« February 2006 | メイン | April 2006 »

March 31, 2006

2回目の命日

午前、日光が差し込む座敷を掃いてると、気持ちも落ち着く。
おかんが死んでから、少しずつ庭木の伐採を進めた成果だろうか、
以前はもっと薄暗かったはずで、結婚前の兄貴のアパートに行ったおかんが、
「ここは日当たりが良くていいねー」といってたのを思い出す。

住職が来て、気候から桜、そして、九州国立博物館の話になる。
中国展が面白いらしいけど、4月2日までだって。

住職が帰るとすぐに家を出て、途中、花を追加調達して墓参り。
天気も良いので、黄砂と花粉に汚れた墓を心地良く雑巾で水拭き。

4時頃、叔母・叔父来訪。
叔父がお山参りの際にお告げを聞いたとかで(笑)、
ファンデーションを墓に塗り、これからそれを海に流しにいくんだとか。
上がるように勧めたがすぐに帰るというので、
何かお土産でも上げようかと家の中を見渡し、
先日スーパーで買ったつまみ用の落花生の大袋を渡す。
ついでに玄関先の植木を接木したいといわれ、切って渡す。

6時過ぎて、お茶の教え子さんが一人。
いろいろ愚痴を聞いてもらう。

なんとなく二回目の命日の一日が過ぎ、何かさっぱりした心地ではあるが、
過ぎてみれば目前には相変わらず不安が広がっていて、
何一つ改善されていない日常を目の当たりにする。
とりあえず、飯を食って寝る。060331.gif

深夜、朝生で格差社会ネタ。
田原は耄碌してるのか故意なのか、
全体で一つの方向に話がまとまりかけると、
敢えて流れを崩す。
スタート時から組んでいた
番組プロデューサーが亡くなったので、
ますます田原の独断場になってたりするのかもな。
もう、この番組の寿命もとっくに過ぎてるな。
ちなみに、田原総一郎の講演料は破格な上に、
いろいろ注文も多いらしく、担当者は閉口しがち、
との噂。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 04:46 AM | コメント (0) | トラックバック

March 30, 2006

HANGED MAN 逆

昼、仏壇と墓用の花を買いに。
いつも行ってた市場の一箇所は、花自体の数が減り、
もう一箇所は、値段が5割高くらいで、近所のスーパーと変わらない。
結局、帰りにスーパーで買い足したが、明日は二回目の命日だというのに、
こんな花ごときにケチってていーのか?なんて考えてると、
いろいろ鬱々としてくる。060330.gif

午前午後と株市場は調子が良いが、終わってみると、
自分の持ち株はマイナスへ。
やっぱ、屑株は景気が良くなっても屑なんだ。
早く乗り換えておくべきだった。

昼以降、どうも体調も悪いので、葛根湯を飲んでおく。
夕方、庭木の伐採を終え、明日の為に庭や家の掃除。

先日、表の戸を塗った後で、
塗る前に水拭きすれば汚れが落ちることがわかり、
気づかないまま汚れの上から塗料を塗ったことを後悔する。
紙やすりやブラシ、仕上げに乾いた布で擦るまでは思いついたのに、
何で水拭きすることを気づけなかったのか。
多少は頭が良いつもりでいるので、こういう失敗に遭遇するたび、
単なる失敗以上のダメージを受ける。
いわゆる「生まれてごめんなさい」な太宰病。
入水しちゃうぜ。

仏間でポチポチ花を切ってると、どうにも落ち込む。
どうして平日夕方に自宅で仏壇の掃除をするような生き方に辿り着いたのか。
根を下ろす土壌に目移りしてる間に根無し草になり、
自分で種を蒔くこともなく、枯れた花を始末する羽目になってしまった。
花を咲かせることは諦めて、とりあえずここらで種蒔きしなきゃな。

晩飯、麻婆茄子の残り。
食べれば多少気分が落ち着いたのに、味噌汁の鍋の火を消し忘れ、
気づくと鍋がコゲコゲに。
結局、また鬱々として酒を煽る。

投稿者 しど : 02:56 AM | コメント (0) | トラックバック

March 29, 2006

飯を炊くと生活が狂う

株市場はどうやら息を戻した模様。
俺の含み損は1割軽減されたが、随分減ったと思った損益額も、
帳簿を見れば損切り分が含み損から除去されてるだけで、
実損分を合わせると、2月とほとんど変わらない。
折りしも、株を始めた当初に便乗した、
サンライズテクノロジー(通称サンテク)という、仕手株が再び動き出した模様。
以前のように無闇に冒険する度胸は無いが、乗るしかないのか……。

晩飯は、麻婆茄子。
なんとなく食べたくなったので、
茄子と人参と丸美屋「麻婆茄子の素」を買ってきて、
家にあるピーマン、ネギと合わせて調理する。060329.gif

今日は飯を炊く日。
飯は一度に4合を炊き、無くなるまで数日間食べ続ける。
炊いた日は、いつもよりちょっとだけおかずが豪勢だし、
イチイチ食べる分をレンジでチンせずに済むから、
オカワリし放題で普段よりも食べ過ぎてしまう。
そうすると、いつものように食後にゴロンと横になっても、
いつもよりも強い睡魔さんがいつもより早く訪れ、
ついつい誘惑に負けてしまう。
そして、深夜に目覚めて寝られず、仕方ないから酒を飲み始める。
挙句に生活時間が狂うハメに。

どうも、日常生活に幸せを上手く取り込めない体質らしく、
常に代償を日常にもたらすような幸せの味わい方をしてしまう。
こーいうの、享楽的惰眠なんだな、やっぱり。
約10年前当初のHPのタイトル「革命的享楽主義者同盟惰眠派」に恥じず、
相変わらず「革命的」ではないが、改めて原点に戻る進歩の無い36歳。
また春が来た。

投稿者 しど : 01:32 AM | コメント (0) | トラックバック

March 28, 2006

局アナはバラエティに不必要

今朝は、雷雨。
これで、本格的に暖かくなるのだろうか。

外に出ることもなく、ぼんやりと過ごした一日であった。
ここんとこ、ずっと両瞼がピクピクしてるが、
急に視力が落ちたりしなければいいな。

夜、テレビで踊るさんま御殿を眺める。
特番3時間枠を、メンバー3交代でこなすが、
日テレ番宣メンツ、若手お笑いメンツ、局アナ中心メンツの3パターン。
まあ、特番なので、いつもよりも豪華な分まとまりが無いのだけど、 
最後の局アナメンバーの回に、爆笑問題が入っていて、
俺は、さんまとの絡みを初めて見たので随分面白かった。
ダウンタウン系とは相性が悪いとされる爆笑だけど、
さんまとは、上手い具合に絡んでいた。
さんまは、割と関西・関東の区別なく、上手く若手と絡むもんだ。
関西発の明石家電視台でも、くりぃむしちゅ~や松尾判内を、
関西芸人と同様に持ち味を引き出して使う。060328.gif

しかし、トーク素人のアナウンサーが絡むから楽しさ半減。
フリーになった福澤アナも出てたな。
日テレ、フジのアナウンサーは、フリーになっても、
結構元の局に出てるから、
フリーになるリスクはあんまり無さそうだな。
ただ、フリーになったからって急に面白くなる訳でもないし、
局アナ時代の上司としての地位を延長させる
福澤の態度が逆に不愉快。
まあ、局アナ自体、司会やアシスタント以外では、
コネで番組に出てる素人と同じだから、
基本的に不愉快なんだけどさ(笑)。

晩飯、肉野菜炒め。

投稿者 しど : 11:06 PM | コメント (0) | トラックバック

March 27, 2006

春眠を貪る

昨日、買った「株価チャート全銘柄日足集」を深夜まで一通り目を通し、
今週の購入予定株を見当つけてたものの、
先週末に買ったデイトレ用のSBIが、この上げ相場の中、
寄りからさらにマイナスになって売れず、
軍資金余力も無く、何もできない。

そのうち、昨日の作業の疲れが本日どっと出てきて、
日中、ほとんどウトウトしまう。

先週のビデオニュースネタ、著書「希望格差社会」の山田昌弘。
機会不平等→下流社会→希望格差社会、俺の中の流れはこんな感じ。
ついには、機会以前に「希望」すら格差が生じてしまった。
話自体、現状の再確認に過ぎないから希望が無い(笑)。
それを、大学教授の山田と宮台真司が笑顔を交えて人事のように話していて、
下流社会民の俺としては、ちょっとムッとしてしまう。

とくに宮台は、かつてゆとり教育推進において、
受験システムから外れた生き方を模索するべきだ、としていたが、
今回、この提言を神保に質問された山田が、
「そーした人たちが皆失敗して希望をさらになくしている」
とあっけらかんと否定した。060327.gif
その傍で、宮台は相変わらずニコニコしてる。

結局、社会学の学者というのは、
映画批評家が映画を批評するように、
社会を批評、解説しているに過ぎないのだ。
宮台は、サブカル的なアプローチで
マイノリティ(例えば援交女子高生)をとりあげるが、
それは、万人ウケしないような作品を「素晴らしい」と
持ち上げているマニアックなオタクにも似ている。
で、批評対象が作品ならまだしも、一応、生身の人間の人生だから、
どこか、その評価の社会的なズレが不謹慎にも感じる。
「お前があれだけ絶賛してた生き方、信じたヤツはどうするんだよ?」と。

