« September 2006 | メイン | November 2006 »

October 31, 2006

快晴墓参り

住職来訪にあわせて午前中から掃除。外を掃わく前に、いつもより早く、お父さんの方が来る。今日は時間が若干長く、お経もちょっと違ってた。何かあったんだったっけか? 

午前中やたら眠く、そして鬱なので、どうしたもんかと思いきや、そーいや、ここんとこ、午前中は寝てたっけな、などと思い出す。

午後、ダラダラとシナリオ最終チェックを終え、墓参りの後、郵便局で出稿。

今月は、長かった割に、何をしてたかさっぱり思い当たらないような一ヶ月だった。結婚式に出てRSS調べてシナリオ書いてただけなんだけどな。

晩飯、惣菜のアジフライと大根煮付け。
惣菜のフライのあの、カリカリ感は、どうやったらできるんだろう。

投稿者 しど : 02:48 AM | コメント (0) | トラックバック

October 30, 2006

ユードラ買ってみたけど……

仏壇用の花を買いに外出。ついでにあちこち買い物に回るが、電気屋のDEODEOをウロウロするうち、ワゴンの中にメールソフトのユードラが500円で売っていたので、多少古くてもいいかと買ってみた。が、家に帰ってよくよく見ると、WinはXP、MacはOSXに対応してないバージョン4.2。何年前のだよ。買う方が悪いのは承知だが、そんな古いのを売るなよ(笑)。まあ、Macは古いのも使えるから気が向いたら使ってみよう。

帰宅後、ゆるりとシナリオチェック。足らない分を埋める過程で、厚みも増した感じ。印刷しながら、見返し。何度かやり直すうち今日中に送るのは無理そうなので諦める。でもまあ、いつもは、こんな作業を締め切り日にやってたんだから、いろいろミスも放置したままで送ってたんだろうな。今回送るフジテレビヤングシナリオ大賞、応募資格に「自称35歳以下」とある。とはいえ、表紙には生年月日を書く訳で、この「自称35歳」の扱いがよくわからない。ま、資格外の自覚の上で、「37歳(自称いつまでも17歳)」と書き込んでおいた。

晩飯、大根煮込み。

投稿者 しど : 02:20 AM | コメント (0) | トラックバック

October 29, 2006

飲みすぎシールな気分

記憶が無いという気まずさと二日酔いとで一日中生きた心地もせず、そのまま寝たり起きたり。ニュースでは高校生の履修科目が足らないことが問題になっている。高校生時代ってのは、授業と試験という感覚だけで「履修科目」という認識はまるで無かったもんだが、冷静に考えてみれば、あって当然だろうか。でも何で急に騒ぎ出したんだろうね。自殺した校長まで出ちゃって、子供のイジメによる自殺ブームも起こってるが、大人も随分簡単と死んじゃう国だな、などと鬱々と考える。

深夜に多少元気になり記事を読んで感化されて歌詞を書いてみたり。何やってんだ。で、いちおー、ミクシィ用にまとめたので以下コピペ。それにしても、YouTube、探せばまだいろいろあるもんだね。


【ロック界の怖い歌詞No.1は?】
http://www.barks.jp/news/?id=1000027776&m=oversea
<ロック界の恐怖リリック>上位10曲(Blender):
1位 「Chainsaw Gutsfuck」 メイヘム
2位 「Hammer Smashed Face」 カニバル・コープス
3位 「Biggest Little Prick in the Union」 アラブ・オン・レーダー
4位 「Piece by Piece」 スレイヤー
5位 「1-800-Suicide」 グレイヴディガズ
6位 「DARK LOTUS」 ブラック・レイン
7位 「Burnt to a Fuck」 AUTOPSY
8位 「Disasterpiece」 スリップノット
9位 「Sublime Anatomy of Revenge」 ヘモレイジ
10位 「Mind of a Lunatic」  ゲトー・ボーイズ

2ちゃんのこのネタのスレッドを読んでた。だいたい、こういうのは、肉の切り貼りとかそういう系統なんだろうか? メタル系をほとんど聞かないのでイマイチわからない。

さて、そのスレッドでは、邦楽でも怖いのがあれこれ上げられつつ、童謡の「人食い土人のサムサム」なんて懐かしい歌も出てきてた。日本的な恐怖歌を分析すると、「体の破損」「痛み」「うらみつらみ」「幽霊」「キチガイ」そんなところだろうか。

という訳で、私も、いくつかそれっぽい歌詞を書いてみた。

「赤い愛」
あなたの愛が冷めるように あなたの体が冷めていく
刻まれた心の痛みの数だけ あなたの体を切り刻んでいく
あなたが買ってくれた真っ赤なドレスを着て
あなたに真っ赤に染まったシーツを着せる
一つ二つ三つ四つ
割れた肉から もはや血は流れない
五つ六つ七つ八つ
見開いた瞳から 涙が一筋
九つ十で 悲しみは一へと戻る
切り裂かれた内臓に乾いた涙が一滴(しずく)

定番の切り裂き犯罪系。犯罪と女を絡めると、やっぱり怖いな。福田和子を歌った「殺人の時効は15年」を思い出す。
(試聴版:http://www.ongen.net/search_detail_album/album_id/al0000099011/)


「ずっといるよ」
ホントは見えるクセに ホントは聞こえるクセに
何もないように 何もいないように
ホントは見えるクセに ホントは聞こえるクセに
僕の叫びと悲しみを みんな知らないフリをした
みんなのお望み通り僕はこの世からいなくなった
みんなのお望み通り僕はこの世から見えなくなった
ホントは見えるクセに ホントは聞こえるクセに
僕はずっとキミの後ろにいるんだよ
首からぶら下がったまま ずっと見てるんだよ 
いつまでも いつまでも いつまでも いつまでも
知らないフリをしていても もう駄目だよ

幽霊、恨みの複合パターン。こーいう雰囲気は、筋肉少女帯や空手バカボンみたいだな。「福耳の子供」とか。
(http://www10.plala.or.jp/moyoko/sound/fukumimi_ougon_full.mp3)


「汚い私」
汚い 汚い 私は汚い
生まれてずっと私は汚い
洗っても洗っても汚れはとれない
何を着てもどこに居ても汚れは落ちない
汚い汚い 私の血は穢れている
汚い汚い 私の存在
誰かお願い 私を許して

最後の一行を足して、「アレ」な感じが増して怖くなってきた。ちなみに「汚い」を「臭い」にすると2番。もちっと真面目感とオカシミを挟めば戸川純風になるのかな。
(蛹化の女:http://www.youtube.com/watch?v=g-SFzwXo2OU)


ここらでパンクっぽくキチガイ殺人系。

「聞こえる見える」
聞こえる聞こえるたしかに聞こえる
見える見える暗闇に潜んで見える
聞こえる聞こえる男の笑い声
見える見える暗闇に浮かぶ二つの目玉
聞こえる聞こえるみんなを殺せ
見える見える暗闇に光る巨大な包丁

「笑い飛ばせ」
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
振り回せ振り落とせカナヅチカナヅチ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
振り回せ振りかざせカミソリカミソリ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

