« January 2006 | メイン | March 2006 »

February 28, 2006

手抜き墓参り

昨日から久々に地図書き仕事。
やっぱり、この仕事、タフだな・・・目の疲れと肩凝り。

夕方、墓参り。
たしか花は17日に買ったしなと、何も買わずに行ったのだが、
17日は追加したのみで、柴などは先月に買ったものだった・・・
ま、仕方ない。

古本屋へ。
「中国共産党帝国の崩壊」小室直樹著
「談合主義の功罪」豊田有恒著

上はカッパノベルズで下は青春出版社、読みやすいかなーと。
上は、おなじみ小室本、ソ連崩壊を当ててたので中国についてもご意見拝聴。
下は、豊田有恒って昔は小説書いてたと思うけど、
今はこーいうノンフィクション系が多いのね。
宮台真司が、日本は米国の法治システムよりも
欧州の談合型(コーポラティズム)のがいーんじゃないかと言い出してるので、
参考に。

もう一冊。
「アイデアを捜せ」阿刀田高著
実は今まで読んだことが無かったのだが、
先日「爆笑問題のススメ」にゲストで出てて、
星新一に並ぶショートショート作家と紹介されてたので興味を持った。

晩飯、鍋。餃子投入。

投稿者 しど : 05:10 AM | コメント (0) | トラックバック

February 27, 2006

割りの合わない割り勘

夕方、買い物に出かけ、夕食の準備をして、いざ飯となると電話がかかる。
大叔母の百か日の件。

納骨も一緒にやるはずだったのに、
寒いからとか、石材店を呼ばないといけないかもとか、
訳のわからない理由でもって、納骨は四月以降暖かくなってから、
なんていわれれて、ちょっと腹が立つ。
その分、金がかかるし、それは俺が払うんだろうが。

そのうち金の話になり、大叔母が貰ってた遺族年金が、
今後10年間で200万円、血縁上、叔母に行くようになる申請書がある。
で、俺が下ろしそこねた大叔母の貯金通帳もある。
これも、正式に手続きをすれば、叔母への遺産になるという、
何だか理不尽な結果なのだが、
せめて、貯金の方は俺だって余分に貰うつもりで居たのだけど、
叔母と話すうち、「早く貯金も下ろせるようにして、半分はあんたが貰えばいいし」
っていわれる。
え?半分?
葬式代やらなんやら、俺が払ってるのに、なんで「半分」なんだよ。
よく、平気でそんなことがいえるな。

とか、考えてると、兄貴の法事代の割り勘も思い出したりして、
ホント、面倒な事は全然割り勘じゃないのに、
金の話になると途端に、彼らは割り勘・山分けと言い出すのが不思議でならない。

母が生前から「あの人は嘘ばっかりつくから」といっていた叔母は、
もう、あることないこと嘘ばかりで、かといって、喧嘩をするほど親密な間柄でもないし、
ただただあきらめて電話を切る。

なんかさ、俺、一番年下でさ、しかも、無職の貧乏人なのにさ、
叔父・叔母なんか、俺の二倍の年齢だし、公務員夫婦だから、
共済年金で俺よりも随分裕福なはずだし、
兄貴だって親のコネで会社入って、見合いして結婚してさ、
俺だけがこんなみじめな日常を送ってるのに、
なんで俺ばっかりが損な役目をひきうけてる羽目になるんだよ。
少しくらい可哀想とか思わないもんか・・・

まあ、叔母は自分の親の看病すら碌にせず、そんで、家から何から、
妹だった俺のおかんには嘘ついて全部がめた婆だから、
驚くことじゃないんだけど、
なんだか理不尽だらけな気がして、すっかりめげているのである。

晩飯、白菜、ほうれん草とで鶏鍋、それに鶏を炒めたもの。

投稿者 しど : 02:47 AM | コメント (0) | トラックバック

February 26, 2006

昭和的風景

Web仕事を片付ける。

午後、車で5分の工事現場へデジカメを持ってブラブラ。
大掛かりで広範囲なバイパス道路工事のために、
予定地は家が立ち退いた残骸が並んでいて、
ちょっとした廃墟のような風景に、前々からビデオで撮るつもりにしてたのだが、
ついつい、「つもり」がつもりつもって気づけば工事は随分進んで、
車で通ると、すでに道路ができかかっているのに気づき、
これじゃいかんと、とりあえず行ってみたのだ。
060226a.jpg

この辺りは本舗装を残すばかりまで出来ている。
海沿いにあるので、海まで行ったりして付近をブラブラしてみる。

ついでに、もう一箇所、一帯全体が更地になってる場所があったので、
そっちにも行ってみた。
060226b.jpg
こっちはまだまだのようだ。
カメラであちこち撮りながら、雑草の生える更地を歩いていると、
子ども時代に戻ったような錯覚に陥る。
昭和の遊び場所は、こんな造成地が多かったし、
昔のドラマやドラえもんを見てても、こんな風景が基本だ。
犬の散歩で歩いているおじさんに、怪しまれないように話しかけてみる。
海辺の方は人工島への道で、こっちこそがバイパスの本道になるらしい。
ということはまだまだ完成はまだまだ先なのか。
060226c.jpg
丘を越えると、造成中の道路がすぐそこまで来ているのが見えた。
060226d.jpg
この更地ももうすぐ道路になっちゃうんだな。