一応、俺自身は信望者じゃないけど、
ヘラヘラしつつ山田に迎合する宮台を見てると、途端にむなしくなる。
所詮、こいつらは定職もあるし、映画監督ほどの社会的なリスクもないもんな。
どこか、政治学や経済学とも違う、社会学の曖昧な部分が、
精神医学とも違う心理学のような曖昧さにも通じる。

でもまあ、現状認識と分析のためには、
社会を読み解く社会学の必要性は十分認めるし、
現状認識を踏まえた打開策を提案することはおまけだとは思うんだけど、
そこんとこ、むしろ、宮台は積極的に打ち出すから、外れも多いんだろう。
などなど。

ちなみに、ベストセラーになりつつある「希望格差社会」、
市内の一番大きな書店で売っていなかった。
書籍の選択肢においてはすでに地方の「希望格差」は歴然としている。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 04:04 AM | コメント (0) | トラックバック

March 26, 2006

塗装作業も意外と疲れる

午後から門の塗料塗り。

我が家は小さいながら、ガラガラっと開く木戸と屋根瓦のついた門がある。
私が生まれる前に建てられた(両親は中古で購入)と思えば随分と頑丈だが、
ここ数年、痛みが激しい。
とくに戸の下部分に緑色の藻かカビみたいなのが付着しつつボロボロ。
人気の無い山奥の腐りかけた神社仏閣を想像して貰えるとわかるだろうか。

ともかく、雨避けをしたいが、今まで塗料を塗った形跡も無いので、
ペンキなどは避けたい。
妥協案として、コールタールやクレオソートのような種類を考えていたが、
これも黒っぽくなるし、どーにか元の木の素材と色とを残したい、と思っていて、
http://www.asahipen.jp/merchandise/hp/wood02.html
この、水性ガーデン用カラー・クリア(透明)というのをみつけた。
白濁した液体だが、乾くと無色になる。
ワックスみたいなものなのだろうか?
ともかく、塗りムラもほとんど出ないし、。060326.gif
多少光沢感が出るくらいで、
塗った後の色の違いもほとんどない

さて、ヒサシ部分から塗り始めたものの、
ほぼ、手を上げたままの体勢だったり、
隣家のブロック塀との隙間が塗りにくかったり
(こーいうトコのが雨の跳ね返りが強く痛みが激しい)、
思ってたよりも時間と体力を必要とする。

柱部分などを終え、ようやく戸の部分になったのは夕方で、
一枚目の戸の裏表、二枚目の表まで塗ったところで、塗料が無くなる。
ペンキ缶丸々一缶(小さいやつだけど)を短期で使い切ったのは初めてか。
疲れたし、ここで止めることにした。

晩飯、チキンカツ。

投稿者 しど : 02:53 AM | コメント (0) | トラックバック

March 25, 2006

すでに20年か

午後、庭の掃除。
多少やったところで、異様に一杯ある植木鉢など、
どう始末したもんだか、まあ、とりあえず、
できるところからチョコチョコ直せばいいか。

裏に、昔、親父が作った小さな温室の残骸がある。
良く見ると、きちんと組み木をしていてしっかりした作り。
木の部分は虫食いでボロボロだけど、まだ接続部など崩れていない。
親父が作ったモノは、なんだかんだで、今でも使えるものもあるし、
素人ながら凝った作りをしてるもんだと感心する。
そーいや、庭にあった竹製の長椅子なんかは、
竹を割って火に炙ったりもしてたしな。
生きてれば、いろいろ教わりたかったな。

先日買った、BUCK-TICKの古いアルバム、060325.gif
高校生の頃、偶然録画したPVが気に入って何度も聞く曲があり、
今回、初めて歌詞カードを見たら、あちこち空耳してて笑った。
曲名は「DREAM OR TRUTH」という、
元祖ビジュアル系らしく英語交じりの日本語歌詞だけど、
聞き取れないのは日本語の部分にもあちこち。(参照

空耳:空に全てをかざし君の横で感じたら夜はおーに追われ続けて
正解:空に全てをかざし海の底で感じたら夜は青に覆われ口づけて

みたいな聞き間違いは随所にあったが、
やっぱ、サビの英語部分が何ていってるか全く謎で、
「寄り添って気持ちまで見えなくて だきしめてだきしめて怯えてた」
の「だきしめてだきしめて」をどうにか辻褄つけてたんだけど、
そこが「Touch Me Please」だと判明してつい爆笑。
まあ、撥音が多くて発音しづらい歌詞ばっかりで、
そこがまた、案外、骨太なのかもしれないと、
現在もまだメンバーチェンジ無しで活動してるバクチクを思う。

晩飯、チキンカツ。

投稿者 しど : 01:37 AM | コメント (4) | トラックバック

March 24, 2006

墓参り日和

株市場は安定してきて、損切りをちょこちょこしつつ、
この上げ相場に連動しそうな株に乗り換えたりしていると、
多少は、気分も楽になる。
もっとも、今のペースだと、損した分を取り返すには2年くらいかかりそうなので(笑)、
デイトレとスウィングを併用しつつ、もちっと本格的にやらないといけない。

郵貯でjust-size.netへの支払いを終え、その旨伝えるついでに、
ブログ更新とブログ自体のバージョンアップができないことも伝える。
すると30分後くらいには返事がくる。
対応早いね、just-sizeさん。
せっかくなので、MovableTypeのバージョンアップにトライ。

以前失敗したのは、バージョンごとにサーバーの
MySQL設定を変えてもらわないといけないのを知らなかったため。
今回は、すでに設定を変えてもらったので、サーバーのフォーラムから、
アップロード情報などを得て、書かれた通りにやってみると、どうにか成功。
詳細は別項で。

夕方、彼岸明けの墓参りに、叔母のトコと俺のトコ。
今日は先日と違って快晴で、非常に心地良い。
叔母側は母方の本家、ありがちな没落一家の眉唾話を幼少の頃から聞かされたが、
祖母の元旦那筋の苗字の違う大きな敷地の墓や
家付きの坊さんの墓なんてのもある。060324.gif
違う苗字の四つの墓からは、遺骨を取り出して、
すでに再婚先の墓に移したらしく(家族関係等詳細不明)、
祖母の死後は、俺の母しか参っていなかったが、
俺もめったにこっちには来ないし、今日は、
坊さんの墓の掃除くらいしてみるかとちょっと奥の墓へ。
相変わらず誰も来てる様子は無く、
レンガで囲まれた狭い区画の中、
タンポポなどの雑草がウジャウジャ生えてきてる。
こんなことなら、安い花でも買ってくれば良かったかと思いつつ、
軽く掃除をして、我が家用の線香を一本、こちらへ供える。

その後、我が家の墓にも参って帰りにブックオフへ。
投売り用が新入荷されてたようで、これ幸いにと5冊購入。
(帰宅して確認してみたら、4冊が失敗作)

今回の大叔母関係、さらにこじれてくる。
新宿区にお願いした戸籍謄本、料金が違ってたようで、
2通のはずが1通しか取れないんだとか。
叔母名義で手続きしてたから、叔母先に連絡が行って、
叔母がギャーギャーうるさい。
なんかさ、こーいうの、役所同士で話をつけて、
一枚書類を作成して、それに縁者が実印つくようにすれば簡単なのに、
便利にするつもりは一切無く杓子定規に物事を運ぶから
ちょっと想定外の家族事情だと、もうワヤクチャ。

これから、どんどん人が死ぬ世の中なので、こういう需要もきっとあるだろうし、
裁判沙汰じゃなければ、司法書士が対応してるようなので、
いっそ司法書士でも目指してみるかと軽く調べてみる。
軽い気持ちと裏腹に、簡単な資格ではないようなので軽く諦める(笑)。
田舎だと近所に専門学校も無いしね。
こーいう時は、やっぱり、都市部の人が羨ましい。

晩飯、スパゲティミートソース。
さて、晩飯の時間になったものの、ご飯を炊き忘れてた措置。
二人分食べたら、量が多すぎた。

投稿者 しど : 02:23 AM | コメント (0) | トラックバック

Movable Type 3.0→3.2

Just-size.net用の導入マニュアルと、参考サイトが紹介されている。
マニュアル:
http://www.just-size.net/support/manual/mt3/
参考サイト:
http://rebecca.ac/milano/mt/archives/000956.html

まず、新しいバージョンをMovableTypeサイトよろDL。
その際、TypeKey取得での登録名とパスが必要と知り、あちこち探す。

設定ファイル「mt-config.cgi-original」を「mt-config.cgi」として保存し、
引き続き改変。

マニュアル通り以下修正。
~~~~~~~~~~~~~~~~
28行目を変更します。
変更前:CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/

変更後:CGIPath http://example.just-size.net/mt/

35-39行目を変更します。
変更前:
 # ObjectDriver DBI::mysql
 # Database
 # DBUser
 # DBPassword
 # DBHost localhost
「 # 」を削除します。
当サービスから送信された設定情報を参考に設定してください。
-- 設定情報 ----------------------
MySQL Database USER NAME : example ← ※1
USER PASSWORD : ******* ← ※2
DATABASE NAME : example ← ※3
HOST : localhost ← ※4
-- 設定情報 ----------------------
変更後:
 ObjectDriver DBI::mysql  
 Database example ← ※3
 DBUser example ← ※1
 DBPassword ******** ← ※2
 DBHost localhost ← ※4
~~~~~~~~~~~~~~~~