一応、スターリンを目指してみたけど、こーいうんじゃないんだよなぁ。あんまり怖くも無いしな。「殺せ殺せ」とか「死ね死ね」続けてた方がマシか。
(アレルギー:http://www.youtube.com/watch?v=6ENlLrd6dJw)<PVは石井聰亙監督。余談だけど、石井て一世風靡セピアの「前略、道の上より」も撮ってたってのを最近知った。

しかし、仕事もせずに朝からこんなのを書いてる私自身の方が随分とアレで怖いかもしれない。音楽サンプルも昭和で止まってるしな。廃校になった中学校の体操ジャージでも着てたりすると、もう誰も話しかけないだろうな。話しかけなくても、ずっとあなたのことは見てるんだけどね。ふふふ。

投稿者 しど : 03:42 AM | コメント (0) | トラックバック

October 28, 2006

外で飲む

ようやくシナリオを書き上げてご機嫌。シナリオで使ったネタのウケ具合を窺ってみようかと、夜、駅前繁華街のキャバクラを目指す。徒歩30分かけて23時頃に飲み屋街に来てみれば、もう、遅かったようで、客引きの声もほとんどかからず。結局、客引き2人のうち、安かったスナックに飲み放題4000円で入ってみたのだが、当然、お姉ちゃんが付くわけでもシナリオの話をすることもなく、カウンターで両脇のおっさん達とだべって終わる。

で、行く前に随分飲んでたせいもあって、すっかり泥酔したようで、どうやって帰宅したかも覚えていない。

起きてみると、体中が痛む。買ったばっかりの帽子は無くなり、上着もコンクリで擦ったように破れている。たぶん、ヨロヨロあちこちでコケタんだろう。携帯電話には、あちこちへの発信記録と、朝には何件か先方からの着信も。ボタンが外側についてる携帯なので、何らかのきっかけで発信しちゃったんだろう。うう、死にたい。ポケットに入ってたレシートを見ると、朝5時頃に、ホカ弁を買ったようだ。きっと道端で食べて、カスも放置して来たんだろう。もう、どうにかしてくれ。ストレス発散のつもりが、すっかりストレスを倍増させてしまった。酒癖悪いな、相変わらず。

投稿者 しど : 03:34 AM | コメント (0) | トラックバック

October 27, 2006

日ハム優勝

061027.gif野球の日本シリーズは日ハムが優勝。地元北海道はテレビの視聴率が70%を超えたりの大盛り上がりだったとのことで、それはそれで良いことだと思った。新潟に居た頃は、サッカーで地元の一体感が芽生えていたし、東京一極集中から、サッカー、野球と少しずつながら、地方へ力点が分散していくのを見るのは、地方人として心地良い。

にしても、新庄引退の年にきっちり優勝というのは、出来すぎた物語だ。大リーグに行った頃は、単なるバカかと思ってたのだが意外に野球バカだったようで、こういう人にはツキが付いて回る。新庄のように競技自体を好きなバカタイプ、サッカーでいえば三浦カズみたいなのは、なんだかんだで人間的にも裏表なさそうだし、人気者になる理由がわかる。なかなか居ないけどな、とくに最近。

投稿者 しど : 03:27 AM | コメント (0) | トラックバック

October 26, 2006

いまさら、風雲たけし城

埼玉に住んでる留学時代の友達と電話で話していると、ワンルームマンションながら「マンション買っちゃった」とのこと。なんだかんだ、それぞれに、人生の進展があって羨ましい。先日も、兄貴からメールが来ていて、「秋はバタバタするから」云々書いてあったから、てっきり法事関係かと思いきや、自分の第二子の出産予定での「バタバタ」ということだった。テレビを見ていても、自分と同世代やその下のタレントも成功したり家庭を築いたりでむなしくなるので、あまり見なくなっている。

さて、TBSラジオストリームネタ。町山智宏の在米レポートで、風雲たけし城が、現在アメリカでMXC(Most Extreme Elimination Challenge)として放送されているとのネタ。もともと、デーブ・スペクターが来日した当初は、フリープロデューサーとして「たけし城」をアメリカに紹介した、なんていってたけど、その辺はどうなんだろう。英語のWikiに紹介記事があるけど、その辺のことは書かれていないみたいだ。 「Takeshi's Castle(たけし城)」(http://en.wikipedia.org/wiki/Takeshi's_Castle) これを読むと、現在の「MXC」は2003年からスパイクTVというケーブルで始まったようだ。

さて、早速、YouTubeで検索してみると、一杯みつかった。

http://www.youtube.com/watch?v=QihbpCEOiC0

町山の解説通り、百人がただただ最後まで競技を続ける日本での放送分とは構成が異なる。まず、60分番組を30分に。100人生き残りから、チームの対抗戦に。そして、元の声と関係なく、勝手にアフレコ。まあ、短いし面白い部分をピックアップしてるので、見やすい。日本のテレビ番組は時間を売るタイプだが、アメリカのは番組パッケージで売るので、どうしてもテンポが良くなるね。今更ながら、ハプニング物の面白さを実感する。とはいえ、TBSもこれ以来、サスケとか巨大アトラクション物の魅力から抜け出せなくなってるな。面白くないし。

晩飯、おにぎりレシピサイトを見て食べたくなったツナマヨ。

投稿者 しど : 06:39 AM | コメント (0) | トラックバック

October 25, 2006

ソフトバンクの肩透かし

StoryEditerというソフトを使って、シナリオ作りの過程でいう「箱書き」をどうにか最後まで終えて、本文をコピペして並べて規定文字数の枚数に換算してみたところ、まだ規定の三分の一しか量がない。大目に書いて削るつもりだったのに。さてさて、どうなることやら。

ソフトバンクは、あれからずっと下がりっぱなし。また放置期間突入だ。友達から売ったかどうか確認のメールが来てたが、「チャンスも勢いも生かせずにダラダラと持ち越して失敗するのは、俺の行き方と同じだろ?」などと自嘲して返信しておいた。そうなんだよな、一応、チャンスは巡ってきてたんだよな、いろいろ。そう、いろいろと。

晩飯、レトルトハンバーグとピーマンの天ぷら。

投稿者 しど : 05:48 AM | コメント (0) | トラックバック

October 24, 2006

シナリオ書き

雨模様。ここんとこ、公募用シナリオ書きのプレッシャーに負けて、とくに何をする訳でもなく、気が向いたら書き始めたりの状態。はてさて。

ソフトバンクは、寄り天で、朝の高値からジリジリと値を下げ、結局、昨日の終値よりも下がってしまった。相変わらず、利益確定できず。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 03:37 AM | コメント (0) | トラックバック

October 23, 2006

自民党快勝

神奈川と大阪の衆院補選で、両方とも自民が勝利。自民党路線の容認として、教育基本法改正や共謀罪法案など積極的に進めていくとか。もー止まらないな。野党も売り文句が無いから仕方ないけど、メディアも政権ベッタリで、与党の動きしか報道しないからどうにもならんわな。にしても、大阪はとくに創価学会票が強かったらしい。宗教票って強いな。投票率は、神奈川が47%、大阪が52%。

夏に買って下がりっぱなしだった株が理由もわからないまま最近戻してきてる。とくにソフトバンクが上がってきたので、どーせ放置してるならここらで売っておこうかなー、なんて思ったものの、上手く売れず、持ち越し。18時半から会見があるとかで期待する。深夜気づいてチェックすると、番号ポータビリティ発動を前にして、料金の引き下げを発表したようだった。夜間取引市場も良い感じだし、アメリカのダウ・ナスも調子良い。これは持ち越しで正解だったかな……。

