« November 2006 | メイン | January 2007 »

December 31, 2006

最低の年だった

午前中に、墓参りをして、兄貴を駅まで送る。互いに少しずつ歩み寄ってる感じ。それにしても今日は天気も良く暖かい。掃除嫌いの俺も、少しはやる気になる。

帰宅後、出し忘れてた年賀状を集配局へ持って行くついでに灯油も一つ買っておくかと、タンクを持って車へ。窓ガラスに写る自分の髪の毛が微妙に長い。今年は散髪しなくてもいいかと思っていたが、刈っておいた方がいいかと、予定を変えて床屋へ。終わるとさっぱりする。やっぱ、長かったよな。

その後、灯油など購入して帰宅。ちょっと窓拭きをして、正月用にカレーを作る。テレビでドラマ「結婚できない男」の一挙再放送をやっていて、ついつい作業の合間に見てしまう。偏屈な男が最後には結婚に至るというストーリーだが、売れっ子設計士と女医のラブロマンスなんてハイソサエティな設定がよく受け入れられたもんだと思う。いや、キャスト的にもストーリー的にも面白いんだけど、「でも、こーいう人たちとは違うしなー」という世界観が昔のトレンディドラマ的な距離感を覚える。まあ、小津映画も、ああいう銀座にお勤めの重役のお父様を持つ娘の物語なんて、庶民とはやや距離があったりするのに気づいたときの寂寥感みたいなもんだな。実際にそういう立場の人ならば、純粋い楽しめるのかな。

おせち用の揚げ物。結構時間がかかり、終わってテレビを眺めてるうちに転寝。気づくと、23時45分。あわてて蕎麦を準備するも、食べ終わりは年を越えてた。その後、2時頃から、一社初詣に行き帰宅。国内問題を扱うと自民党に不利だからか、電波芸人田原司会の朝生は外交問題をネタに北朝鮮問題。放送開始時のプロデューサーが今年亡くなったそうだが、田原の暴走を止める人はもういないんだろうな。

さて、今年は、いろいろ最低なことばかりだった。人間的にも、仕事的にも、運不運も全て。とくに、株に手を出したことが大きい。株自体の損失だけでなく、欲にまみれて人間関係も随分、あっけなく放棄してしまった。もう、信用も仕事も金も無いのだから、来年は、地に足をつけて、もう一度、荒地に畑を耕して、種を撒いて大切に育てる気持ちで、一生懸命生きていきたい。2007年以降は、今年よりも「最低」な年にならないようにしないとな。

投稿者 しど : 03:15 AM | コメント (0) | トラックバック

December 30, 2006

兄帰省

兄貴が帰るので、居間などを掃除。普段、全く掃除してないので、大掃除の機会に日常レベルの掃除しかできないのが悲しい。

19時過ぎに北九州空港に到着するので、1時間前に家を出て、丁度、ドアtoドアで1時間くらいだった。車に乗った兄貴は、電話で嫁さんと揉めている。子供が病気なのに、すぐに来ないのはどういうことだと、凄い剣幕で怒ってる様子。兄弟揃って、そういう他者の気持ちへの配慮がルーズなのを自覚する。とはいえ、嫁さんの方は、実家の傍だし、子供も入院したとはいえ、一刻を争う状態でも無いらしいし、一日くらい、実家でゆっくりしてもいーんじゃないかと、俺も、兄貴側の人間なので思う。まあ、こういう安易な男の判断が、後々延々と女性から問題視されるのは、俺も、いろいろ経験がある。ま、俺の場合、親すら見殺しにしてるからなぁ。

兄貴は、子供も出来て、嫁との喧嘩も増えると、多少は俺の気持ちを思う機会が増えたようで、こっちとしては嬉しい。とはいえ、兄貴に対する「ずるい」と思う気持ちは依然として残っている。

食事がてら飲みに行くと、帰省客で混んでるのか、一軒目は満員、二軒目もカウンター席でようやく座れる。しこたま酔って帰る間際、近くに座ってた学生風の男が、、握りこぶしを縦にして、「アゴを乗せてみて」という。すっかり酔ってるのでニコニコしながらアゴを乗せると、「あなたSですねー」といわれる。乗せたときに、相手の目を見る人はSMでいう「S」、目を逸らすと「M」と判断するゲームらしい。信憑性は無いんだろうけど、案外、我がまま全開の俺は、Sかもしれんなぁ。トイレから戻ってきた兄貴にもやらせてみると、アゴを乗せた瞬間、恥ずかしそうに目を逸らしてたのが妙におかしかった。

