吉野」などを眺める。

「バーバー~」を途中で切り上げて、借りてた本を返しに図書館へ。
運悪く閉館だったが、返却ポストがあったので、入れておいた。

帰りに病院へ。
とくに変化も無い様子。
看護士が若いお姉ちゃんで、対応が初々しいのが癒されるw。

晩飯、食わず。

投稿者 しど : 04:59 AM | コメント (0) | トラックバック

November 22, 2005

まだ生きてるよ

朝、ゴミ出しついでに、裏手の草刈。
気づいたら10時。
いまだに病院から連絡なし。

ネット証券で市場観察。
昨日、買い損ねた株の値動きをリアルタイムで観察。
値段が下がり続けている、昨日買えなくて良かったな。
とはいえ、この株、上がるときはどーんと上がるので、
とりあえず、下がった今が買い時だと、注文を出す。
相変わらず、お金が足らないと出る……なんなんだろう……
良く見たら、入金した額が一桁少なかった……ま、結果オーライ。

追加入金して、かなり下限を目指して指値注文。
他の作業、昼飯などを終えて、再び相場を見ると、
午前中、下がりっぱなしだった日経平均が上がりつつ、
私の注目株も上がり気味……今回は買えなかったか、
などと思いつつ、また下降したりで、値動きが微妙。
指値をやや上げて、ようやく成立。
何時売ることになるやら。

東京を引き上げた友人より電話。
すっかり落ち着いてるらしい。
私も、ふんぎりがつけられればなー。

夕方、病院へ顔を出す。
昨日と変わらず、眠っているようなこん睡状態。
取り付けられた心拍計が、脈拍170を超えたりで頻繁に警告音が鳴るが、
看護士が来ることも無く放置。
思えば、うちの母が亡くなったのも、
院内の引越し措置で、外科病棟から今の緊急&老人病棟に移された翌日だった。
きっと、呑気に私が帰宅してからの深夜、
母の具合が悪くなってたのに、こうして放置されてたんだろうな……。

定時検診の作業を見終えて病室を出る。
途中で母の主治医とすれ違い、軽く会釈。
怪訝な表情が一転して私を思い出したようだったが、
あれから2年、いろんな人を診てるだろうから、私の事など覚えてはいないだろう。

帰宅途中、社会に向けた自己主張の看板を無数に貼る、
怪しげな八百屋でみかんを買う。
割と安かったんだが、買うと、おまけに大根を一本くれた。
なんじゃこの八百屋(笑)。
大根は下茹でが面倒なので、明日食べよう。

帰宅しても、落ち着かない。
何かしようにも「今死んだら大変だなー」なんて考えると、呼吸が浅くなる。
それに、病院を行き来してると、母が入院してた時の事を思い出したりで、
いろいろ辛くなる。

晩飯、昨夜の鍋の汁を使ってとんこつラーメン。

投稿者 しど : 03:28 AM | コメント (0) | トラックバック

November 21, 2005

葬儀社あれこれ

昨日ネット証券から口座開設通知が届いてたので、早速、開始。
すでに利用している三井住友銀行のネットバンクから口座へ送金。
めぼしをつけていた株の注文をするが、余力(代金)が無い、と表示される。
送金した初日は使えないのかなー、と勝手に判断して中断。
買おうとしてた株はみるみる値上がりしていく。

叔母から連絡。
菩提寺とやりとりをしたようだ。
どうにか、向こうも動いてくれてるようで、とりあえずホッとする。
うちの浄土真宗と異なり、あちらは浄土宗なので院号料などが高い。
最低40万円に、永代供養料が50万くらいらしいが、
詳しくは実際に亡くなってからということだったらしい。
葬儀と墓関係で200万以内で納まりそうだ。
大叔母の貯金は700万円あるので、
残りは叔母宅と折半することになるだろうが、どれだけチョロまかせられるか、
生まれ付いてのカツオレベルな腹黒さが出てくる(笑)。

寺から聞いた安い葬儀社のことを叔母が説明してくれるが、
普通なら、先に問い合わせてくれればいいのに、社名を伝えるだけだった。
公務員気質というか、私が使われてるだけなのか、
まあ、一瞬、「相変わらず気が利かねーな」とプチキレ。