晩飯、鶏肉炒めとおでん。

投稿者 しど : 03:40 AM | コメント (0) | トラックバック

October 22, 2006

ばってん荒川死去

ばってん荒川死去の061022.gif訃報。記憶では30年前の映画「トラック野郎 男一匹桃次郎」(1977)で餅の生飲み大会のシーンに出てた頃から婆さん役なので、イマイチ年齢については想像したことが無かったが、まだ69歳だったそうだ。まだ若い。浅草芸人としてのキャリアもあって、萩本欽一やビートたけしも、地方芸人の理想として名前を挙げてたりするそうだ。何時までも婆さんのまま、遠い親戚の、人の良い婆さんみたいな、時々思い出しては「元気かなー」なんて思い出す存在だったのに、亡くなられちゃうと、喪失感もそれなりに。絵に入れたセリフは、「帰らんちゃよか」という歌で、九州の人には有名らしい。今回初めて歌詞を読んで(http://miyazaki21.com/496410/496410_161/ron189001.html)、なおさら、ほろりときてしまう。

(後日、YouTubeに上がった。実際に見ると、メイクでちょっと笑ってしまうw)

http://www.youtube.com/watch?v=RpljB7qpUY4

年齢的には、1935年生まれの美輪明宏と変わらないので、いつか美輪が亡くなっても、そんな印象を受けるかもしれないな。あ、でも、美輪は、年齢に応じた女性キャラだから、老けていく様子はリアルか。

雑誌サイゾー購入。地元安倍晋三の事務所の俯瞰写真が掲載されてた。車が全く通ってない道路は早朝に撮影した演出かもしれないけど、町の寂れ感は良く出てた。

晩飯、おでん。

投稿者 しど : 03:54 AM | コメント (0) | トラックバック

October 21, 2006

おでんが美味い季節

ここんところ、ほとんど家から出ないので、今日は、家の周りの庭などを久しぶりに見て回る。夏はあれだけ大工仕事を一生懸命やってたのに、すっかりやる気も興味も失せてしまった。屋根の補修やら、まだまだやることはあるのに、まるで片付かない。

小さい頃から短気を注意されてきた私ではあるが、最近、ますます我慢の許容量が少なくなってきて、むしろ、デジタル的な判断で、カチっとスイッチが切れたりする。私のような昭和アナログ時代の人間でもこーいう状態だから、平成デジタル世代の子供達は、もっとオンオフの差が激しいのかもしれない。それはそれで、不必要な人間臭さなんてのが無くなれば別にいいけど、まだまだ、イジメ事件やら、昔と同様の事件が起こる。ただ、ますます人間の厚みが無くなっているような傾向を感じる。

晩飯は今日もおでんである。子供の頃は、オカズにしては味が薄いのが嫌いだったり、どことなく手抜きな感じもして、「おでんなんか食えるか!」と母を責めてたもんだが、歳を取って薄味になれると、おでんも美味いもんだ。母に悪いことしたなー、などと、今頃になって思い出す。それにしても、思ってたよりも具は高いもんだ。昔は、近所の駄菓子屋で、三角のさつま揚げが10円だったから、当時は安かったのかな?

切手同封で会社に直接注文してた月刊ドラマが届いた。あらすじの書き方が読みたかっただけなんだけどな(笑)。

晩飯、おでん。

投稿者 しど : 04:35 AM | コメント (0) | トラックバック

October 20, 2006

YouTubeの扱い

【YouTubeが動画3万件を削除 日本のテレビ局やJASRACが要請】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/20/news062.html
昔あったファイルがどんどん消えているのにはこうした理由もあるようだ。しかし、著作権保持者がライブラリを持って閲覧可能にする訳でもなく、販売もせず、さらには、画質や音質を落とした状態での閲覧も禁じるってのは、やりすぎな感じもするな。財産の死蔵。金を出さなきゃ触れられない状態にしておけば、文化自体が衰退しそうだし。日本の場合は音楽管理のJASRACが異様に厳しいしな。生演奏者にもいちいち著作権使用料を請求するなんて、そんなこと徹底してたら、誰も人前で演奏なんかしなくなるよ。すると音楽の需要自体なくなるし、実際に、そんな感じに近づいてるようにも思う。かといって、公共放送での音楽番組なんてバーターばっかりの恣意的な情報だし。ま、土壌が枯れたときに慌てたって遅いし、もーそういう流れも止まりそうにないしな。

とりあえず、貴重な映像は削除される前にできるだけ見ておくしかないな、という訳で、音楽とは全く関係ない違法コンテンツ、初代タイガー・佐山聡のサミーリー時代の映像。対戦相手は、ブラックタイガーの中の人だそう。他にもサミーリー関係、一杯あるみたいだ。

http://www.youtube.com/watch?v=WUEcUnoVKDs 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=loubu2xU-jU 2/2


晩飯、おでん。

投稿者 しど : 03:11 AM | コメント (0) | トラックバック

October 19, 2006

映画「カポーティ」

061019.gif映画「カポーティ」を見てきた。かなり期待して見て、期待に適う完成度なんだけど、どうも好きになれず、評価は☆三つ。こういうの、評価困っちゃう。死刑囚を取材して、ルポルタージュの先駆作品「冷血」を書き上げたトルーマン・カポーティの、「冷血」を書き上げる過程を追ったもの。町山智浩の解説通り、「おかまちゃん」ぶりでスノッブな雰囲気のカポーティ役、フィリップ・シーモア・ホフマンの演技はいいんだけど、その分、その人間性が好きにもなれない。されど、人間的弱さも描写しちゃって嫌いになることもできずに、私みたいな娯楽作品志向の人間にはちょっと面白味にかける。

現在の報道もそうだけど、対象との距離感はむずかしい。とくに、当時の、倫理観や人権感覚が発達してない時代に、取材対象と一体化すべきか、それとも、あくまで面白くなるほうに転がすか、その辺の判断はカポーティのように「金脈」と考えても仕方ないと思うし、そうした「弱さ」こそ、この作品のツボなんだろうけど、そのツボはイマイチ気持ち良くなかった。

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 03:55 AM | コメント (0) | トラックバック

October 18, 2006

修理に出したら

去年買った激安中国製DVDプレーヤーのトレーが動かなくなり、先々週、近所のヤマダ電機に修理に出してたら、昨日連絡があったので今日取りに行ってきた。受付で待っていると、修理に出した製品じゃなくて、新機種の新品を渡された。まあ、安いトコだと3500円で売ってる品だから、修理するより新品を送る方が安かったりするんだろう。ただ、激安商品を修理に出し、新品になって戻ってきたのをニコヤカに受け取る自分が、ちょっと可愛いレジのお姉ちゃんを前にして、何となくカッコ悪く思えた37歳の秋。

晩飯、モヤシ炒め、から揚げ。

投稿者 しど : 04:51 AM | コメント (0) | トラックバック

October 17, 2006

光勧誘が鬱陶しい

出産時のトラブルで亡くなったニュースでやっていた。
【<分べん中意識不明>18病院が受け入れ拒否…出産…死亡】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061017-00000015-mai-soci