投稿者 しど : 04:16 AM | コメント (0) | トラックバック

December 29, 2006

年の瀬

午前中、雪が舞う中、買い出しへ。天候と気分とが一致して、妙に鬱。兄貴が帰らないとなると、無理に、正月の雑煮とかも作らなくてもいーしな・・・とか、考えるうちに、むしょうに悲しくなる。

帰宅してゴソゴソしていると、一昨日早朝に注文してたCDと本2冊が届く。
早速、1冊読破。
「日本怪死人列伝」安倍譲二著
先日、オウム・村井、豊田商事・永野会長の刺殺現場映像を見たとき、周辺情報を探るうちにたどり着いた本。元ヤクザの安倍譲二が裏事情を含めて怪死した事件を再検討してみるというもの。信憑性を判断する術はないが、それぞれに真実味もあってどんどん読み進んでしまう。朝日新聞襲撃事件の犯人が、ショットガンを腰だめで撃っていて、そういうのは実戦経験のある者しかやらないとか、力道山を刺した当人と知り合いで直接話を聞いたとか。宮崎学もだけど、アウトロー系の人の話は、「外」の論理だけに、それだけでも随分面白い。もちろん、彼ら特有の「ハッタリ」も考慮しないといけないが。

晩飯、さつま揚げ、さつまメンチ揚げ。

投稿者 しど : 06:55 AM | コメント (0) | トラックバック

December 24, 2006

M-1グランプリ2006

061224.gif今年のM-1グランプリはチュートリアルが優勝。素人一組を言い訳程度に入れただけで、敗者復活も含めて吉本興業で固めた布陣に、出来レースもここまで来ちゃったか、なんて思う。優勝のチュートリアルは、ネタ自体は、ダウンタウンの不条理系をわかりやすくした感じで珍しくないし、昔から好きじゃなかったのだが、意外にネットでの評判なども良いようだ。俺もこーいう笑いに対して、とうとう時代に付いていけなくなってるのかと、多少残念に思う。

もともと、吉本のイケメンを入れるコンビはあんまり好きじゃない。ココリコ、キングコング、とか。お笑い系はサブカルっぽさが面白かったのに、今は、メジャー系がメインになって、吉本もそっちを売り出そうとしてる感じ。ジャニーズがお笑いやる時代になって久しいから、男臭いタイプは受け入れがたいのかな。たけしでいうなら、初期ツービート、オールナイト、お笑いウルトラクイズは男向け、たけし軍団の歌手活動が女の子向け、そんな感じか。同様に強引なジャンル分けするとざ・ぼんちは子供向けだったのかな。B&Bがオールラウンドメジャー系、紳竜が中高ちょいワル男系とかかな。

個人的には、中堅なら定番の麒麟、笑い飯、若い方ならトータルテンボスと素人の変ホ長調が好きだった。変ホ長調は素人の女性二人組で、年齢的には俺と同じくらい。世代的なモノなのか、ナンシー関的な芸能ネタがツボにはまる。お天気お姉さんを、「お天気を踏み台にする人」「野心は大きいけど意外に結果が出せてない」とか、「今の渡る世間なら、だんだんレギュラーが減っていて入るチャンスもある」とか、改めて考えると、ブラック加減がまんまナンシー節だ。橋田寿賀子が自分の役を安田成美にさせてたのも突っ込んでたし。

予選落ちのがYouTubeにいろいろあったので見てたが、俺は、物珍しい新鮮なタイプが好きらしい。あとは、毒気があるタイプか。まあ、年末年始、お笑い番組はまだまだあるから、期待しよう。

晩飯、ツナ丼。

投稿者 しど : 07:05 AM | コメント (0) | トラックバック

December 14, 2006

教育基本法改正案が特別委通過

ソフトバンク株を指値で売りにしてたら、午後一で売れちゃったらしい。日経ともども、そのまま暴騰。一応、ヘッジの信用売りもかけてるから、このまま上がり続けると莫大な損が出る。相変わらず上手くねーな。

午後、叔父来訪。墓の骨壷の骨を乾かす術をいろいろ聞く。10分くらいで乾くかとテキトーに考えてたら、湿気が水になって溜まってるようだと、新聞紙に置いて数時間は日に晒さなきゃいけないらしい。骨を広げたままで墓で待ってるのは大変だし、見た目もなぁ・・・。墓の中は湿気が溜まるので、外気に触れるよう墓の目地も埋めない方がいいらしい。なかなか大変だ。

