« August 2006 | メイン | October 2006 »

September 30, 2006

乱デブー

金は無くとも、体は太る。出不精 to the デブ性。久々に履いた作業ズボンが腹を締め付ける。危機感を覚えて恐る恐る乗る体重計、3ヶ月ぶりの60キロ台。必死に腹筋などをして60キロを切った6、7月、真夏の大工作業で汗を流した8月、その間、飯の量を減らし、間食も無し。ところが9月に入って雨続き、大工作業をすることもなく、気ままに酔睡してたら昼夜が逆転、晩飯以降の時間も増える。比例して酒とつまみの量も増え、酔った挙句、寝る前に夜食も食う。これで太らない訳がないのだ。

数日前から、運転中にジーンズがきついと感じてはいたのだが、ちょっとショックである。ま、とりあえず、寝る前に食べるのくらいは止めるとしよう。来週、結婚式で礼服着るけど、大丈夫だろうか。去年からボタンは締まらない状態ではあるが、クリーニングに出したままなのを取りに行って履くのが怖い。23歳のときに仕立てたモノだからそろそろ買い換えるべきなんだろう。

午前中、住職来訪。今年の気候は数年ぶりに従来の季節変化なんだとか。雨が多いのも、もともとそういうものだったんだと。意外に忘れてるもんだ。日常生活を檀家からいろいろ注文されることがあるらしい。買い物カゴの肉を見ては、「仏門にある身だから控えめに」、ちょっと高い車に乗れば、「我らのお布施で贅沢な」、だからといって安い車ならば、「もう少し身なりに気を使ってほしい」など。本人も、若いころ、レンタルビデオ屋でホラービデオを手にしてたのを見られて、「お寺の息子がホラーばっかり見てる」と噂されてしまったんだとか。一種の客商売だから、なかなか大変だ。

晩飯、肉野菜炒め。

投稿者 しど : 01:26 AM | コメント (0) | トラックバック

September 29, 2006

愛のさざなみ

mixiのタモリ倶楽部コミュにて、昔やってた番組内のミニドラマが話題になってて、その第一弾の「愛のさざなみ」がYouTubeにあると紹介されてた。 http://youtube.com/watch?v=7oQM9UNLNq4 (ヌード写真撮影現場からドラマに突入するので、序盤からエロ注意。ドラマは始まって2分くらいから) 

麻生澪の出てたのが続編の「愛の山嵐」というタイトルだったことも知る。麻生澪はインパクト高かったなー。当時、小学生だったか中学生だったか覚えてないけど……。そのスレでの解説では、最初が主演中村れい子、脚本景山民夫の「愛のさざなみ」、途中、中村れい子多忙のため、麻生澪主演の「愛の山嵐」へ。中村が復帰して「愛のさざなみ」が再開されたものの、脚本の景山が降りたために、脚本が荒くなって人気低迷、終了したとか。上のYouTubeの回はモロエロなので、たぶん、再開後の景山が脚本じゃない方なのだろう。以降、渡辺正行が脚本を担当するドラマなども含め、いくつかあったらしい。

ヤカンを擦るドラマも少し覚えてるが、基本がパロディドラマだから元ネタの蓄積が無くて楽しめなかったんだろう、「早くドラマ終わればいいのに」とか思ってた。その後、ドラマじゃなくて、「東京トワイライトゾーン」や尻鑑定、そして、「空耳アワー」の流れで、まともに見始めたような。「東京~」を見てたのは上京してからだから、もしかしたら、下関では見れなかったのか、もしくは、東京のように23時台じゃなくてもっと遅い24時以降だから気づかなかったのか。まあ、そういう可能性もあるけど、昔のタモリって同じサブカルでも、もちっと大人の猥褻さみたいなのがあったから、今みたいなのとはちょっと方向性が違ってたのかもしれない。当時は、メインでどういう企画をやってたんだろう。

見たことの無い回のタモリ倶楽部をYouTubeであれこれ見てたら、こっちで今週放送する分を、先にYouTubeで見てしまっていた。いーんだか悪いんだか。それにしても、YouTubeも、削除ペースが早いね。以前、日記に書いたコンテンツを見ようとすると、大抵、無くなってる。貴重なのは保存した方がいーんだろうな。「インディーズの来襲」、保存しとけば良かったな(´・ω・`)。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 07:42 AM | コメント (0) | トラックバック

September 28, 2006

勘違いしてた「大地の子」

結婚式ビデオ、ようやく完成したので、VHSとDVDにして送る。とはいえ、DVD、一応、民生デッキでダビングしてるのだけど、うちのデッキで焼いたDVDが知り合いのデッキでは読めないという事態が発生してるので、やや不安。アナログメディアは、多少の違いなど力技で解決できちゃうが、デジタルメディアは、多少の違いも融通の利かないのが困るところ。
060928.gif
日本映画専門チャンネルで、またドラマ「大地の子」をやっている。そして、また見てしまう。今回、初めて「第一話」を見たのだが(開始10分くらいは見損ねたがw)、今まで何度も見てた幼少時代の回想シーンが、実は第一話だったことがようやく判明した。長らく幼少時代や学生時代の回があるのかと思ってた。で、普段はOPの字幕は見ないのだけど、今日、妹が発見される回のを何気なく見ていて、妹役が永井真理子なのを初めて知った。ずっと、裕木奈江だと思ってたのだ。裕木が叩かれてたりすると、「意外に大地の子の妹とか上手かったしさー」なんて擁護してたんだけど、そーいうのも含めて間違いだった。あちゃー。何で裕木奈江だと思い込んでたんだろう、謎だ。

それにしても、「大地の子」、涙腺解放装置としては「火垂の墓」以上だし、ドラマや役者も申し分の無い出来なのに、唯一の汚点は、主人公の幼馴染の女の子が成長すると、十勝花子になっちゃうことだろう。これはこれで、辛い人生を経てヒステリックなオバハンになっちゃったという、リアル描写と解釈できなくもないが(笑)。陸一心来日後の不幸の原因がこの十勝の役なので、もちっと優しいタイプの役者なら、「善意が招いた不幸」として味わい深いんだけど、十勝だと、「悪意の種が不幸を招く」みたいな展開になっちゃうからなぁ。原作はどっちなんだろう……。

あと、来日の際の中国側の責任者が誰かに似てるなーと思ってたら、ようやく、ユリオカ超特Qだと気づいた。一度気づくと、出るたびに「らっしゃい」っていいそうで、つい笑っちゃう。

晩飯、鶏マヨネーズ焼き。

投稿者 しど : 04:20 AM | コメント (0) | トラックバック

September 27, 2006

江畑謙介の講演に行ってきた

江畑謙介の講演に行ってきた。
タイトルは「日本の防衛は大丈夫か?米軍再編と岩国基地」
江畑謙介
始めに断りとして、軍事評論家と紹介されてるが、
一般的な評論家のように独自の意見を絡めず、
客観的なデータの解説なので思想性は無い、
なんて説明してた。
日本で軍事ネタを絡めるには、
事前にこうした立場を示すことが大切なのだろう。

さて、内容は、情報を紹介するだけで時間を費やす。
米軍の世界戦略に伴う基地展開、北朝鮮問題、中国のエネルギー問題、
の三点がメイン。
中身は資料もいっぱいで無茶苦茶濃いんだけど、
途中、学校の授業のような感覚を思い出して眠くなって困った(笑)。

北朝鮮、メディアが大騒ぎしたテポドンはアメリカ向けなので関係ないが、
数発撃った短距離ミサイルこそ、日本への攻撃可能を示す証拠として、
重要だったそうだ。
核開発については、自国での実験はまだだが、
パキスタンなどと共同開発しているのではないか、との予想。

面白かったのは中国のエネルギー問題。
日本はアメリカの太平洋戦略の中に居るのに対して、
中国は独自にインド洋、太平洋の防衛ラインを作らないと、
中東から原油を運べないという危機感があるらしく、
ロシアやパキスタンからのパイプライン敷設や独自開発に必死なんだとか。
そうした事情での軍事力強化が日本にとっての脅威になりつつあるそうだ。

