« February 2007 | メイン

March 12, 2007

はい、終わりだよ

朝十時から面接。出てきた社長は、私の履歴書を今初めて見るようで、テーブルにヒジをつきながら、目に付いた部分を質問してくる。私とほとんど変わらない年齢らしいが、態度も体もでかいので迫力がある。履歴書しか見てないので、途中、職務経歴書も提出していることを伝えると、同席した担当者が「あったかな?」などと封筒の中を探す。「あ、ひっかかってた」といって、社長に渡した。

書類、全然見て無いじゃん。つか、担当者、前回は見てただろ!

私は必死に対応してたのだが、あとから考えるとどーでもいーようなはやりとりが一通り続き、社長は担当者に目配せして出て行った。「じゃあ、明日から来て」。合格らしい。早速、ギャラの話と、必要書類を受け取る。あっけなかった。

帰宅車中、嬉しさと後悔とが、胸中を駆け巡る。帰宅してボンヤリしつつ、土曜に一度連絡した会社に、もう一度電話してみる。市内唯一、映像を扱う会社で、Webサイトに「随時募集」とあるので電話したのだが、今日も担当者不在。もういいや。

コタツに横になると、むやみと眠くなる。なんか疲れたな。あっけなく、この生活に終止符が打たれた。

先月、グダグダ相談していたら、「今日、スーツを買ってこいよ」と薦めてくれた友達に、とりあえず連絡。母が死んだ時、はるばる東京から遊びに来てくれた人で、今回も、「これでお母さんも安心してくれるよ」と言ってくれた。考えたら、兄貴もこういうことは言ってくれなかったな。

あちこちメールしたり、メッセしたり、いろいろ。

そして最後の惰眠をむさぼる。


という訳で、もう、スイスイできないし、漂流も終わるので、この日記、今日で終わります。
2000年11月06日に始めた頃は、まだ新潟に住んでた。
2004年10月01日からこのブログになった。
そして、ほとんど毎日、欠かすことなく、書き続けてきた。
特にブログは、私の、ぼんやりとしたスイスイ時代のダラダラした記録だ。
貴重ではあるが、価値は無い。
でも、いろんな思いが凝縮した期間。
「憧れ」の残像だけを頼りに、生きながらえた、無職30代男の情け無い人生の一部。

ずっと「憧れ」だけを夢に託して生きてきたように思う。
「好き」でも「命を捧げる」でもなく、「憧れ」だ。
だから、真剣でなく常に逃げ腰で、
どこにいても辛いことがあれば「合わないんだ」と納得して去った。

最後に残った居場所は、日当たりゼロの、ボロ家のコタツの中。
胎内回帰のように、コタツの中に丸まって過ごしてきた。

そろそろ暖かくなったから、コタツから出なきゃいけなかっただけかもしれない。
コタツにもぐってるだけじゃ、誰も遊んでくれないし。

いろんなことが終わった。

堕ち続けてた挙句、ようやく、底にたどり着いた、そんな気もする。


070312.jpg

投稿者 しど : 10:27 PM | コメント (0) | トラックバック

March 11, 2007

ハラハラ

今日もぼんやり。兄貴とも連絡して、どうにか落ち着く。外に散歩などしつつも、やるつもりの確定申告には全く手が付かず。

しかし、改めて冷静になると、今回の決断は、会社を辞めて以来13年間の右往左往を全部「チャラ」にすることになる。新卒で入った制作会社を辞めて留学したのは、下請けの立場をステップアップさせるためだった。年下に囲まれて有頂天だった米国時代を引きずって、帰国して後も、しばらくは、自分の立場を見誤っていたし、本来の方向性をあっけなく変えて、安定を望んだ。不安定な期待のまま暮らした新潟は、母の病気により、結果を出せないまま去ることになった。それから5年、母は亡くなり、過去の人間関係もほぼ切れ、最後の望みを託した守銭欲も、株の前に砕け散った。自分自身の成長は止まったまま、ズルズルと生きてきた結果、借地の上に建っているガラクタ満載の小さな家の中で、私は、一番大きなガラクタと化してしまった。悲しいのは、生きているガラクタの将来は、プレミアが付くこともなく、ただただ朽ちるのみなのである。そんなガラクタを、気まぐれにオークションに出してみてたら、予想外に中途半端な値がついてしまった。そんな感じ。売りたくはないけど、キャンセルしたからって、ガラクタはガラクタのままだしな。