丁度、先週末、NHK特集で医療費高騰を踏まえた医師数減少化の国策の結果、医師不足になりつつある話をしていたのだが、金になる関東以外は急速に医師不足になりつつある現状、さらに少子化を見込んで産婦人科や小児科を志望する医学生も減っていて、産めよ増やせよが緊急課題になりつつある昨今、なかなか周辺環境は改善されないもんだ。学校のイジメ問題も似たような状況だけど、労働環境や教育、医療、その他もろもろ、国力の低下のせいなのか、あちこちで問題が山積。どこから直していくべきなんだろうか。予算はあるんだろうか。

昼間、勧誘電話がほとんどなので留守電にしたままの我が家の電話、夜にかかるのはさすがに知り合いだろうと思って出るのだが、近頃は、NTT系列の光の勧誘が夜7時から8時過ぎくらいの時間にかかってくる。この、飯を食ってたりする微妙な時間帯な上に、以前はすぐ切っていた相手も、営業ノルマのせいか頭が悪いのか、なかなか切ってくれなくなってて、非常にイライラする。今日もこんなやりとり。

相手「この度、ようやくそちらの地域にも光が敷設されまして……」
俺「私、光もIPフォンも興味ないですから」
相手「いえいえ、そういう話じゃありません……」
俺「……(じゃあ、ちょっと聞いてやろうじゃねーか)」
で、やっぱりいつものIPフォンとセットだと光が安いって話。
俺「私、光を引く予定はありませんので」
相手「予定じゃないんです。もう引かれたんですよ?」
俺「だから、そっちじゃなくて、私に予定が無いんです!」
と、とうとうキレた。

前は、最初の一言ですぐ切ってくれてたんだけどなぁ。

晩飯、レトルトカレーとポテトサラダ。

投稿者 しど : 05:54 AM | コメント (0) | トラックバック

October 16, 2006

ザブングル「くやしいです」

久々にダラダラと無駄に過ごす。061016.gif以前から似顔絵を書いてみたかったお笑いコンビの「ザブングル」の動画を探す。ヤフー動画のワタナベプロ欄に結構あった(http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00108/v00238/)。変な顔だけで押してるかと思ってたが、実際に見てみると、結構面白かった。似顔絵は……イマイチだな。本物の方が漫画っぽい顔だからなぁ。YouTubeで短いバージョンのネタがあるので、どうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=F5LUDkUX1TE
猫ひろしとどくろ団というのも出てるけど、どくろ団がまた、変に面白いな。

晩飯、肉野菜炒め。

投稿者 しど : 05:27 AM | コメント (0) | トラックバック

October 15, 2006

ケチと欲と雑巾と

昼間、仏壇の花と神棚の榊と安い焼酎を求めてあちこち彷徨う。ケチケチ安いもの買っても、せいぜい得するのは2、300円のもんなので、少々せこい気もするが、稼ぎも少々なので仕方が無い。それでも、帰宅して考えれば、モヤシの価格差「10円」を気にして車でスーパー巡りをするのは、逆に燃料費が無駄なんじゃないだろうか、などと、いつまでもセコセコと考える。

気が付くと、フジテレビのシナリオ募集が今月締め切り。去年はもう出さなかったし、近頃は未練も無くなってるので書く気も起こらない。今更真面目にやったってどーせ予備審査だって通らないんだし、それならたまには、自主映画風に観念的な自慰脚本でも書きなぐるかと、つらつら考えるうち、そーいや、下着を置いてきて探させる女とそれに群がる男たち、というのが、ネットで展開されてたなー、などと思い出し、男子高校生を主人公にして「理想と現実の欲」の逡巡、ラストはアントニオーニ監督の映画「欲望」みたいな、不条理なオチでもいーかなー、などと思いつく。

とはいえ、昨夜、知り合いに軽くネタフリしてみたところで興味自体皆無な様子で、やっぱ、「自慰脚本」という独りよがりを肯定したことがいかんかったなー、と反省しつつも、気まぐれにその「下着を巡る人たち」について思いつくままの単語を検索してみると、下着を置く女性を「置き姫」と称し、掲示板やらがあちこちあるのを発見。ま、ちっこくてもいーから電車男や鬼嫁などと同様の「柳の下のどじょう」を探すつもりで、気が向いたら書いてみよう。

たらふく晩飯後、ちょっと眠ってしまったものの、明日、電気点検に来る旨のチラシが郵便受けに入ってたので、深夜から台所の掃除。とはいえ、掃除の前に雑巾を縫って時間が潰れる。ま、いつもの調子だ。

晩飯、ハンバーグ。

投稿者 しど : 04:01 AM | コメント (0) | トラックバック

October 14, 2006

恐怖の夏フェス

昨夜の車中では、CD「オグラBOX」の白盤の中の感傷的な音楽を聴いてたのも捨て鉢の要因の一つだったのだが、今日は青空の下、青盤の陽気な音楽を聴いて躁状態。RSS本、とりあえず、昨夜閉店してた車で40分くらいの書店にあった「詳解RSS」というのを購入。ちょっと厚いんだけど、文系にもわかりやすい解説で、用語解説から始めてくれてるのがいい。ただ、出ているプログラムソースをDLできたり付録のCDがついてる訳でもないのが、困る(もしかしてあるのかもしれないが、今のところみつからない)。で、読み進めるうち、結局、思ったことは出来なさそうな解説。やっぱ駄目か……。

ところで、本日、火曜日分をUPしつつ、永井大の似顔絵を描いたのだが、イマイチ似てなくて直そうかと思ってたら、突然、PCのHDDがガリガリ鳴り始め、なんだかわからないうちに、Illustratorがメモリ不足で落ちちゃって、描いてた絵を保存できず。まあ、似てなかったから別にいいけど、何だったんだろうかと思っていろいろアプリを終了させてたら、「コンピューターを今すぐ再起動しますか?」というWindowsの更新準備の表示が出てきた。メモリを使ってたのはこれだったか……。勝手に単語登録消したりするし、何かむかつくな、相変わらず。

ネットでみつけたネタ。巨大イベントと化す夏の音楽フェスティバル。今年はウドー音楽事務所が、「大人の夏フェス」と称して、SANTANA、KISS、Jef Beckなどの大御所外タレを招いた企画を開催したようだが(http://udofes.jp/)、その結果は……。こちらにその惨状のレポートが。
http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Other/LIVE/ZZUDO_Main.html
参加したミュージシャン、観客、スポンサー、企画者、全てが(´・ω・`)ショボンとなったであろうこの企画、「大人のケジメ」なんてのはあったんだろうか……。

晩飯、鶏肉炒めとポテトサラダ。
キュウリの塩揉みの塩を落とし損ねたか、ジャガイモをゆでるときに入れすぎたか、猛烈に塩味が残ってて後で気分が悪くなる。まあ、それでも食べちゃうんだけど(笑)。

投稿者 しど : 02:58 AM | コメント (0) | トラックバック

October 13, 2006

捨て鉢割れかける

昨夜から昼間にかけて、ちょこちょこ軽い仕事を片付けつつ、結婚式ビデオの編集のこともあるので、なかなか気が休まらない。2カメ分、5時間の素材の結婚式ビデオをうちで編集するなんて……。俺の自宅編集は家具職人程度のノンリニア機能しかないのに、いきなり一軒家の大工仕事を受けたような感じ。普通のリニア編集機とスイッチャーでもあれば、一日仕事で終わるのにな……。とりあえず、HDDレコーダーにダビングしてちょこちょこ荒編しながら考えよう。で、時間がかかるから、先に元素材分だけ、VHSにダビングして送ることにした。