マニュアル通りでこれだけの変更だと、後にトラブル発生。
このままだとmt-upgrade.cgiを読んだまま止まる。
調べると、以下も修正の必要があること判明。
http://www.jpring.net/jitaku/MovableType-3-2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~
StaticWebPath (93行目) に、CGIPathで指定したパスにmt-staticを追加します。
本例では、http://www.mt-site.jp/apps/mt-static/となります。

93行目
# StaticWebPath http://www.example.com/mt-static
        ↓
StaticWebPath http://example.just-size.net/mt/mt-static
~~~~~~~~~~~~~~~~

保存したmt-config.cgiをMovableTypeを入れたディレクトリにUP。

次に参考サイトを見て、必要そうなものを上書きUP。
ディレクトリは全部同じMT。

extlib…アップロード
lib…アップロード
php…アップロード
schemas…アップロード
tmpl…アップロード
tools…アップロード

後に問題になるので、「mt-static」もUP。
ただ、その他は、怖いのでUPしなかった。
(今のところ問題無し)

「mt-upgrade.cgi」をUPし、CGIの属性を実行可能にして、
mt-upgrade.cgiをブラウザで読み込むと、実行してくれるので、しばし待つ。

これで再構築は終わったようだが、バージョン情報表示が3.0のままなので、
MovableTypeのいつものエントリーメニュー欄の「サイトを再構築」をクリックして、
「インデックス・テンプレートを再構築」を選んで再構築すると、
表示は「Movable Type 3.2-ja-2」に。

とりあえず、以上。

カスタマイズしようかとも思ってるが、また長くなるので、今度。

投稿者 しど : 01:58 AM | コメント (0) | トラックバック

March 23, 2006

ロックアウトされました

夕方、天気が良かったので、塗料を買いにホームセンターへ。
白木に塗るので無色のを探すがなかなか無いもんだ。
ちょっと寄り道もして、帰宅するともう薄暗くなっていたが、
試しに網戸の木枠を塗ってみた。060323.gif

晩飯を食い終わった頃、車のディーラーから電話。
4月に車検が切れるので、手続きの催促。
元の担当者が去年退職し、
代わりに若い人が担当になったのだが、
この担当、一人称が「僕」だし、
口調が軽くて話してるとイライラする。
もう3回目の車検だし、値段を聞いたら12万円と高いし、
そろそろ安いトコに変えてみようかと思案する。

夜も遅くなって、自分のサイトを確認しようとしたら閲覧不能。
そーいえば、何かメール来てたな……
年間契約が20日で切れるので、
それまでに支払い及び連絡が無いとロックされる、
とのこと。

支払うのでロックを解除するよう連絡すると、
とりあえず、見れるようにはなった。
ヤフーや他のサービスみたいに、カード支払いが出来れば楽なのに。
まあ、止めるときにはこっちのが楽だから、良心的だったりするのかな。

晩飯、親子丼。

投稿者 しど : 02:04 AM | コメント (0) | トラックバック

March 22, 2006

劣勢分子

大田区役所から電話。
先日出した大田区への戸籍謄本請求、まず、
大叔母と夫との戸籍は大田区ではなく新宿区でだと言われ、
また、相続権のない私が請求することはできないので叔母が手続きをするか、
叔母の委任状を添付しろと言われる。

つまり、新宿区に改めて請求し直すことになった。
大叔母が下関から大田区に戸籍を移したと思ったのは、
「東京市牛込区は今の大田区」と下関市役所の担当が教えてくれたからだ。
なんだよ、違ってるじゃねーか。

改めて出しなおす旨、叔母に伝えると、叔母からも不満の声。
書類の不備があっても3月中に申請すればとりあえず受理はされると、
悠長にいってたはずの市役所の担当者が、
「もともと申請書類は早く送っていたし、申請するのはお孫さんだと聞いてた」
なんて話してたらしい。
俺が孫って話だったら、俺が直接申請してるだろうがと、
いろいろイライラもするが、まあ、叔母の話も嘘半分くらいで聞いてた方が良いかな。

とりあえず、叔母と大叔母の関係を示す戸籍謄本のコピーを叔母宅に取りに行き、
再び定額小為替900円分と同封して叔母名義で新宿に申請書を郵送する。
今度は往復分が速達料金で、730円。

俺も、叔母に一言、
「なんで僕が貰うんじゃないのに僕が申請しなきゃならないの?」
と言いたいとこだが勇気が無い。
基本的に口だけ番長なのか、負け犬の遠吠えなのか、
いずれにしても、俺が勇ましいのは口と筆だけである(笑)。

しかし、こーいう戸籍のやりとりなんか、
役所同士でやりとりしてくれれば随分時間は短縮されるはず。
なんだかな。

WBCで一色になる報道番組を見つつ、どうも同化できない苛立ちがある。
メディアには無愛想だったはずのイチローのはしゃぎぶりもなんだかシャクだし、
イチローに対比させて松井が叩かれてるのも不憫だし。

その他の様々なニュースにも、いろいろ同意できないこと、
【筋弛緩剤事件、控訴審も被告に無期懲役の判決】なんてのも、
http://www.asahi.com/national/update/0322/TKY200603220176.html
裁判が異様な状況にありつつ、被害者家族の、
「被告は罪を負うべきだし、弁護士はそうさせるべきじゃないか?」
なんてコメントが出てるが、これも初動捜査からムチャクチャな事件で、
被害者家族にとっては、真犯人が他にいることを疑うべきなんだろうけど、
なんだか、責めるポイントがずれてるようなモヤモヤ。

まあ、結局、そーしたいろんなイライラモヤモヤは、
自分自身の現状不満の裏返しにすぎないんだろうと思ってはいる。
社会のことなんかどーでもいーくらいに、自分の生活を充実させ、
生活が充実していれば、
多少の違和感など無視してイチローの豹変に喜び、愛国日本へ思いを馳せ、
バカな野党は存在価値など無く、判事の判決は全て正しい、
そんな呑気な精神状態に成れるんだろう。
いや、わからないけど(笑)。
060322.gif

そう成れない事は、多分に、
社会から淘汰される劣勢分子なんだろうと、
自身の現状を振り返れば、
満更、冗談ともいいきれない。
種を残す可能性は今のところ無さそうだから、
せめて、記憶くらいは残すべく、
サイト運営だけは続けていこうと思っている。

晩飯、グラタン。

投稿者 しど : 11:11 PM | コメント (0) | トラックバック

March 21, 2006

お彼岸

060321.gif雨の中、彼岸の墓参り。
昨日行っておけば良かったと後悔しながら、
雨に濡れる線香に般若心経を唱える。

今日は、大叔母の方にも行くことにした。
我が家以外の墓は、母が死んでからは久しぶりだ。
さすがに、叔母たちはきちんとした花を飾ってお参りしているな。
雨の中、適当にやってると、却って汚れてるような気もするが、
まあ、それも雨が流してくれるだろうと、
きっとすぐ消えるだろう線香に火をつけ、
さっきと同様、経典を広げて読み上げる。

帰りにダイエー製の発泡酒(バーゲンブロー)を買いにダイエーへ。
第一世代の発泡酒だけど、最近値下げして第二世代の安さになってる。
第一世代だから麦芽&ホップの味わいでお買い得だ。

駐車場に向かう途中、展示スペースが黒山の人だかり。
展示テレビでWBCを映しているようだ。
すでに9回裏なので、勝つ瞬間だけでも見るかと立ち止まる。
結果が出ると、ワーワーキャーキャーやるもんかと思ってたけど、
意外に、皆、すぐに三々五々に散り始める。
ま、現実はこんなもんなんだろうな。

それにしても、棚ボタ勝利からついに優勝とはメデタイ。
しかし、勝つつもりだったはずの米国が不在の第一回大会決勝を見ていると、
第二回は果たして行われるのだろうかと、つい思ってしまった。

「アイデアを捜せ」阿刀田高著を読了。
短編小説の旗手が、そのアイデアの源泉と小説への加工を、
いろんな題材とともに紹介していて、とても面白い。
幽霊は視覚と聴覚で感じるモノだが、味覚の幽霊を表現できないか?
というアイデアから、

社会ステータスが上がってから再婚した妻は
前妻よりもあらゆることで優れていて何の不満も感じないが、
苦労時代に支えてくれて死んだ前妻の、
貧乏ながらやりくりしてくれた自分好みの料理の味が懐かしい、
そんな主人公が最後に幽霊が出るという怪談百物語に参加したとき、
ふと、懐かしい味が口に広がった。

なんて、話を作ったなんてのを聞くと、上手いもんだと思うし、
こんなエピソードがいろいろ12章分もあって、読み応えがある。

晩飯、惣菜のチキンカツ。
やっぱりジャンクな味だが美味いな。

投稿者 しど : 10:56 PM | コメント (0) | トラックバック

March 20, 2006

書類集めは面倒だね

戸籍謄本取り寄せのため、大田区のサイトから申請書をDLして印刷、記入、