まだ売れてないんだけどね(笑)。

晩飯、アジフライ。

投稿者 しど : 09:39 PM | コメント (0) | トラックバック

March 10, 2007

ドキドキ

夜、NHKドラマ「ハゲタカ」。駆け出しテレビ報道記者だった栗山千明が、前回のスクープの影響からか、出世してキャスターのような扱いになってたり、少し年月が経過していた。話の規模がやや膨らみすぎて、多少鼻白む都合の良さとツメの甘さが感じられるが、それでも見入ってしまう。今回は、経営難に陥った会社の会長が、死を賭して、株主に三年間待つよう促す。物作りの基本は人であるから、従業員全体が危機感を持って立ち向かえば、持ちこたえられるのではないか、という方向。本来の株主と会社の立場ならこれで良いのだろうけど、短期的に株を売ったり、会社を解体して売ろうとする「ハゲタカ」が溢れている日本では、やや理想論的な展開のようにも見える。さて、来週もこの展開の続きがあるようなので楽しみにしていよう。

一日中、ドキドキとメソメソが動悸と息苦しさを伴って止まらない。あっちゃこっちゃ、相談電話やメールをするうち、「受かってから考えれば?」といわれて、反省。

今回の結果を受け入れるなら、そももそも、12年前に会社なんか辞めなきゃ良かったんだ、などと、今更ながら、原点の後悔に達する。ステップアップを目指したいろんなことが、結局、生かせることなく全部チャラになって再始動になるんだもんな。

店を開いて頑張ったのに、最後、借金抱えて店閉じちゃう、みたいなもんか(そこまで一生懸命じゃなかったが)。俺の社会人生活は無駄だったのかなぁ。おまけに、この快適ダラダラ生活とのおさらば、さらには、「まだ面接受けるんだぞ?」というプレッシャーも重なって、半ばパニック状態。酒でも飲めば落ち着くかもしれないが、折角アルコール抜きしてるので、我慢する。

落ち着かないので、深夜、書店にて、簿記と宅建本を買ってくる。実力と経歴の無い自称映像屋で居るよりは、実務もできる映像趣味オヤヂのがマシなのか。決まれば、多少、収入があるので、気晴らしに散財してみるのもいいしな。でも隔週週休二日じゃ、休みは家事とゴロゴロで終わるんだろうな。あーあ。

晩飯、鶏肉マヨネーズ焼き。

投稿者 しど : 05:11 PM | コメント (0) | トラックバック

March 09, 2007

急展開

午前中、面接。組織改変に伴い、人手不足な状況らしい。怪しいと思ってた部分は、直接聞いて、誤解だったような感じ。

帰宅してぐったりしてるところに連絡。月曜に最終面接らしい。うぅ……。思いも寄らぬ早い展開。練習のつもりで受けたのに、通っちゃったらどうしよう……。絶対に断りたいと思うほど条件が悪い訳ではなく、多少、休みが少ない程度。長らく職歴も無い身としては贅沢なところだろうし、フォークリフト講習を受けて、肉体労働でもするかと思ってた身であれば、事務仕事は天国だ。

とはいえ、やっぱり、ずっとクリエイティブ仕事だったのに、そこから離れてしまうのは無闇に寂しい。表舞台ではないにしても、舞台袖には居るつもりだったのが、いよいよ、完全に舞台を降りることになる。切なくて切なくて、一日中、ぼんやりゴロゴロ。スーツやらの出費もかさむなぁ……。さて、どうなることやら。いっそ、落ちた方が気は楽だけど、それはそれで、無職生活という苦しみに戻るだけだし。この生ぬるい状態に終わりを告げ、全く新しい現実へ歩み出すべきなんだろう。