夕方、軽く自宅裏の木の伐採。
例の寄生樹を切りまくる。
袋詰めは止めて、どっかに違法廃棄しようかと思う。
木材だから川にでも捨てれば大丈夫じゃないか?とか。

夜、先日誘われた仕事を断ることに。
一度は快諾したものの、いろいろあって長期間家を空けるわけにもいかない。
誰も助けちゃくれないけど、勝手なこともできないしで、
考えれば考えるほど悲しくなる。
とはいえ、先方にも申し訳無いし、恐る恐る連絡すると、
かえって同情の声をかけてもらって、恐縮してしまう。

深夜、動画UPがようやく終わる。
今週はこればっかりで、確定申告は手つかずだったな。
来週は頑張ろう。

晩飯、惣菜のコロッケとイワシフライ。

投稿者 しど : 03:08 AM | コメント (0) | トラックバック

February 25, 2006

人体こそ最強の武器なのだ

動画UP用にあちこちのフリースペースを漁るうち、
インフォシークのテレビ番組表でCSが確認できることを知る。
普段はヤフーの地上波テレビ番組表を見ているのだが、
CSも使えれば便利かと、早速、普段見ているチャンネルを登録し、
ポチッと番組表を確認してみた。

「山田五郎アワー“新マニア解体新書”#8 『団地マニア』」

モンド21チャンネルでいきなり見たいのが目につく。
ちなみに団地マニアとは、団地の形が好きで、
あちこちの団地を写真に撮ってる人だった。

その後、ディスカバリーチャンネルで最強武器ランキング。
10位日本刀、9位ワルサーPPK、8位槍、7位火縄銃、
6位ブーメラン、5位トンプソン(短機関銃)、4位バレットM82(狙撃銃)、
3位長弓、2位AK-47(カラシニコフ)

そして1位は・・・人間(笑)。
歴史的評価や技術性を考慮したランキングでの「人間」とは、
身体能力とともに、精神的な強さが無いと、
どんな武器を持っていても役に立たない、ということであった。

デパートに香典の返しを買いに行くが、贈答品売り場が3月1日まで改装中。
さてどうしたもんかと、とりあえず、兄貴に電話してみる。
相変わらず、法事から1週間経っても嫁さんは田舎にいるらしく、
兄貴は一人で生活してるんだとか。
可哀想っちゃ可哀想だな。
まあ、うちの家族は、早死に両親とともに、失敗揃いかもな。
一番の失敗作は俺だが。

晩飯、惣菜のイワシフライとチキンカツ。

投稿者 しど : 04:12 AM | コメント (0) | トラックバック

February 24, 2006

シャツはパンツにきちんとしまえ

早朝、荒川が、フィギュアで金を獲得。
深夜からテレビをつけたまま転寝していて、
うまい具合に荒川の直前に目覚めた。
得点に加算されない芸術面を重視しただけあって、
流れるような動きに思わずうっとり。
スルツカヤとコーエンがこけた中、どうにかこけなかったのが幸い。
同様にこけなかった村主はやや及ばず4位。
どこかの書き込みで、村主の顔はドラマで労咳になるタイプ、と出てて笑う。
実際はそんなことも無いんだろうけど、どこか、幸薄い感じがするもんね(笑)。

動画編集を久々にやってみると、そのレンダー時間の長さが辛さを実感する。
配信用にRealPlayer用やAVI、MOVなど、様々に試すのだが、
一つを書き出すのに1時間以上かかるので、気長に待つしかない。

夜、探偵ナイトスクープを見ていると、
イケメンはパンツにシャツを入れている、というのを検証するネタ。
取材先最後のホストクラブで見事に立証。
接待業なので、しゃがむ機会が多い中、
パンツにシャツを入れておくと背中が出ないから、という理由があるらしい。

そーいえば、留学時代のバイト先に、同い年ながらこうも違うもんかと、
タレントのようなイケメンが居たのだが、家に遊びに行ったら、
シャワーを浴びたばかりの彼は、顔から手足の肘、膝まで、
念入りにクリームで手入れをしていた。
イケメンは日々手入れしているからイケメンなんだな、なんて思ったのだが、
この調査も、一見、パンツに入れるほうがダサいように見えて、
何とも合理的なさまが、イケメンの美的センスに通じてると思ったり。