その後、質疑応答。
俺も、ミサイル防衛の実現性と東京一極集中の防衛上の問題について聞いてみた。
が、マイクを握った途端に上がってしまって(笑)、モゴモゴとなってしまう。
ミサイル防衛については、実現性は低いけれども、
現在においてはそれが一番有効な手段であり、中国も嫌がってるそうだ。
一極集中については、政治体制を分散するメリットは無い、とのことで、
実は、経済やメディアも含めた部分での質問をしたかったのだが、
それは伝わらなかったようだ。

ほかの質問の中で、岩国への基地移転についての抗議には、
講演の中で、それ自体は、米軍にはメリットの無い譲歩と説明してたが、
沖縄や厚木でのデメリット軽減となれば、ゴミ処理施設と同様で、
どこかが負わなければいけない負担として仕方ないし、
それが嫌なら、きちんと政治に反映させないといけない、と説明していた。
つまり、防衛が国会できちんと討議されることがないように、
国民もまた、そうした問題を実際の選挙活動に生かしてないのがいけない、とのこと。

話す雰囲気はテレビで見るのと同じで、謙虚と真面目そのもの。
本人はかなりリベラルに、戦略重視な是々非々を思案しつつ、
あくまでリアリスティックなデータ分析を経た結論を持っているようだけど、
その結論は敢えて主張せず、その過程のデータを共有する、という姿勢。

俺が読んだ著作は、
「日本の軍事システム 自衛隊装備の問題点」(講談社現代新書)
だけど、これも、問題点の抽出と解決法が非常にわかりやすかったし、
今後も、この人の解説は信頼できると思う。
まともな人に限って地上波では採用されない昨今だけど、どうだろうか。

最後に下世話ながら、頭の状態について。
お辞儀で頭を下げた際に頭頂部が見えたのだが、
上に載った髪は、蓋状ではなく、天頂で渦を巻いていた。

さて、余談。
道路公団は解散して、高速を公道化すべきだったと思ったこと。

今回の講演はテレビ局主催なので、開催も県庁所在地である県央周辺。
県の最西端の下関から車で向かうにはやや距離がある。

知り合いから2時間前には出たほうがいいといわれてたのだが、
先にガソリンを給油したので間に合わなさそうな感じ。
仕方ないので、高速道路を利用。
市街地を抜けるくらいまで30分ほど乗って850円。
そこから一時間ほど国道を走って到着した。
夕方、国道はトラックで渋滞してるのに、高速道路はスカスカ。
燃料消費を考慮しても、大型トラックはもう少し高速道路を活用できるように、
料金設定など柔軟的に対応したほうが良いんじゃないだろうか。
国道も、徐々に高速道路と変わらないバイパスができていて、
高速道路と平行して作る無駄さ加減もありつつ、
トラックが高速に流れるだけでも、国道も空くから経済効果でペイできたはず。
もう、高速道路は独占民間企業だから、儲け第一として割引とかはしないんだろうし、
自民党が与党である限り、独占道路管理会社の維持(建設は国負担)は必然なので、
こーいう柔軟な策の実現は不可能なんだけどさ。

晩飯、すき家で麻婆豚丼とサラダ。

投稿者 しど : 04:22 AM | コメント (0) | トラックバック

September 26, 2006

県内観光

知り合いに県内観光へ連れて行ってもらった。
まずは、巨大パラボナアンテナがトレードマークの
KDDI 山口衛星通信センター。
060926a.jpg
小学生のとき、遠足のコースに予定されていたが、
当日、工事か天候だかで変更になったことで行けず。
それ以来、一体それが何をする施設なのか知らないまま20年以上経過していた。
西日本の通信衛星基地になってるらしく、思ってた以上に重要な施設だった。
http://naritama.org/report/kddi_yamaguchi.html
見学施設は無料で、ミニシアターの映像による解説がわかりやすい。

次に、県境の長門峡。
060926b.jpg
http://www.health-welfare-yamaguchi.or.jp/sampo/index/200411.html
渓谷を流れる川沿いの遊歩道をひたすら歩く。
紅葉にはまだ早く閑散としているが、ピクニック気分でいい感じ。
流れの緩やかな川面が青白く、水の清さを感じさせる。

足を伸ばして、島根の津和野へ。
実は島根県は初めてだ。
(疲れてたのか写真撮り忘れてた……)
http://www.my-panorama.com/huukei/062tuwano/062tuwano.htm
昔から、観光地として西日本では有名なので、
萩程度の街の規模を想像していたのだが、実際は思ってた以上に狭い街。
錦鯉が泳ぐ道の脇の水路の写真を良く見かけるが、
それはどうも、メインストリートのみのようだ。
街自体が盆地に広がる映画のセットのようで、
時代に取り残されたような食堂から、渥美清でも出て来そう。

山肌に這う長い長い階段を登ると太鼓谷稲成神社にたどり着く。
(稲荷ではなく稲成だそうだ)
060926c.jpg
  かなり疲れてたのだろう。
  長々と続く赤い鳥居の階段を、
  下から、撮っとくべきだった……。→
  しかも、これ、市街地じゃない方を撮ってるし。

付近に、潰れたホテルやドライブインが多いのは、
観光地価格の駐車場ばかりで、車の来訪が少ないからだったりしないだろうか?
空き地の駐車場に400円を払わされて、つい勿体無いなー、なんて思うけど、
電車の駅を街作りの中心にするのか、車利用の分散型にするのかの選択肢は、
地方都市以上に観光地にも重要な要素だろう。
もちろん、駐車場料金を払っても良いと思う観光地ならいいのだろうけど、
とりあえず、ケチな俺にとって、駐車場料金は大きなマイナス要素だ。
ちなみに、上のパラボナのトコは、施設内駐車場で無料、
長門峡は、付近の道の駅の駐車場で無料。
観光ピーク時は有料のトコに停める人も居るんだろうか、
遊歩道入り口付近の「300円」と書かれた駐車場用の空き地がわびしかった。

〆さばヒカルについて、たけしがコメントしてたらしい。
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=520483&log=20060926
このブログ、もともと橋本志穂の記述もコピペしてたんだけど、
それは消しちゃったみたいだな。

晩飯、おじや。

投稿者 しど : 04:31 AM | コメント (0) | トラックバック

September 25, 2006

安倍総理誕生

捨てる電池があれば持ってくるようにと、
隣のあんちゃんがわざわざ言いに来た。
一回100円の有料ゴミながら、
ゴミとして出すほど一軒では溜まらないのが困りもの。
お言葉に甘えてまとめて持っていくことにしよう。

安倍総理誕生。
とうとう大臣経験も無い議員が首相になってしまった。
でもま、地元だから、経済状況の変化でもあればいいか。

地上波は政権ヨイショ番組を増やしてるし、
どうにも、ニュースを見る気が起こらない。
オウム裁判の麻原担当弁護士に裁判所が処分を求めたり(※)、
もう何だか社会の価値観と自分の価値観が乖離してしまって、
どうにもならない。
このまま分裂症で行くべきか、きちんと迎合すべきか、
上手く折衷していかないとな。

(※)【麻原弁護士2人の処分、日弁連に請求-東京高裁】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060923it01.htm
参照:ビデオニュース・神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/videonews/000228.php
(こーいうときは、トラックバックを使うんだろうけど、勇気が使えないw)

晩飯、鶏マヨ焼き。
いざ食べようとオーブンから出したとき、
ちょっと余所見をしてたのが災いして、容器の熱さで手を滑らせる。
床に散らばった肉を集めて洗って再び焼いて食べたが、とても切なかった。
マヨネーズが乾くと、床はワックスを塗ったようにピカピカに(笑)。

投稿者 しど : 04:35 AM | コメント (0) | トラックバック

September 24, 2006

品川ショージです♪

晩飯がてら、TBSの「DOORS2」というのを見た。
お笑い芸人大量出演で、アトラクション競技をこなすという番組。
まあ、普通にやれば外すはずのない企画のはずだけど、
そこはお笑い音痴のTBS、4時間の長丁場を、
ただただひたすらダラダラと続く素人映画みたいな状態で糞番組化。