早速、聞いた名前と「下関」でググルと出てきた。
老舗の葬儀社の分室のような場所らしい。
電話で尋ねると、そこは19万円からだとか。
安い。
こちらは火葬場のすぐ側だし、菩提寺&叔母宅にも、割合近い。
何より、菩提寺が勧めたということなら、それがいーのかな、なんて思う。
個人的には利用経験も有るしサービスが充実した最初のところがが良かったんだけど、
そこは、やや火葬場や寺、叔母宅からも遠いし、向こうが楽な方がいーやね。
私も知らないところの方が勉強になるし。

ついでに、私の知らないところで母が会員になってた、
(つまり、死んだ本人しか知らないので利用できなかった)
大手の冠婚葬祭会社にも問い合わせてみた。
満了まで残りわずかの母の会員権が勿体無いので、
私が引き継いで毎月会費を払ってるのだが、
対応した若い女性の声からしてイレギュラーな価格応対はしないようで、
どうにも役立たずな印象。
こんな所の会員権なんか捨てれば良かったかな……。

晩飯、水炊きに白菜と鶏肉などを煮る。

投稿者 しど : 02:24 AM | コメント (0) | トラックバック

November 20, 2005

簡素な葬式代

昨日から、大叔母の様態のことで緊張が持続する。
炬燵の中でゴロゴロと寝たり起きたり。
ああ、どうなるんだろう。
予定が狂う。

朝、葬儀社に連絡。
母の葬式を担当した若い人の名を告げたが、もう辞めてるようだ。
辛い仕事だもんな。
葬儀、一番簡素なものは、23万円からだそうだ。
火葬場への送迎バスや遺影などオプションとして追加になるが、
とりあえず、部屋を借りて火葬まで遺体を安置できるし、
遺族が側に居なくても見ていてもらえるようだ。
この程度ならお得だな。
ちなみに、死んでから24時間は火葬できないらしく、
火葬場は15時で受付を終えるので、夕方以降に無くなった場合、
火葬は翌日ではなく、二日後になるんだとか。

夕方病院へ顔を出す。
昨日と変わらない様子。
看護婦に様態を聞くも、どうにも無愛想。
看病しない私が非難されてるような気持ちになる。

晩飯、スーパーで買ったバッテラ寿司。

投稿者 しど : 02:03 AM | コメント (0) | トラックバック

November 19, 2005

大叔母危篤

寝起きでイライラしつつ携帯電話に出る。
老人ホームの大叔母が脳出血を起こしたらしい。
病院に行くとすでに昏睡状態。
手術不能の場所だし年齢の事もあるので、内科処理で済ますらしい。
付き添いで来ていた施設の人が、
私と大叔母とが遠縁ということを説明してくれてたようで、
とりあえず、異常があれば連絡するから、ということで帰ることになった。

その人と一緒に施設に戻り、大叔母の荷物から死装束と遺影を探す。
この老人ホームに入所したときは、私も一緒だったけど、
意外に荷物が多かった。
それでも終の住み家としては、寂しい量である。

帰宅して叔母宅に電話し、出てきた叔父と話す。
兄貴の携帯に連絡するも留守電になっていたので、メールを送る。

早ければ今晩中にも亡くなるといわれていたので、
家に居ても落ち着かない。
何かいろいろやる予定だった気もするのだけど、
ともかく、何もする気がせず、ただただ心臓がバクバクする。

夜、帰宅したらしい叔母から電話。
葬儀と供養の話。
叔母は大叔母を無縁仏の供養として、
自分の家の菩提寺の墓からどうにか離そうとしている。

叔母にとっては大叔母は叔母であり、苗字も同じ。
母方は不幸の続く家庭で、大叔母の三姉妹、一人は私の祖母、叔母の親で、
残る今回の大叔母ともう一人は、どちらも戦争でご主人を失い、
一人はノイローゼとなり子供を残して家を追われ、
自殺のように電車に巻き込まれて死んでいる。
(そんな訳で祖母や母が宗教に救いを求め、供養に熱心になったのである)
菩提寺には電車に巻き込まれた人の墓があって、今回の大叔母もそこに埋葬しよう、
というのが、私の母が語っていたことだし、叔父もその件は納得していたはずだが、
叔母はそれがどうしても嫌な様子で、
位牌を自宅に置くことを「縁起が悪い」など様々に理由をつけて他にやろうとする。

まあ、最終的には、あっちの人の判断なのだが、
それにしても、何で私が関わらなきゃならないのか、それも微妙に腹立たしい。
巻き込まれ型の不幸者というのは、こういうパターンなんだろう(笑)。