俺も今日から、シャツはパンツに入れることにしたぜ。

晩飯、モヤシをメインにした野菜炒め。
片栗でトロミをつけると、野菜炒めもちょっとした料理に早変わり。

投稿者 しど : 04:29 AM | コメント (0) | トラックバック

February 23, 2006

動画配信トライ

株価が急に戻し始めた。
昨日までに損切りしていた銘柄が、同様に爆上げしてるのが腹立たしい。

夕方、動画配信の問い合わせメールが来たので、
久しぶりにちょこちょこいじってみることにした。
そーいや、出演した友達から昔の作品のダビングを頼まれてたので、
微調整としての再編集をしながら、作品をネットにUPしてみるかと、
他の作業は無視してとりかかる。
やっぱ、こっちのが楽しいわな(笑)。

夜、テレビチャンピオンは、ペット用豚の調教。
生々しい肉厚感は画面を通じて伝わってくるが、
何とも愛くるしいミニブタの姿に見入ってしまう。
吠えたりはしないが、たまにあげる鳴き声は、
人間の叫び声にも似てるので、やや問題があるらしい(笑)。

晩飯、シメサバ。

投稿者 しど : 04:20 AM | コメント (0) | トラックバック

February 22, 2006

プレイヤーよりも胴元がお得なのは道理か

【東証、5月にも取引時間正常化へ】
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060222AT2D2102421022006.html
ライブドアショック以来、取り引きが一気に増えた対処として、
午後、従来よりも30分遅い取引時間にしているのだが、
のん気なことに対策を終えるのが5月なんだと。
従来の時間通りに大阪証券取引所が行ってる先物取引との30分の空白が、
一日の乱高下を招いてるにも関わらずだ。
胴元は悠長でいいやね。
社長の西室泰三は東芝元社長なので、天下りにも似た横滑り人事の人みたいだし。

オリンピック、テレビガイドでもないと、何時どの競技をやるのかさっぱりわからん。
生かと思えば録画だし、NHKと民放とでほぼ同じ時間で同じ録画流してたりするし。

晩飯、ツナ丼。

投稿者 しど : 04:02 AM | コメント (0) | トラックバック

February 21, 2006

必要条件 十分授業

朝からレシートをみつけてきては、確定申告用に打ち込む。
大量のレシートを入れていた袋をあちこち探すがみつからず。
一体どこにしまったのやら。

ちょっとしたことで、「必要条件 十分条件」の意味を、
ネットや高校の参考書を使って調べる。
高校の数学は、試験で10点以上を取れないくらいに落ちこぼれていたのだが、
改めて眺めてみても、さっぱり頭に入らない。
ネットの初心者用の説明を読み解くにつけ、ようやく頭に入り始める。

以前、体操金メダリストの森末慎二が、逆上がりのできない小学生を指導する、
という番組を見たことがあって、どうにもできなかった男の子が、
森末の教えるちょっとしたコツで、すぐできるようになった。
俺も、似たような経験で、中学二年で英語塾を変えたおかげで、
一気に成績があがったことがある。

教科書と参考書があれば勉強ができる、というものでもなく、
指導者としての教師の役割はとても大きい。
しかし、教える質は、教師よりも塾などの方が優れている場合が多い。
そんな「教えるのが下手な教師の価値」ってのも微妙だけれど、
教師に限らず、実質的な価値よりも名目的な立場が重視されがちだ。

夜、トリビアの泉にて、受験に数学を選択した者の方が給料が多い、というのを見れば、
ああ、俺も、どこかで数学のコツを教わる機会があれば良かったのに、
なんて思わなくも無い。

いや、まあ、数学ができないのは、小学低学年の算数の宿題の計算問題に、
計算機を使っていたための、計算訓練不足な自業自得でもあるんだけど(苦笑)。

メール騒ぎで民主党が墓穴を掘っている。
耐震構造偽装問題もだけど、どうも民主党は、自民党議員のスキャンダルを狙い過ぎる。
正面から叩けば、いくらでもボロが出る現在の自民党なのに、
なぜか、バカなことをし続けるのは、民主党の特徴だ。
マジでいろんなことが「それどころじゃない状況」なのにさ。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 02:17 AM | コメント (0) | トラックバック

February 20, 2006

そろそろ確定申告

朝から確定申告用の作業。
とはいえ、散逸したレシート類を探すのも一苦労。
年初に行き来していた新潟の出費分だけでも先に計算するべきかと思うが、
前に使ってたPCが壊れたのが丁度今くらいの時期で、
昨年の確定申告に扱っていたデータの痕跡がまるで見当たらない。

毎度の「go相談.com」でエクセルテンプレの「おまかせ白色申告」の、
今回は有料版を購入したつもりが、間違えて「おまかせ確定申告」という、
給料・年金生活者用のを買ってしまったようで、あわてて作者へメールをする。
しかし、すぐに返事も来ないので、どうしたもんかと・・・

結局、アクセスで簡単なデータベースを作る。
とりあえず、格納テーブルを作ってそこに直接データを打ち込む。
やってることはエクセルと同じなのだが、
最終的な計算などは俺にはアクセスの方が楽な気がするからだ・・・
まだその段階までは当分至らないだろうが(笑)。