申請理由は枠内で収まらないのでワードに書いて印刷したり、
まあ、あれこれ準備して、朝、郵便局で、定額小為替を買い、
料金として返信封筒とともに封筒に入れ、投函。

その後、彼岸用の花などを仕入れ。

帰宅したトコで、叔母から電話。
大叔母の住民票をとるには住所が同じ俺じゃないと申請できないらしく、
俺の代わりに書類申請するから生年月日を教えてくれ、とのこと。
戸籍謄本は叔母で良かったのに、住民票は駄目なのか……。

そーいや、別の自治体では戸籍謄本も、
依頼者と戸籍本人の関係がわかる書類やちゃんとした申請書を出せとか、
料金も一通1000円以上だったりとかで、何とも複雑&面倒だ。

そもそもさ、住基ネットで一元管理してんじゃないの?こういうの。
お役所同士、申請者の情報を付け合せればそれで終わる話なのに、
何でいちいちいちいち住民が金払って印刷して直接やりとりしてんだよ。
ホント、こんな不合理がいろんなトコで残ってるから、060320.gif
コスト高な労力をあちこちで浪費することになる。

浪費の一形態、そろそろ車検でまた金取られるし……
どうにかしてくれ。

明日が祝日だということで、何となく気楽な週末気分。

晩飯、ツナ丼。

投稿者 しど : 01:43 AM | コメント (0) | トラックバック

March 19, 2006

イチローらしくないイチロー

ワールドベースボールクラシック、
棚ボタで得た準決勝から、さらに勝利を得て決勝へ。
オリンピックスケートショートトラックで金メダルを獲ったオーストラリア選手のような、
今の日本のスタンスが次も続くと面白いんだけどな。
審判を抱き込んでまで本場の意地を出そうとした米国と、
成績優秀ながら、力みすぎて、想定外の失態を晒した韓国、
何となく、骨折り損でお気の毒な感じも拭えないが、
日本にはとりあえず、決勝も頑張って頂きたい。
060319.gif

それにしても、昨年あたりから、
イチローがメディアへ日和ってる感じがする。
ドラマ出演までこなし、今回の大会も、
リーダー的存在感を猛烈アピール。
でもさー、イチローって、そーいうキャラだったっけ?
唯我独尊の内向型アスリートだと思ってたけど、
どうも、方向転換したような感じ。
元テレビ屋さんの嫁さんのアドバイスで、
そろそろ帰国後対策でもしてるんだろうか。

メディアに叩かれ人気も急降下中の松井は、
目立たないボランティア活動が密かに有名で、
田口や野茂も同様に聞くけど、イチローは聞かないしなー。
いや、今までのキャラならそれでもいーんだけど、
何か急に、キャラ変えてきたから戸惑ってるのである。

夕方、駐車場代を払うため、住所から大家の家を探す。
留守中に何度か来てもらってるようだし、
前回のように振り込むには料金が高いし、
いっそ、直接持っていった方が早いじゃん?
てな感じで住宅街をウロウロするのだが、新興住宅地のせいか、
住所表示があんまり無くて困る。
探し当てたそれらしいマンションも住所が書いておらず、電話で確認。
まあ、プライバシーの問題とかもあるのかもしれないけど、
住所くらいちゃんと表示すればいーのに。

晩飯、肉野菜炒めに、コロッケ、冷奴など残り物。

投稿者 しど : 03:49 AM | コメント (0) | トラックバック

March 18, 2006

春雨の中

雨降りの中、午後、ちょいと遠くのハードオフへ。

PSE法の影響で、中古品が値崩れしてるっぽいので行ってみたが、
まあ、もともと高値&ジャンクなハードオフなので、
PSEの影響は、プレステ1が3000円程度になり、
4月以降は売れないとの貼紙がしてある程度。
やっぱり、普通の電化製品で5年前のはそんなに無いよな。
ジャンク系はとくに注意書きも無いが、どうなるんだろう。
060318.gif

雨がポツポツする中、
相変わらずネガティブ感情に打ちひしがれつつ運転。
プライドやら未練やらが重荷になってるんだけど、
優柔不断でそれをきっぱりと捨て去ることもできず、
ただただグズグズしてるだけなんだろうなー、なんて思う。
案外、裸一貫、一から出直すほうが、
今からだと有効な気もするんだけどな。
ま、それよりも、今のしがらみを全部ご破算にできたらいーのに。

そのまま帰るのも気がすすまず、途中でブックオフに寄り道。
写真集コーナーを物色してると、あれま、櫻井淳子を発見。
ショムニなど、地味ながら脇のフェロモン女優として生き延びてるのが、
意外にプレミア味が出てて、値崩れしないタイプ。
写真集サイトも更新しなきゃなー……。

晩飯、カツオのたたき、手羽炒め、冷奴。

投稿者 しど : 02:48 AM | コメント (0) | トラックバック

March 17, 2006

世界で数カ国だけの戸籍制度の理不尽

11時過ぎ、叔母とともに市役所へ。
大叔母の恩給を叔母が引き継ぐための手続き。
簡単に終わるかと思いきや、そうでもなかった。
俺が知っている家族構成に、プラスアルファがあったのだ。

まず、こちらの図が、俺が認識していた家系図。
060317a.gif
大叔母は、祖母ともう一人とで、三人姉妹。
大叔母の夫は戦死、子供は幼少で病死。
梅子は、精神で病んだために離別され、事故死。
祖母には俺の母と叔母の二人の子供。
離別相手は再婚したようだが、戸籍は離れてる。
大叔母の戸籍が東京にあるのが面倒だな、くらいに思ってた。

ところが、今回調べると、梅子には離別先に子供がいることが発覚した。
梅子は家を追い出され孤独死したのを祖母が埋葬した、なんて話だったので、
身寄りなど無いと思ってたのに、子供が居たなんて。

そして祖母の離別夫には連れ子が居たことも初めて知った。
その子を養子縁組で長女にした後で離婚、
連れ子とともに再婚して、その子がまだ存命とのこと。
060317b.gif

つまり、当初は、身寄りは大叔母から姪にあたる叔母だけを想定していたのだが、
調べたら、姪がさらに3人現れた。
それぞれ、遠方&音信不通なので、これから戸籍取り寄せの手続きとともに、
先方へ連絡をとったりしなければならない。

さて、恩給に関しては、俺が貰う訳じゃないので叔母任せでいーのだが、
問題は、残っている数百万の郵便貯金だ。
俺には相続権利が無いのだ……。
当初は、身寄りは叔母しかいないので、叔母から半分貰えばいいや、
くらいに思っていたのが、これでは、俺が貰える可能性は無くなりつつあるし、
それ以上に手続きが面倒になってしまった。

郵便貯金の相続には、本人の16歳から死ぬまでの戸籍謄本と、
相続者全ての実印&印鑑証明が必要になる。

叔母任せなつもりの恩給の方も、
東京にある大叔母の戸籍は俺が取るようになってたりで、
何で俺が動く必要があるのか、冷静になるとよくわからんのだ。
理不尽だ。

30分くらいで帰るつもりが、3時間以上かかり、ぐったりして帰宅。
いろいろ問い合わせて叔母に連絡すると、
梅子関係と連れ子関係の謄本は、近隣市町村ながら、
郵送取得が非常に面倒らしいことが判明。
ちなみに、東京(大田区)は、簡単&安価だった。

なんかいろんなことが面倒で、しかも、
俺自身には見入りが無さそうで滅入る。
一応、葬式代や老人ホームの始末代なんてのは、
郵貯をあてにして俺が出したのに、このままでは自腹になってしまう。

法律の原則論、日本独特の戸籍制度の複雑さ、叔母の非協力。
法律上、正直、俺が大叔母の面倒を見る義務は皆無なのだ。
母存命中に亡くなってればまだ良かったのに。

戸籍は、出たり入ったりでその都度作られるので、
丹念に追わなければならず、
発行してもらうのに何時の戸籍なのか注意が必要になる。

で、叔母も、もともと、大叔母を東京から呼ぶのを反対してた人なので、
何かするいちいちを被害者意識で行動しているから、
俺に対してもどこか恩着せがましく、こちらからも頼みづらい。

何か、思うようにならずに、打ちひしがれてしまった。

郵貯は、インチキ手段が幾つか思い当たるのだが、
叔母か誰かの協力が必要で俺だけでは試せない。
ホントは、カードが無いにしても、
大叔母の健康保険証があれば引き出すのも可能だったのに、
俺がご丁寧に死亡直後に返還してしまった。
母のはすぐにみつからず返還しなかったので、まだ部屋に転がってるのに、
何かタイミングが悪いというか、俺のいろいろな短絡が忌々しい。
マジで、死にたくなってくる。

最近、小さなネズミが家の中をウロウロしていて、
先日仕掛けておいたゴキブリホイホイに、本日、かかってた。
見た目可愛いかったけど、仕方なく殺して廃棄……。

最後までとっても滅入る一日だった。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 03:36 AM | コメント (0) | トラックバック

March 16, 2006

映画「ホテル・ルワンダ」

とてつもない不安にさいなまれる。
とてつもないとはいえ、漠然としてるから「不安」なだけなんだけど(笑)。

調べたら明日で終わることがわかったので、あわてて、
昼の回で、映画「ホテル・ルワンダ」を見に行く。
060316.gif
少数民族のツチ族に支配権を与えたベルギーの分断統治により、
長年の不満が爆発したフツ族がクーデターを起こし、民族粛清に走る。
ツチ族の妻を持つフツ族の高級ホテル支配人の主人公は、
仕事上で培ったネットワークや賄賂を駆使して、