設定自体は、お笑いウルトラクイズとも似てるんだけど、
ウルトラクイズの見所は、クイズでは無く、苦難に合う芸人の反応で、
ダチョウ倶楽部を称する「リアクション芸人」というジャンルまで開発された面白さだった。
一方、この番組は、メインが巨大&豪華施設での競技だから、
やたら難易度が高くて真剣にやらざるを得ない状況に、リアクションがとり辛い。
更に、演出や編集がお笑い担当の人では無さそうで、
「芸人が一生懸命やってる姿を見るのも面白いでしょ?」ってスタンス。
060920.gif
競技をクリアしたポイントを加算して
最後は高得点二人の決勝というのに、
3時間半かけて決勝に残ったのは
村上ショージと品川庄司の品川だもん。
地味過ぎる割りに吉本同士だから、レアな感じも無い。

進行がナイナイだったのもつまらないトコか。
こーいう番組においては、リアクション芸人ももちろんだが、
そのリアクションを拾ってツッコム司会の重要性がよくわかる。
やっぱ「内P」でのウンナン・内村は上手かったんだな。

TBSは風雲たけし城での巨大セットと、
スター感謝祭でのタレント大量招聘に味をしめてる感じだな。

で、俺、最後の方、寝ちゃって、結局誰が勝ったかも知らないまま。
知りたくもないけど。
しかし、決勝二人で「品川ショージです♪」ってやったかどうかは気になる(笑)。

ようやく結婚式ビデオの第一稿が上がり、確認用にネットにUPする。

その後、墓参り。
秋晴れの良い天気が続いているのに、
昼夜逆転しててあんまり昼に動いていないのが勿体無い。
9月の初っ端が雨続きで、ついついダレてしまったのも原因なので、
今と逆の天候だったら、少しは気分的に充実したかもしれんなー。

墓参り後、行くことにしてた叔父に電話すると、
もう少ししてから来てくれとのことで、月刊ドラマを探しに書店へ。
結局、駅前デパートの中の二つの書店も見たが、どこも置いてない。
残るは、片道車で40分くらいの中規模店か。
つくづく、その雑誌を置いていた書店が潰れたのが悔やまれる。

探してる間に、デパートの新規店で、広告批評があるのを発見して、
久しぶりに手にとってみた。
東京や新潟に住んでた頃は、図書館にもあったし、
随分、ポピュラーな雑誌だと思ってたんだけど、
下関では全く見かけない雑誌だった。
橋本治の時事ネタ「ああでもなくこうでもなく」の連載も続いていた。
そーいや、今年は「ああでもなく~」をまとめたシリーズ本5巻目が出るはずなのに、
出ないな。
連載目的だけで広告批評を買う気もしないしな……通って立ち読みするか。

その後、叔父宅におかんの茶道の茶碗を届けつつ、土産も受け取る。
「お母さんが好きだったから買ってきた」という土産だったはずだけど、
初めて見る、しかも、うちではほとんど食わない柿系のお菓子だ。
ま、いーけど。

晩飯、スーパーで購入した寿司と弁当。
ちと食いすぎた。
ついつい限界まで胃に押し込んでしまう、今日この頃。
寝る前も、ラーメン作ったりしてたしな……

投稿者 しど : 03:59 AM | コメント (0) | トラックバック

September 23, 2006

世はお彼岸だったらしい

ごそごそ惰眠を貪ってると叔父から電話。
「墓参りするけど、花とかはどうするかね?」
どうもお彼岸らしい。
すっかり忘れていた。
この前、市場に行ったら花を一杯売ってたのはあれか。
日本の仏事もなんだかんだでいろいろあるもんだな。

さて、今週はそんなこともすっかり放置してビデオ作りに熱中してるのだが、
スキャンした写真をPhotoshopでコメントを付けたりして加工、
動画ソフトのPremiereで取り込んで、写真をエフェクトで繋げたりして、
最後に、音楽も付けて完了。

それぞれのコンテンツを並べてから、ようやく細かい調整に入る。
この段階が一番楽しい。
でも、パソコンでやってると、スペックを超えた動作になるようで、
徐々に反応が遅くなったりフリーズしたり。

ま、そーいうのも毎度だからと、こまめにデータを保存しつつ、
ブチブチと電源をリセットしたりしてるのだが、
どーしたことか、保存したはずのプロジェクトが開けなくなって動揺しまくる。
データ自体が飛んだとなると、やり直す作業の量にうんざりしてしまったが、
再びMacを再起動させると、どうにか開けてホッとした。

パソコンでの作業は、個人に無限の可能性をもたらしたけど、
可能性の儚さについても、身をもって体験させてくれる。

そーいや、WindowsがOSのパッチ当てを要求してたので応じてみたら、
IMEのユーザー辞書も一部が消えてしまう。
前回も同じ目にあって用心すべく心に誓ったのだが、
すぐに怠ってしまうのも、パソコン利用者の罠か。
便利と不便との距離が凄く近いパソコン活用である。

夜、兄貴から電話。
身重の嫁が実家で検査を受けるから、一人で暇なんだとか。
人の親になったことで、いくらか性格が変わったようで、
「お前も早く結婚しろよ」とかいってる。
その前に就職しないと無理だよ(笑)。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 07:00 AM | コメント (0) | トラックバック

September 22, 2006

タイガースの「廃墟の鳩」は好き

先日落札したヤフオクの写真集が届く。
今回は6冊。
割合高値になったものばかりながら、見送るよりは後悔も少ない。
まあ、高いっても、一冊千円以下の買い物だもんな(笑)。

何度か確認するうち、貼りついたページが一冊に見つかる。
一気に萎えるが、出品者に交換を求めてメール。
でも、送料とかどうなるのかなーとか考えるうち、
次回の送料400円をタダにすることでバーターにするかなー、
という提案も浮かび、それもメールに記す。

夜、返事が来て、在庫が無いので送料タダで応じるとのこと。
その本の落札価格は710円だから、冷静に考えれば損なんだけど、
ま、欲しいと思ったモンだから、シャーないか。

この人、同じ廃墟写真集を何度も出品していて、
一応、興味もあっていつもチェックはしてるんだけど、
最終的に1000円以上になるので見送っている。
で、廃墟趣味の人って多いのかなー、
なんて思ってたどり着いた廃墟ネタのサイトを、ついつい読み込んでしまう。
http://www.bbweb-arena.com/users/kaede472/
マニアもつきつめると、仕事にもなるようで、
サイトの作者は、ライターとして執筆活動もしているようだ。
死体も発見したことがあるというこの人が、
廃墟における霊現象を否定してるのも面白い。
実際、まともなお寺や葬儀社の人は、霊のことなんていわんもんな。

晩飯、コロッケ、タマネギフライ。

投稿者 しど : 07:18 AM | コメント (0) | トラックバック

September 21, 2006

あなたや襟裳岬の74年

結婚式用ビデオのBGMに、新郎新婦が生まれた年の曲を探していて、
手軽に集めるつもりでWinnyを使ってみたのだが、ほとんどひっかからず、
結局、近所のレンタルビデオ屋で、年代別のヒット曲CDを借りてくる。
最初からこうしとけば無駄な時間を使わずにすんだのに(笑)。

友達の新郎は、プロフィールを確認すると思ってたよりも随分年下で、
その分、彼の生まれた74年の音楽はほとんど記憶に残っていて、
頭の中の曖昧な断片がつなぎ合わさるような心地良さを味わえる。
子供の記憶にも残る、社会全体が共有するヒット曲を持てた時代というのは、
やっぱり幸せだったんだと思う。
右翼が国旗・国歌にアイデンティティを求めるのと似たようなもんだろうか。

とはいえ、中々、思ってた映像と写真とが合わない。
むずかしい。

晩飯、コロッケとタマネギを揚げる。

投稿者 しど : 06:00 AM | コメント (0) | トラックバック

September 20, 2006

〆さばヒカル死去

060920.gifお笑いコンビ、元雨空トッポライポのライポ、
現〆さばのヒカルが18日に亡くなってたことを知る。
KAT-TUNで似てるのが出たから、早くネタにしたかったんだけどな。