東京から連れ帰った母が結果的にはトラブルの原因だが、
私が同じ立場だったら、やっぱり同じことをしただろうと思う。
私を叔母や母と同じ立場に仮定すれば、叔母と母の姉妹、という間柄なので、
身寄りが無ければお墓くらいは姉妹と一緒にしてあげた方が、
良い供養になるだろうし、多少は面倒だとしても、
本家を継いでるならそれも仕方無いことだろう、
というのが常識的な判断だと思うがどうなんだろう。

ところが、叔母はそーいうことは一切お構いなし。
嫌なものは嫌だし、やらずに済むためには平気で嘘もつく。
叔母の嘘話は、母から随分聞いていたが、
母が死んでからは、私も直接聞く機会が増えて呆れてもいる。

それでも、大叔母が葬儀代、永代供養料を払っても余りある貯金を持っているので、
私もホイホイ手伝うが、これ、お金が無ければどうしたか。
そんときゃそんときで、放置したかもしれないけど……。
身寄りの無い者の死に直面すると、
同様の立場になりそうな私も心中穏やかではいられない。

明日、叔母は菩提寺に、私は葬儀会社に簡素な葬儀をあげられないか、
それぞれ尋ねることにして電話を切った。

面倒なことにならなければそれでいーけど、
母の負の遺産を処理するには、もう少し時間も手間もかかりそうだ。

かつて、唯一、大叔母の家に宿泊したことのある兄貴からは、
結局、連絡はなかった。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 12:21 AM | コメント (0) | トラックバック

November 18, 2005

相変わらず

惰眠を重ね、昼過ぎ起床。
夜の24時に就寝すれば、これだけ寝ても大丈夫なのに、
寝るのが朝5時過ぎだから、起きるのもずれ込んでしまう。
どうしたもんだ。

起きて作業をしつつダラダラと過ごす。
暗雲の立ち込める将来を見て見ぬふりしつつ炬燵でゴロゴロ。

夜、面倒な作業メール。
ちょこちょこやりつつ、居眠り。

深夜、本格的に作業。
やり残してた酒屋サイト更新も。
こちら、なんでか、作業をしてるMacからFTPが繋がらない。
仕方なく、Winにコンテンツを移動してUP。
いろんなサービスが安価で出てる昨今、
こんなに使えない「使えるNET」なんて、使いたくもないが、
先方もドメイン取っちゃってるし、変更するの面倒なんだよなー。

晩飯、モヤシと豚肉。

投稿者 しど : 06:11 AM | コメント (0) | トラックバック

November 17, 2005

もう冬なのかな

とっても寒くなったもんだと、炬燵でゴロゴロしている。
一日中、炬燵でゴロゴロしてるもんだから、
ついでに点けてるテレビとパソコンも含めた電気代、
少しは心配になる。

とはいえ支出以前に収入を気にせんことには(笑)。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 05:34 AM | コメント (0) | トラックバック

November 16, 2005

RCのアルバムが届いた

先日注文してた、CD+DVDのセット、
RCサクセション「RHAPSODY NAKED」が届く。
おまけ程度のDVDの物足りなさは仕方無いとして、
CDは、過去に出されたライブ版レコードの完全版。
ライブから抽出された数曲をリマスターした80年のアルバム音源を、
今回はライブ全部、調整を抑えたアレンジでの放出。
生々しい80年の息吹が伝わる。

私自身がRCを知ったのは小学生、聞き始めたのが中学生、
それでも、20年以上が経過している。
このCDを聴くと、その聴き始めてからのいろんなことがいろいろ思い出される。
当時は自分と違う「大人」の世界だったのが、
今となれば、随分と年下の「清志郎君達」なのであるが、
すっかり、おっさんになった現在、そして、あの頃夢見ていたいろんなことが、
全く実現していない現実、いろいろ交差して、感慨深い。

RC関連本では非常に詳しい「GOTTA(ガッタ)!忌野清志郎」というのがあるが、
その作者、「連野城太郎」という人が、単なるファン上がりのライターフゼイ、
くらいに思ってたら、アルバムのライナーノーツから、
25年前の「ラプソディ」の音楽ディレクターであり、
今回のアルバムの発案者であることもわかった。
RCの音楽を好きだったファンがディレクターとして参加したから、
今のRCがあるんだと、清志郎の努力以外の巡りあわせの幸運についても思う。

先日購入したフォーク時代のDVDからは、想像もつかない変化ぶり、
派手なステージアクションは、
ミック・ジャガーのパクリ加減も見てとれるけど、
それはそれ、あの青さばかりが魅力だったフォーク時代の清志郎が、
ここまで媚びた形になったというのが、見えないところでの葛藤も伝わる。
いろんなことを、いろいろ考えちゃう、何か幸せなアルバムだ。