夕方、「おまかせ白色申告」用のパスワードを製作者からメールで頂く。
助かった。

オウムの麻原彰晃の精神鑑定結果と、NHKの報道の仕方が気に入らず、
mixiに書き付ける。
死刑囚なんだから、もちっとセンシティブに扱っても良いと思うのに、
殺せ殺せとばかり、急かす雰囲気がある。
これは単なるスケープゴートの儀式ではない。
法律を巡る国民全ての環境整備なのだ。
安易に扱う限り、法律も我々を安易にしか扱ってくれない。
実際に被害に会うときは、もう手遅れなのである。
ビデオニュースドットコムに弁護士のインタビューと解説がある。http://www.videonews.com/marugeki/marugekirecent1.html

株価はさらに下落を続ける。
どうしたもんだ。

晩飯、松屋で豚飯&生野菜。

投稿者 しど : 09:42 PM | コメント (2) | トラックバック

February 19, 2006

兄帰る

朝、兄貴が帰る準備。
一度嫁宅に寄ってから神奈川に帰るのだが、
嫁宅は電車で小1時間ながら、田舎の電車では本数が少ない。
車も下道だと2時間くらいだが、高速を使って40分、やや微妙な距離だ。

それでも、何度か「高速料金を払ってくれるなら送るよ」というが、
どうも、妙な遠慮の仕方をされるので不思議に思ってると、
「高速は高いからなー」などといいだす。
話を聞くと、帰りも高速に乗って帰るのは金がかかりすぎるみたいなことをいう。
帰りまでは高速道路を使うつもりも無かったが、
結婚したらここまでケチ臭くなるもんだなー、と思いつつ、電車で帰ることを勧める。
高速代は往復3千円、電車なら片道650円だもんね。

さて、出発までに法事経費の計算。
相変わらずきっちり割り勘だ。

駅まで送りながら車中で話すうち、
お布施など(兄貴が捻出)を計算に加えるのを忘れてたのに気づく。
全部で4万5千円だから、
「いーよ、それくらいは、俺が払うから」といわれるのを期待しつつ、
「じゃー、また今度払うからいーか?」と俺がいうと、
明らかに不機嫌な顔で俺を睨み付け、
「俺の銀行口座知ってるだろ?振り込んでくれればいーから」との返答。
相変わらず渋ちんだ。

生保会社に勤めていた兄貴は、現在出向して、
社内向け冊子の取材や編集の仕事をしているらしい。
何だ、俺がやりたかったような業務じゃないか。
一度レールに乗ってしまえば、様々な機会が巡ってくるみたいだな。
その癖、面倒なことは誰かに押し付けて・・・

あーあ、俺も随分しみったれたことを考えるようになったもんだ。
酒でも飲んで寝るとしよう。

晩飯、残りご飯でおじや。

投稿者 しど : 10:48 PM | コメント (0) | トラックバック

February 18, 2006

三回忌

朝から準備をしていると、兄嫁と子が、嫁の両親に連れられてやってきた。
孫を囲む幸せな空間が、私の前で繰り広げられている。
子どもを渡されれば、それなりにあやしてみるのだが、
(俺は、精神年齢が低いせいか、子どもをあやすのは上手いのだ)
疲れて寝たその子の周りを皆が囲んでいるのを離れて見ていると、
あの幸せな空間をぶち壊すためには、
あの弱い子どもを殺せばいいんだから簡単だな、などとぼんやり考える。

首相が「格差はあって当然」などといってしまう国とは、
強い者が弱い者を守るという道理が否定されるのだから、
大人が子どもを守るという道理だって、崩れうるのだ。

人間は本能の壊れた動物で、幻想にしたがって生きるという
岸田秀の唯幻論を信じる俺にしてみれば、
「道理」が無くなれば、常識など糞食らえで潜在的犯罪者な部分が目覚める。
恨み辛みなど、簡単に形成できちゃうのだ。

ま、妄想に過ぎないんだけど、人間ってのは怖いもんだ。
桑原桑原。

その後、父方の親戚、母の叔父・叔母など、9人を加えて全員到着。

予定時間を10分ほど遅れて住職が到着。
50分ほどで読経が終り、5分で焼香終了。
「お昼のお迎えは何時に来ちゃってですか?それにあわせて話します」
と聞かれ、「あと10分ほどで来る予定です」と答えると、
しばらく天井をみつめつつ、いくつか確認して、
「では短いのを」と話し出す。

なんのために拝むのかと問う人が居るが、
拝むのは死んだ仏のためではなく、自分が仏になるためなのだと。
「成仏」とは、「仏に成る」ということであり、
何時死ぬかもわからない日常の中、
仏の教えを学ぶことを自分が成仏する準備だと思えば、
不思議なことではないだろう、とのこと。
もちっとちゃんと法典でも読んでみようかと思ってしまう。