ホテルに逃げ込んできた難民ともども、生き延びる術を探る。

怖い映画だ。
人間というのは簡単な理由で人を殺す。
民族が絡むと、子供すら「将来の火種」として躊躇無く殺される。
(そもそも、ツチ&フツは、ベルギー政府が見た目で設定して登録したんだと)
しかも、中国製の安いナタを使うのが、アフリカを舞台にしたこの作品。

昔見た、BBCのドキュメンタリーを思い出す。
小学校低学年のクラスで、ある日先生がいう。
「今日から、目の青い人は目の黒い人よりも優秀です」
あっという間に、青い目の子供たちが黒い目の子供たちをいじめる。
次の日は、逆に、黒目の方が優秀と決めると、逆のいじめが起こる。
三日目に、「目の色なんかで優劣は決まりません」と説明し、
子供たちにどういう気持ちだったかを話し合わせた。

バカバカしい実験だが、こんなバカバカしいことが実際に行われているのだから怖い。
日本も少しずつ、正社員vs非正社員、関東vs地方など、対立項が生まれつつある。
この程度の火種でも、ちょっと火に油を注げば、いくらでも大火になるのだ。

実際、民族同士殺しあうのは民衆の悲しい性だ。
なかなか、映画の主人公のような達観した立場には居られない。
俺なんか、寝てる間に叩き殺されるんだろう(笑)。

なかなかむずかしいテーマだけど、
意外にきちんと恐怖映画として成り立ってもいるこの作品、星四つ。

夜、帰宅したら留守電に「夕方に駐車場代を取りに行きます」と入ってた。
ありゃ、よりによって今日じゃなくても良かったのに。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 02:48 AM | コメント (0) | トラックバック

March 15, 2006

死刑を巡るあれこれ

光市母子殺人事件裁判で、弁護側が最高裁を欠席し、
被害者が「故意に裁判を遅らせた行為」として
日弁連に欠席した弁護士の真意を問うなど、波紋が広がっている。

事件詳細:
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/yamaguti-hanketu.htm

このニュースを巡って、弁護士を責めながら「早く死刑にしろ!」という意見が
あちこちで散見されることに腹を立て、メールをしたり書き込んだりと、
一日ウダウダやっていたのだけど、
いろいろ整理が付かないまま感情的に動いていたので、
反省しつつ整理して考えてみることにした。

【1】プロローグ
一審、二審と無期懲役の判決を経て、
最高裁では死刑判決が出るとされている中、
弁護側は前任(定者吉人弁護士他一名)が今月6日辞任し、
後任には安田好弘弁護士と足立修一弁護士が着任した。
引継ぎ準備を理由に弁論期日を6月13日に申請したが却下されていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060309i501.htm?from=main5
http://news.fs.biglobe.ne.jp/social/ym20060309i501.html

なぜ、最高裁になって急に死刑判決の流れになったのかは不思議だ。
理由や根拠が解説されているソースがみつからない。
前任者定者氏は、検索をかけると子どもの人権問題に関わっているようなので、
判決引き伸ばし工作のために安田氏と協力して交代した可能性がある。

【2】当日
弁護側が「日弁連の会務」(裁判官制度のシミュレーション)に出席を理由に、
13日午後に欠席届を提出、14日の最高裁弁論には出廷しなかった。
弁論は4月18日に延期された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060315-00000005-maip-soci

引き伸ばし工作であろう。
ソースは無いが、聞くところによると、
現在担当の最高裁判事が5月に定年を迎えるので、
6月以降に延期することで更なる延長を目論んでいるとのこと。
また、その判事が死刑と判断する可能性が高いんだとか。
ちょっと情報不足なので、何ともいえない。

【3】エピローグ
被害者が、日弁連に欠席した弁護士の処分を求めて訴えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060315-00000267-kyodo-soci

私は、当初、弁護側の意図的な遅延は無いと思っていたのだが、
整理してみると、そうともいえない感じか。
いずれにしても、弁護側の会見や取材結果も出ないので、判断しようがない。
つか、大事な当事者なのに、何で取材している社が無いのかが不思議だ。
(新聞紙面には出ていたりするのだろうか?)

さて、その上で、私が違和感を持ったのは、周りも含めたほとんどが、
前述のように、「早く死刑を!」という意見だったことである。
日本の司法スピードが遅いのは以前より問題視されているので、
早くするに越したことはないが、判決は死刑か否かである。
犯罪者が犯した罪に比べれば死刑が当然、という意見は否定しないが、
死を宣告するのに、それほど急ぐ必要があるのだろうか、という疑問が沸く。
社会において極刑を処すことは、我々国民の意思であるから、
死刑に処された被告の首にかかったロープは、
我々の意思が紡がれていることを自覚しなければならない。

また、今回はありえないが、普段であれば冤罪の可能性も有りうる。
日本の司法制度の歪みは、冤罪確率が死刑判決だけで突出していることにもある。
(裁判ではなく、検察が送検段階で有罪・無罪をほぼ決めているのだ)

今回の件では、リンチにしてでも殺してしまえという声すらある。
えてして、そうした声のサイトやブログは、卑劣な犯罪行為の描写に詳しく、
それ自体が、被害者のプライバシーを侵害しているのに無頓着だったりするので、
犯人と同様で野蛮だし下品だなー、なんて思ったりもする。

一見、被害者の肩を持つようであるが、
日本の犯罪被害者に対する保障の無さについても
彼らは見直しを求めてたりしてるのだろうか?
もしくは、取調べにおける録音・録画の義務、調書の公開など、
現在、被害者が損害賠償など民事裁判を起こす場合、
「真実が知りたい」として、それらを求めているのをご存知なのか。

被害者の姿を見ても、どこか、「死刑にして終わり」という、
持って行き場の無い悲しみを、死刑に託しているようにも見える。
もちろん、被害者にとって断罪が心のよりどころになることは、
法に則る限り、最大限に生かされるべきだとも思う。

ただ、こうしたモヤモヤが、なかなか上手く説明できず、
例えば、イラク人質事件のように、060315.gif
今でも自作自演説などがまかり通る社会で、
むしろ、私のような立場こそ
マイノリティなんだと自覚しつつも、
杓子定規に法を頼る姿が、どことなく、
欲求不満の捌け口でもあるのは、
ある種、「殺せ殺せ」といってる人たちと、
表裏一体なんだろうな、なんて思うのである。
もっとも、私と反対の人は、
私の存在を一対とは換算してくれないんだろうけど。

だけどやっぱり、法というのは社会に対して個人が頼れる唯一最後の武器である。
法が間違っているなら、法を変えなければならないし、
誰かの恣意的な解釈によって左右されるならば、
それは、憲法31条に違反するものである。

第31条 
何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、
又はその他の刑罰を科せられない。
(デュー・プロセス・オブ・ロウ Due Process of Law)

弁護側が、手続きを逸脱していたなら厳重に処罰される必要があるが、
弁護側の不備に対しては「理不尽な欠席」以外の解説が無いのも気持ち悪い。
それは、オウムの麻原を巡る精神鑑定も同様だ。
公判に被告が出廷できない状態で「意思疎通が可能」と判断される不思議。

いっそ、重大犯罪は、法廷も公開すべきであろうと、
今回のような騒ぎが、そんな建設的な意見に繋がれば一番良いと願うし、
米国が「野蛮」と吹聴したタリバンの公開処刑のようなのでも、
議論の末に行き着いた結論であれば、別に、それ自体は「有り」だとも思う。

要は、法と手続きの問題である。

私も考えがまとまってないので、ご意見はコメントにて。

参考映画:
「刑法第39条」森田芳光監督
猟奇殺人の容疑者は多重人格の疑いがあり、
無罪に繋がる精神鑑定結果を巡りつつ、容疑者の過去が暴かれていく。
非常に複雑で緻密な計算がなされた39条の矛盾を突く問題作。

「デッドマン・ウォーキング」ティム・ロビンス監督
レイプ犯の死刑囚と被害者との間を行き来する修道女。
死刑囚が最後まで明かせなかった真相と被害者の苦しみなど、
死刑を巡る不条理が描かれる。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 02:06 AM | コメント (0) | トラックバック

March 14, 2006

家の雑務

株価は、三歩進んで二歩下がる。

夕方、気になってた玄関のひび割れをセメントで埋める。
石張りの下を木の根っこが生えてきてたようで、
ビリビリと盛り上がって割れたのだ。
060314a.jpg
まず、下地に水を巻いて、なじみやすくしておく。
水を入れるだけのセメントに水を混ぜる。