晩飯、先日の揚げ物をどんぶりに。

投稿者 しど : 05:37 AM | コメント (0) | トラックバック

November 15, 2005

ぶらぶーらくたくーた

日中、久しぶりに知り合いとブラブラ。
普段の一人生活のせいか、話し相手をみつけて、
あれやこれやと饒舌に話しまくる。
帰宅して思い出すと、あれこれ、出鱈目をいー加減に話してたことも思い出し、
ちょいとかっこ悪い。

と、そんなことを考えつつ、依頼メールを片付ける。
遊んでる時に限って、仕事が来る(笑)。

晩飯、日清ヤキソバ。

投稿者 しど : 05:55 AM | コメント (0) | トラックバック

November 14, 2005

頭が悪い人の話し方

相変わらず、自堕落が過ぎて生活時間がずれる。
これじゃまずいと、半日分無かったことにして合わせることにする。

昨日、日テレ番組の再放送を夕方に見ていて、
もしかしたら、サイトがあるかとチェックしたら、
詳しい内容がアップされている。
ベストセラー「頭がいい人、悪い人の話し方」の作者が、
番組「「世界一受けたい授業」の約三分の一を、
本の内容に沿って説明したもの。

頭の悪い人の話し方チェックシート
http://www.ntv.co.jp/sekaju/student/20050115/03_0201.html
http://www.ntv.co.jp/sekaju/student/20050115/03_0202.html
http://www.ntv.co.jp/sekaju/student/20050115/03_0203.html

元々、原作自体、「バカの壁」同様に、
タイトルから想像される内容とは異なるダラダラとした本で、
それらを要約した番組は本を買うよりもお得感があるし、
その番組をさらに要約したサイトを見ると、もう、これでいいじゃん?
なんて思ってしまう(笑)。

近頃の番組はやたら出演者だけ増やして時間を水増ししてる。
この番組も、引用したサイト部分をクイズにしたり、
回答に伴うゲストのエピソードなどを加えるが、内容はほぼ同じ。
逆に、この程度のことをダラダラ放送してるから面白くないんだとも気づく。

とはいえ、「頭の悪い人の話し方チェックシート」をチェックしてみると面白い。
ちなみに私、過半数当てはまるので、かなり頭が悪い人なんだろう。
とくにこれが、直撃。
[26] きれいごとの理想論ばかりを言う

晩飯、深夜から天ぷらを揚げる。
フライにするつもりだったのだが、市販のテンプラ粉で揚げてみたら、
これで十分だと思われたのでそっちにした。
天ぷらのネタは先日買った鶏肉。
酒と醤油に浸したまま冷凍してたのが、上手く味がしみて美味かった。

投稿者 しど : 05:58 AM | コメント (0) | トラックバック

November 13, 2005

葬儀

母と同じくらいの年齢ながら随分前に癌になり、
長年手術の繰り返しで癌と共生してるように見えた人の葬儀。
霊所巡りの旅行先で倒れた母を家に連れ帰ってくれた人はその人の息子さん。
子供は男が二人、うちよりは、多少年上の兄弟で、
双方既婚、子供も大きいから、うちよりは良い孫ライフが送れたことだろう。
とはいえ、2年前の私の状況と随分似てて(お父様もすでに居ない)、
いろいろ思い出しつつ、ついつい涙ぐむ始末。

それはともかく、葬儀は朝10時開始ながら、叔父が手伝いで早めに出るらしく、
昨夜、叔母を私が迎えに行くようにいわれて、そうした。
葬儀を終えて、何となく寂しい気持ちで、
叔父・叔母とお茶でもしながら話せればいーなー、なんて思ってたのに、
二人とも、あっさり帰ってしまった。
朝の出迎えのお礼がてらにお茶を、みたいな展開にはならないんだよなー。
まー、葬式帰りにどっか寄るってのもアレだけどさ。

本日の葬儀の人や私の母よりも年上の叔父・叔母に対し、
「役立たずの人ばかりが長生きするよな」なんて罰当たりながら一人ごちる。

墓が近いので、帰りに墓参りして帰宅。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 03:13 AM | コメント (0) | トラックバック