夜、ニュースで、教育基本法改正案が特別委員会で可決されたことを知る。あっけないな。報道ステーションは、トップニュースがガラス販売店の事故で笑った上に、教育基本法ネタも、内容を全く解説しないまま。久しぶりに見たけど、内容無さ過ぎるな。期待せずに見たN23は、審議会に呼ばれた専門家の「結果ありきでまるで無意味だった」という意見を採用し、こちらは多少、内容には触れていた。

思えば、小泉政権の頃から、重要法案が一杯通る割りに、ホント、テレビ報道は内容にほとんど触れない。安穏たる心地になるが、どうにもならんしなぁ。

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 07:57 AM | コメント (0) | トラックバック

December 12, 2006

「教育基本法と愛国心のふぞろいな関係」

○愛国心のみの場合はやらせ報道なのでご注意!

いよいよ、今週、教育基本法改正法案が国会を通るようだ。テレビだけ見てると相変わらず要点が掴めないが、ビデオニュースで取り上げられたので、ツボはわかったような気がする。
http://www.videonews.com/on-demand/291300/000942.php
http://www.jimbo.tv/videonews/000329.php
(鈴木寛議員の民主党としてのバイアスを考慮する必要有り)

鈴木氏の解説によると、今回の教育基本法改正は、結果的には文科省の焼け太りを招くという。現在の教育上の様々な問題は、教育現場における責任の曖昧さに起因するが、法案が通過すれば、文科省による中央集権化が進み、教育現場の責任の曖昧さはさらに悪化するという。

まず、それぞれの政党の意図。

○自民党
「教育基本法を改正した」という旗が欲しいだけなので、国会が紛糾しないよう、随分と野党に歩み寄っている(安倍の専売特許のような「バウチャー制」は、実は鈴木氏が立案した民主党案が元だとか)。一方、小泉・飯島は、まだ影響力を持っていて、小泉政権を支えた層(いわゆるB層http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%B1%A4)の支持を固定化させるために、「愛国心」の明記は効果的だと画策している。

○公明党
リベラル的なイメージの為に、愛国心の導入に反対、自民党に反旗を翻している。これは、公明党が望んだ盗聴法の際に自民党が内容を変えてしまったことへの意趣返しだとか。ただ、最終的には選挙に影響が無いように、早い採決を望んでいる。

○民主党
文科省による中央集権的教育管理を定めた「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(地教行法・ちきょうぎょうほう)の改正とバーターで、愛国心の導入は容認するかもしれない。

○社民党、共産党
積極的な愛国心反対運動を展開。教職員組合を通じて、教育界では既得権益者でもあるので、55年体制同様のバランス感覚で反対している。これに反して日教組は、今回、民主党寄りの妥協案を探っている。

さて、ニュースでは「愛国心」が話題の中心になっている教育基本法の改正であるが、官僚の狙いは、教育システムと利権の中央集権化のようだ。それを誤魔化す為に、まずは「愛国心」を前面に出し、さらには、高校の未履修問題をリークして、「地方に任せていては問題が多いから、文科省管理下に置く方が良い」、という世論を形成しようとしたらしい。

ところで、現在の教育現場における本質的な問題は何かといえば、責任所在の曖昧さだという。公立学校の多くは市町村立であり、施設管理は市町村に責任があるが、教師の人事権は、都道府県の教育委員会にあるという。

○教育の責任の力関係
担任<学年主任<校長<市町村教育委員会<都道府県教育委員会(教育委員長<教育長=文科省ポスト)

例えば、福岡のいじめ自殺事件の発端はデタラメ教師だったが、市町村教育委員会に訴えても人事権が無いとして訴えが聞き入れられず、どうにか福岡県教育委員会まで到達しても、「これは学習指導要領に関わるので文科省へ」とたらい回し。そして、文科省では、「これは自治体の問題」だとして無視された。ありがちな行政ループ状態。

(私立学校の場合は、責任の所在が校長や理事長にあるので、諸問題の解決が早いらしい)

都道府県教育委員会は、地域の名誉職としての教育委員長と、実権を持つ事務方の教育長がいる。そして教育委員長は非常勤なので、問題があっても行方が掴めない。常勤の教育長は、(最近緩和されつつあるとはいえ)文科省からの出向ポストであり、つまりは、自治体の教師の人事権を持つ都道府県教育委員会は、文科省の直接管理下にあるのが現状だという。