気楽に考えて、呑気に昼間にビデオテープを買いに行ってダビングを始めたものの、5時間分だ。なかなか終わらない。昼間のうちに送れば日曜には届いたろうにな。で、終わったので車で夜の郵便局に届けて、帰りにRSS本を買いに、深夜の道を30分飛ばして辿りついたが、普通時間の営業のようで、すでに閉店。

徒労の帰り道、運転しながらぼんやり考え事。先月から先週にかけての非日常に対する膨らみすぎた無意味な期待感が、当然ながらパンといっぺんに弾けることもなく、こっちに戻ってきてからじんわりじわじわ風船の空気が抜けていくようにしぼんでいって、昨日今日でようやく日常に戻った感じ。すると、どうにも、「結局、俺だけが俺だけなんじゃねーか、やってらんねーよ」、などと、どうにも捨て鉢になりつつ俺を煽った軽自動車を煽り返そうとして、時速120キロで中央分離帯に激突しかかる。いかんいかん。

帰宅後、冷静に反省しつつ、家族も同僚も友達も居ない現実、そろそろ認めて方向転換した方が良くないか?と、自問自答してみるが、とりあえず、酒を飲んで紛らすことにする。作業も先の見えないのがいろいろ残ってるしなぁ……。あぁ、いろいろ面倒くさい。

投稿者 しど : 11:02 PM | コメント (0) | トラックバック

October 12, 2006

廃業する人

いつも利用してた、ヤフオクに大量の写真集を出品していた業者さんが、9月一杯で廃業するというのを、その人のブログ(http://abook.jugem.jp/)でようやく知る。最近妙に高値になってたのは、そういうことだったのか……。前にブログを読んだときに、もう少し注意深く読んでればよかった。ブログでは、商売としては安定してきたものの、そこに安住したくないようなことが書いてある。「小説でも書くか」とか漫才の脚本を書いたこともあるようだから、私ともタイプ的には似てるのかもしれない。ただ、「ゴールから考える」という思考のおかげか、古書販売業務も軌道に乗せられたし、家族もちゃんといるようだし、そーいうの、全く違うよな。まあ、駄目な奴ってのは、ホント、何やっても駄目で(笑)。

晩飯、鶏マヨ焼き。

投稿者 しど : 08:32 AM | コメント (0) | トラックバック

October 11, 2006

ようやくなんとなく納得

相変わらずRSSとにらめっこ。どうにか、MovableTypeが吐き出すRSSに関しては、CSSを使って整形してやる、という手段を使えるようになったので、現状までの過程と説明をメールして、一段落。あとはボチボチやっていこう。

叔母宅に土産を持っていく。叔父が西国巡りをした際に、母から貰った小銭入れを落としたとかで、どうも、叔父や叔母の周りを母の霊がウロウロしているようだ、などと主張している。盆に墓参りするだけだからバチでも当たるんじゃねーか?とか、俺のことを心配して助けてくれるように伝えようとしてるんじゃない?とか言ってみたくなる。ホントに幽霊が居るなら、そういうのを頼みたいんじゃねーのかな? 神や仏に頼る人は、なぜか身近な問題には目をつぶりがちだったりしないだろうか? 俺も、受験の頃は夜に神社行ったりしてたけど、その時間に英単語でも覚えた方がご利益あるしな(笑)。 

帰宅の車中、留学以来の友達とか今回の上京でだいたいの人には会ったなー、と思い出してると何となく鬱になる。

晩飯、肉野菜炒めと冷奴。

投稿者 しど : 03:02 AM | コメント (0) | トラックバック

October 10, 2006

どれもこれも中途半端な

061010.gif昨夜、帰宅後、ちょこっと作業をしなきゃいけなかったので、深夜に寝る。寝る前に録画してたドラマ「黒い太陽」を見た。尻すぼみで終わってて萎える。実直な青年・永井大が、水商売を通じて良心を捨て、「黒い太陽」のごとく君臨する、みたいな話だったのに、何か、女を利用して店回してるだけのチンケな役回しで終わった。それじゃ、ヒモと変わらないような……。原作は知らないけど、ドラマは途中まで面白かったんだけどな、残念。

昼近くに起きてぐずぐずしてるうち、見てた居間の時計が止まっていることに気づく。ずっと昼前かと思ってたら、もう2時だよ……。

RSSについて調べたりするうちに終わり。

夜、踊るさんま御殿を見てると、関根勤がまた娘を連れてきてた。高校時代、「コサキン」のラジオを聴いてたファンとしては、親馬鹿キャラまでは許せても、仕事にまで絡めてくるとさすがにゲンナリ。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でも共演してたし。娘を引っ張りだすくらいなら、新作ネタでも作るか、娘のプロデュースで裏方にでも徹してればいいのに。本人自身が、時代からずれて精彩を欠いてることに気づいてないんだろうな。あと、林家正蔵・一平兄弟も出ててさ、「正蔵」継いだなら落語に専念してテレビに出ないかと思いきや、まだ出やがる。唯一の価値だった「こぶ平の癖に!」ないじめられキャラも捨てたんだから、もう、何にも面白いトコないのに。でもまあ、この番組、局アナグループも出してたから、面白さ優先じゃなくて、「抱き合わせ商法を可能とする売れ線番組」になってるだけなんだよなあ。そろそろ終わるのかなぁ。視聴者じゃなくて客のスポンサーを見てるならまだしも、身内の利益回しを始めたら、公共事業と同じだもんなぁ。デジタル利権で一杯お金入るから良かったのかな。

まあ、録画して見たので、不快な部分を飛ばしてたら、3時間が40分くらいしか見るトコなかった。HDD録画は、飛ばすのも消すのも楽だからいいな。

晩飯、鶏肉と野菜を麻婆風に炒める。

投稿者 しど : 03:38 AM | コメント (0) | トラックバック

October 09, 2006

帰郷2 元アイドルを見る

帰宅後、軽く腹ごしらえをして再び家を出る。往年のアイドルが近所の神社に来るというので、ついつい野次馬根性を刺激されたのである。
061009a.jpg
火事で交通状態が麻痺するのを横目に15分くらい歩いて神社到着。階段を上がって境内に入ると、左手には、ウドンや飲み物を売るテント、子供から小遣いを吸い取るカタヌキ屋、値段も表示してない「頑固親父の焼き鳥」と書かれた無愛想な焼き鳥屋、そしてライトがあまり当たっていない奥手にひっそりと各国のカブトムシを売る屋台があるだけ。