November 12, 2005

青椒牛肉絲風

朝方、また飲みすぎて、夕方近くに起床。
ホント、一日が短い(笑)。

さて、晩飯どーすっかなーと思いつつ、夜になって買い物。
家に豚肉とピーマンがあるので、青椒牛肉絲の素でも買うことにする。
100円ショップに行ったので、そこにあった青椒牛肉絲の素の説明書を読む。
肉に下味をつけて、片栗につけて焼くらしい。
なるほど、あの肉の周りのモニャってしてるのは片栗だったか。
で、買おうかと思ったが、二回分じゃなくて二人前(一回分)100円なのでやめる。
味付けは、家にある調味料でどうにかなるだろう、てな訳で。

記憶した指示に従い、酒と醤油に豚肉を漬け、出したら片栗をまぶす。
熱したフライパンにサラダ油と、やや中華風にごま油を敷く。
コゲ防止の為、熱したら一度火を落として温度を落とし、もう一度熱す。
刻んだピーマンと肉、モヤシを炒めつつ、オイスターソースと味覇を投入。
味覇は固形なので水で溶いて入れると、肉についてた片栗も溶けて、
丁度良くトロミが絡んできた。
そーか、片栗は水分がないと機能しないんだな。

さてお味は・・・青椒牛肉絲とは微妙に違うけど、
(そもそも、「青椒牛肉絲」は字からすると牛肉使うんだよな?(笑))
中々、乙な感じの肉野菜炒めになりました。
片栗がいー感じ。

明日葬儀に行くので、シャツにアイロンかけなきゃと思い立つも、
アイロンがみつからない。
どこに置いたかすらも忘れてたので、二階を始め、
あっちこっちの部屋を探し回る。
二階以外はおかんの洋服や荷物で溢れてるので、
イチイチそれをめくったりしてると、部屋の掃除もしなきゃならんと思い出す。
服とか着れそうなのに、捨てるの勿体無いな(´・ω;`)。

投稿者 しど : 04:00 AM | コメント (0) | トラックバック

November 11, 2005

イーイーイーイーの日だから焼肉

予約していた燃やせないゴミ、粗大ゴミを出すために、早朝より起床。
外に出しておいた古いジューサー、鉄製ボウル、食器、電球を袋詰め、
あと、粗大ゴミとして登録した絨毯をヒモで縛る。
二つを玄関先に置き、購入したゴミ用シール(100円、300円)を貼る。

あっというまに片付いたらちょいと暇になる。
そのうち雨が。
秋の雨は物悲しくて寂しい。

昨日図書館で借りたエクセル本を読みつつ、
家計簿&確定申告用の設定。
マニュアル自体は、3分の2がAccessで、残りの3分の1がエクセル。
だから、要点のみが並んでいて、エクセルがもつ、
データベースの基本要素(テーブル、フィルタなど)の説明のみ。
ようやくエクセルがどういうアプリなのかがわかった感じ。
で、居間に散らばるレシートをポチポチ打ち込み。

晩飯は、豚肉食いたいなーと買い物に出たものの、
手ごろなのがなくて、焼肉用のロース肉500円弱なんてのを購入。
ま、いーか。
あと、ピーマン、モヤシを購入して帰宅。
ホットプレートを出して一人焼肉。

深夜、タモリ倶楽部を見終えて、良い生活時間になりそうだと、
そのまま就寝したつもりが、30分で目覚めて、以後、寝付けず。
そう、私の場合、このコントロール不能の睡眠がネックなんだよな。
普通、この時間に寝付いたら、朝まで寝るだろうに・・・(´・ω・`)

投稿者 しど : 05:24 AM | コメント (0) | トラックバック

November 10, 2005

寝坊

生活時間を整えるため、昨夜、早めに寝てみたら、今朝は良い感じ。
さて、起きたらゴミ出ししなきゃなー、なんつって出して来て、
部屋でカレンダーを見てると、昨日の木曜日に何をしたかさっぱり覚えてない、
そーいや、ゴミ収集所には、木曜のプラスチックゴミが……

今日は木曜日なのに、なぜか金曜日と思ってたらしい。

朝方から、CNNの米国経済ニュースやらを見つつ、市況予想。
要はダウと連動した日本市場なんじゃないの? とか思ったり。
それにしても、チャートを眺めてみたり素人レベルでいろいろやってるが、
同じチャートにしても、様々な数字を掛け合わせた表があるから、
全てを把握して判断するには、まだまだ時間がかかりそうだ。
それでも最後は、運任せになりそうだしなー。