それを今回の教育基本法の改正は強化する方向で、象徴するのは、追加された第17条の「教育振興基本計画」だそうだ。

今週、いろいろなニュースを目にするかもしれないが、「愛国心」にのみ注目した内容のものは、全て大本営発表の一部と考えても良さそうだ。

相変わらず、こういうところでも「愛国」は利用されやすい。

晩飯、鶏肉水炊き。

投稿者 しど : 08:24 AM | コメント (0) | トラックバック

December 11, 2006

俺に株は無理

近頃のソフトバンク株、日経の上がり方と反比例してどんどん下がる。私は先週、買いと同じ価格で売りも仕掛けたので、幾ら下がっても、プラス294円という状態。

朝、一瞬、買い分もプラスになったので安心したところ、「ナイアガラ」と揶揄されるような下がり具合で、あっという間に、買いだけでマイナス3万円ライン。売りがプラスで同様にあるので、相変わらず収支はプラス294円ではあるけど、朝、買い分を売って、売り分を持ってればそれだけのプラスがあったはずだと思えば、やはり悲しい。一方で、ソフトバンクにかけてる金の数分の1の約40万で買ってるホンダ株は、予想外の好調で1万を越える利潤。こっちを大量に買ってればなー、なんて思うけど、大量に買えば大量に損する可能性は、今年、震えるような後悔とともに味わった。やっぱ、株なんてやるもんじゃない。やってる間、何も手がつかないし。

晩飯、鶏肉水炊き。

投稿者 しど : 07:15 AM | コメント (0) | トラックバック

December 10, 2006

働く貧困者

夜、NHK特集で、ワーキングプアの第二弾。今回は女性が多い。離婚して子どもを二人抱える30代の女性、夜勤をしないと生活ができないが、夕食終りの出勤前、幼い子どもがぐずる。甘えたい年頃だもんなー、と思うけど、お母さん、一生懸命叱ってる。こんな一生懸命でも将来の無いワーキングプア扱い。他には、自営業の没落。クリーニング業と、縫製業。自営業なら年金も必要無いと思ってたら、老後の商売破綻は、生活設計自体をご破算にする。一生懸命働いてた人たちが、ちょっとした不注意や選択ミスで惨めな老後を迎える。自分自身を思えば、彼ら以下の惨めな将来しか無いとわかる。ホープレス、絶望。

切ないのは、2ちゃんねるの書き込みに、そんな弱者を叩きのめすような書き込みが一杯あること。叩かれる基準が、どんどんどんどん下がってきている。嫌な社会だな。そーいや、俺の兄貴も、平均以上の年収があるはずなのに、貧乏気取りだもんな。兄貴が貧乏なら、俺はなんなんだろうかと、お先真っ暗。

晩飯、焼きうどん。

投稿者 しど : 07:03 AM | コメント (0) | トラックバック

December 09, 2006

酒の好み

昔は日本酒が好きだったのだが、最近は発泡酒や酎ハイなど泡系を贅沢品にしつつ、安い焼酎をアルコール摂取目的に飲んでいる。先週、酒が無かったので久しぶりに日本酒の冷やを飲んで悪酔いしてしまう。明朝の部屋の臭いとともに、改めて日本酒はダメだなー、なんて思ってたところに、兄貴から歳暮のお返しに日本酒が送られてきた。

日本酒は飲まないといってたのに、なんて愚痴愚痴いいつつ、家に日本酒が結構残ってるので、ここらで消費しないといかんなーと、熱燗にして飲んでみた。すると、これが意外に美味い。しかも、酔いも早い。しばらくは、これでいけそうだ。

晩飯、鶏肉水炊き。

投稿者 しど : 06:56 AM | コメント (0) | トラックバック

December 08, 2006

地上波で「フィッシャーキング」

グズグズしてると金曜で、もうすぐ今年も終わる。ぼんやりしてると、あっというまに歳をとる。昼間、郵便局で、わずかながら、株の配当換金。割とホンダが良くて、現在40万付近の株価で、配当2700円。JR東日本が80万付近で配当4050円だから、比較するとお得な感じ。ホンダは最低分しか買わないけど、相性が良かったのか、損も無く、ちょこちょこ儲けさせてもらってる。いっそ、信用買いでもしてどかーんと買っちゃえば良かったのかもしれないが、そうすると損するんだよな、大抵(苦笑)。