右手は、パイプ椅子とゴザが並べられた狭い広場と、その先の小さな舞台。近所の小学生による舞踏や太鼓など、ありがちな地元神社の出し物ばかりの中、なぜかメインが「元アイドル 田中久美、特別出演」という突拍子の無さ。田中久美(参照:http://www.navitown.com/person/tanakakumi.html)だけでも個人的には驚きだったんだけど、今回は司会が渡辺かえという地元FMラジオなどで活躍する人で、2人が揃うことは希少度を一気に高める。上の参照先の田中の説明にあるように、渡辺もかつて歌手であり、その頃の芸名は「岡村有希子」(参照:http://homepage3.nifty.com/byebyeseptember/okamuray/suiyoubi.htm)。そして、岡村有希子と田中久美は、堀越高校時代に同級生。その縁で、北九州で活動する田中が下関にも訪れるとか。下は、本田美奈子死去の際に使った写真から2人が写る抜粋部分。そして、渡辺の下が同様に同級生だった岡田有希子こと佐藤佳代。
上:渡辺、下:田中
田中久美はホリプロデビューながら早めに引退したのでややマイナーかもしれないが、岡田有希子の親友として知られていたことから、私は田中を覚えている。一方の岡村有希子こと渡辺かえは、同級生の岡田有希子が紛らわしい一字違いで後から大手からデビューしたという不運。その2人が同じ舞台に立つというのは、元岡田ファンとしては奇跡である。

200万画素2倍ズーム、全くのスナップ用デジカメを携えて、興味津々で開演の18時50分には、舞台前のゴザの最前列に陣取った。開催者の挨拶の後、司会の渡辺かえが出てきて進行。渡辺の方はケーブルTVの地域情報番組で度々見てるので、実は珍しくない(笑)。スケジュールによると、田061009b.jpg中久美は最後で、それ迄1時間以上、カラオケ大会などがあるとのことで、さすがにここに居続けるのは精神的に無理だと、一度退席。近所をウロウロしたり境内でウドンを食べたりして、もう1人ポスターに写真入りで紹介されていた「酒本哲也ショー」から、再びゴザの最前列へ。写真からは演歌歌手を想像していたが、ノリの良いロックバンドだった。ボーカルの歌は恋愛ソングだし外見もややポップなんだけど、バックの3人が結構良くて、渋いリズムと揺れるギターといった感じで、ちょっと得した気分。

当時の明星を手にその後、舞踊が入って、ようやく20時半に田中久美登場。私が岡田有希子を認知した頃にはすでに引退していたし、写真でしか知らないので過去と比べる術も無く、ただただ、「ああ、これがあの田中久美なんだ」と、神社の境内に不釣合いなオーラを放つ歌手を眺めるばかり。「ダイアナ」などのオールディーズを数曲歌うと、渡辺かえも出てきて、2人でデビュー曲や元同級生の曲(田中は本田美奈子が歌ってた「アメージンググレイス」、渡辺は長山洋子の曲)を歌ったりしつつ、同窓会ライブのような雰囲気で終わる。
マスクは加工
主催者の締め挨拶も終わり、帰りかけてると、演台すぐ脇、建物の入り口から田中と渡辺が出てきてファンと話しているのをみつける。近くで見るとやや歳相応かなー、なんて思いつつ(笑)、握手してくれないかなーとお願いしてみると、気安く握手と写真を一枚。その後、ラジオに手紙を寄せているというファンが記念撮影をするというので、たぶん田中久美のファンなんだろうと思いながら見ていると、後ろから「あれ、岡田有希子」との声。また、岡村と岡田を間違えてるのかと思いきや、先ほどのファンが持つ色紙に岡田有希子の写真。え、その事情を前提にしたファンだったのか、2人には禁句かと思ってた……。なんか大丈夫そうだったので、私も揃い撮影を再びお願いしてみたら、あっさりOK。なんだか、中高生の追っかけファンの醍醐味を30代後半になって味わう(笑)。061009e1.jpg

元アイドルの動向がネットで判明すると、割合、地元で活動している人も多い。昔よりも身近に接する機会があるのは、当時のファンとしては嬉しい限りだろう。自分がファンだったアイドルを探してみると意外に近くで活動してるかもしれないので、機会があれば、調べてみるといいかも。

チラシに「元アイドル」と紹介されてるのを、田中久美本人は「まだ現役なんですけどねー」なんていってたが、私も久しぶりに「元高校生」の気分。精神年齢は変わらないんだけどさ。

投稿者 しど : 02:32 AM | コメント (1) | トラックバック

帰郷1

061009.jpg朝、友達が寝ている間に荷物の整理などするが、結婚式の引き出物がどうしても入らないので、他の荷物もまとめて宅急便で送ることにする。近所のイトーヨーカドーでダンボールを貰って来て箱詰め、セブンイレブンで手続きする。計ったら荷物は8キロ。前回来たときは、これ以上の荷物を抱えて羽田空港を走ったんだと思い出し、その辛さを考えると送料1270円も惜しくない。それにしても、台風一過のせいか、私が来た金曜以降はまるで天気が良い。ま、結婚式の日が晴れてたから良かったけど。

部屋でいろいろしてるうちに友達も起きてきて、食事をしたりして帰ることに。どうもありがとう。

電車に乗ると、どうにも眠い。さすがに疲れてるのか。ウトウトしつつ、JR品川駅から東急で羽田へ。フライト40分前には到着して、余裕でブラブラ。新潟、宇部、北九州、博多は展望デッキが有料なのに、羽田は無料なのね。この差は何? 広さに道を迷いつつも土産なども物色して搭乗、すぐに眠りにつく。

山口宇部空港には時間通り到着し、車を運転し、高速を使わずに1時間半くらいで帰宅。これくらいなら行きも高速使わなくて良かったかもしれないなー、などと、出発の朝に食べるつもりで作ってたチャーハンおにぎりの冷凍をチンして、腹ごしらえ。今日はもう一つ予定が入ってるのだ。

投稿者 しど : 02:21 AM | コメント (0) | トラックバック

October 08, 2006

友人宅

早朝、部屋を飛び出しどこへ行くかと思案しながら、非常階段をフラフラ上下したものの、疲れ果てて踊り場に横になる。冷たくて眠れずに部屋と同じ階のロビーのソファーにごろり。すぐ傍で掃除機の音がして目覚め、部屋に戻る。誰かが気を使ってくれたのだろう、オートロックのドアは閉まらないように細工がしてあった。部屋の中は隙間無く布団が敷き詰められ、皆が寝ている。さてどうしたもんかと、どうにか、お膳の下のスペースが空いてたので、座布団を枕に三度寝。

朝、皆から、「どこに行ってた?」「皆で探したんだぞ!」と責められる。ごめんなさい。

その後、残ったメンバーでコーヒーを飲んで解散。私は昨日の先輩の車に、今日泊まる先の友達とで同乗。もともとは、兄貴の家に泊まる予定にしてたのだが、実家に戻ってるといってた嫁が子供とともに戻ってるらしいメールが届いていたので、どうしたもんかと悩んだ末に、友達にお願いした。いつもお世話になってるので申し訳ないと思いつつ、一番落ち着く先ではある。

池袋の瞠(みはる)でラーメンを食し、埼玉へ。友達宅に着いて荷物を置いて一休みした後、トンボ帰りに東京へ、神保町の古本街で写真集漁り。昨日、友達から、「見てよ、このオタクっぽさ」と、私のリュック姿をからかわれていたが、やってることもオタクっぽい。ま、年齢の割りに知識が欠如していてオタク資格には満たないようだが、外見と行動はすでにオタクなのかもしれない。いつも物色する古書店の脇に、長蛇の列ができている。ドラマ「野ブタをプロデュース」に出ていた堀北真希の握手会が行われる書泉ブックマートから繋がってるようだ。暇だから一緒に並んでみようかとも思ったが、皆、手に手に整理券を握っているし、何時まで経っても列が短くならないのであきらめる。それにしても、私以上のおっさんも多いし、転売目的の業者ぽい人も居たりで、やっぱり、不気味な雰囲気の人が多い。特売りダンボールの写真集を漁る私も、傍目からはこんな感じなんだろう……。