その後、マイクロバスに乗って食事に行き、
帰宅後1時間弱ほど、お茶とビールを飲んで解散。
嫁親子達も、少し遅れて帰る。

ホッと兄貴と二人、居間のコタツに入っていると、兄貴がいびきをかきはじめる。
昼にしたたか飲んだので、俺にも睡魔が襲い掛かり爆睡。
気づくと夜9時半。
もう飯を食うには遅いし、居酒屋もこの辺りは閉まるのが早い。
グズグズしているうちに22時半になり、回転すしを目指すが、ここも23時閉店。
結局、ファミレス系のチェーン店で飯を食らう。

一応、昨夜と今日とで、兄貴に晩飯をおごって貰ったが、
二ヶ所あわせても1000円ちょっとなのは、何となく・・・

晩飯、天ざるうどん。

投稿者 しど : 01:55 AM | コメント (0) | トラックバック

February 17, 2006

兄帰宅

家の掃除をするものの、今年は正月の大掃除もサボったので、
居間と台所周辺の掃除だけでも大変である。
ボヤボヤしつつ作業も進まないので、先に依頼があった簡単な仕事を片付けたり。

兄に何時に帰るかメールを打つも反応無し。
だんだんイライラしてくる。

ようやく「これから電車に乗るから」とのメール。
飛行機の着時間を教えてくれと打っておいたのに・・・。

でもまー、顔を見れば気も安らぎ、明日の準備など。

家で話してると「きっこのブログ」を以前から読んでるらしく、
ヤクザの恐怖について話す。

それにしても、あれだけ郵政民営化での小泉を支持してたのに、
今やすっかり反小泉の兄貴であった。

晩飯、長崎ちゃんぽん。

投稿者 しど : 09:30 PM | コメント (0) | トラックバック

February 16, 2006

上手い話があるじゃなし

株の方、始めた時期が悪かったらしい。
ビギナーズラック投法のまま、「大量に買えば大量に儲かる」に目がくらみ、
有り金一杯一杯放り込んで3ヶ月、資産は三分の二になってしまった。

ライブドアショックの時に、堅い銘柄からデイトレ用の値動きの荒いのに乗り換え、
しかも、その時だけ変に値上がりしていた仕手っぽいのを掴んでしまった。
下がったところで売ればよかったのだが、デイトレのつもりが、
下がるたびに「明日は上がるだろう」と楽観視して持ち続け、
日を追うごとに下がり続け、とうとう売れなくなってしまっている。

現在、10種類の持ち株全てがマイナス評価だ。
いや、ホントは、ライブドアショック前から持ってる
「上がるはず」のIPO株と分割株の下がり具合もひどい。
一旦下がり始めると、秒速1万円くらいでマイナスが増えていく。
上がるときは、それが時速になるから、結果的に下げのみが膨れる。

年収2年分くらいの含み損を抱えていると、
生きる意欲も沸かず、この年齢にしてつい声を上げて泣く羽目に陥る。
膨れる損失とそれを抱える精神的な負債、
抱えて初めて知る「損切り」の重要さ。
「損が無ければ負けじゃない」というギャンブルの掟だ。

残っている小銭で果敢にデイトレをしかけて、さらに負けてしまった挙句、
ついヤケになって、
「そんなに下がるなら信用売りしてやろうじゃねーか!」
と、金も無いのに普段の10倍の売りをしかけようと思ったものの、
「素人は信用に手を出すな」
を思い出して、どうにか思いとどまる。
結果、1分後に、その株は上がりだした。
売らなくて良かった・・・
「買いは家まで 売りは命まで」の格言通りになるとこだった。

「信用売り」とは、値段が下がる前に「売り」、
下がったところで買戻し、利ザヤを得るという取引で、
実生活では体験できない思考の取引なのだ。
もともと、信用取引自体、担保の3倍の額で取引できる。
私も先週から使えるようになったが、その額の大きさに驚いた。
「信用買い」は借金で買い増すだけだから、株価が0の下限はあるが、
「信用売り」では一度値上がりすれば損も青天井だ。

「買い」でも当然、資産以上の損を被る。
この人は、ライブドアに直撃して、7千万→-6千万という、
一気に1億3千万を失ったりなんかしている。
【株でもうすぐ一億達成!からライブドア20万3000株全力信用買!
 で大損こいて一気に地獄に落ちた日記。】
http://blog.livedoor.jp/easygame/
(ライブショック前日からブログを始めた気の毒な人)

タラレバ最善策は、2月の相場は低調という常識もあるらしいので、
1月中に損切りをして現金を確保し、2月の値下がりで買い集めること。
とはいえ、こんな状況だと怖くて買えないだろうけど・・・。

こんな相場でもパチスロ路線でデイトレして利益を上げるプロの人もいる。
【元パチプロ!株に挑戦!!】
http://blog.livedoor.jp/hirobow77777/
なかなかむずかしい。

さて、明後日の法事準備をいろいろするうちに、ふと考えた。
母が生きてたら、株なんかに手を出すことはなかったろう、
バカなことに手を染めたもんだ、と。
自分の古い日記の内容と比べると、
随分刹那的な生き方になってる今日この頃だ。

晩飯、コロッケと揚げ物。

投稿者 しど : 07:33 AM | コメント (0) | トラックバック

February 15, 2006

免震構造って知ってた?