粉:水=2:1にしてみたら、全然駄目でユルイ。
もう一杯分粉を加えたがまだ全然駄目。
ただ、あんまり練っても余ると捨てる場所も無いし、
ゆるいまま使うことにする。
あとは乾いてからのお楽しみ、なんていう素人按配。

ついでに庭の枝も切り落とすことに。
脚立を立てて電機チェーンソーで切り落とす。
意外に大きくて、落ちる途中でトタン屋根に当たった箇所が破損。
持ってみたら、一塊で20キロはありそうだ。
060314b.jpg
他の枝の伐採なども終え、トタン屋根も修繕。

こんなことだけしてればいーなら、案外、楽しい隠居ライフだ。
でも、そろそろいろいろやんなきゃな……。

晩飯、焼き鳥丼風。

投稿者 しど : 03:30 AM | コメント (0) | トラックバック

March 13, 2006

映画「白痴」

株は朝から爆上げ。
俺の塩漬け新興株も久しぶりに上がり、含み損も二割程減る。
損切りして他へ乗り換えた場合、今日と同じ金額で持ち直すのも大変と思うと、
ついつい塩漬けしてしまうんだよな。
でもまー、買った頃の価格までは戻らないだろう。

夕方、いつもの「パックインジャーナル」と「ビデオ噂の真相」のビデオが届く。
しょーもない生き方をしている俺には、こういうご好意が本当にありがたい。
早速見てみる。
地上波もこれくらい長時間の政治ネタをやればいーのに。
とはいえ、土日はあちこちいろいろ最近増えてるみたいだけど、
どうも趣味に合わない。
俺はどういう層に属しているんだろう。
060313.gif
夜、日本映画専門チャンネルで黒澤の「白痴」。
えらい退屈な作品で途中、寝かけていた。
本当は5時間くらいあるのが
会社の方針で短くされたらしいので、
ストーリー展開の波がコントロールを外れちゃったのだろう。
ワーワーギャーギャー感情密度の高い演技が続いて、
谷になる静の部分が少ない。
しかも、力技の演技がことごとく漫画っぽくて笑えるし。
とりあえず、黒澤の未見作品も残すところ、
「デルス・ウザーラ」と「醜聞」のみ。
「醜聞」は4月に同じチャンネルでやるようだけど、
「デルス~」はやらないだろうな。
原作を学校の授業で読まされたが、
単なる探検記だからなー(笑)。

晩飯、ママー・マカロニグラタン。

投稿者 しど : 02:18 AM | コメント (0) | トラックバック

March 12, 2006

ギギギ

昼前に起き出して、一日中、本を読んだり、
あれこれ書いたりの、きままな一日。
テレビを見ないといろいろなことができるもんだ。

一通り終えるとすっかり夜になってて、晩飯を食って、
さて、ちょっくらネットで遊ぼうかと思ってる矢先、目が見えにくくなる。

視界の一部がモザイクのように見えるだけなのだが、
(正確にいうと、プレデターの視界みたいに色も変になる)
同時に目の裏と頭が猛烈に痛む。060311.gif
ここ何年か、たまにこういう症状になるし、
ここ何日かは、なぜか頻繁に起こっている。
左右の目を交互につむってみても、見え方は変わらないので、
眼球じゃなくて視神経や脳に異変があるのだろう。

だんだん痛みが強くなるので、とりあえず寝ることにした。
何度か起きるうち、風邪のせいかとも思い、アスピリンと風邪薬とを、
時間を空けて飲んでおいたら、どうにか治まって、こうして書いている。

独り身だと、こういう原因不明の不調が一番怖い。

晩飯、広島風お好み焼き。
前に「ためしてガッテン」でやってたので試してみたのだが、
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q1/20060301.html
最初の生地を広げる段階で失敗する。
フライパンの温度が高かったのだろうか……
http://homepage2.nifty.com/f-pageh/hiro/oko3/okonomi3.html
↑ここを参考にして、日清ヤキソバも入れて食べてみたら、結構美味かった。

投稿者 しど : 04:10 AM | コメント (2) | トラックバック

March 11, 2006

80年代の欠片(かけら)

仏壇用の花を買いに市場へ行く。
季節のせいなのか、インフレなのか、以前より品薄だし高い。
結局、スプレー菊を二つほど買って帰る。060311.gif

車中で久しぶりにジュンスカイウォーカーズのカセット。
チャラけたビートパンクなんか当時は毛嫌いしていたのに、
プライドを捨ててみれば、歌謡曲のようで耳に心地良い。
反抗精神とラブソングの違和感は、
メンバーの寺岡呼人がプロデュースする「ゆず」に
今も引き継がれているようだ。
ゆずのどことなく気恥ずかしい感じは
とってもジュンスカっぽい。

帰宅して、従妹のホワイトデー用にメッセージカードを書きつつ、
夕方、買出しのために再び外出。

ついでに書店で橋本治著「ひろい世界のかたすみで」と、
「株価チャート全銘柄日足集」を購入。

橋本本は、同じ価格帯の「ゾウを消せ~天才マジシャンたちの黄金時代」と
最後まで迷ったのだが、これは今度にすることにした。
で、株価チャートは、家に帰って確認したら、一週間古いやつみたいだし、
「全銘柄」といいつつ、私が塩漬けしている新興株が載っていないのが、
ちょっと不満ではある。
今度はもう少し見てから買おう。

テレビ番組のDVD化もすっかり一般的になってるようだが、
探偵ナイトスクープの名作もDVD化されるらしい。
で、番組で紹介されていた、
異様に大盛りの食堂に実際に行ってみた人のサイトを発見。
http://members.at.infoseek.co.jp/rimssecret/mif.htm
食べちゃう人は食べちゃうようだ。
ちなみに、番組では、松村邦洋がレポートした。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 05:26 AM | コメント (0) | トラックバック

March 10, 2006

前提のズレ

昼間、知り合いとおしゃべり。
久々に人と話すせいか、延々話し続ける。

株は眺めてるだけで手出しできず。
今週、デイトレしたのをそのまま持ち越していたら、
随分、値上がりしたのに……とも思うが、
儲け損ねたタラレバ定食は、損を抱えるタラレバよりは随分美味だ。

ケーブルテレビでH4年放送のNHK連続テレビ小説「女は度胸」をやっている。
橋田壽賀子脚本で、泉ピン子、藤山直美らが出ていて、
まあ、若干古さは感じるが、見ていると面白かったりする。
で、何で橋田壽賀子のドラマは面白いのか、
見ながら考えていると一つの特徴に気づいた。

(詳しくはわからないが)このドラマ、老舗ホテルが舞台で、
主人の娘・藤山直美一派と入り嫁・泉ピン子一派とが、
「渡る世間は~」同様揉めに揉める、という展開らしい。
気づいたのは、互いに言い合ってる内容自体は正論だということ。
言ってる内容は正しいのだけど、前提がズレてる。

ドラマの内容とは違うが、例えば、
家業を継ぐ継がないで父子が揉めてる状況があるとして、

子「もう、そんな時代じゃないんだよ」
父「何を!俺が寝る間を惜しんでこの仕事をしたからお前は育ったんだぞ」

父の言ってる内容はまともなんだけど、
その家業は実は「泥棒」みたいな感じ。
前提の「ズレ」が面白ければ、
後はリアリティを高めるだけでおかしさが増幅する。

まあ、橋田壽賀子のドラマは、家庭という小宇宙の中で
延々互いの主張を戦わせてるだけだから、
ドラマ性を求める者にはやや物足りなさはあるけど
逆に、凝縮された人間関係のデフォルメは、
家庭に限らず、会社や学校でも同様の対立があるので、
のん気に眺めている分には十分楽しめる。
簡単にいえば、「何様のつもり?」ってことだから(笑)。

最近のドラマは、TBSの「百夜行」くらいしか見てないけど、
サスペンス以外のドラマは、どうも、
枝葉末節のデフォルメだけで面白がらせようとしてるのが、
逆につまらない原因になってるのかなー、なんて思う。
060310.gif

バラエティも同様で、ズレの極地は、
ダウンタウンの不条理コントだったりするし、
枝葉末節は、ココリコミラクルが顕著だ。

とか、分析してる暇があったら、俺もそろそろ応募用に新作を……

晩飯、カレー。

投稿者 しど : 02:41 AM | コメント (0) | トラックバック

March 09, 2006

ようやく終わった確定申告

ようやく確定申告を書き終わる。
車で税務署に向かったが、提出場所が税務署ではなく、
去年相談会をやっていた駅前の施設になってた。
歩いて来る予定だったが、車で良かったな。
いや、実際行ってみれば受け取りくらいはしてくれるのかな?

帰りに100円ショップで、話題のマジックフレーク(マジフレ)購入。
クラッカー三枚にピーナッツバターが挟んであるのが一袋で、それが十個。
カロリーは高そうだが、空腹を満たす感覚で軽い朝食などにもってこいだ。
060309.gif意外に大きい

昼過ぎて、いよいよ量的緩和の解除が発表される。
ああ、これでとうとう市場が暴落する……と思ったのは杞憂に過ぎず、
朝から上がった株価は、そのまま緩やかな上昇のまま。
え?何で?
量的緩和になると、ゼロ金利打ち切りにも繋がるから、
資金が市場から貯金に流れるんじゃないの?

あちこちで聞いた話だと、
1.今回の発表は日銀がデフレ脱却、つまり景気回復を認めたことになる。