くたびれつつ、夕方、友達宅へ戻る。アパートの一階、日当たりはほとんど無いが、広くていっぱしの庭のような趣のテラスで、今晩はサンマを焼くんだと、友達がはりきっている。最近、「サンマを炙る際に内輪を扇ぐのは、火をおこすためでなく、落ちた油で燃え上がる火を散らし、サンマが焦げるのを防ぐためだ」と教わったらしく、それを試したいのだとか。赤く落ち着いた炭に溢れた小ぶりなバーベキューコンロの網に、サンマを二尾置くとまもなく、油が垂れて赤い炎が立ち上がる。それを友達が必死に内輪で扇いで散らす。たしかに、焦げない。だが、油による炎は途切れることがないので、扇ぐ労力は尋常でなく、途中、私もビール片手に扇いだりしつつ完成。早速、先ほど、私がスリスリした大量の大根おろしを浸して食す。うん、焦げは最低限だし味も美味い。他にもブリやエノキのホイル包みなど、ちょこちょこ焼きつつ、随分長いこと二人で話した。昨日のメンツと私が住んでたアパートの部屋の、対面の部屋に住んでた彼は私と同じ年齢で、暇があるとうちに出入りしていた。波乱万丈な経験を経たせいなのか、人の良さに溢れた表情が魅力的で、アメリカ時代、私の映像作品に随分出演して貰った。彼はその後も紆余曲折して、今は一人で暮らしている。顔つきは昔と変わらないが、相変わらず、私以上に経験値を重ねた優しさが感じられる。

深夜、昔録画したという深夜番組を二人で見ていたら、〆さばヒカル死去の日記に書いた元たけし軍団「星&馬場」の馬場が、「芸能人の命日を暗記している市井の逆林家ペー馬鹿」として出ているのを発見。ああ、東京ローカルながら、こーいうトコに出てるってことは今も芸人なんだね。

そーしたテレビの馬鹿を見ながら馬鹿を笑っているつもりが、いつの間にか、影で笑われてる馬鹿になっている自分はちょっと笑えないなーなんて思いつつ、眠りに着く。

投稿者 しど : 01:44 AM | コメント (0) | トラックバック

October 07, 2006

友達の結婚式

朝、二階の先輩の部屋で、一階からのお母さんのインターフォン越しの声で目覚める。先輩はまだ起きないので、一人、寝床から部屋のあちこちを寝ぼけ眼で眺める。8畳以上ありそうな部屋に広い収納空間、家全体に無駄の無い、しかし、要所要所にこだわりのある箇所もある、そのメリハリが我が家とまるっきり違う。ここのお父さんも私の父と同様に外航船乗りだったらしいが、育った環境の違いなのか、こうも結果が違うもんか。私の家も、関東だったら、もちっと違う人生だったかもしれないなー、などと、相変わらずネガティブ。

二次会などの道具を揃えて車で出発。新郎新婦をピックアップし、川口市の役所で婚姻届け。関東は役所もでっかいな。先に家族に合流するらしく新婦は電車に移り、我々は昨日同様、3人でゆるゆるとくだらない話をしながら都内のホテルへ。新郎を下ろし、友達をピックアップしつつ買出しなどしてると、あっという間に時間が過ぎる。午後3時から披露宴のところ、2時から控え室が空くはずが、準備が整わないとかで、一般更衣室に廻されたりさらに時間は押す。

私の兄は和式だったので、先に神社で式を挙げて披露宴は別会場だったのだが、洋式のせいか、簡略化したのか、披露宴で式も挙げる流れ。いくつかサプライズ的企画があり、私も、突然女装させられたりの侮辱を受けつつ(笑)、どうにか終える。

その後、二次会を経て、三次会は泊まり組も兼ねたホテルの部屋だったのだが、人が多すぎるとのことで店へ移動。アメリカ時代の懐かしい友達といろいろ話しつつ、四次会としてホテルへ戻る。が、酔ったのか疲れたのか、私が最初に酔いつぶれたらしい。皆が眠る時間になって布団を敷くために起こされた私は、寝起きの悪さが炸裂して、なぜかプイと部屋の外に出て行方不明。

投稿者 しど : 01:16 AM | コメント (0) | トラックバック

October 06, 2006

上京

結局ほとんど眠れないまま、朝7時前に車で出発、高速を利用してやや早く、1時間後には空港に到着。早く着き過ぎてやることも無く、藤山直美の出てるNHKの連ドラなんてのを眺めながら時間を潰す。それでも、いつもみたいにギリギリでアクセクするよりはマシだ。

予定通り出発した飛行機は、台風の影響で羽田上空でグルグル。本日会う元上司には、飛行機到着時間に合わせたアポを取っていたので、また遅刻かと、時計を何度も確認する。結局、予定より30分遅れで着陸、待ち合わせ先には20分遅れ。まー、仕方ないんだろうけど、もともと罰で坊主にされることも何度かあった遅刻魔だったので、こーいうのはなんとも辛い。

母が亡くなる前も一度会ったのだが、そのときは癌の話しかしなかったので、今回は先方とお昼をしつつ、10年以上の昔、私が一緒に働いた当時の人達のその後なんてのをいろいろ聞く。独身だった人は結婚して子供が居て、結婚してた人には二人目の子供が出来たとか。私は派遣されてただけだが、当時、宴会に来て貰っていたような人たちが地方の取締役として転勤してることなんて聞くと、さすが大手は規模が違うなー、なんてのも今更ながら感じる。私もあと1年我慢していれば、勤めてた会社がそこのグループ傘下に入って待遇も一変してたのになー、なんてちょっぴり損した気分になってみたり。いろいろアドバイスを受けつつも相変わらず「でもー……」とかやってると、向こうも、「今のままで大丈夫なら今のままやってみるのもいーんじゃない?」なんていわれたり。でもまー、実際、マイペースにしろ、不満な毎日なんだから、満足なマイペースでやってみる、なんてのもしばらくはいーのかもなー、なんて。別れた後で、どこか仕事でもお願いするべきだったんだろうか、と悩んだりもするが、そーいうとこがまた、必死さが無くて駄目なんだろうな。
061007.jpg
その後、LANケーブルでも買おうと秋葉原に出たが、相変わらず暴風雨。あちこちに壊れた100円傘が転がっている。私の折り畳み傘も頑張っているが、すぐに反ったりだし、風ももう、とんでもない状況なので、傘を閉じて歩いたり。全身すでに随分濡れている。雨の中、裏町をウロウロしてまで探してるLANケーブルだって、せいぜい7~800円安いだけなんだと思うとむなしくなる。