月曜に建てた計画は全く進まないまま、もう水曜だ。
とりあえず、抱えてる仕事を片付けるようにしているが、
構想を練ったりの作業をするのに、つい、株価を見てしまい、
すっかり頭はそっちに・・・なかなか集中できない。

ビデオニュースドットコムが久々に面白かった。
ネタは、耐震構造偽装問題なんだけど、
ゲストの多田英之氏(日本免震研究センター代表)が、
そもそも政府主導の「耐震」自体が間違ってる、と指摘(笑)。

多田氏が進める「免震構造」とは、基礎の部分に揺れを吸収する
スタビライザーのような仕組みを組み込んでいて、
http://www.takenaka.co.jp/quake_j/menshin/menshin.htm
建物自体の構造は、普通なんだとか。

現在、耐震構造の基準を満たしていないマンションが壊されているが、
あれすら免震構造を施せば全く問題無いそうで、
そこには、耐震構造をごり押しする国交省の問題があるそうだ。
そして、その「耐震」の数値自体も、実際は根拠が無いらしくて・・・
さらに、免震構造の費用は耐震構造の半分で出来ちゃうらしい(笑)。

日本を駄目にしてるのは、官僚とヤクザなのかもねー。
あと、俺みたいな無職ヒキコモリ(笑)。

晩飯、カツ丼。

投稿者 しど : 09:37 AM | コメント (0) | トラックバック

免震構造って知ってた?

月曜に建てた計画は全く進まないまま、もう水曜だ。
とりあえず、抱えてる仕事を片付けるようにしているが、
構想を練ったりの作業をするのに、つい、株価を見てしまい、
すっかり頭はそっちに・・・なかなか集中できない。

ビデオニュースドットコムが久々に面白かった。
http://www.videonews.com/marugeki/254newmarugeki.html
ネタは、耐震構造偽装問題なんだけど、
ゲストの多田英之氏(日本免震研究センター代表)が、
そもそも政府主導の「耐震」自体が間違ってる、と指摘(笑)。

多田氏が進める「免震構造」とは、基礎の部分に揺れを吸収する
スタビライザーのような仕組みを組み込んでいて、
http://www.takenaka.co.jp/quake_j/menshin/menshin.htm
建物自体の構造は、普通なんだとか。

耐震は建物全体で揺れを吸収するので全体、とくに上層階が揺れるが、
免震は土台部分だけなのでほとんど揺れを感じないらしい。
なので、家具を留めたりする必要も無いんだとか。

現在、耐震構造の基準を満たしていないマンションが壊されているが、
あれすら免震構造を施せば全く問題無いそうで、
そこには、耐震構造をごり押しする国交省の問題があるそうだ。
そして、その「耐震」の数値自体も、実際は根拠が無いらしくて・・・
さらに、免震構造の費用は耐震構造の半分で出来ちゃうらしい(笑)。

日本を駄目にしてるのは、官僚とヤクザなのかもねー。
あと、俺みたいな無職ヒキコモリ(笑)。

晩飯、カツ丼。

投稿者 しど : 09:37 AM | コメント (0) | トラックバック

February 14, 2006

バレンタインでー

早朝、ポストを開けると包みが。
園児の姪から届いたチョコレートだ。
昨日来てたのか、今朝来たのか不明だが、
微妙に郵便配達とは異なる時間帯な感じがする・・・

-------------------------------------------------
【OLの7割「なくなって」 バレンタインデー調査 】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060213-00000137-kyodo-soci
 「チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい」というOLは70%。サラリーマンも50%がそう感じていることが、インターネットで情報提供を手掛けるアイブリッジ(大阪市)が実施したバレンタインデーに関するアンケートで分かった。
 同社のモニター会員のうち、企業に勤務する20-30代の独身男女各300人がネット上で回答した。
 女性は47%が「数日前から」、26%が「1週間以上前から」贈り物を用意、義理チョコの理由は「コミュニケーションの手段」(42%)、「毎年の恒例」(40%)などだった。
-------------------------------------------------

周りに女性がいる環境では何かしらのプレッシャーもある男心だが、
全く女っ気がない今の状況では、そんなの馬耳東風。

とりあえず、お母さんである従妹にお礼の電話をかけつつ、世間話。
中学生の息子が全く勉強しないし、怒ってもいうことを聞かないとか。
実際はよくわからないけど、長男・長女の夫婦だし、
なんだかんだで二人とも順風満帆な人生を送っているから、
子どもものん気に成長するような気もする。