2.金利上げは、年内無いということの確証を得た。
3.その他のことはすでに「織り込み済み」として株価に反映されている。
ということらしい。

こんな単純な予想すら当たらないなんて……
しかも、爆上げ相場なのに、塩漬け新興株はほとんど上がらない。
やっぱ、損切りして買い換えておくべきだったな。

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 02:43 AM | コメント (0) | トラックバック

March 08, 2006

上層部の失敗は重視されない

夜、NHKで「その時歴史が動いた」、
今回は、「ゼロ戦・設計者が見た悲劇~マリアナ沖海戦への道~」。
昨年末にNHK教育で放送した内容のリメイクらしい。

非力なエンジンで高速・長距離を実現するために、
燃料室と操縦席に防弾設備が無い弱点を持ち、
さらに極限まで軽量化した結果、強度が足らず、
急降下すると空中分解してしまう欠陥がみつかった。
設計者はこの問題を説明して海軍上層に解決策を請うたが、
結局、精神論でなんとかなると片付けられて放置された。
この無策がパイロットの無駄な死を招き、
最後には海軍の制空能力すら奪うことになる。

さて、一般的には、「陸軍は馬鹿だけど海軍はまとも」とされているが、
海軍だってそれほど優秀ではない、という証拠である。
悲しいのは、設計者が指摘した脆弱性を
「精神論」で退けた責任者、源田實、
海軍の重鎮として戦後も航空自衛隊幕僚、自民党参議院議員など、
晩年まで華麗な経歴が続く。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%94%B0%E5%AE%9F

挙句に、航空自衛隊で戦術指導をしたカーチス・ルメイを推薦し、
勲一等旭日大綬章を受勲させる。
このルメイ、日本へ焼夷弾による無差別爆撃を編み出した米国空軍中将。

ま、きっと、まっとうな評価もあるんだろうけど、
少なくとも、ゼロ戦の欠点を知っていたのに放置した責任は、
この源田實にあるのだ。
お役人の性質と待遇は、今も昔も似たようなものだ。
現在の毎年三万人の自殺者と「お国の為」に命を散らした特攻隊とが重なり、
その死を踏み台に功績を得る笑顔の指導者達。
060308.gif

晩飯、カレー。
レトルトカレーを食おうかと思ったが、
余ってるルーがあったので、
ニンジンも無いまま短時間で作った。
普段は、あれこれ入れて大量に作るが、
これでも十分だなw

投稿者 しど : 07:03 PM | コメント (0) | トラックバック

March 07, 2006

駄目だこりゃ

そろそろ終わらせないと……と焦るばかりの確定申告。
今日で終わらせるぞ、といきこんで徹夜作業。
見当たらなかった、レシートを入れた袋も出てきて、
どうにか、足らなくても諦めのつく範囲でレシートが集まった。

さて、収入を減らすために必要経費をポチポチ計算しますよ。
自宅で仕事をしてるので、光熱費や電話代も半分は経費扱いにする。
といっても、領収書がみつからないので、数か月分だ。

源泉徴収も払ってないので、計算結果はそのまま支払う税金となる。
なのでいっそう、面倒な計算に直面すると、
「何で金を払ってやるこっちが苦労するんじゃ、ボケ」と切れ掛かる。

作業中、ビデオニュースドットコムを繋いでおく。
幼馴染な同世代のゲストでいつもより調子が良かったのか、
仲間同士のダベリのようなおしゃべりが3時間にわたって続く。
それでも、ゲスト「拒否できない日本」の作者との対談は興味深く、
時々手を休めて聞き入ったり。
ホント、日本はもう、駄目かもしれん。
頑張れ野党。

朝になって、どうにか、レシートの整理が終わる。
後は、解説を見ながら計算し記入するだけだからすぐだ。

東証が開くと、相場全体は軟調ながら、
昨日買ってたりそな株は順調に1万円以上プラスに。
チャートからすると、このまま上がり続けるような気分にもなり、
060307.gifこりゃえーわいと、ゴロリ横になって……
目が覚めたら、相場全体が急落してた……
そりゃ、寝てちゃ儲からんわな。

結局、後場でちょっと持ち直して、
りそな株は+2500円程度。
しかし、塩漬け中の含み損も
今日は20万円ほどマイナスに増える。
金銭感覚がおかしくなっている。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 02:49 AM | コメント (0) | トラックバック

March 06, 2006

外資企業の政治献金解禁(mixi日記から転載)

【上場企業を規制対象外に 外資企業の献金緩和、自民】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000009-kyodo-pol
 自民党がまとめた外資系企業の献金規制を緩和する政治資金規正法改正案が6日、明らかになった。外国人や外国法人が株式の過半数を持つ企業の献金を事実上、禁じている規定は残す一方、例外措置として日本に本社があり国内の証券取引所に上場している企業は規制の対象外とする。この改正により、今年5月に御手洗冨士夫社長が日本経団連会長に就任するキヤノンなど有力企業の献金に道が開かれることになる。
 党改革実行本部(太田誠一本部長)が6日開いた会合で改正案を了承。公明党の同意を得て、今国会に議員立法で提出、成立させて即日施行を目指す方針だ。(共同通信)


売国大バーゲン中・小泉政権も最後の閉店セールに入ったのか、いよいよ、外資による政治の直接介入を許すことになりそうだ。(ちなみに、政党助成金として、自民党は約168億円を得ている
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/seitoujyoseikin.htm)

キヤノンの株主の過半数が外資になってるらしいが、その社長が経団連の会長になるなんて、日本の経済界も不思議な動きをしているもんだ。

さて、たまたま、ビデオニュースドットコムの今週のゲストが「拒否できない日本」の著者関岡英之氏で、この話にも触れていたのだけど、「まさかなー」、なんて思ってた。
http://www.videonews.com/marugeki/257newmarugeki.html

見えないところで、何かとてつもないことが起こってるのかもしれない。わざと見えないようにしているのは新聞各社。「拒否できない日本」でも指摘されている、日本への米国の要望をまとめた「年次改革要望書」を、なぜ新聞各社が扱わないか、月刊「財界展望」が取材しているそうだ。
http://www.zaiten.co.jp/mag/0604/cnt.html
(残念ながら近所の田舎の書店には売ってなかった)
ビデオでの紹介によると、以下のような理由らしい。

読売、毎日:個別ニュースの判断内容には答えない
産経:出稿予定はあったが当日の紙面の都合で不掲載(良心的な回答だったらしい)
日経:記事にする内容ではない
朝日:特段の理由は無い

さて、こんな朝日新聞が前回の郵政選挙では、社説で繰り返し小泉の郵政民営化を擁護し、反対者を構造改革反対者として叩き続けた。実は、郵政民営化案の反対者は、一連の外資介入に反対する議員達だったりしたそうで、自民党内の反小泉派は一気に排除されてしまった。

財政が破綻したような日本だが、まだ、「対外債務でないので国家破綻はない」としてきたのに、郵貯の莫大な資金が市場に流れ出すことで、一気に外資に浚われる危険性も出てきた。加えて政治への外資の介入だ。後戻りはもうできないのだろうか。

それにしても、民主党党首の前原を見てると、野党もあんなんだしなー、とますます鬱になる。

最後だが、今回のビデオニュースドットコムは、神保氏と関岡氏が小学校の同級生という関係もあり、三人が近い年代と思考で、とても面白い3時間である。

投稿者 しど : 03:43 AM | コメント (0) | トラックバック

平穏な日常

朝、久しぶりのお祓い。
徹夜で掃除をしたりしつつ、朝8時を過ぎても宮司が来ない。

ようやく9時半頃に到着。
今は桜を、そのうちアジサイを、
また、1年くらいは花を使ったり形作ってるお菓子を供えよ、とのこと。

一日中雨ではあるが、株価も上がって今日は気分が良い。

先週見逃したテレビ番組の「ガイアの夜明け」、
どうしても見たくなって、WinnyでDLしてみた。
Winnyで検索してもなかなか出てこないが、
http://hashdb.com/
ここでハッシュを検索して、直接引っ張ると出てくる。

ADSL1.5MBの細い回線なので、
昨日セッティングして一日置いておいたのだが、
圧縮度の違う二つともDL終了していた。
違法とはいえ、助かる。

番組自体は、個人デイトレーダーを扱うというので期待してたのに、
表面的になぞるだけで面白味が足らない。
期待外れ……ではあるが、見てないと期待ばかりが高まるから、
ま、いっか。
060306.gif

夕方、郵便受けに知り合いの女性から転居通知。
マンションを買ったらしい。
そーいや、従妹のお姉ちゃんも買ってたし、
独身で真っ当に働いてるなら、
俺くらいの年齢でマンションくらい買えちゃうんだろうな。

晩飯、肉野菜炒め。
白菜、シイタケをまぜて、オイスターソース風味でトロミをつけると、