雨空時代はライブで見たことがあったり、
たけし軍団の中では、浅草キッドに次ぐ、
まともな漫才師コンビだと思ってただけに、残念。
自分がチビ男なので、小ぶりなタレントは他より意識しがちだが、
年齢も同じだと知り、さらに切ない。
http://www.office-kitano.co.jp/contents/OFFICE/MENBER/shimesaba/shimesaba.html

当初は、ガダルカナルタカの奥さん、橋本志穂が、
自殺を臭わせた詳細を残していたが、今は削除されてるとのこと。

将来を心配して睡眠障害になり、睡眠薬や漢方薬を大量服用するうち、
劇症肝炎で死の淵をさ迷ったものの、どうにか一命をとり止め、
今月には復帰してたのに、元気になると、治療費も心配になりつつ、
再び将来を不安に思って……とのことらしい。
生真面目なところが災いしたとか。

橋本志穂のブログ文章とされてるログの前半には、
ここ10年くらいに起こったいくつかのお笑いブームから取り残されたことを
嘆いていたと書かれていたが、実力の差以外の要因で、
どんどん待遇が変わっていくのを間近で見るのは辛い人生だろう。

たけし軍団には、昔、ドツキ漫才で「星&馬場」というのも居たのに、
そっちはとっくに解散引退してるようだし、雨空も一時は引退したのかと思ってた。

そーいえば、CSでやってたたけしの映画「キッズリターン」を見てると、
劇中に出てきた漫才志望の高校生コンビが後の北京ゲンジだと判明しつつ、
北京ゲンジも最近解散したし、芸能界の厳しさを改めて感じる。

音声のみだが漫才が聞けるようだ。
http://www.owarai.to/2002/cement13/13shimesaba.ram
ネタで「止めなきゃ何時かいいことあるよ」って……。
しかし、後半とくに面白いな。
ちなみに、ボケが今回亡くなったヒカル。

チビ芸人&学校も同じで以前から気にしてる「シャカ」も、
微妙にブームに乗り遅れてるのが、どうなるんだろう……。
ウンナンと同期ながら、メディアからは消え、とっくに解散してるかと思えば、
地道に実力派として寄席で活躍してる笑組のような存在も居るし。

探したら、笑組のネタが見られるようだ。
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Profiles.aspx?code=249
昔は、デブと痩せ逆だったんだけどな……体型と顔が結びつかなくて当然か。
ネタもコントだと昔とそう変わらないな。

晩飯、合い挽き肉でそぼろご飯。

投稿者 しど : 04:33 AM | コメント (0) | トラックバック

September 19, 2006

CD届く

結婚式ビデオ用に、過去の時代説明の画像をネットで探すも、
意外にみつからない。
長嶋茂雄がマウンドで引退発表をする写真と、
ガッツ石松がチャンピオンになった試合後の写真が欲しい。
図書館に行ってみたが、思ってたような「写真で語る昭和」みたいなのが無い。
どーしたもんだ。
いくつか、昭和史を扱う本に、小さな写真が少し出ているのだけど、
記憶に残っている画像が見あたらない。
実は、昭和イベントの画像の記憶は、
動画から来てるイメージが多いのかもしれない、などと思い巡らす。
それなら、写真として残ってなくても仕方ないか。
にしても、やっぱ、うちの地元の図書館、品揃え悪いのかな?

図書館で小学生の絵画展をやってたので、ちょっと覗く。
金銀赤の札が貼ってあるのもあって、入賞の有無もあるようだ。
子供の絵の評価には学年ごとのモデルみたいなのがあって、
低学年は自由奔放さ、高学年は写実性、とかじゃないかと思うのは自分の経験。
俺は、小学校低学年の頃は全く評価されてなくて、
高学年から中学1年くらいまで、良く賞を貰っていた。

低学年では入賞の常連で、良く自慢してた奔放な絵柄の友人が、
小学3年の頃から徐々に評価されなくなり、逆に、俺が入賞し始める。
俺のは点描で緑を描いて山を表現したりの、面白味に欠けたリアルな写実タイプで、
入賞することが無くなって意気消沈する友人を見て、
「見ろ! お前の天下はもう終わりだ!」などと思ったりする嫌な小学生だったのだが、
そんな俺も、中学に入って2年くらいからは、入賞しなくなる。
写実の次の表現方法を知らなかったからだと思う。

その頃だと、遠目には赤い物体も、間近で見ると青が混じっていたり、
隣の物の色が反射してたり、写実系にも複雑な表現方法が加わってきてたんだけど、
そーいうのができなくて、結局、高校の美術は第三希望の書道になったりで、
絵の手法はそこで止まってしまっている。

そんなことをツラツラと考えながら、子供達の絵を見る。
やっぱり、漫画キャラっぽいのより、独創的に描いてる絵のが面白いね。
そーいうのは思いつかなかった、大人の顔をうかがってばかりだった俺の子供時代。
つか、図画工作や美術の授業て、あんまり教わることって無かったな。

帰宅すると、元800ランプのオグラの新譜が届いていた。
早速、サイトの更新作業を始めるが、新譜は3枚組な上に、
なかなか凝ったデザインなので、きちんと紹介しようとあれこれしてると、
あっという間に時間ばかりが経ってしまった。
作業中、聞いていて、新しい音に不慣れな間は、
どうも好きになれないなー、なんて思うのだけど、
何度か聞くうちに、毎度のように、体に馴染んでくる。
曲の感想などは、もっと聞き込んでからにする。

あ、結局、ビデオの方は手付かずだったな……間に合うのか心配になってきた。

晩飯、麻婆豆腐。

投稿者 しど : 06:45 AM | コメント (0) | トラックバック

September 18, 2006

麻婆豆腐を作る

仏壇用の花を買いに出て、今日は祭日だったことを思い出す。
でも、ほとんどの店は通常通り開いている。
市場で花を仕入れて、ほかの買い物へ。
途中、地元老舗書店の支店に、月刊ドラマを買いに向かうも、閉店してた。
今年だけで大型店が二店開店したから、影響もあったのだろうか。
ただ、大型とはいえ、大都市のようなビル丸ごと書店というのでもないので、
結局、似たような品揃えが並ぶばかりで欲しいモノはみつからない。

先日、ためしてガッテンで麻婆豆腐の作り方をやってたので、
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q3/20060913.html
サイトで確認して、甜麺醤(テンメンジャン)なども仕入れて作ってみた。
やや油を大目に使うのが気になるし、いつも食べてる丸美屋のレトルトとも違う味ではあるが、
ちゃんとした挽き肉を使ってるせいか、なかなか、美味い。
ま、麻婆豆腐の素があれば、そっち使った方がいーけどさ(笑)。

夜、小泉劇場のドラマを日テレが放送。
見る気はもともと無いけど、資料的に録画だけしておいた。
いくら体制翼賛大本営発表のメディアにしても、ここまで来たらやりすぎだろう。
現役総理大臣のドラマを放送して平気な神経がもう、理解不能。
来月はフジテレビが小泉のアニメを放送するらしい。
いい加減にして欲しい。

晩飯、麻婆豆腐。

投稿者 しど : 07:07 AM | コメント (0) | トラックバック

September 17, 2006

台風一過

台風。
気づいたら猛烈な風が吹いていて、あまりに猛烈なので、
外に様子見へ行くのも躊躇され、家でおとなしく作業。

夕方、飯の準備をしていると停電。
飯を炊き忘れていて、ガスレンジでスパゲッティを茹でてたとこだったが、
面倒なオカズを作るわけでもないので、むしろ、何の心配もせず、
懐中電灯を照らして仏間に行って蝋燭を取ってきて、
いくつかに点けて、いざ食べようとすると電気復活。
まいっか。
NHK、シロナガス鯨の生態のドキュメントをやるというので楽しみにしていたが、
台風報道のため、番組は延期。
仕方ないなーと思いつつネットを見ていると、どうも、延期になったのは、
台風の影響下にある西日本だけの様子。
なんだか悔しい。