自分の子ども時代を思い出せば、
母からも随分叩かれていたし、親父は怖くて口応えすらできなかったが、
それでも随分と過保護育ちのようなので、
子どもを育てるのはむずかしいんだなー、とは思う。
まあ、子どもも生き物だから、親の思い通りにはならないけど、
なんだかんだで親のコピーに過ぎないから、
原因を探れば親の行動に結びつくんじゃないかと思う。

自分の今の生活も、案外、親が持ってた悪い習慣を取り入れてたりしてる。
良い習慣はあんまり取り入れていないんだけど(笑)。

バレンタインデーに子育て論をぶつ、ロクデナシ独身乞食である。

晩飯、カツ煮。

投稿者 しど : 09:19 AM | コメント (0) | トラックバック

February 13, 2006

整理と1.5倍

いよいよ週末は母の三回忌。
全く準備は整わず、放置している作業も一杯。
ついついパニクって何も手につかないのだが、
まずは、やるべきことを書き出して整理してみる。
霧が晴れて行く先が見えてきたようで多少は気分が落ち着く。

そして、普段のダラダラ行動のスピードを1.5倍に上げてみれば、
作業量も1.5倍になるのだ。
さて、がんばってみるか。


夜です。
・・・全く予定通りに行きませんでした(´・ω・`)
もう一つ、「実行力」を高める秘訣が欲しい。

投稿者 しど : 09:03 AM | コメント (0) | トラックバック

February 12, 2006

ヤクザ怖い

アマゾンからベンジャミン・フルフォードの
「ヤクザ・リセッション」と「日本マスコミ『臆病』の構造」が届く。
ライブドアが闇社会とのつながりを暗示し始めて、
この本がネットで紹介されてるのを何度か見たので購入してみた。

なんとなーく、薄々とは気づいてるはずの、ほにゃらら団の方々。
一時期は宮崎学に心酔してた時期もあるので、
「しのぎ」自体には理解を示していた私自身ではあるが、
やっぱり、リアルな「死」をビジネスに組み入れている実態を、最近も、
耐震構造偽装問題とライブドア周辺での4人の死でみせつけられると、
改めて、背筋に冷たいものが走るのを知る。

日々生活していれば、噂以外では接触することのないアウトローは、
「幽霊の正体見たり枯尾花」の「幽霊」みたいな存在だが、
幽霊とは異なるヤクザの姿をきちんと整理しているのが「ヤクザ・リセッション」。

竹下首相が「誉め殺し」という目にあったり、
金丸が狙撃されたり、思い出せば、そんな断片も一杯あって、
ただ、新聞やテレビが扱わないからどんどん忘却の彼方へ。
小泉首相も稲川会との繋がりが指摘されてるし。

アウトローの存在自体は必要悪な部分もあるだろうが、
怖いのは、あまりにも表に繋がりすぎてること。
一方で、栃木リンチ事件、桶川ストーカー事件、徳島自衛官不審死など、
警察への期待も下がりつつ、知れば知るほど、司法の歪みも残る。
歪みを残したままその上に「裁判員制度」なんて無茶苦茶も行われる。

気づくとタブーだらけになっているのが日本社会なのだ。
目を逸らすべきではないが、庶民はただうつむいて生活するのみだ。

晩飯、惣菜のメンチとコロッケ。

投稿者 しど : 08:32 AM | コメント (0) | トラックバック

February 11, 2006

買い物

朝から雨が降っている。

午後、駅へ買い物。
先日、母宛に仏具屋のダイレクトメールが来ていて、数珠が半額、
この前の法事で、ポケットにそのまま入れてたら数珠が切れちゃって、
その後、応急に、100円ショップで買ってはいるのだが、
やっぱり、ちゃんとしたのが欲しいと思ってたところ。

百貨店内の想像していた店に行くと、どうも、セールはやってない。
レジで聞くと、そんなDMは出してないとのことで、店を間違えていたよう。
ここもちょっと安いので買おうかと思っていたが、
数珠を修理するサービスをやってるようなので、そっちでもいいかとあきらめる。

当てにしてた買い物がないとすると、
また、駐車場代のことが気になり、1000円分くらい買い物しなきゃ、
と焦るものの、買うものもなく・・・発泡酒と食材でも買うことにする。

とりあえず、先に、隣接する電気屋で動画エンコードの本を探す。
2ちゃんねるのそれっぽいスレッドを見ていると、
「詳しくないなら動画関連の本を読め」とまた、偉そうな物言いのトコばかりだが、
地方にいると、なかなか欲しい本も見つからないのだ。

QuickTimeで書き出したデータを、Web用に軽くエンコードしたり、
DVD用に焼きたい、その二つのために必要なソフトが知りたい、
ただこれだけのことなのだが、ネット上ではなかなかわからない。
Windowsならばそれなりにあるのだが、手前のがMacなのも悪い。

エンコード入門のような本があったので立ち読みして、
何となくわかったつもりになる。

DVDに焼くには、Mpeg、Mpeg2にした上でオーサリングソフトという、
DVDのメニューなどと一緒に焼くのが必要らしい。
Web用もWindows用なら無料でいくつかあるらしいし、
買っても5千以下であるようだ。
いっそ、Premiereの廉価版を買おうかと思ってたのだが、
そっちは、書き出しには弱い上に、高機能マシンじゃないと重いらしい。
Mac自体も古いから、エンコードはWindowsでやった方がよさそうだな。