すっかり中華っぽい感じで美味い。

投稿者 しど : 02:01 AM | コメント (0) | トラックバック

March 05, 2006

小心かつ小身者として

一人多めに仏前を頂いていたのでお返しを買いに大丸へ。
前回来た時は、地下のギフトコーナーが改修中で、
「3月1日リニューアル」と貼紙に書いてあったのだが、
いざ改修が終わってみると、ギフトコーナーは無くなり、
健康ドリンクバーなどのコーナーに変わっていた……。

ギフトコーナーは7階に移ったと店員から聞いて、
いつもの中元・歳暮時期の催し場を想像して7階に着くと、
ギフトコーナーはいつもの場所ではなく、
総合カウンターの前にちょろっと商品が置いてある程度だった。

仕方ないので地下に戻り物色するが思うようなものもない。
いっそ、ビール券でも買うかと、隣接するダイエー1階のカウンターで注文、
あれ、ちょっと待てよ、同じギフト券なら
やっぱり大丸のがいーかと思い直してキャンセル、
大丸1階のカウンターへ……あれ?無くなってる。
全ての機能を7階に移したようだ。
まとめるならせめて1階にすればいいのに、頭が悪いなーなどと、
ブツブツ言いつつ再びエスカレーターで7階へ。
ところが、ダイエーのカウンターにはあったものの、
大丸のカウンターはデパート商品券しか置いておらず、
ビール券は地下で買うように言われる。

再び地下に降り、酒売り場で購入、配送手続き、金を払って、しばし待機。
5000円分を頼んだ際に、734円×7枚しかないと伝えられて、
その通りにしたのだが、待ってる間に壁の貼紙を見ると、
ダイエーのカウンターでみかけた、一枚500円のもありそうだった。
え、何でこっちじゃ……頼んだのは「ビール券」、これは「缶ビール券」だから?

ここで普通は、今頼んだのをキャンセルして500円券を買いなおすのだろうが、
小心者の俺は、そーいうのができない……。
うー。

その後、榊などを買うのに、スーパー3店を行ったり来たり。

帰宅後、ナニゲに体重計に乗る。
一瞬目を疑った。
65キロ。
身長158センチの俺には不釣合いな体重だ。
タバコを止める直前、ほとんど飯も食わなかった1年半前は、
46キロまで落ちてたのに、あっというまにここまで太ってしまった。
改めて思い返せば、ほとんどのズボンのウェストが合わず、
息を止めて腹を引っ込ませないとボタンが留められない。
060305.gif
最近、株の失敗で顔だけはやつれてるので、
何となく痩せた気分になってたのだが、
ストレスによるドカ食い&不貞寝生活じゃあ、
痩せるはずも無い。
これじゃまるで、地獄に住む餓鬼みたいじゃないか。

チビはチビなりに、バランス良くしておきたい。

晩飯、豚しょうが焼き。

投稿者 しど : 05:35 PM | コメント (2) | トラックバック

March 04, 2006

不注意警報

大叔母の百か日。
結局、納骨もすることになったとの連絡で、
お布施&預かり料が4万円、
納骨を業者に依頼したので1万5千円。

寺の本堂の一角に小さな祭壇が作られ、そこで読経、焼香。
30分ほどで終わり、代々の位牌が多いので、
一緒にする繰り出し位牌にしたいと、叔母が相談する。

繰り出し位牌とは、薄い板が十枚くらい位牌にセットされていて、
http://www.web-toku.com/~ihai/kuri/kuri.html
その板に戒名を書き、法事の際は、対象の仏の板を一番上に持ってくるもの。
うちもそれだが、浄土真宗だから簡易的な措置としてやってるのかと思ってたのに、
浄土宗でも大丈夫なのね、なんて思っていると、
「とりあえず、今回はちゃんとした位牌を作って、次からそうしなさい」と薦められ、
「繰り出しにする際は、白木のままの板だと黒ずむので漆や金を塗るといい」と、
相変わらず金のかかることをいう(笑)。

うちのは、戒名も俺が手書きしたくらいルーズなのに(笑)。

墓は業者を呼ばなくても納骨できそうではあったが、
開けてみると、先に入ってる骨壷が地面に張り付いて動かないらしい。
墓を作った時にコンクリが乾かないまま置いたのではないかといわれていた。
ついでに、隙間だらけで雨が漏れているらしい。
目地で埋めるというので見ていたら、御影石なのにセメントで埋めてた。
墓用のパテでも使うのかと思ったけど・・・
パテを埋めた俺の方が仕事丁寧じゃないか?(笑)

入ってる一体のも名前が入っておらず、
まだ、建立した際の、祖母の名前が赤いままだったので、
名前と赤消しの料金も聞く。
赤消しは今回分に入るが、名前は一文字1500円、運搬料2万円とのこと。
うちが頼んだ業者の方が安かったような気もする・・・
(調べたら全部で4万6千円なので同じくらいかな?)

食事を外でご馳走になって帰宅。
やれやれ。

いよいよ確定申告をしなければ・・・と思うが、またグズグズ。
とりあえず、晩飯でも食うかと、準備を始めかけて、
流し台の上に置いていた焼酎・二階堂のビンを落として割ってしまう。
今日は、朝、出るときも、出汁醤油のビンをひっくり返してるし、
060304.gif何だかついていないというか、注意不足な日だ。

普段は紙パックの焼酎しか飲まない俺にとって、
二階堂はやや高いランクになるので、
半分くらい残っていたのが悔やまれる。
兄貴が置いていったのだが、
勿体つけずに飲んでしまってれば良かった。

晩飯、ツナを野菜と炒めてみた。

投稿者 しど : 03:06 AM | コメント (0) | トラックバック

March 03, 2006

ボケボケ

午前中より作業を続ける。
株相場は再び下げ始め、方々でプチバブルが弾けたと囁かれる。
もちろん、まだ持っているので俺の含み損も膨らむ。
悩みつつもまだ損切りできないので、
今日は相場自体を見ないことにしておいた。
やることなすこと現実逃避だ。

さて、いい天気だし、日の出てるうちに散歩でもするかと家を出て、
丘の上の公園に行き、帰りに気まぐれでスーパーに寄って夕飯用の食材を捜す。
豚肉のバラ肉と中国産シイタケの袋を持って空いたレジに立つ。
財布を出そうとポケットをまさぐるが、持ってきていない。
そうか、今日はスーパーに寄るつもりじゃなかった・・・
060303.gif
商品を棚に戻して苦笑しながらスーパーを出る。
「買い物しようと町まで~」な財布を忘れたサザエさん状態ではあるが、
「るーるるるるっるー♪」なんて笑ってすませられるほどポジティブでもないので、
トボトボと帰宅するのだった。

そーいや、今日は置き薬の清算に来ると昨日連絡があったのに、
結局来なかったな。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 02:09 AM | コメント (0) | トラックバック

March 02, 2006

悪い癖

グズグズゴロゴロ、中々思うようにはかどらない。

ボヤボヤしているうちに、別件作業依頼。
ちょっと手が空かないので、明日に回してもらう。

チョコチョコやるものの、算段がつかない。

携帯にメール。
兄貴からで、法事の割り勘残り分を振り込むよう催促。
一気に萎える。

なんかさ、なんかさ。
いっそ、俺が居なくなればあいつを困らせられるよな、なんつー、
しょーもなくネガティブな感情がまとわりつく。
いろんなことが上手くいってないので、
いろんな些細なことも許容できずに妬み嫉みに変わる。
そんな自分自身すら許容できなくなってしまって、ついついゴロリと横になる。

いつものごとく、どーしてこんなことになってるのか、
くどくどと考えながら、あーだこーだ堂々巡り。

ああ、わかってるさ、確定申告が進まなくて
現実逃避したいだけなんだよな(笑)。

さて、少しずつでも片付けないとな。

晩飯、ハンバーグ。

投稿者 しど : 04:59 AM | コメント (0) | トラックバック

March 01, 2006

春なのにヒキコモリ

かつて東京に行った際は部屋に泊めてもらってた友達から、昼に電話。
東京を引き上げて実家に帰り、もうすぐ一年。
すっかり、会社員生活が身についたのか、順調に日々を過ごしているようだ。
親に彼女を会わせたなんて話を聞くと、尚更、そう感じる。

季節は冬を終え、春が目前に迫っている。
啓蟄(けいちつ)とともに虫たちも活発になり、
人々も新年度に向けて忙しくなる。

そんな世の中で、一人、土の中の蝉の幼虫のようにゴソゴソしているのは、
何とも心許ないもので、蝉ならまだ成虫になる運命だが、
今更自力で羽化する自信もなく、グズグズしている。

気づけば、今年に入ってから、ウダウダと他人の悪口ばかり重ね、
自らの行動はほとんど無いというのは、
兄貴や叔母など、長男長女タイプと反対の、末っ子の悪いところかもしれない。
非難はしても、結局諦めて泣き寝入りする。
親の仲裁を期待する行動なのだが、あいにく、親は死んでるし、
そもそも誰かを頼るような年齢でも無いしで、
さらに堂々巡りで体だけ大きい困った子どもだ。

さてさて、まずは確定申告を終わらせて、慌しい3月を俺も過ごそうじゃないか。

晩飯、鳥フライ。
ホントはチキンカツのつもりで作ったのだが、何が違うのかフライ。
いや、材料は同じはずだから、肉の部位と大きさが違ったのかな。

投稿者 しど : 01:17 AM | コメント (0) | トラックバック