早めに切り上げて、待ち合わせた北浦和に向かう。先に待ち合わせた友達はパチスロが終わらず、もう1人と先に居酒屋に向かう。先に入ったのが今回の結婚式の新郎で、パチスロをしてたのが大学の先輩で、私と合わせた3人は留学先でアパートをシェアしていた。もう10年前のたった1年ちょっとの期間が今となれば随分と懐かしい。居酒屋の後、新郎がプロポーズしたという、馴染みのバーに入る。私以外は、酒に詳しく、「このモルトはハイランドだよな」などと言い合ってる。私が抜けた後、二人はまた別な場所の部屋を借りて大勢と住み、その間に酒の効き比べを毎夜のごとくやっていたらしい。そして、新郎は、今は、酒を扱う会社で働いている。まー、酒にこだわりがない私は、その二人の「薀蓄」を僻みつつ、コロナビールをすすっていた。でもま、10年ぶりの三人だけの飲み会は、とっても落ち着いた空間と時間だった。

この日は、埼玉県川越市の先輩宅へ宿泊。

投稿者 しど : 12:22 AM | コメント (0) | トラックバック

October 05, 2006

眠れず

こんなときに限ってバタバタっと仕事も入るので片付けつつ、昼過ぎくらいから明日の準備。着るつもりだったシャツやネクタイが、良く見ると、微妙に汚れてたり皺が入ってたりだったので、どーせ使うもんだしと、新しいのを買いに。ついでにRSS本も探すが、やっぱり無い。つか、もともと、活用してる人自体少ないんだろうな。少しずつ、いろんな言語や仕様が生まれてきて、それぞれ少しずつ活用されてはいるけど、それぞれが分散化してしまって、専門家以外にはとんと理解できない領域になりつつあるような気もする。まあ、単にちと弱い頭の文系の男には理解不能なだけかもしれないが、ネットには理解できる人ばかりの記録が出ているので、それが学生だったりすると、自分の不甲斐無さがどうにも寂しい。もともと弱い頭が、歳のせいか、吸収力も持続力も無くなっててどうにもならん。パソコンみたいにクリーンインストールでもできればなぁ。

夕方、明日会う友達に連絡すると台風のことなどいわれるものの、こっちは晴天なので、冗談かと思ってたらホントだった。なんでよりによって……。明日に向けて早く床に入ったものの、一向に眠れず。いつもこんな調子だわな。

晩飯、コロッケ丼。

投稿者 しど : 12:05 AM | コメント (0) | トラックバック

October 04, 2006

息苦しいマイノリティ

会う約束をした昔の上司と、今回お願いした宿泊先用に土産を買いにデパートへ。干物でも買えば良かったのだが、値段も手ごろな鯨大和煮缶詰×3個セットを2つ購入。持ってみて初めて気づく、重い。お土産になぜお菓子が多いのか、この重量も関係あるのかな。

土産を買った地下から上の書店へ。同じフロアに2箇所書店があることは以前書いたが、古い方が閉店してた。新しい方は、大型な分、品揃えは多いんだけど、最大公約数的に多いだけで、老舗が蓄えた地元向けの品揃えとは若干異なる。古い方にしか無かった株価探索の定番、「週刊・月刊ゴールデンチャート」が買えなくなってしまった。しばらく買ってはいなかったが、また一つ、可能性を削がれた思い。そーいえば、月刊ドラマを売ってたのもここの支店だったな。教科書を扱ってるから倒産は無いんだろうけど、本店はどうなんだろう……。

帰宅すると、RSSを利用したアレンジができないかと依頼。簡単と思って調べてみたが、ネット上に提示されてるやり方は、サーバのバージョンなどが合わずになかなかむずかしい。とりあえず、近所の書店を回るが、相変わらず参考書は無い。困ったもんだ。

晩飯、麻婆茄子。

投稿者 しど : 03:10 AM | コメント (0) | トラックバック

October 03, 2006

予約

何をやっても裏目に出てしまうので、8月に高値で掴んでからここ一ヶ月くらい、ほとんど意識することも無かった株価は、大分戻してきてるようで、なんだかやっぱりわからん。俺には無理なんだろうな。

結婚式で上京するので、そろそろ取らないとあかんと、飛行機チケット予約。世の中は3連休だったらしく、予定していた金曜日と来週月曜はその二日だけ混んでいて、いつも利用している特割が月曜の午後はすでに無い。仕方無く空席待ちで登録し、日曜の夕方が空いていたので予約しておく。いつもギリギリまで動かないから、こういうことになるんだな。

晩飯、麻婆茄子。
麻婆豆腐のレシピを利用して茄子に変えてみる。油断して片栗をいっぺんに入れたら、部分的に固まってしまったが、味は満足。

投稿者 しど : 04:48 AM | コメント (0) | トラックバック

October 02, 2006

そして雲は流れる

オグラBOXようやく800ランプのサイト更新が終わる。当初は、Flashの試聴コーナーを改良して、音量調節等ができるようにする予定だったのだけど、自分で1からActionScriptを組むのはできないので、あれこれ参照するも、それぞれにタイプが違っていつつ自分が求めるのとは微妙に違ってたり、帯に短したすきに長しで時間とあせりばかりが募るなか、結局、元に作ってるのをそのまま流用。まあ、単純な作りながら、音声調節以外は問題無いしな……こうしてまた現状維持を選択してしまう。

感想を書くために作業中も延々聞き込んだので、ついつい、自分も詩人風にいろいろ考えてみたり。腐敗は生物的には食物連鎖となるように、人間も案外、貴金属並みの価値があればきれいなままでいればいいけど、そーじゃなければ、腐るくらいのがいいのかもなー、賄賂を求める者ばかりが出世し、生真面目な男が窓際だったりするのも、意外に豊かな証拠なんだろうな、とか。

昨夜の揚げ物。

投稿者 しど : 04:47 AM | コメント (0) | トラックバック

October 01, 2006

EdMaxのスパム対策

晒しているメアドに先月辺りからやたらスパムが届くようになってて、どうしたもんか困ってたんだけど、使ってるEdMaxにも簡単なフィルター機能があるということで試してみた。

参考:http://journal.mycom.co.jp/special/2003/spam/003.html

まず、いつも来てるスパムの特徴を、ヘッダから探す。といいつつ、長年使ってるのに実はヘッダの見方がわからず、昔に見えない設定に変えてから直せないままだった(笑)。今回、上にあるボタンで見れることをようやく知った。
ここでヘッダが見れる

ヘッダから、いつも来るメールに共通してる箇所を探し、「Content-Type: multipart/alternative;」の部分を見つけてコピペ、「ツール」→「アカウント設定」で設定画面を開き、「フィルタ」タブを選んで「ヘッダ」が「Content-Type: multipart/alternative;」(コピペ)を「含む時」に、アクション→「ロードせずにサーバーから削除」として、「追加」を押す。
設定画面
(画面は設定後の再現なので適用順序欄に表示されてるけど、設定前は空欄)

この作業を数日前に行って以来、スパムの数は、せいぜい1日1、2件程度に減った。これくらいなら左程目障りでも無いし、消すのも手間はかからない。また違う種類のが来たら、対応策を考えよう。

それにしても、一時期、スパムメールに広告表示義務みたいなのがあったけど、あれ、何時の間に無くなったんだろうか? 名簿業者保護法の、「個人情報保護法」で免除されたのかな?

晩飯、鶏から揚げ、ピーマン、タマネギの天ぷら。
最近、市販の天ぷら粉に片栗粉、塩コショウを混ぜて揚げてる。カラッとしていい感じ。

投稿者 しど : 03:12 AM | コメント (2) | トラックバック