深夜、地上波で映画「フィッシャーキング」。Sさんのブログで最近見かけたので、吹き替えでは初めてながら、何度目かで見てみる。さすが、吹き替えだと字幕を読まなくて済む分、画面に集中できるから、今まで気づかなかった細かい描写に気づいて面白い。ただ、トム・ウェイツが語る物乞いの役割、主人公出演ドラマのネタ関係、聖杯を取りに行った際に起こった大富豪の危機ネタ、レンタルビデオ店主の彼女とのやりとりなどなど、あれこれあれやこれや随分カットされていた。やっぱり、地上波の放送分で映画を語るのは危険だな。

晩飯、鶏肉マヨネーズ焼き。

投稿者 しど : 06:24 AM | コメント (0) | トラックバック

December 07, 2006

備忘録

コメントのスパム対策。
「mt-ban-ascii.pl」を導入。
http://blog.bulknews.net/mt/archives/001508.html
http://blog.bulknews.net/mt/archives/001820.html

説明読んで、「junk」となってるのを「deny」に書き込んで、
説明通り「plugins」に置こうとしたら、すでにあった。
そーなんだよな、前も設置したはずなんだよなー、と、
既設してあった「mt-ban-ascii.pl」をDLして確認したら、
「deny」を書き直してなかったもよう。

投稿者 しど : 03:52 AM | コメント (0) | トラックバック

株も扱う

雨。今週はずっとソフトバンク株を眺めていたものの、売買は全くしておらず、時間の無駄。どう考えても下がる要素しかないけど、夏に信用で買った株をまだ持っていて、買った値段付近でウロウロしっぱなし。売るに売れないが、下がる可能性のがずっと高いので、友達のアドバイスを受けて、同じ額で信用売りもしてヘッジしてみる。最悪、同じ値段で売買すれば、損得イーブンになる。労力としては無駄だけど、面白い取引方法だ。

政府が、ガソリンや車検の際に徴収される税金の、道路特定財源分を一般財源に組み込もうとしてるらしい。もともと、道路を作るための特殊財源だし、高速道路にも使わないことにしたんだから、余ってるなら廃止するのが筋。相変わらず、一度手にしたものは意地でも手放さない上に、使い道は我侭。まあ、民主主義の国だから、ホントはこういうのも政党に応じた取捨をするべきなんだろうけど、自民党を国民の大半が支持してるんだから、こんな糞政策も国民が支持してるということなんだろう。俺もメジャー志向なら、こういうのに腹を立てることもなく、自民党万歳趣味になれたのかな?

晩飯、レトルトハンバーグ。

投稿者 しど : 02:08 AM | コメント (0) | トラックバック

December 06, 2006

復党っていうけど

郵政民営化反対議員に対する自民党の復党騒ぎ。民主主義云々とかどうでもいいけど、朝日新聞に掲載されてた写真を見て笑った。謝る復党組とそっぽを向く安倍首相、さらに朝日のウェブサイトにはその写真のトリミング前の写真が出ていて、首相の隣の中川官房長官まで、同様にそっぽを向いている(http://www.asahi.com/politics/update/1204/013.html)。たぶん、一杯ある写真からこれを選んだんだろうけど、この選択加減がちょっとおかしかったな。TBSラジオで勝谷誠彦が中国文革時の自己批判みたいなもんだと揶揄してたけど、まさにそんな感じだ。まあ、撮らせる自民党の神経もちょっとアレだけど。

しかし、いまさらながら、郵政民営化は、自民党にとっては「打ち出の小槌」的な改革で、上の選挙ビラ画像を見てもらえばわかるが(http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2005_seisaku/120yakusoku/zu.html)、「年金も、景気も、『小さな政府から』。『郵政民営化』で小さな政府をめざすことこそ、この国が抱える問題を解決する、唯一の道です。」なんて煽ってたんだし、これに異を唱えていた者を安易に戻しちゃうってのは、どうなんだろうねぇ。