その後、何度か断続的に停電になるが、その都度10分くらいで復旧するので、
むしろ、停電なら停電でそのまま真っ暗なままの方がいいのに、なんて。

風呂場の上のプラ製波板がバッタンバッタン鳴るので、
台風の目で風が静かなときに見に行くと、一部が飛んでいった模様。
飛んだ残りの部分は割れてしまっていてどうにもならないので、
とりあえず、風に煽られてバタバタしている部分だけ、釘を打って止めておく。

今回の台風は並じゃないが、8月に雨漏り修理をしたおかげか、
そっちの心配が無くなったのが嬉しいトコ。

晩飯、スパゲティ。

投稿者 しど : 07:18 AM | コメント (0) | トラックバック

September 16, 2006

ドラゴンゲート見てきた

夜バタバタとプロレスを見に行く。
プロレス初体験が、ややマイナーなドラゴンゲートというのが俺らしい。
http://www.gaora.co.jp/dragongate/index.html
一度は行きたいと思ってたところに、近所のスーパーで割引券をみつけたので、
気が向いたら行こうと、持ち帰っていたのだ。

さて、会場はデパート内の大広間。
ここは以前、シナ&ロケを見たとこでもあるが、
さすがにプロレスだと天井が低い気がする。
割引券で買おうとしてた立ち見はすでに無く、安い席を買ったつもりが、
前から5列目のリングサイド席。
5000円札を出してチケットとおつりを貰ったときの記憶がないので(笑)、
高い席が安く売られたのか、むこうが間違えて高い席のチケットをくれたのか、
もしくは、間違えて高い席を買ってしまったのか、見当もつかない。
まー、いずれにしても会場内は狭いからどこでも大して変わらないから、
安い席でも大丈夫だった。

場内に入ると、ロビーでストーカー市川が携帯電話のシール貼りをしていた。
腹にフグの絵が描いてあるのは、下関興行への気遣いか。
060916a.jpg  060916a.jpg

試合が始まると、天井の低さがやっぱり気になる。
トップロープに上ると天井に手が届く有様で、思い切ってジャンプができない感じ。
空中戦を売りにするルチャ系のドラゴンゲートなのに、これは痛い。

メジャー系のプロレスに比べて、小柄な選手が多い上に、
キャラクター的な笑い系が流れやすいのは、
レベルは違えど、昔見た学生プロレスにも似た感じ。
学生プロレスは選手の暴露ネタ満載な実況と解説が面白かったけど、
今回は、こんな場所での興行のせいなのか、リングアナによる選手紹介のみで、
全くそーいうのは無かった。
メジャー系でも、こんな感じなのかな?

照明は暗転やスポットライトも無く、ずっと蛍光灯が点いたままで、
普通に宴会の余興のような雰囲気だ。
060916a.jpg
こちら、入場するCIMAとジャック・エバンス。
画面が暗いのはフラッシュを焚いたからで、照明演出ではない。
060916a.jpg
ファイナル試合。この後、全員で場外乱闘。
俺の傍では、ドン・フジイが大暴れ。

時には大丈夫かと心配になるくらいの痛そうな技も出るし、
リング外にプランチャーはするし、四方向きちんと場外乱闘もあるしで、十分楽しめた。
全5試合がちょっと物足りなさを感じる程度の2時間。

帰宅して深夜、酒を買いに郊外に向かってると、警察が飲酒運転の検問をしていた。
こんなトコで検問してたのか……もっと街中のがいーと思うんだが。

晩飯、鶏肉すき焼き風。

投稿者 しど : 07:26 AM | コメント (2) | トラックバック

September 15, 2006

麻原に死刑判決

昼間、相変わらず、スキャン。
取捨選択の結果か、出すのが面倒だったのか、もともと無いのか、
無い時期は、スコーンと写真が無かったりする。

俺は、コンスタントにだいたいあるが、
以前書いたように、大学生の時にコンパクトカメラを買ってから、
それが壊れた米国から帰国する直前までが、一番、大量にある。
今となれば、青春時代なのか(笑)。

竹中総務相が議員辞職を表明したらしい。竹中平蔵
次点が自民党で神取忍(!)だったから、
すんなり了承されたんだろうけど、
政権中枢に居た間に、
一体幾ら儲けたんだろうか、この人。
まだ、住民票を米国に移動して税逃れしてたら笑うけど、
とりあえず、次の就職先及び仕事関係で、
どこに対して恩を売っていたかが判明するだろうな。

麻原彰晃の死刑が結審したらしい。
異例の一審。
この国の司法関係、どーにかならんもんだろうかとも思うが、
メディアも弁護側の意見はほとんど出さないから、世論が固定されてしまう。
おまけに被疑者の味方をする弁護士は「人権弁護士」で悪いやつ、
なんて意見すら散見される始末。
少しくらい、弁護士側からアプローチした報道があっても良かったのに。
http://www.videonews.com/on-demand/251260/000376.php

ただ、ビデオニュースドットコムでは、植草の件で異例の見解発表をしていたり、
http://videonews.com/HTML/about_uekusa.html
世論がお上体質になりつつあるのも最近の傾向だろうか。

小泉政権の5年間とは、こうした傾向が顕著に現れた過程であったと感じる。
疑うこともなく、真相を求める気配も無い。
ただただ、表面的な断罪を早急に求める稚拙な世論。

まだ生きているオウムの指導者から、
何一つ聞き出さないままの臭い物に蓋の結末は、
豊田商事の顛末と結果的に変わらない。

あれだけ騒いだ耐震構造偽装問題も、姉歯など、
下っ端の尻尾切りで終わりそうだ。
建築基準法が、米国の市場開放要請で簡易化された結果の耐震基準。
もっと効果があるとされる免震構造は当初、市場から追放されかかった経緯がある。
市場開放と大量の天下り組織の形成、
そこに流れ込んだ新興勢力森派の利権と、SG会の絡み。
これはこれで、いろいろ出てくるはずだったんだけどな。

まあ、リクルート事件以降のあらゆるネタも、
大山鳴動してねずみ一匹ばっかりだから、いまさらいっても仕方ないんだろうけど、
司法までこんな状況になっちゃったら、もう、後戻りはできないかもしれない。

晩飯、鶏肉をすき焼き風に煮る。

投稿者 しど : 05:19 AM | コメント (0) | トラックバック

September 14, 2006

再起失敗の植草

植草一秀がまた捕まったらしい。060914.gif
【痴漢:植草教授、今度は触る】
http://tinyurl.com/jqoke 
酔っていたとはいえ、今回は言い逃れできそうにない。
むしろ、酔っていたからこその本性なのかもしれないし。
手鏡の件は、冤罪の可能性が高かったが、
もともとそういう性癖を利用して
失脚させようと尾行していたところが、
なかなか尻尾を出さないので、
でっち上げ逮捕したとかなのかも。

一度つまづいて、どんどんどんどん落ちていく様子は、悲しいもんだ。
決して、本職で失敗してる訳でも無いのにな。
まあ、今後は裏方に徹するか、アウトローな暴露トーク満載とか、
いずれにせよ、以前のような表舞台には戻れないだろうな。
ビデオニュースで経済担当として地道にやってくれると、
意外に嬉しいんだけどな。
ギャラ安くて済むだろうし、どうだろうか。

友達の結婚式用に、写真を使ってスライドショーを作る約束をしていて、
本日、新郎新婦の写真が届く。
二人の赤ん坊からの写真をスキャンしつつ見ていると、
決して順調ではなかったかもしれないが、、
他人事ながら、その成長ぶりが楽しくなる。
ただ、両家ともの家族揃った仲の良い写真など眺めていると、
時に、自分が非常にミジメに感じられて困ってしまう。
俺も途中までは順調だったはずなんだけどなぁ。

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 03:05 AM | コメント (0) | トラックバック

September 13, 2006

今に始まったことじゃなし

近頃、飲酒運転のニュースがやたら多い。
全然取り締まりをやってないんだから、増えても仕方ない。
いくら禁止されてても、捕まらなきゃ大丈夫、ってのが、
やたらめったら駐車違反の看板を立てたり、
訳のわからん法律作ってがんじがらめにしてる日本社会の世渡り方法だもの。
最近の報道もどうせ、予算取りの為に記者クラブに流してるだけだろ?
と、どんどん、歪んだ見方をするようになっている。