とはいえ、07年に株取引の税金が20→10%までは資金流入はあるだろうし、
来年までは借金漬けで大判振る舞いしている小泉政権が続くから、
株価は上昇すると予想している。
さらに、団塊世代の退職時期が07年からなので、
莫大な退職金がどこかに流れる。
税金が上がる株にも入ってこなければいけないから、
どっちにしろ、07年までは株価が高くないといけない。
来年一杯、株価は維持されるだろう。
あとは、アメリカ経済、ブッシュ政権は09年まで続くし、
現在の小泉的米国追随を続ける限りは、
ブッシュが生む莫大な米国債権を日本が請け負うことになる。
むしろ、その危うさを読んだ米国資本が日本の株式市場に流れる可能性も・・・

やっぱ訳わからん(笑)

夕方、17時過ぎに図書館へ。
貸し出しカードを紛失してるので再発行しようと思ったのだが、
データベースに登録履歴は残ってるから、電話番号の確認で貸し出しはできるとか。
上の階の学術書庫に行きたかったが、そっちはすでに閉館してるので、
小説などが置いてある一般書庫で、エクセルマニュアルなど三冊借りる。

鶏肉野菜炒め。

投稿者 しど : 04:48 AM | コメント (0) | トラックバック

November 09, 2005

フジモリ元大統領逮捕

昨夜、調子に乗って朝まで飲んでしまい、起きるのが遅くなる。
起きた瞬間に鬱になるのも切ない。
今晩は早く寝ることにしよう。

フジモリペルー元大統領、チリで逮捕の報道。
反フジモリの現体制の拘束を逃れていたフジモリが、
隣の国、チリで逮捕された。
以前は、大統領時代に圧制を敷いていたフジモリに対する現体制、
なんて図式だと思ってたんだけど、現体制もバックに白人資本が居るとか、
良く分らない南米・ペルー状況。
そんな中で、次期大統領選に出る為に南米入りしたのがフジモリ。
チリで拘束されたのは、チリの法律で、外国人犯罪者の引渡しには、
自国、チリの法律を前提にした罪以外の訴えは認めないようになってるらしく、
そうすると、現体制が負わせようとしている罪が随分減るんだとか。
日本では、曽野綾子を始め、保守派がかくまっていたが、
ペルーでのフジモリの動向、案外、見えないところで、日本経済に関わってるのかも。

晩飯、鶏肉炒め。

投稿者 しど : 03:44 AM | コメント (0) | トラックバック

November 08, 2005

酔流

25時過ぎ、今日は早めに作業が終わり、
酒でも飲むかと近くのコンビニへ発泡酒を買いに出る。

近くとはいえ、歩けば片道7、8分はあるだろうか、
それでも、考え事をするには丁度良い距離だ。
すっかり冷え込んでる深夜の田舎道を、オリオン座を眺めつつ歩く。

今日は昼から作業をしてるが、作業量自体は大したことも無く、
夕方近くにはほぼ片付いて、家計簿&確定申告用の
エクセルデータベースのテンプレートを探したりなんてやりつつ、
18時を回り、そろそろ飯の準備の時間なので、
買い物に行くか迷いつつ、今晩は前に買ってた冷凍コロッケを揚げることにした。

そーいや、買い置きか貰い物の油があるか確認しなきゃなと、
サラダ油を探して屋根裏倉庫をガサゴソ。
ゴミ捨ての出来なかった母の遺品ばかりが溢れ返る。
快気祝いのタオルの箱をどけると、
小学生の頃、母がお菓子を作るのに使っていたオーブンが出てくる。
電子レンジを買った時に捨てれば良いのに……。
結局、油はみつからず、今度買い物に出たときに買うことにする。

コンビニに着くと買うものは決まっている。
131円の発泡酒2本と、気が向けばツマミも。
今日はイカフライを加えた。
帰路もボンヤリ、今日の事を考える。

途中、温度を上げすぎて油が着火したものの、
何事も無く火は治まり、ややコゲ気味のコロッケが揚がる。
仏壇に飯を供えて19時過ぎ、さて食うか。
と、その前に一応、メールチェックをすると、18時発信の作業依頼メールを確認。
これで、今晩も作業か……。

それでも、さっさとやれば、日が変わる前には終わりそうなもんだが、
ついつい、ダレてしまい、結局、24時を回ってしまうのである。

こんな毎日がここ3ヶ月くらいずっと続いている。
暇かなー、と思ってると、急に忙しくなったり。
時間の使い方が下手な私は、何時まで経っても、
何かに追い立てられるだけで、気がついてみれば、
ノルマをこなすのに精一杯で、雑務は何一つ片付いていないのだ。
このままあっという間に10年くらい経っちゃいそうな気がする。