まあ、自民党は昔から読売巨人軍以上に引き抜きのプロだから、最初から首尾一貫性は求めちゃいないけどね(笑)。

にしても、小泉政権のツケがちょこちょこ出ていて、道路特定財源(揮発油税や重量税など)を一般財源化するとかいってるけどさ(http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20061205ib02.htm)、道路公団を民営化して借金を丸投げした後でこれは無いんじゃないのかなー。道路用の税金だからこそ、有り余ってる国道へ使うんじゃなくて高速道路などの不足分に使うべきだったし、一般財源化するってんなら、税自体を無くすのが筋だろう。民主党案の道路財源による借金返済、道路公団解散、高速道路無料化で良かったじゃん?とか。

また、政治資金規正法の改正で、外資からの政治献金を認めることになりそうだ(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061201ia21.htm)。今や株比率の関係で外資企業となっているキヤノン社長の御手洗冨士夫が経団連会長に就任していたから、十分予想できてた展開だけど、日本の国会議員が外資企業の為に働くんなら日本の税金使うの馬鹿馬鹿しくないかなぁ。献金問題があって政党助成金制度も始まったのに、こんなんじゃなぁ、助成金も勿体無い。冒頭の復党問題でも、年内中の11名の復党により、約2億4千万円が自民党に入るっていうし、なんだかねぇ。

晩飯、豚キムチ。

投稿者 しど : 06:42 AM | コメント (0) | トラックバック

December 05, 2006

思い立ったが吉日、もしくは凶

テレビで、ケータイ小説の出版ネタを見る。「俺も自分のシナリオを小説化して反応を見てみるかなー」なんて思い立って、早速登録。
「魔法のiらんど」
http://ip.tosp.co.jp/Portal/c.asp?i=BOK00MIL99
しかし、このサイト、携帯メインのせいなのか、サイト構築の方法が凄くわかりづらい。結局、登録して終り。

晩飯、豚キムチ。
急に食べたくなって、キムチを買ってくる。豚肉にキムチを混ぜれば良いのかと思ってたが、レシピを検索すると、しょうゆ、酒、砂糖などを加えるらしい。うん、たしかに美味い。ちと感動。

投稿者 しど : 06:50 AM | コメント (0) | トラックバック

December 04, 2006

キャンディーズ特集

昨日からの報道で、フィギュアスケートの浅田真央を「ちゃん」付けして呼ぶ場合が多い。客観性を持たせた報道であれば、どんな子どもだろうと、大人の競技に出場する選手ならば大人扱いすべきだと思うけれど、そーいう区別は無いらしい。ただ単に、「可愛い女の子だから『ちゃん』つけちゃお」というアイドル化なんだろうけど、安藤美姫から荒井静香への手のひら返しとか、本来のスポーツ報道ではない浅はかさにむやみと腹が立つ。

夜、NHKでキャンディーズ特集。なんで、月曜に特集組んでるんだろうか?今までは特集は土日に集中してたが、最近、金曜も増えていて、挙句に月曜だと、チェックもしないんだよな。てな訳で、フジで「のだめカンタービレ」を見てたから、途中から録画。番組自体は、フルコーラスの歌のオンパレードで、NHKらしい無駄の無い構成で見ごたえがあった。ある種、芸能事務所とテレビ局が演出した昭和歌謡の集大成でもあるキャンディーズ。改めて見ると、三者三様でそれぞれにクオリティも高い。大人っぽいラン、可愛いミキ、家庭的なスー、ってな感じか。スーは他の2人と比べると太ってるイメージだけど、他の二人が痩せてるだけで、単体で見ると、そんな太ってもいないんだよな。首が短いから、多少の肉感と相まって、よりぽっちゃりしたイメージになっちゃってるけど。

ありがちな「三人の中でどれがいい?」てのは、一般的評価だとランが一番妥当なんだろうけど、やっぱり趣味では、子ども受けしそうなミキが好きなんだな。ピンクレディだと、ミー派。

「哀愁のシンフォニー」
http://www.youtube.com/watch?v=4eRO3vSl5So

晩飯、焼き鳥丼。

投稿者 しど : 06:50 AM | コメント (0) | トラックバック

December 03, 2006

共有感覚としての笑い

昔、大川興行主催のお笑いライブに通ってた。一年くらいして、どういういきさつか主催者が変わった最後の時、ライブの年間総集編を観覧者にプレゼントするというイベント。結果、私の仲間の1人が当たった。早速、当たったビデオを、いつものメンバーで見た。今となると珍しい、江頭2:50が「店頭公開」というコンビを組んでたり、ワハハの劇団長が「平成モンド兄弟」として出演していた。見ていると、細かな部分にも大爆笑する不愉快な客がいる。なんだこいつ、と思えば、俺だった(´・ω・`) 。