だって、もっと深刻なはずの耐震構造偽装問題なんか、
全くスルーしちゃうメディアの世渡り上手ぶりだもんねぇ。

と、こんなことを考えつつ、一日中、やる気も起こらずダラダラ鬱スパイラル。
まあ、やる事も無いしなぁ。
いや、やる事あるんだよなぁ……何やってんだろうな、毎日。

晩飯、コロッケ、明太子。

投稿者 しど : 04:54 AM | コメント (0) | トラックバック

September 12, 2006

秋だけにあき竹城 part2

朝から雨で気分も鬱々としてくる。
ここ数日間、ほとんど晴れ間がない。

それでも、久しぶりの仕事に、少しは嬉しくなって片付ける。

深夜、相変わらずオークションの高値化が激しい。
ところが、今日はもう止めだ、と思って終わった頃に眺めると、
思ったほど高くも無かったり
まあ、自分が入札すると、高値になっちゃうんだろうけどなぁ。

こんな古本まで手に入りにくくなっちゃって、
何もかもが遠くへ行っちゃうように感じられて、
「俺もここまでだなー」と妙な厭世観。
秋になって、センチメンタルになってるのだろうか。

晩飯、鶏マヨ。

投稿者 しど : 04:55 AM | コメント (0) | トラックバック

September 11, 2006

911から5年

911から5年だそうだ。060911.gif
アフガンはまだしも、イラク出兵にもいまだに
「対テロ」というブッシュは、
すっかり支持率も下がってるらしい。
イギリスのブレアも同様。
日本の小泉だけが高支持率のまま。
これをどういう事態と見るか。

空気の読めない国なんだろうな(笑)。
で、前の独伊みたいなのと組んじゃうんだ、きっと。

晩飯、鶏肉マヨネーズ焼き。

投稿者 しど : 06:18 AM | コメント (0) | トラックバック

September 10, 2006

「ぼくらの小松崎茂展」に行ってきた

小倉で小松崎茂の原画展を見てきた。
2001年に86歳で亡くなった、
プラモデルの箱絵や雑誌の挿絵などでおなじみの画家。
http://www.s-roman.com/komatsuzaki.html
俺が知ったのは、トゥナイト2で(こればっかりだな(笑))、
北野誠が小松崎邸をレポートしたのを見た時だから、亡くなる直前だな。
そのときは知らなかったから、単なる偏屈なじーさんにしか見えなかった(笑)。

戦前、日本画家に弟子入りしたものの、060910.gif
兵器の絵ばかり描いてるのを見られて破門。
挿絵作家として日銭を稼ぐが、
女性が描けなく仕事がない(笑)。
が、時は戦時、兵器を書く仕事も徐々に増え、
戦意高揚ポスターなども手がけたらしい。
戦後、挿絵から仕事を広げ、絵物語で超売れっ子に。
時代が漫画に移っても、タミヤやサンダーバードの
プラモデルの箱絵を手がけたり、
東宝のSF映画、「海底軍艦」などの設定デザインなど、
昭和子供文化のありとあらゆるところに、小松崎は関係していたようだ。
うちに転がってた児童文学全集も挿絵として展示されていて、驚く。

残念なのは、80歳近くの95年に家が全焼し、
資料や作品のほとんどが焼失してしまったこと。
残っていれば、昭和子供文化の重要な資料にもなってただろうから、
本当に惜しい。

戦前に戦意高揚に関わったことで、戦後は筆を折る決意もしたそうだけど、
大きい原画を見ると、戦闘機の操縦席や戦艦のどこかに人が描きこまれていて、
兵器に人間が乗ってることを意識させてくれる。

◆小松崎茂オフィシャルサイト◆
http://www.komatsuzaki.net/

久しぶりに徒歩で街をぶらぶらして、股関節が痛くなった。
下関と違った賑わう繁華街を歩いていて、忘れかけていた「街」を感じた。
美術館の近くのブックオフで写真集を漁るも、すっかり高値安定している。
周りの古書店を壊滅させたので下げなくなったのか、
それとも、世間全体の物価が上がってきたのか、
いずれにせよ、貧乏な俺の楽しみが一つ減った。

晩飯、カップ麺。

投稿者 しど : 06:29 AM | コメント (0) | トラックバック

September 09, 2006

テレ朝「緊急特番!!仰天格差社会ニッポン!」を見た

テレ朝で格差問題を扱うというので見てみた。
報道のつもりで見たら、演出・オチ・作り方、全てバラエティ的作り。
途中で見るのが苦痛になったが、
一応、日記に書くために録画して見てみた(笑)。

最初は、家業が倒産して借金生活のおっさんが出たものの、
これ、格差とは別の不景気の方だろうし、
ニートの集まりを取材すれば、就職しろと説教。

就職したくてもできないのがニートなんだから、
バカに勉強しろ、っていうのと同じだよ(笑)。
一応、森永卓郎が、自分も昔は鉄棒が出来なかったが、
ニートも同様で、出来る人には当然の事が出来ない人には出来ない、
なんてフォローしてた。

個人的には、長縄跳びを皆でやってる中、
どうしても、飛んでいけない状態のイメージ。
ムリして入ってつまずくと周りに迷惑にもなるしー、とか、
ますます消極的になる。

番組の最後の結論は、脱サラ就農で、年収300万の田舎暮らし。
知り合いが同じ道を辿って行き詰って放火事件を起こしてるもんだから、
こーいうのを表面的に扱うのも「なんだかなー」なんて思う。
そんな農業で生活していけるなら、農家が減るわけねーじゃねーか(笑)。
まるで、海外移住を勧めておいて棄民するようなもんだ。

最近、NHKがたまに鬱になるような格差問題ドキュメントをやるから、
そーいうのを見ちゃうと、方向性と質の違いが歴然なんだよな。
まあ、バラエティ番組として
テキトーに情報漁って、テキトーに取材して、テキトーに辻褄合わせて、
あとは、テキトーにスタジオ収録で時間を潰す作りをすると、
こんなんができるんだろうな。
てっきり、オフィス・トゥ・ワンが作ったのかと思いきや、
製作は、古館プロジェクトだった。
作家の鮫肌文殊、山名宏和なんて、まるっきりバラエティ陣営だ。
報道ステーション好調の古館プロジェクトへのボーナス番組だったりして。

晩飯、コロッケ、揚げ餃子。

投稿者 しど : 11:41 PM | コメント (0) | トラックバック

September 08, 2006

俺も強くなりてー

相変わらずFlash本とにらめっこ。
ActionScriptも進化してるので、古いテキストのと今のトで、
いろいろ違うのも面倒だ。
いっそ、新しいのを買えばいいんだろうけど、
ソフトの進化の方が早いから、着いていけない。
困ったもんだ。

知り合いと人気ブログの話などしていて、
改めて、自分のブログのアクセスの広がりの無さを憂える。
消極的な性格が出ているというか、宣伝するわけでもなく、
多少は文体やネタに凝ることもあるが、独りよがりの域を出ない。
その割に、オリジナリティに満ちてる訳でもないし。
求職にもそんな態度が出ているのが情けないところか。

暇つぶしにモンド21チャンネルのギャンブル系を見ていると、
二階堂亜樹を良く見かける。 
二階堂姉妹としてお姉さんもプロ雀士。
昔、トゥナイト2で麻雀ブーム再来の特集をしてたときに、姉妹で出てた。
あれはまだ20歳そこそこくらいだったんだろうけど、
当時もなかなか可愛くて、思わず雀荘通いをしようかと思った(笑)。
プロ雀士なので、麻雀番組が基本なんだけど、060908.gif
スロットやパチンコの番組にも出てくる。
で、見てるときだけかもしれないけど、とにかく強い。
とくに、スロットやパチンコだと、
負けてるのを見たことがない。
フェロモン系のお姉タイプの多い女流雀士の中で、
もともと童顔なのか、中学生みたいな女の子っぽさのまま、
声は低いアニメ声で、なかなか異彩を放っている。
これ、三年前のインタビューで(写真が悪いな(笑))、
http://www.ma-jan.or.jp/interview-001.htm
一人称が「僕」ってのがちょっと痛い感じだけど(笑)、
結構、麻雀も男っぽいから、性格も男っぽいのかもしれんな。

