« 疲れた | メイン | 履歴書送る »

March 06, 2007

お祓い

朝、神棚のお祓い。母ばかりでなく父にも拝むようにといわれる。神主が帰って、電話で叔母と話す。大叔母の霊がうちに来たがってるからいろいろ供養するようにといわれたとか、相変わらず、デタラメ半分風なことを俺に話す。「できる範囲でやればいーんじゃない? うちの母ちゃんみたいに一生懸命やったって死ぬときは死ぬんだし」などと、返す。宗教も株みたいなもんで、信じる者より、近寄らない者の方が救われる気がする。だいたい、中東を見れば、イラク、イスラエル、アメリカ(ネオコン)と、どれも宗教色の強い連中が争ってる。祈って救われるなら、勉強も労働もしないで、みんな祈ってりゃ済む話だ。

ようやく株の下げは一服。多少なりとも気は楽。ハロワへ行って、トボトボ、大回りをして帰宅。以前はもちっと、バイト募集の看板が出てたようだけど、最近、あんまり見かけない気がする。季節か時代か、どちらの波だろう。

相変わらず心臓の締め付けられ感はとれず、怠惰に任せる。深夜、職場からだという、株の師匠とチャット。仮眠無しの泊まり勤務で17時間労働だと聞くと、つくづく、仕事とは大変なもんだと思う。

いずれにせよ、新卒時の取捨選択条件とは、まるで異なる、30代からの就職事情は厳しい。20代で仕事を辞めたときは、もう少し、欧米並みに、移動の多い労働体系になると予想していたが、実際は、それを見込んで退職した者は労働難民化し、終身雇用にしがみつく者も、振り落とされないように必死になってる。幸せな者は、ホントにごく一部なんじゃないだろうか。それが、少子化する国の現実的解釈なのかもしれない。せめて、恵まれてる人は、子供3人くらい生まないとなぁ。

晩飯、ブリ塩焼き

投稿者 しど : March 6, 2007 04:36 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sid.just-size.net/mt/mt-tb.cgi/739

コメント

コメントしてください




保存しますか?