80年代のサブカル世代は、「お笑い」に対しても妙なマイナー嗜好が高じて「俺なら理解できるぜ」主張が混じった評価をしちゃうもんだが、そーいうのは単なる内輪ウケだったのかと、昨今の下らないバラエティ番組を見ていて思ったりもする。ベタベタな寄席漫才を見てゲラゲラ笑ってしまう自分もいるし。笑うという感情の複雑さ。

YouTubeで、高校生の頃に笑い転げてた、冗談画報に出演したときのダウンタウンの不条理ネタをみつけた(http://www.youtube.com/watch?v=-bxdq23jEus)。

私は今見ても笑っちゃうが、これも「俺はこれが笑えるんだぜ?」という選民感も混じってるのかなー、と思ったりもする。コントは、ステージ中央に直立する松本に向かって、浜田と岡けん太が「お姉さんだー」と指摘する。この突発性がまずおかしい。突拍子も無い行動を始める「お姉さん」に真摯に対応する二人の同様の滑稽さで、興奮が拡張する。そして、「ウソウソ」で収縮。コメディの古典例に例えると、お姉さんをバナナの皮に見立てて、どいういう反応をするか、という見所に加えて、一度チャラにしちゃう緩急の面白さだと理解する。いや、むしろ、「いないいないバー」なのかな? 「お姉さん○○~」が「いないいない~」で、その行為が「バー」部分の面白さ。で、広げた手を閉じて顔を隠して「ウソウソ」。もう一つ、単純にリズムというか呼吸というか、身振りをつけて「ぅぅおぉおおぅぅぅいぃぃいええぇ・・・・あーあーあーあーあぅぅぅぅあーあーあーあわー・・・・・・・・・・うそうそ」ってやってるだけでも子どもに対しては面白いかもしれなないな。大人になって初めて見る人は、果たして笑えるんだろうか?

晩飯、惣菜とんかつ。

投稿者 しど : 06:51 AM | コメント (0) | トラックバック

December 02, 2006

骨壷開けるらしい

朝久しぶりに神棚のお祓い。墓の骨壷を開けて、水が溜まってれば骨を出して乾かせ、とのお言葉。そんなのあり得ないよ……などと思って、神主さんが帰った後で、叔母に伝えると、結構、骨壷のお骨は水分を吸うらしくて、頻繁に出して乾かすものらしい。ああ、嫌な作業だな……。

曇り空の下、雨漏り修理部分の瓦を戻す。作業の際に、瓦の上を歩いたせいなのか、随分瓦がズレていて上手く合わない。小さい頃、屋根の上で遊ぶたびに母から、「あんたらが遊ぶから瓦がズレる」と怒られていたけど、初めてその実態がわかる。多少、施工の強引さもあったのかもしれず、多少グラグラしたまま、辻褄合わせをして瓦を戻して終了。こういう作業も、思ったより時間がかかるもんだ。

今回の作業を通じて、外装だけきれいにする「ぱっと○いでりあー」な施工は、歯でいえば、虫歯に銀歯をかぶせてるだけで、内部の虫歯は処理してない状態だとよくわかった。また、従来の修理であれば板にペンキを塗ったりでいいけど、石膏ボードを使った今のは、月日が経過すると結構ボロボロするし、木じゃないから継ぎ足しでもきないし、ペンキ塗っても強化されないんだよね。要注意。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 05:23 AM | コメント (0) | トラックバック

December 01, 2006

キングオブコメディが面白い

061201.jpg雨漏り部分、二度塗り目。別の軒部分も塗ろうかと思ったが、足場を組まないと塗れないので諦める。身長があと20センチ高ければなあ。20センチプラスしても180弱だもの。こーいう時、チビ男の不便を感じる。

で、作業を終えて、夕飯の準備でもしようかとグズグズしてたら、雨が降ってきた。ペンキは油性だからそれほど問題も無いんだけど、瓦を剥いでるので、その部分を覆わないと雨が漏る。あわてて外に転がってたトタンやプラスチックで、瓦をはいだ部分を覆う。ホント、雨に祟られたな。
061201.gif
なんだか、ツボにはまったキングオブコメディのネタ。
http://www.youtube.com/watch?v=eFB2iJbOKZo

晩飯、コロッケ。

投稿者 しど : 01:37 AM | コメント (0) | トラックバック