ま、ともかく、少しでも、作業を終えた後の酒は美味いもんで、
こうして、今日も呑気な私の一日が終わるのである。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 01:56 AM | コメント (0) | トラックバック

November 07, 2005

ギャンブラー自己心中派

以前資料請求をしてたネット株取引のE*トレードからの申込書が届いた。
口座が開くのは10営業日先ということなので、随分先だ。
日経平均は再び爆上げ中なので、二週間先がとっても長く感じられる。

とはいえ、急騰し始めたのは今年の5月だし、
私のような素人が参入し始めたらもう相場は上げ止まり、
なんて声もあるが、ま、気分だし、今のままだと、
最悪、長生きしちゃうと無年金な老後の心配なんてのもあるので、
じじーになってもできる仕事となると、株取引くらいかなーと、
今からでも始めてみるのだ。
昔と違って、日々刻々と変化する相場や過去の資料も、
簡単にネットで入手できるので、やってみる価値もあるだろう。
いっそ、すっからかんになって人生閉店ガラガラしちゃのもいーだろうし。

とはいえ、シミュレーションの方は、1000万を1ヶ月運用して17万のプラスだから、
損得勘定ならムダに時間だけ浪費した結果になってるので、
下手に負けこまないうちに飽きちゃうといーんだけどな。
ゲームの方は、一か八かで仕手株に手を出してみたので、
ちょっと楽しみではある。

晩飯、うどん。

投稿者 しど : 02:57 AM | コメント (0) | トラックバック

November 06, 2005

本田美奈子死去、享年38歳

本人のサイトからリンクされたので、800ランプのサイトを微更新。
昨夜、視聴部分を作り、今日は、毎度の使いまわしJavaScriptでリンク部のボタン化。
カーソルを置くと動きだす猫の動きに自己満足。

午後、ネットで、本田美奈子の死を知る。
才能がようやく開花して、充実した芸能生活を続けていたであろう日々の、
不憫な結末に、人事ながら同情してしまう。
一冊持ってたので、写真集サイトにUPしつつ、ネットで卒業写真の画像を拾う。
本名だからイマイチわかりにくいが、岡田有希子とも同級生だったようで、
当時のアイドルが一杯写っているのを見ると、
この時からほぼ20年、人生いろいろだ。
卒業写真
(二列目、左から二番目・本田美奈子、四番目・岡田有希子、下に永瀬正敏もいる)

深夜、株のチャートの見方を読了。
何となく負ける気がしなくなる(笑)。

それにしても、すっかり年の瀬。
お歳暮の注文用紙なんてのが届いている。
今年は年賀状の準備もしなければならないが、
さて、年末年始の予定が立たない。
兄貴は帰らないようなので、一人で過ごすことになる。
どっか旅行にでも行くか、ってのも一人じゃ寂しいし、
元旦、地元のキャバクラでも行ってみるか……、
きっと、毎度のごとく、一人で飲んでテレビ見てるんだろうな。

晩飯、さらにおでん。

投稿者 しど : 04:49 AM | コメント (2) | トラックバック

November 05, 2005

核大爆発

早朝炬燵で寝たら、中国から核ミサイルが飛んでくる夢を見て8時頃に目覚めた。
憲法を改正し、軍隊を持ったから攻撃された、みたいな展開で、
起きてから思えば不自然ながら、ミサイルが飛んでくる様子もリアルで、
念の入ったことに、一度、目覚めてテレビで画面を確認する、
という夢まで入っている。
最後は、居間の屋根が爆風で飛ばされ、
「きっと夢なんだからテレビで確認しよう」と、
ヨロヨロテレビに手を伸ばしつつ力尽きてしまうトコで目覚めた。

近頃、生活時間が狂ってたので、二時間くらいの睡眠ながら、
朝に目覚めるのはラッキーと思いつつ時間ができたのだが、
家事をする気力も無く、気ままに買い物へ。

とりあえず、車で20分ほどのハードオフへ腕時計を見に。
5年くらい使ってた腕時計が壊れ、
家にあった自動巻き腕時計を使ってみたものの、
日中ほとんど家に居る私には、巻く時間が足らないようですぐ止まるし、
新しいの買うにはヨドバシカメラのような量販店も無いし、ってなトコ。
結局、欲しいようなモノなど皆無で、帰りに日用品などを買って帰宅。