晩飯、レトルトカレー。

投稿者 しど : 03:48 AM | コメント (0) | トラックバック

March 08, 2007

面接決まる

どうも、鬱気分がマックス。どうしたもんだ。午後、会社から面接の知らせ。明日だそうだ。早いな。とりあえず、会社がどんな感じなのか、出ていた住所をあちこち回る。

帰宅後、どうにも気が落ち着かず、あちこちに相談。会社自体は問題ないらしい。酒止めてるの関係なく、心臓バクバク、やる気も出ず。どうしたもんだ。

知り合いから貰ったDVDをゴロゴロ眺める。朝日ニュースターで放送していた「TV噂の真相」が終わるらしい。ラストのテーマは、メディア問題。ビジネス重視で、主要メディアがどんどん体制寄りになっているのを皆危惧してる。政権交代も無いので、昔ながらの「反体制」路線では勝ち組になれないまま終わってしまうし、体制に擦り寄る者はいろんなポストを得て勝ち組街道マッシグラ。この社会構図を変えないと、メディア問題は変わらないだろう。一方、産経新聞を筆頭に、地方新聞を絡めた裁判員制度のタウンミーティングやらせ問題。地方新聞の広告源のため、こちらも公共費を求めて、現在、公的広告が地方新聞に影響を与えてるらしい。広告は電通、記事は共同通信、という組み合わせは、実は、戦前の、体制翼賛のための情報統制と似てるらしい。しかし、いくらなんでも、こうした仕組みに司法行政まで絡んでしまうとは、もはや、法の平等すら無くなってしまうのかもしれないなぁ。

ちなみに、裁判員制度はいろいろ問題があるらしい。米国の陪審員制と違って裁判官が審議に入っているし、米国は完全一致だけど、日本は多数決。裁判官3、民間人6での多数決なら、裁判官が民間人2人を引き込めば、容易に行政側の判断になってしまう。また、その過程の公表は禁止され罰則もあるので、意に介さない結果になっても、参加した裁判員は異論を唱える場所も無い。

もー、こんなのは今更いってもどーにもならないので、むしろ、体制側に入る覚悟も必要かもしれん。という訳で、有名らしい、電通4代目社長吉田秀雄が作った「鬼十則」でも参考にして、「会社員のオニ」になって、現実の荒波をかき分けて行くべきかもなぁ。

晩飯、冷凍庫に眠っていたチキンカツとエビカツ。

投稿者 しど : 07:08 PM | コメント (0) | トラックバック

March 07, 2007

履歴書送る

田舎の会社としては待遇の良い会社の総務職募集をハロワで発見。業種は違えど、練習のつもりで応募してみることに。しかし、自宅にて会社のHPを見ると、イケイケどんどんな怪しい雰囲気。やや躊躇するも、ハロワで連絡してもらってるので、とりあえず、夜、履歴書を送る。さて、どうなることやら。

近頃、どうも動悸が激しく、心臓が締め付けられる感覚が止まらない。株価下落によるストレスのせいかと思うが、風呂に入っていても、リラックスできないので、少々疑問に思う。もしかしたら、アル中の症状なんじゃないかと思う。酒が抜けてる間、不安感や動悸にさいなまれるのだろうか。そーいや、今週は、落ち込んだ際、手も心なしかプルプルしてたように思うしなぁ。またしばらく、酒を抜いてみよう。

晩飯、チキンライス。

投稿者 しど : 06:58 PM | コメント (0) | トラックバック

March 06, 2007

お祓い

朝、神棚のお祓い。母ばかりでなく父にも拝むようにといわれる。神主が帰って、電話で叔母と話す。大叔母の霊がうちに来たがってるからいろいろ供養するようにといわれたとか、相変わらず、デタラメ半分風なことを俺に話す。「できる範囲でやればいーんじゃない? うちの母ちゃんみたいに一生懸命やったって死ぬときは死ぬんだし」などと、返す。宗教も株みたいなもんで、信じる者より、近寄らない者の方が救われる気がする。だいたい、中東を見れば、イラク、イスラエル、アメリカ(ネオコン)と、どれも宗教色の強い連中が争ってる。祈って救われるなら、勉強も労働もしないで、みんな祈ってりゃ済む話だ。

ようやく株の下げは一服。多少なりとも気は楽。ハロワへ行って、トボトボ、大回りをして帰宅。以前はもちっと、バイト募集の看板が出てたようだけど、最近、あんまり見かけない気がする。季節か時代か、どちらの波だろう。

相変わらず心臓の締め付けられ感はとれず、怠惰に任せる。深夜、職場からだという、株の師匠とチャット。仮眠無しの泊まり勤務で17時間労働だと聞くと、つくづく、仕事とは大変なもんだと思う。

いずれにせよ、新卒時の取捨選択条件とは、まるで異なる、30代からの就職事情は厳しい。20代で仕事を辞めたときは、もう少し、欧米並みに、移動の多い労働体系になると予想していたが、実際は、それを見込んで退職した者は労働難民化し、終身雇用にしがみつく者も、振り落とされないように必死になってる。幸せな者は、ホントにごく一部なんじゃないだろうか。それが、少子化する国の現実的解釈なのかもしれない。せめて、恵まれてる人は、子供3人くらい生まないとなぁ。

晩飯、ブリ塩焼き

投稿者 しど : 04:36 AM | コメント (0) | トラックバック

March 05, 2007

疲れた

株安直撃で、去年の夏同様、現実逃避モード。ハロワを出た後、家に帰りたくなくて、市のはずれの公園など、車であちこち遠出しつつ、行く先々でダラダラと散歩。帰宅後は、コタツにゴロリと横になり、何もする気になれず。馬鹿番組を見ても、笑う気力も起こらない。株安、仕事無し、希望無し、なんか疲れたな。現実逃避に歩きすぎたか?