再びデパートのダイエーに戻り、食材を1000円ちょい買って駐車場を出るが、
100円徴収されてしまう。
やっぱり、なんとなく気になる。

晩飯、惣菜のイワシフライ。

投稿者 しど : 04:35 PM | コメント (0) | トラックバック

February 09, 2006

習慣

管理している某サイト、
先方から、今年から月ごとに管理費を支払うので、
請求書と入金確認後には領収書も送れ、とのこと。

まったく、何から何までダラダラやっていると、周りにも迷惑がかかる。
作業内容自体は、ほとんどエクセルに書いていたので、
まあ、そんなに大変でもなく、とりあえずメールで請求。

領収書は、
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/business/se383674.html
こちらのエクセルアプリを使うことにする。
便利なもんだ。

最近、生活がグチャグチャなので、習慣もグチャグチャである。
会社に行く時間や家事の順番、いろんなことを、
自分の気ままにやってちょっと自由に習慣を崩してみると、
すぐに生活が破綻してしまうことを実感してしまうだろう。
ある種、「義務」として強制されているからこそ習慣として維持できるが、
一度、義務という枷(かせ)が取れれば、習慣もはかないものだ。
伝統も、そんなもんだろう。

晩飯、食わず。

投稿者 しど : 04:52 AM | コメント (0) | トラックバック

February 05, 2006

時の経過に身の丈が合わない日々

去年も書いたが、今年も、1月2月の行く逃げるは早いもんで、
ライブドアショック、1月17日の株価変動から始まった含み損の拡大が、
精神も連動してぼんやりしつつ不貞寝三昧の間に、
1月が終り、2月も第一週を終えてしまった。
日記は、思い出せる範囲で補填していくつもりだけど・・・。

(読む人はわからないけど1月分のいくつかは下書き済み、
 2月分は日曜深夜に書いたここをスタートにさかのぼります)

昼過ぎ、セーターでも買おうかと駅のユニクロに入るが、
もう、季節外れなのか、欲しい色も無く、結局買わないまま。

それでは駐車場代を払わないといけないので、
何かを買わないといけないと、書店をウロウロ。

「電波利権」池田信夫著 新潮新書
「株価チャート 全銘柄月足集」

なんてのを買う。
上は、羨望の的、地上波テレビ局のタブー、電波利権のネタ。
知ってても詳しいデータを持ってなかったので丁度良いか。

下のは、よく見たら週足か日足の方が良かったようだけど、
まあ、バブルの頃からの株価がチャートになってるのは、
一冊くらいあってもいいかとあきらめる。

晩飯、惣菜のカキフライ。

投稿者 しど : 02:13 AM | コメント (0) | トラックバック

February 04, 2006

焚き火したい

昼ごろ、居間の外のトタン屋根に雨しずくの音が聞こえるので、
雨でも降ってきたかと思っていたが、夕方、外を見ると、快晴、
屋根の雪が溶けてたようだ。
居間は北向き&カーテンをしてるので外光皆無で天気がわからない。

夕方、庭に出て木の伐採。
チェーンソーの恩恵を受けつつ、30分程度で枝部分を伐採。
切ってる間に屋根が見えるので、軒下にある壁の穴をふさごうかと、
ちょっと屋根に上る。

つくづく、インチキ工事だったようで、
軒部分の屋根と雨どいの修繕だったのだろうが、
古い雨どいの止め具が壁のモルタルに刺さってたのを強引に抜いた際に、
壁のあちこちが崩落、修理が面倒&技術が面倒だったようで、
壁の穴は放置、雨どいは従来あった2ヶ所が取り除かれたまま。
(ちなみに、ついた雨どいも排水が無茶苦茶)
年寄り相手のリフォーム詐欺だと思うが、
母が生きている間であれば、業者に問いただすこともできたのに、
2年間、何をやってたのか、そーいうことは全くしないまま、
死んでからいろいろなことに気づく。
そして鬱に……いかんいかん。

再び、伐採作業の続き。
伐採は30分だが、有料ビニールゴミ袋に詰めるために
短く切り分けるのに90分かかる。

ああ、そのままゴミに出せたり焚き火ができた頃が懐かしい。

晩飯、ハンバーグ。

投稿者 しど : 02:24 AM | コメント (0) | トラックバック

February 03, 2006

持ち株価20%低下

値下がり率が20%を超えるような塩漬け株をいくつも持つ羽目になり、
売るに売れない結果の予算不足で身動きが取れない。
とりあえず、昨日売った日本電算株分で、爆下げまっしぐらの東宝を買ってみる。
上手く週明けに値上がりしてくれればいーんだけど……。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 03:06 AM | コメント (0) | トラックバック