晩飯、昨日の水炊きの残りに、買って来た牛アキレス腱の串を入れておでんに。
なんだかんだで、昨夜からホットプレートの鍋を炬燵に置いて食べてるので、
腹が空けば食べられる臨戦態勢に乗じての食い続けの生活の結果は、
微妙に体重が増えてる(笑)。

投稿者 しど : 04:24 AM | コメント (0) | トラックバック

November 04, 2005

終焉

忙しくもないけど、遊ぶ時間は抑制される程度の仕事量。
そんな生活がここ半年以上続いている。

もう少し暇ならなお良いけれども、それでもこの程度であれば、
普通にお勤めをしてる人よりは楽な生活だろうと思う。
その分、収入も仕事時間に比例して低い。
現状維持は気楽ではあれど、その日暮らしに変わりはない。

気楽な生活を維持できるように、いろいろ算段したお誘いもあるが、
なんか、もう、こういう生活も終わりにしたいと、お断りした。
毎日毎日、誰とも会話しない生活の延長は、もうコリゴリなのだ。

まあ、だからって、きっと、
さらに自堕落な方向に行っちゃうんだとも思うんだけど(笑)。

晩飯、水炊き。

投稿者 しど : 03:02 AM | コメント (0) | トラックバック

November 03, 2005

映画「チャーリーとチョコレート工場」

世の中、今日は休みだそうだ。
全く気づかなかったのだが、昨日知ったので、少しは気楽なのだ。
昼過ぎくらいまでに作業を片付け、様子を見つつ、どーにか依頼は無さそう。

という訳で映画を見に行く。
映画「チャーリーとチョコレート工場」。
ティム・バートン監督&ジョニー・デップとなれば、
当然、「シザーハンズ」程度の出来を期待するし、
予告編を見た感じでは、十分、期待に添う作品と思ったのだが……。
砂糖を入れさえすれば甘くておいしいお菓子ができるだろう、
みたいな足し算だけで作ってる作品。
子供だましなところが多い。
テレビでやってれば十分楽しめるだろうけど、わざわざ見るほどの価値はない。

近頃自民党政府と、多くの政府支持者達の反応を見てると、
この国は、SM国家のようであると思う。
「死ぬまでいぢめて!」と「愛してるっていわなきゃ殺す」。

晩飯、松屋で豚飯&生野菜。

投稿者 しど : 03:42 AM | コメント (2) | トラックバック

November 01, 2005

一段落

なんとか、徹夜で面倒なのを終える。
相変わらずプレッシャーに弱い。

ホッとしてネットサーフするうち、東証のシステムダウンを知る。
こんなこともあるもんだ。
下請けはF通だということだが、
バイトの私が郵便局のシステムインストールをしたのも、F通だった。
下請けに投げてるだけなのかもしれない。

昨日、墓参りに行けなかったので、今日行って来た。

花を買うついでに、ブックオフで株関連、
四季報の読み方、チャートの見方、なんてのを買う。
あと、100円コーナーに、「知の技法」があったのでついでに。
約10年前、東大教養学部の教科書でありながら話題になった本。
立ち読みして興味を持ったものの、買うこともなく、忘れてた。

帰宅後、あれこれプチトラブルがありつつ、不貞寝。
毎度のお祓い、今月は連絡ないから無いのかと思ったら、
いきなり電話で明日あるからなんてさ。
もちろん、居留守の留守電を聞いてたんだけど。
どう返事をしたもんか悩むうち携帯に連絡があったので、
留守電の件は知らぬそぶりで愛想良く対応するうち、
「じゃあ、明日は、パスすれば?」
といわれたので応じることにする。

東証は復活していて、ゲームながら買っていた株を売り注文。
一ヶ月前の高値を掴んで、我慢してたら持ち直してて、
どうにか、ややプラスで売ることができた。
短期勝負なら負けてたんだろうけど、むずかしいね。
それでも1千万の軍資金を一ヶ月運用してプラス8万円(笑)。
それでもランキングは12,478人中5,522位で真ん中やや上。
株に戯れる人達も、素人レベルなら稼ぐ人はまれなんだろう。
ちなみに、ランキングトップの人は、8百万の儲けだ。
勝つ人は勝つもんだね。

ぼやぼやとテレビを見つつ、深夜、作業。

晩飯、カツオの叩きとシイタケのバター炒め。

投稿者 しど : 05:13 AM | コメント (0) | トラックバック