ふと部屋を見渡すと、皮膚の破片が散乱している。20代半ばくらいから、手の親指の皮膚を無意識に剥く癖がつき、それが最近は、足の裏の角質を剥き取るのも加わっている。足の裏は面積も広いので、剥く量が多い。あまり剥き過ぎると歩くのが困難なくらい痛みを被るのだけど、気がつくと、手が足の裏をゴソゴソしている。ここ数日の状況を見ていると、ストレスに比例して剥く量も増える感じ。いい年なんだから、こーいう癖は早いとこ直したい。

晩飯、肉野菜炒め。

投稿者 しど : 10:46 PM | コメント (0) | トラックバック

March 04, 2007

少しわかったつもりの他人の気持ち

ようやく、昨夜から確定申告にとりかかる。保存していたレシートを一枚ずつちょぼちょぼとデータベースに打ち込みながら、去年のいろんなことを思い出す。この頃はまだ調子こいてたんだなぁ、とか、そーいや夏はAcitonScriptの勉強してたな、とか。ちょぼちょぼ数百円の経費を積み重ねて節税倹約をしてるのに、株に手を出して数百万円の損を出しているのだから、なんとも馬鹿げた話だ。そして今年も……。自分の愚かさがほとほと嫌になる。そして、苦しい、辛い。

作業を続けながら、ふと、母親や自分の周りのいろんな人の顔を思い出す。皆、今の私と同様か、それ以上の絶望感を味わってたのかもしれないと、今更ながら気づく。母の場合は、死を前にして、とてつもなく不安な毎日だったろうに、優しい言葉をかけることもなく、むしろ、冷たくあしらった挙句の最後だったし、他の人にも、相手の気持ちなど考えることもなく、自分本位に接してきた。一度思い当たると、あれもこれもと、次々と似たような場面が走馬灯のように浮かんできて、後悔の底なし沼に沈む。

私のように鈍感な人間は、同じような目に合ってみないと、他人の心なんて理解できないのだろう。少しでもこうした気持ちに到達できたとするなら、高い授業料ではあるが、これはこれで良かったのかもしれない。これからは、この気持ちを大切にしていかないとな。などと、和田秀樹の「バカとは何か」を読んでる効果か?(苦笑)。

気晴らしも兼ねて、晩飯のオカズ調達にスーパーへ。途中、近所の幼馴染と会って立ち話。40代後半だと思うが、現在は、早朝魚市場の交通整理と施設掃除をしてるらしい。お母さんの看病をしていて、定職に就き難い状態なんだとか。母親が死んで一人っきりになったら、どうやって生きていけばいいのかわからない、などと話すのを聞くと、自分自身の姿とも重なる。

「ワーキングプア」という言葉は現在の格差社会の象徴だが、仕事自体少ない地方では、油断するとすぐに単なる「プア」だ。簡単に生活保護が貰える訳でもないし、欧米のような、キリスト教的慈悲ボランティアの支えも無い。改めて「一寸先は闇」な日本社会の片鱗に触れ、怖くなる。早いトコ仕事みつけないとな。

夜、無線技士の勉強など。甘く見てたら、高校レベルの計算問題がいろいろ出てきて戸惑う。小学生レベルで算数嫌いの私は、√とかlogなど、見ただけで頭が痛くなる……つか、意味もわからん。大丈夫か? まあ工学部分は正解率六割がボーダーだから、計算問題はとりあえずスルーして、まずは他を固めるべきだろう。何しろ、無線も有線も、何も知らんからなぁ。

晩飯、ブリ塩焼き。

投稿者 しど : 05:44 PM | コメント (3) | トラックバック

March 03, 2007

他人に見る、継続は力なり

糞、アメリカ市場もまた下げたか。こりゃあかんな。
にしても、日興コーディアルの上場廃止を報じた朝日新聞とそれを否定する東証との行き違いもあり、日本では情報がさらに混乱している。
朝日:http://www.asahi.com/business/update/0303/004.html
東証:http://www.tse.or.jp/news/200703/070303_a.html
大手の曖昧な情報に、さらに、怪しげな個人発の情報が蔓延してるんだから、素人が先読みするのは不可能だわな。ホント、信用できる情報源はこの国に皆無なのか?