飄々としつつ強いのは、ギャンブラーの才能があるのかもしれないけど、
まあ、見えないところで努力してるのかな?
見かけで判断はできないもんだね。

俺も、何か才能とそれに向けたやる気が欲しい(笑)。

晩飯、秋刀魚。

投稿者 しど : 10:44 PM | コメント (0) | トラックバック

September 07, 2006

呑気

徳山高専の事件の容疑者が自殺体でみつかった様子。
勝谷誠彦が当初から初動捜査のミスがあったんじゃないかと指摘しつつ、
早く保護をしないと自殺する、といっていたが、まさしくその通りの結果。
ただ、最近多い、猟奇的な事件じゃなくて、
どことなく、細かい感情のもつれが大事になったような感じなのが、
被害者、加害者とも切ない。

写真集サイトの初期のログに、生年月日や身体データを追加している。
タレントデータベース風で、まあ、体の雰囲気もわかればいーかなーとか、
思いつくままにやっているが、多すぎてきりが無い。

米10キロ購入。
何もせずとも腹は減る。
米よりアルコールの方が金が掛かるのが困る。

気づくと、株もすっかり放置したまま。
ご祝儀相場かと覗いてみれば、昨日今日とでマイナスらしい。
昨日、外資がソフトバンクの格下げしたらしいし、
ホント、外資はやりたい放題だ。
つい信用買いで高値掴みして結構なマイナスになってしまってるので、
相変わらず、ドキドキしている。

夕方、落札した写真集5冊が届く。
ジャンクばかりで悲しくなる。
安いだけで手を出すと、こういうことになるもんだ。
欲しかった訳じゃないのが悲しいところ。

晩飯、秋刀魚、冷奴。

投稿者 しど : 01:30 AM | コメント (0) | トラックバック

September 06, 2006

ビバ!高橋名人

今日も雨だ。
ここんところ、はっきりしない空模様。
相変わらず時間軸がずれてきてるので修正に一苦労。

ようやく皇室に男の子が誕生したそうで、街は大賑わい。
男女平等とはいうものの、伝統の象徴である限り、
そういうわけにもいかんらしい。
にしても、今後、また問題も生じるであろうから、結局、
1.女系を認める
2.旧宮家を復活させ、皇位継承可能な者を増やす
3.側室を認める
これらのいずれかを選択せざるを得ないだろう。
いずれにしても、古来から続く伝統と、
近代国家としての秩序との折り合いをつけざるを得ない。
もっとも、結婚と離婚を繰り返し、法的な一夫一妻制を保持しつつ、
事実的な一夫多妻制(側室化)を取ることも可能かもしれない。
なかなか、理想論だけで片付かないのが伝統継承のむずかしいところか。

ところで、こんなおめでた一辺倒の報道の中、060906.gif
ファミコンの16連射高橋名人に、偶然、
テレビ東京が街頭インタビューしたことが話題になっていた。
http://www.youtube.com/watch?v=bMMmxorsg4Y
よくこんな怪しい風体の人にインタビューしたもんだけど、
めでたい中の笑える珍事に、癒される。
すっかり頭を丸めて、見た目、
スケートの堀井学か玉袋筋太郎といった感じ。
もう、いいポストに就いてるのかな。
羨ましい。

深夜、久々のヤフオクで写真集落札。
先週、レアモノを安値で落とすチャンスをつい見逃してしまったので、
今週は積極的に行こうとしたものの、全般的に高値で、
欲しいものは落とせず、経費相殺目的のカス本ばかり落札。
押しても引いても失敗するのは株同様だな。
放置してると安いまま終わるのに、
俺が入札すると張り合う人が居て高値になるのは何でだ。
なんかコツはあるんだろうか。
アマゾンの古本価格を軽く超えた値段をつけるお金持ちの人には、
アマゾンで買って欲しいところ。
むかつくんじゃい。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 01:14 AM | コメント (0) | トラックバック

September 05, 2006

YouTube 憂歌団

昼起き。
FlashのActionScript本を漁る。
持ってる本を新旧織り交ぜつつ、ActionScriptもかなり進化してるようで、
同じやり方一つでも今と昔とでいろいろ違うからよくわからん。
そもそも、ActionScriptを使わなくても出来ることは多いんだけど、
その辺の曖昧さってのは、今風じゃない感じ。

ライブドアの公判が始まったようだ。
ホント、耐震構造偽装問題にぶつけたとかって陰謀説はどうだったんだろう。
明日が耐震構造の方で、紀子様の件と重なってる。
ほんと、耐震構造だけは全く消えてしまいそうだ。

久しぶりにYouTube漁り。060905.gif
忌野清志郎の古いのを漁ってたら、
同じ人が広範囲でいろいろ持ってた。
で、これ、憂歌団の1976年の映像。
フィルムだけど、何用で撮影されてたんだろうか。
パチンコ ランランブルース
http://www.youtube.com/watch?v=uI8y2yjia2o
たくわん
http://www.youtube.com/watch?v=zWMWDMQBMTY

同じフィルムで他にも、スモーキンブギ、お政治オバチャン有り。
こういうの、何で持ってるんだろう。
にしても、丁度30年前の映像だけど、ファッションは今と変わらないね。
企業寿命だけじゃなくてファッションも30年周期なのはたしかなようだ。

晩飯、他人丼。

投稿者 しど : 12:35 AM | コメント (0) | トラックバック

September 04, 2006

大人気ない小泉首相の発言歴

午後から雨。
相変わらず途方に暮れた午後を過ごす。

近頃、楽天筋からアドレスが漏れたと思われるジャンクメールが増えてきた。
一時期、広告はタイトルに明記する傾向があったけど、
最近のは、全く普通で「お元気ですか」とか「失礼します」なんてのばっかり。
アドレスや名前も普通っぽいけど、ちゃんとしたメーラーだと、
フィルターかけられたりできるのかな?
これも、名簿業者を公認するための、「個人情報保護法」の結果なのかなぁ。

近頃、地上波ニュースをほとんど見なくなって、
情報源は、TBSのポッドキャスティング、ビデオニュース、
送ってもらうCSの「パックインジャーナル」、「噂の真相」と、
かなり情報が偏ってしまってる。
ま、新聞取ってるから、普通の情報はそっちでもういいもんね。

で、TBSのポッドキャスティング、
前々からコーナージングルがうるさいなーと思ってたけど、
今月からCMも入るようになって、さらに鬱陶しい。
ヤフー動画もGyaoと同じパターンの広告が入るようになってるし、
段々、無料サービス時代から、回収モード期に入り始めてるのかも。

で、近頃面白かったコンテンツ。
「大人げない発言で振り返る小泉総理の5年間」
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/09/91_fe2d.html
「大人気ない」という視点から、改めて小泉語録を振り返ると、
なんだか、随分長い間、子供っぽい人が日本を代表してたんだと気づく。
番組自体は、ツッコミが適切なのですごい笑える。

2001 (貴乃花優勝)
痛みに耐えてよく頑張った。感動した。 

次点 (就任時)
私の内閣の方針に反対する勢力、これは全て抵抗勢力だ。 

2002 (田中真紀子更迭時)
涙は女の最大の武器だっていうからね。
泣かれるともう、男はたちうちできないでしょ。 

2003 (公約の国債30兆円枠を超えたことに関して)
この程度の約束を守れなかったってことは、たいしたことでは無い。

次点 (自衛隊イラク派遣)
どこが非戦闘地域でどこが戦闘地域かと、今、この私に聞かれたって、
わかるわけないじゃないですか。 

2004 (就業状態無しで会社から厚生年金費用が支払われていたことについて)
人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。

2005 (靖国神社参拝)
いつ行くかは適切に判断致します。
質問:いつ行くか適切に判断するっていうのは、行くこと前提ですかって聞いてるんです。
それはいつ行くか適切に判断するって言葉しかありませんよ。
どう判断するかは人によって取り方は違うでしょ。
しかし、それを適切に判断すると。これがいい答弁なんですよ。

2006 3つ
(格差が広がったことについて)
私は格差が出ることは別に悪いこととは思っていません。
(ガセの意味を問われて)
ガセというのは偽物、ネタは商品、インチキな商品をいうんです。
(アメリカでの会見にて)
サンキューベリーマッチ。アメリカンピープル。フォーラブミーテンダー(※)。
(※)
LとRの発音差が無いので「love me tender」→「rub me tender」と聞こえる。
これは、英語圏のギャグで、「優しくシコシコして頂戴」の意味になるんだとか。
それを、一国の指導者が公言しちゃったことで現地記者が爆笑したのに、
日本の記者ともども理解できなかったという、メチャクチャ恥ずかしい発言。

昨夜から、ビデオニュースドットコム。
ゲストは植草一秀。
http://www.videonews.com/on-demand/281290/000859.php
顔つきが変わってきてて、落ちぶれ感が滲んでいる。
右肩上がりの人生だったのに、ちょっと体制と方向性がズレただけで、
こんな悲惨な状況に陥る。
無常なもんだ。
でも、いってることは、相変わらず簡潔で、わかりやすい。
昔、一度だけ、中継に立ち会う仕事があって、
たった一人で中継局にやってきた植草は、
指示された秒数内でキリ良くまとめてNG無しだった。
頭の良い人は違うもんだと感心したもんだ。
(その頃、ビデオ用の原稿を書くのに時計片手に四苦八苦してた)
体制が変われば、また、復活するだろう。

晩飯、ツナ丼。
食いすぎた。

投稿者 しど : 12:05 AM | コメント (0) | トラックバック

September 03, 2006

隠れた魅力のカップリング

昼過ぎに起きる生活に。
困る。

新聞を取りに出ると、昨日のも取ってなかったようだ。
何やってんだ。
060903.gif
昼間、ナニゲに見てみた「アタック25」が芸能人大会。
司会の児玉清のモノマネが当たった、
博多華丸・大吉も出ていて、
児玉と、「アタックチャーンス」
なんてやってて良い雰囲気。
http://www.youtube.com/watch?v=ubWZDVfzPzE
長寿が取り得の基本に忠実なクイズ番組と、
地方を活動拠点にしていた中堅漫才師の、
面白いカップリング。
まあ、くっつけたのは、フジテレビなんだけど、
華丸・大丸はNHKオンエアバトルでも、児玉ネタをやってたらしい。
いろいろタイミングってのがあるもんだね。

にしても、児玉清、72歳だって。
ああいう歳の取り方をしてみたいもんだ。
でも、小学生で岩波文庫を読みふけり、
今もドイツ語、英語の本は原著を漁るという読書家ぶり、
付け焼刃なオーラでは無いようだ。
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_koda.html

外に出るかと、車で出るが、行くトコも無く、
ヤマダ電機をぶらついて帰宅。

先日、ギリギリガールズの荒井美恵子ネタを書いたが、
相変わらずあっちはグーグルではHITしないのに、
こっちが即座に反映されて、この日記に来てる人も多いようだ。
当てが外れて申し訳ない。

便宜でいえば、どう考えても向こうをヒットさせるべきなのになぁ。
FC2は弾くとかグーグルが恣意的な操作をしてるのかな。
操作自体は「悪徳商法?マニアックス」を巡る件で判明してるしな(※)。
検索エンジンも一社に依存すると、何かしらのコントロール下に置かれてしまう。
(※) http://slashdot.jp/articles/04/01/18/1717202.shtml
名指しされた某会社が、名誉毀損・営業妨害としてGoogleに圧力をかけた結果、
検索にひっかからなくなったらしい。

晩飯、のり弁当。
西日本のほっかほか弁当はキャンペーン中で、のり弁が230円。
まあ、毎度の変わらぬ味ながら、価格相応に満足な味。

投稿者 しど : 03:24 AM | コメント (0) | トラックバック

September 02, 2006

ドラマ一考

とくに何もすることなく、テレビを眺めて一日を過ごす。

ドラマ、「マイボス・マイヒーロー」が相変わらず面白い。
全てが大味ながら、ジャンクな大味加減が心地良い。
一方、第1話を評価した「下北サンデーズ」は視聴率低下で打ち切りらしい。
昔から、テレ朝のドラマは、キャストと設定は面白いのに、
演出と脚本がダメなことが多い。
ただ、深夜の「黒い太陽」は、何となく見ちゃう。
(関東と放送時間と違ってて、なかなか、追尾できないけどw)
そーいや、「トリック」も深夜ドラマだったもんな。
深夜のドラマ部門はテレ朝の部署が違ってるのかな?

何か寂しいニュース。
【生活保護費:自宅担保の貸付方式に変更 65歳以上持ち家】
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060902k0000e010059000c.html
>厚生労働省は07年度から、65歳以上の生活保護対象者のうち、
>持ち家に住んでいる人については生活保護費を支給せず、
>自宅を担保とした生活費貸付制度の対象に切り替える。

資産を持ってるのに生活保護費を貰い、
亡くなったら扶養義務を怠った遺族が遺産を相続するから、だそうだ。

>65歳以上の生活保護受給者で1000万~2300万円程度の
>資産価値がある自宅に住む人については、生活保護費の支給を停止。

上限があるのはよくわからないけど、1000万未満のボロ屋ならいいってことか。

>04年度時点で、65歳以上で生活保護を受けている約52万5000人のうち、
>自宅のある人は5%程度。実際に担保価値がある資産を持つ人はさらに
>少ないとみられ、生活保護を融資制度に切り替えても、年間2兆円を超す
>生活保護費の削減効果は極めて小さい。このため厚労省は07年度、
>母子家庭に一律支給している母子加算や、都心部に手厚い仕組みとなっている
>加算(級地)を縮小し、08年度には生活保護費の基準額そのものの見直しに
>着手したい考えだ。

団塊が一気にリタイアするから、その準備なのか。
それにしても、弱い部分をどんどん切り捨てていく情勢、
他に手はずは無かったのか。
俺みたいな人間は早めに死んだほうが気楽だし、
社会のためにもなるってことなんだろうな。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 03:06 AM | コメント (0) | トラックバック

September 01, 2006

ムシの対決を眺める

昨日と違って今日は快晴。
その割に気温が低いのはやっぱり秋模様なのか。
ちと、寂寥感。

墓参りの前に、市役所で国保などの支払い。
稼ぎの割りに、妙な割高感。
まともに働いてる人はもっと払ってるんだろうけど、
払う額は増えても、サービスは減る一方なのが悲しい。

墓参りの後、安売りの缶ジュースを買いに遠出。
今年はやたらジュースを飲んだ夏だった。
暑かったのと、外で作業することが多かったからだな。
060901.gif
夜、安倍慎太郎の総裁選出馬で、
メディアが大騒ぎ。
米国大統領選と異なり、自民党の総裁選は、
自民党員以外は投票する術の無い、
身内選挙なんだから、
大々的に取り上げる必要があるのかと疑問に思う。

取り上げるなら取り上げるで、
政策についてきちんと聞くならいいけど、
どこも「ヨイショ」姿勢だから、
見てても面白くない。

そんな退屈な時間、さらにどーでもいいような、リアルムシ対決番組を、
毎度のモンド21チャンネルで眺める。
http://www.mushio.jp/DVD_Tag-match.htm
世界のカブトムシとクワガタムシの対決。
体の大きいカブトムシが絶対有利で、面白くない展開だったのに、
カブトムシの中では小型の日本のカブトムシが意外に強く、
短い角を相手の体の下に滑り込ませて、「パコッ」と跳ね上げるのを見て、
俄然、興味が沸く。
クワガタもパラワンオオクワガタというのが決勝まで残ったりで、
予想外の展開に、見てて面白かった。

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 03:05 AM | コメント (0) | トラックバック