気晴らしに書店へ。先日、ポッドキャストのストリームで紹介されていた「つっこみ力」(パオロ・マッツァリーノ著)を立ち読み。面白そうなので購入。近くにあった、和田秀樹の「バカとは何か」も手にとる。「バカの壁」に期待していたようなことが書いてあって、これも面白そうだ。資格コーナーをウロウロしていて、TOEIC本と、無線技士本も購入。ちょっとした出費だが、もーいーや。

帰宅して、「つっこみ力」を読み始める。

序盤、思ってたよりモタモタしていて面白くない。「つっこみ」についての解説が延々と続くが、どことなく、放送作家の書いたコントのような内容。著者のプロフィールを隠してるので、きっと、そーいうタイプの作家なんだろう。

ちと飽きたので、「バカとは何か」に移動。こちらも、初っ端は、「なぜ自分がバカについて書いているか」が続き少々つまらないが、バカの解説になると、面白くなってくる。10年前は、私自身、「バカは死ね」と連呼していたが、現在、自分が「死ぬべきバカ」になっちゃってるので、ぜひ、この本を読破して、少しでもバカを直したいところ。

深夜、NHKで伊武雅刀のコメディ番組をやっていて、そこに、留学時代の知り合いが出演してるのを発見。州立大学の演劇科を卒業した同い年。帰国してからも地道に活動を続けていたのだろう。また、どこかで見かけることを楽しみにする。

晩飯、親子丼。

投稿者 しど : 07:42 PM | コメント (0) | トラックバック

March 02, 2007

俺は貧乏神か

世界株安。狼狽して裏目裏目の手法で、損がかさむ。一日中、心臓が締め付けられる思い。

ダメな人間ってのは、ダメの悪循環の中、最大限の被害を被る状態で最悪の瞬間を迎える。しかも、ダメだとわかってるはずなのに、「ちょっとだけ」のつもりで、また手を出してしまう。そしていつのまにか「ちょっとだけ」では済まなくなってるのだ。ギャンブルやドラッグも似たようなものかもしれないな。

ストレスの頂点に達したようで息苦しい。株の師匠に相談(迷惑)メールしてどうにか気分を落ち着ける。

昔のことをツラツラと考えると、自分だけでなく、随分と周りにも迷惑をかけてきたように思う。貧乏神のようだ。不幸にする相手が居なくなったので、自滅している貧乏神といった感じか。参ったな。

晩飯、餃子。

投稿者 しど : 04:18 AM | コメント (0) | トラックバック

March 01, 2007

免許・資格

今更ながら、就職準備に試験でも受けようかと思っている。ホント今更だ。

まずはTOEIC。一応、留学してたしTOEFLは受けてたので、一度きちんと受けて、履歴書に点数が書けるようにはしておいた方がいいだろう。ついでに、これまでは、ビジネス文書について勉強してなかったので、これを機会に触れておくのもいいか。

フォークリフト免許。6日間通えば取れるらしい。うちから通うには、電車で2時間の微妙に遠い距離ではあるが、港町下関は倉庫が多いので、バイトにありつくには良いだろう。もっとも、他の免許・資格同様、実際に働くには実務経験が無いと意味無いらしい。でもま、今の何もない状態よりは、チャンスも増えるだろう。

第一級陸上特殊無線技士。よくわからんが、地方放送局の技術職に就くのに、これがあると中継車人材になれるらしい。調べると、ちとむずかしい感じ。まあ、これもTOEIC同様6月試験なので、今からやれば、素人でもどうにかなるのかな? 文系の俺には無理な気もする(笑)。

あとは、定番、老後用の、危険物取扱、ボイラー管理などか。今まで死ぬほど暇があったんだから、こーいうの、取ろうと思ったっておかしくなかったのに、全く眼中に無かった。いろいろ精神的に余裕も展望も無かったのかな。いや、むしろ、現実逃避な余裕シャクシャク現実誤認状態だっただけか(笑)。

SBに粉飾疑惑が出たりで相変わらず目の前真っ暗な死ぬ死ぬモードの中、近所のヤマダ電機で、ソースネクストの「いきなりハイスコアTOEIC TEST」なるソフト購入。最近再開した、「えいご漬け」とセットでやってれば、効果も出てくるだろうか。

晩飯、ハンバーグ。

投稿者 しど : 03:09 AM | コメント (0) | トラックバック